ブレル(Blesle)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】

Blesle

フランスには現在(2018年8月現在)美しい村と認定された村が合計157あります。

フランスの美しい村の全マップ

地図出典元:Wikipedia(Fichier:Carte des Plus Beaux Villages de France.jpg)より

地図にある赤いマークが美しい村の所在地で、番号1〜15は拠点となる近くの街です。

私たちは2018年8月にオーヴェルニュ地方の美しい村7カ所を4日間でまわってきました。

オーヴェルニュ地域圏(仏: Auvergne)は、フランスの中南部、中央山塊に位置するかつて存在した地域圏である。Wikipediaより

フランスの美しい村の全マップオーヴェルニュ地方

1日目はルピュイ(Le Puy)でレンタカーを借りてサレール(Salers)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】(1)へ行き、2日目以降は2〜7までの順番で途中蚤の市に寄りながら村をまわっていきました。

※(8)のトゥルミヌール(Tournemire)は時間の関係で行けませんでした。

3日目は2つの村へ行きます。

当初はブレル(Blesle)は立ち寄る予定がありませんでした。

ブレルも「美しい村」ですが事前の私のチェックが漏れていて、途中で立ち寄った村で出会ったおじさんにおすすめだと教えてもらったのがブレルでした。

ここではブレル(Blesle)(6)を紹介していきます。

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

午前中は蚤の市へ

私たちが宿泊したシャンブルドットはMassiacという小さな村の山の上にあります。※宿泊したシャンブルドットについては別途記事にします。

L'auberge de Vazeratからブレルまでの距離

Massiacからブレル(Blesle)までは車で15分程度ですが、午前中はMassiacから北上したエリアの蚤の市へ向かいました。

フランスでは週末になるとあらゆる場所で蚤の市が開催されます。

フランスのアンティーク市(蚤の市)のまとめと楽しむポイント

途中で遭遇した蚤の市

目的の場所へ行く途中の村「Lempdes-sur-Allagnon」で通りたかった道が通行止めになっていました。何があるんだろうとのぞいたら道路いっぱいに人だかりが。

ランプドシュルアラニョンの村

蚤の市(ブロカント市)が開催されていました。

賑わっている様子に血が騒ぎ(笑)、少し離れた空いている駐車スペースに車を停めて立ち寄ってみることに。

ドライブだとこんな光景に出会ったら立ち寄れるところも魅力です。

大きな蚤の市で本格的なアンティークからガラクタまで、あらゆるものがありました。

Lempdes=sur=Allagnonの蚤の市

Lempdes=sur=Allagnonの蚤の市

フランスの田舎では英語が通じないことが多く(英語を話さないのではなくて話せない)、時々話せる人がいると嬉しそうに話しかけてきます。

この村でも1人の、祖父がイギリス人だったから英語も少し話せると嬉しそうに話しかけてきたおじさんに出会いました。

会話をしている中で「フランスの田舎が好き」だと話したら、ここがおすすめだよと教えてくれた村の1つがブレル(Blesle)でした。

Blesle

それで私たちは予定を変更してブレルにも立ち寄ることに決めました。

目的の蚤の市へ

通りがかりの小さな村の蚤の市をひと通り見たら、別の蚤の市へ。

オーヴェルニュ地方の村

オーヴェルニュ地方の村はどの村へ行っても情緒溢れる雰囲気のある村ばかり。

村の入り口の家に立てかけてあった古い自転車さえもかわいい。

オーヴェルニュ地方の村

2つ目の蚤の市も大盛況で賑わっていました。

オーヴェルニュ地方の村

フランスでは肖像権に関してうるさい場合が多いのですが、ここオーヴェルニュ地方の蚤の市では人懐っこい人が多くて「写真を撮ってもいい?」と聞いたらポーズをとってくれました。

こんな会話を交わせるところも個人旅行のいいところです。

フランスの蚤の市では規模が少し大きくなると屋台も出ていて食事をすることもできます。私たちもこの村でサンドウィッチとポテトを買ってお昼を済ませました。

オーヴェルニュ地方の村 St.Gervazy

オーヴェルニュ地方の村 St.Gervazy

オーヴェルニュ地方の村 St.Gervazy

村にあるシャトーが開放されていて中には無料のトイレやショップがありました。

2つとも蚤の市で立ち寄った村ですが村自体の色合いや建物に雰囲気があり、蚤の市が開催されていない日常の風景も見てみたいと思いました。

オーヴェルニュ地方の村 St.Gervazy

蚤の市からブレルへ

13時過ぎに村を出てブレルへ向かいました。

移動中の風景

道中はのどかな風景が広がります。

オーヴェルニュ地方をドライブ

慣れない海外だと高低差がある道路はガードレールがあるのかないのかわからない場所も多いのでドキドキするのですが、このあたりは平坦で運転もしやすいです。

オーヴェルニュ地方をドライブ

途中、車を停めて写真を撮りたいような場所がいくつもありました。※道路が狭かったので車を停めれず、写真は車窓です。

ブレル村の駐車場

30分ほど車を走らせたらブレルの村に到着。

Blesle村の手前

村に到着する手前の向かって右側に大きな原っぱがありそこが駐車場になっていて、駐車場へ誘導するスタッフの方たちが何名かいたので私たちもそこに車を停めました。

Blesleの村入り口

駐車場から村の中心へは暑い中10〜15分かけて歩いて移動しました。

私たちが訪れた8月12日(日)はたまたま村で音楽祭が開催されていたので、そのために特設駐車場があったのかもしれません。

帰りに知りましたが駐車場から村の中心までは送迎バスの運行もされていました。

ブレル(Blesle)村

ブレル村の印象は、とにかくかわいいです。

Blesle村

古い家並み+あらゆるところに花が溢れていて、どこを見てもおとぎ話の世界へ入ったかのようでした。そして村全体に活気がありました。

Blesle村

Blesle村

小さな村に限らずですが、フランスの田舎の街や村は路地歩きも楽しいです。

Blesle村

Blesle村

ブレルは村の賑やかさと静けさが同居したバランスのとれた村でした。

ただ、たまたま音楽祭が開催されていたためメイン通りは賑やかだったのかもしれません。村の中心から外れた川のほとりで流れる時間はまた違う味わいがありました。

ブレル村のポイント

Blesle村

ブレルは村のはじからはじまでどこを見てもかわいい雰囲気のある村でした。

  • 村の入り口手前に大きな駐車場がある
  • 駐車場から10〜15分くらい歩くか無料送迎バスを利用する ※時期によるかもしれません。
  • 音楽の街としても賑やかで活気がある
  • レストランやショップが多い

駐車場に向かう途中に広がる畑の風景さえもかわいいです。

Blesle村

30分もあればひと通り見てまわれるくらいの小さな村ですが、私たちは1時間半くらい村を散策しました。

15時過ぎにブレルを出て、次はラヴォテュ(7)へ向かいます。

フランスの美しい村の全マップオーヴェルニュ地方

 

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください