冬に行きたいおすすめヨーロッパ4選

フランスは田舎こそ魅力がある!フランスの美しい村(Les plus Beaux Village de France)とは?

フランスの美しい村コンク

旅の行き先を検討してネットサーフィンをしていたときに、現地の観光局サイトで見た風景が私の心を鷲掴みにしました。

その場所はフランス南西部にある「サン・シル・ラポピー(Saint-Cirq-Lapopie)」という小さな村で、まるでおとぎの国から飛び出てきたような世界がそこにありました。

サンシルラポピー

フランスには【フランスの美しい村(Les plus Beaux Village de France)】と呼ばれている村がフランス各地に点在しています。

フランス各地に広がる「美しい村」はいくつかの条件をクリアした村だけがその看板を掲げることができ、2019年時点では159の村が美しい村として認定されています。

私はこの村の存在を知ったとき「フランスの田舎にはこんなかわいい村が他にもたくさんあるんだ。そんな村をもっと見てみたい」と思うようになりました。

「サン・シル・ラポピー」もフランス南西部にある美しい村の1つです。私はこの村の存在を知り衝撃を受けた2013年に1人でこの村を訪れました。
サンシルラポピー【2013年6月女ひとり旅】フランス南西部Toulouseを拠点に行く!ルルド・カオール・サンシルラポピー・カルカッソンヌ11日間まとめ

全ての美しい村を制覇するのは難しいかもしれないけど、行けるところから行ってみたいと思っていたときに出会った1冊の本。

日本語で唯一フランスの美しい村を紹介しているこの本を参考にしながら、制覇することを目標にフランスを旅しています。

ここでは「美しい村」についての概要と行き方を紹介します。

ヨーロッパの鉄道予約に便利!

フランスの美しい村【Les plus Beaux Villages de France】

フランスの美しい村と呼ばれる条件

正式名称はLes plus Beaux Villages de France】です。

フランスには美しい村協会があり、いくつかの厳しい条件を設定していてその条件をクリアした村だけが【フランスで最も美しい村】と認定され看板を掲げることができます。

フランスで最も美しい村

フランスの最も美しい村(仏:Les plus beaux villages de France)は、1982年にフランスコロンジュ=ラ=ルージュ(コレーズ県)で設立された協会である。その目的は質の良い遺産を多く持つ田舎の小さな村の観光を促進することにある。Wikipediaより引用

いくつかある厳しい条件の中でも主に2点が特徴的です。
  • 人口が2000人を超えないこと
  • 歴史的建造物、自然遺産を含むなど最低2つの遺産や遺跡があること

>> フランスで最も美しい村(Les plus beaux village de France)公式サイト(英語)

実際にいくつかの村へ行ってみると、人口が2000人を超えないことが条件だけあり数時間もかからないうちに見終わってしまうような小さな村が多いです。

フランスの美しい村ラヴォデュ

▲ラボデュ(Lavodu)オーヴェルニュ地方

サン・フロレ

▲サン・フロレ(Saint-Floret)オーヴェルニュ地方

そして村によって【色】が違うことも特徴的で、どの村へ行っても飽きることがありません。

フランスの美しい村ペルージュ

▲ペルージュ(Perouges)ローヌ・アルプ地方

Blesle村

▲ブレル(Bresle)オーヴェルニュ地方

リヨン・ラ・フォレ

▲リヨン・ラ・フォレ(Lyon-la-Foret)ノルマンディ地方

Lods, Doubs, France 2019

▲ロード(Lods)フランシュ・コンテ地方

Baume-les-Messieurs 2019

▲Baume-les-Messieurs(ボーム・レ・メッシュー)フランシュ・コンテ地方

フランスの美しい村はどこにあるのか

2019年12月現在、美しい村と認定されている村は合計159あります。

フランスの美しい村全体マップ

地図出典元:Wikipedia(Fichier:Carte des Plus Beaux Villages de France.jpg)

地図にある赤いマークが美しい村の所在地で、番号1〜21は拠点となる少し大きな街です。
  1. Paris(パリ)
  2. Rouen(ルーアン)
  3. Reims(ランス)
  4. Mets(メッス)
  5. Strasbourg(ストラスブール)
  6. Dijon(ディジョン)
  7. Orleans(オルレアン)
  8. Rennes(レンヌ)
  9. Nantes(ナント)
  10. Tours(トゥール)
  11. Poitiers(ポワチエ)
  12. Limoges(リムージュ)
  13. Clermont-Ferrand(クレルモン・フェラン)
  14. Lyon(リヨン)
  15. Le Puy-en-valley(ル・ピュイ=アン=ヴレ)
  16. Bordeaux(ボルドー)
  17. Bayonne(バイヨンヌ)
  18. Toulouse(トゥールーズ)
  19. Monpellier(モンペリエ)
  20. Aix-en-Provence(エクス=アン=プロヴァンス)
  21. Marseille(マルセイユ)

フランスの美しい村へ行く手段

美しい村はフランスの田舎に点在しているので、正直行きづらい場所が多いです。
  • レンタカーを利用してまわる
  • 公共交通機関(鉄道、バス、一部タクシー)を利用する
  • ツアーに参加する(日本発ツアー、現地発ツアー)

車を運転できるならレンタカーを利用する方が効率よくまわれますが、なかには鉄道とバスを乗り継いで行ける村もあります。

フランスでレンタカーを借りる事前の手続きフランスでレンタカーを利用するための手続きと予約をする時のポイントを実例から紹介!保険はフルプロテクション(Full Coverage)で入る フランスでバスを乗りこなすフランスの田舎では必須!バスの時刻表の見方をマスターしてバスを乗りこなす
公共交通機関で行ける村はバスの本数が少なかったりするので、ちょっと難易度は高いかもしれません。事前の調査は必須です。

公共交通機関で行ける村

私が公共交通機関で行った村は現在5箇所です。

  • サン・シル・ラポピー
  • コンク
  • ペルージュ
  • リヨン・ラ・フォレ
  • リクヴィル、ユナヴィル

行き方や見どころについては以下の記事を参考にしてみてください。

サンシルラポピーフランスの田舎を満喫する!公共交通機関(バスや鉄道)で行くフランスの美しい村巡り

現地発ツアーに参加する

1人で行くのは難しい..という場合や日程的に厳しい場合は、主要都市から現地発ツアーに参加するという方法があります。

例えばプロヴァンス地方にある「ゴルド」「ルールマラン」「レ・ボー・ド・プロヴァンス」などは、現地発着ツアーがあり私も実際に利用しました。

プロヴァンス地方ゴルドの全景

▲ゴルド(Gordes)プロヴァンス地方

 

 

プロヴァンス地方はとても人気がある場所なので、探せばシャンブル・ドットを経営しているオーナーが近場の街や村を訪れるプランを提供しているところもあります。

シャンブルドットとは:フランス語の「Chambre d’hôte」のカタカナ表記。 シャンブルとは寝室、オット(オートhôte)とはオーナーないしホストのこと。一般家庭のゲストルームを宿泊に提供し、大抵は朝食が宿泊料に含まれる。 フランスはもとより、近隣欧州国ではよく知られ、比較的安く泊まれるため、人気が高い。引用元:Wikipediaより

南西部には美しい村が多く集まり人気もあるためトゥールーズ発のツアーは複数あり、リヨンの近くにあるペルージュもツアーが出ています。

トゥールーズ発ツアー

フランスの美しい村Conques

▲コンク(Conques)ミディ・ピレネー地方

リヨン発ツアー

フランスの美しい村ペルージュ

▲ペルージュ(Perouges)ローヌ・アルプ地方

ストラスブール発ツアー

アルザス地方ユナヴィル

▲ユナヴィル(Hunawihr)アルザス地方

 

VELTRAはたまにセールをしていてお得なこともあるので、チェックしてみてください。

美しい村巡りの必需品(レンタカー利用の場合)

フランスの美しい村

私が参考にしているものは2つです。
  • 「フランスの美しい村」全踏破の旅(ガイドブック)
  • ミシュランの各地方の地図

「フランスで最も美しい村」の存在を知った時すぐに購入した本が「フランスの美しい村」全踏破の旅 by 吉村和敏。

写真家の吉村和敏さんが美しい村を1つずつ訪れて写真を撮り、美しい村のそれぞれの魅力を紹介している本です。

レンタカーで巡る場合はミシュランの地方ごとの地図を参考にします。

ミシュラン地図

何冊か地図を買って実際に行ってみましたが、1cm=2km 縮尺の地図が一番わかりやすいです。

田舎を移動する時には迷った時のために事前にGoogle MAPをダウンロードして、オフラインまたはオンラインで使えるようにしています。

Google MAPをオフラインで海外旅行にも便利!iPhone/iPadでGoogleMAPをダウンロードしてオフラインで確認&経路も検索する方法 プリペイドSIM海外旅行(ヨーロッパ)でiPhoneを普通に使うための3つの方法と事前チェックポイントを紹介!

フランスの美しい村まとめ

フランスはパリがお洒落で華やかですが、フランスの良さはむしろ田舎にこそあると思っています。

ただ、中には観光地化されている村もありますが、基本的にはどの村もそこには村の静かな生活がありできればそんな雰囲気を壊したくありません。

村の人に会ったら挨拶をして静かな村の雰囲気を、静かに楽しんでもらえると嬉しいです。

フランスの美しい村

旅行手配に利用しているおすすめサービス一覧

最後に、私自身が個人旅行で利用しているサービスを紹介します。

個人旅行手配の参考になれば嬉しいです。

航空券検索と予約

航空券検索はスカイスキャナートラベルコちゃんを両方で検索します。

同じような検索結果にはなりますが、より良い航空券を選ぶには複数で検索した方が料金にも納得できるので私は2つとも利用しています。

スカイスキャナーで格安航空券を比較する

トラベルコちゃんで格安航空券を比較する

航空会社で直接予約をする場合は、ヨーロッパへ行く場合はワンターミナルで乗り継ぎが便利なKLMオランダ航空かエールフランス航空を選ぶことが多いです。

KLMオランダ航空で空席をみる

フランスへ行くならエールフランス航空が場所によっては便利ですが、エールフランス航空KLMオランダ航空は共同運営なので私はどちらも検索します。

エールフランス航空で空席をみる

個人で航空券を手配する方法については以下の記事を参考にしてみてください。

海外旅行の航空券を自力で手配する方法元旅行会社の国際線予約担当が伝授する!主にヨーロッパ行きの個人旅行(海外旅行)で航空券を自力で手配する方法

ホテル検索&予約【Booking.com】



Booking.comはホテルの取り扱い数や網羅数が世界一なので私はBooking.comをメインで利用しています。

日本人の口コミ数も多いので参考になり、予約管理もしやすいところがいいです。
ブッキングドットコム登録会員になると特典がある!ホテル予約システム【ブッキングドットコム(booking.com)】の登録の仕方と会員限定の特典を紹介!

ホテル検索&予約【Hotels.com】

エクスペディアと同じグループ会社ですが、Hotels.com10泊したら1泊が無料になるので個人的にはリゾート地や滞在型旅行にぴったりの予約システムだと思っています。

私自身の使い方としては、Booking.comでホテルを探していて見つからない時にエクスペディアHotels.comで検索して比較して選びます(例えばパリなど)。

ホテル予約【Accorhotelsグループ】

Accorhotels.com

フランスのあらゆる場所でよく目にするホテルがメルキュールやイビス。

駅前など便利な立地にあることが多いホテルですが、フランスを拠点にしていると聞けば納得です。

私は拠点として移動と安全を重視する都市に滞在する場合はメルキュールホテルかイビスホテルを利用することが多いですが、この2つを利用する時はAccorhotels.comの予約サイトから予約をしています。

Booking.comで予約をすることも可能なのですが、ポイントを貯めることができる&フランスでは利用する機会が多いのでAccorhotels.comの予約サイトから直接予約しています。
accorhotels予約サイトフランスで宿泊するなら立地がいいメルキュールやノボテル、イビスホテルがデルタスカイマイルも貯めれて便利!パリを拠点とするアコーホテルズグループ(accorhotels)経由で予約をするメリットと登録の方法を紹介

ホテル&航空券予約【エクスペディア】



エクスペディア
は航空券とセットで利用した方が割安感がありますが、ときどきBooking.comよりも少しお安く販売している場合もあるのでホテルだけの予約でも比較検討してみる価値アリ!です。

私はBooking.comでホテルが見つからなかった時に時々利用します。
エクスペディアの使い方図解で紹介!ホテル予約システム【エクスペディア(Expedia)】予約のコツと使い方を詳しく解説!

鉄道手配&予約【フランス国鉄(SNCF)とレイルヨーロッパ

SNCF時刻表の見方TGVは事前に購入したほうがお得!フランス国鉄(SNCF)サイトで料金の確認方法と予約方法のまとめ

レンタカー検索&予約

フランスでレンタカーを借りる【フランス(ヨーロッパ)でレンタカーを利用する手順のまとめ】事前の手続き・車を運転をするときの注意点・おすすめ便利グッズを実例から紹介

現地発着オプショナルツアー【VELTRA】

ヨーロッパの田舎は交通の便が不便で一つの村や街へ行くのに1日がかりということがよくありますが、そんなときには現地発オプショナルツアーを利用します。

VELTRAはダントツで取り扱い数や利用者が多いので便利です。

私も現地発ツアーは何度か利用したことがありますが、公共交通機関で行けないような不便な場所へ行くときには本当に重宝しています。

レストラン検索&予約【TripAdvisor

【c】【公式】トリップアドバイザー

レストラン選びをするときは、ほぼTripAdvisorの口コミを参考にしています。

レストランのサイトから予約が可能なら直接予約、事前予約ができない場合は現地でいちかばちかで行ってみます。

パリの場合はたびらくといういうサービスが便利です。たびらくは現地に住む日本人の口コミが多数あるので味の相違もあまりなく事前予約も可能です。

1件につき500円(税抜)の手数料がかかりますが、それほど高くなく日本語で事前に予約が可能なのでオススメです。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

予約手配の必須サイト!

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください