サレール(Salers)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】

オーヴェルニュ地方の美しい村サレール

2018年8月にフランスのオーヴェルニュ地方にある美しい村を巡ってきました。

フランスには現在(2018年8月現在)美しい村と認定された村が合計157あります。

フランスの美しい村の全マップ

地図出典元:Wikipedia(Fichier:Carte des Plus Beaux Villages de France.jpg)より

地図にある赤いマークが美しい村の所在地で、番号1〜15は拠点となる近くの街です。

今回私たちは Lyon(9)からLe Puy(10)へ鉄道で移動して、Le Puyでレンタカーを借りて3泊4日でオーヴェルニュ地方にある合計7つの村へ行って来ました。

フランスの美しい村の全マップオーヴェルニュ地方

今回紹介するのはサレール(Salers)(1)です。

ル・ピュイへの行き方については以下の記事も参考にしてみてください。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼地のスタート地点ル・ピュイへの行き方

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

ル・ピュイのHeartzでレンタカーを借りる

私たちはル・ピュイ(ル・ピュイ=アン=ヴレ)でレンタカーを借りました。

ル・ピュイでレンタカーを借りることにした理由は2つあります。

  • 慣れない海外では大きな街ではなく小さな街で借りたほうがリスクが少ない
  • 駅から徒歩圏内で行けるところにレンタカーオフィスがある

ル・ピュイにはHeartzのレンタカーオフィスが街の中心部にあります。

ル・ピュイのレンタカーオフィスへ

私たちはリヨンから鉄道でル・ピュイへ移動しました。

リヨン(Lyon) 7:54発 ル・ピュイ(Le-Puy=en=valey) 10:21着
※Saint-Etienne Chateaucreuxで1回乗り換えあり

ル・ピュイの駅は少し高台にあるので階段を降りて街の中心部にあるレンタカーオフィスへ向かいます。

後で気付いたのですが、駅前にはIbisホテルがありホテルの前は道がスロープになっているので大きな荷物がある場合はホテルの前を通ったほうがラクです。

ル・ピュイ=アン=ヴレの駅前にあるIbis Hotel

レンタカーは事前に11:00で予約をしていたので、【パスポート】【国際免許証】を提示して手続きを行います。※保険はフルカバレッジで入っていることを改めて確認します。

ル・ピュイのハーツレンタカーオフィス

ル・ピュイのハーツレンタカーオフィス

小さな街ではオフィスが急に閉まることも多いのでレンタカーは事前予約したほうがいいです。

フランスでレンタカーを借りるときの事前準備や手続きについては以下の記事も参考にしてみてください。

フランスでレンタカーを借りる!事前準備から手続きまで

事前に予約をしたときにはカーナビの選択もリクエストする欄もありませんでした。

今まで借りた車には付いていたので付いているものだと思っていたのですが、実際借りた車にカーナビは付いていなかったのでお願いしてポータブルナビ(Tomtom)を貸してもらいました。

カーナビのことは【GPS】と言います。

オット

「Vous avez le GPS?(ブザベ ル GPS ?)」で通じるよ。

ハーツレンタカーのスタッフのおじさんは英語はカタコトでした。

※Tomtomの設定方法については後日記事にします。

事前予約では下から2番目の小さめの車を選び、実際用意されていた車はCITROËN C3という車種でちょうどいい大きさでよかったです。

ハーツで借りた車の車種

  • 車種はCITROËN C3
  • トランクにソフトキャリーケース(大)が2個余裕で入る
  • 3泊4日で197ユーロ(約25000円)
  • ガソリンはディーゼルではなかった

かわいい色だけど出来れば目立たない色のほうがよかったとも思った。

ル・ピュイのハーツ / レンタカーオフィスは街の中心部にあるけれど街自体が小さいので、車を出すのにもストレスを感じずちょうどよかったです。

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

サレールの村

ル・ピュイからサレールまでは順調に行けば約3時間半くらいで到着します。

ブリウド(Brioude)に立ち寄る

私たちは最初ポータブルカーナビ(Tomtom)の使い方がよくわからなかったので使っておらず、進路が正しいかどうか確認のために途中の小さな村ブリウド(Brioude)に立ち寄りました。

Salersへ行くまでの地図

ブリウドはたまたま立ち寄っただけですが、ブリウドの村もかわいいです。

オーヴェルニュ地方の村プリウド

オーヴェルニュ地方の村プリウド

オーヴェルニュ地方の村プリウド

8月はフランスでもバカンスシーズンで立ち寄る人も多いのか、村の入り口の無料駐車場にはキャンピングカーが何台も止まっていました。

位置を確認してトイレに立ち寄ってから(村の中心に公共トイレがあります)再びサレールへ向かいました。

起伏があるオーヴェルニュ地方

オーヴェルニュ地方は起伏がある土地なので上り下りする中で丘や崖のある道路を通ることも多いです。

オーヴェルニュ地方

小高い丘がある場所で少し休憩。

オーヴェルニュ地方

ここではハイキングする人たちも多く、車も多く停まっていました。

10分ほど休憩したら先へ進みます。

オーヴェルニュ地方

こんなのどかな風景を見るとフランスの田舎らしくてほっとします。

オーヴェルニュ地方

途中、景色を見ようとたくさんの人たちが車を停めて展望台へ向かって歩いている場所がありました。このあたりは展望スポットのようでした。

気にはなったのですが、混んでいて車を停める場所を探すのに時間がかかりそうだったので私たちはスルーしました。

サレール

ブリウドから約2時間半かけてサレールに到着しました。

サレールは高度950mに位置するオーヴェルニュ火山公園内にある村です。

サレールに到着したら村の手前にある駐車場に車を停めて村の中心地へ向かいます。

オーヴェルニュ地方の美しい村サレール

サレールは村の手前に2-3カ所、有料の駐車場があります(3ユーロ)。

駐車場内にある自動発券機で駐車券を購入して、チケットを車の見えるところに置いてから村へ向かいます。

サレールの駐車場

サレールの駐車場

※駐車券の購入の仕方については別途記事にします。

フランスの田舎の村は地方や村によって色が違うところが面白くその違いを見ることも村巡りの楽しみの1つなんですが、サレールはグレーの石造りが印象的です。

オーヴェルニュ地方の美しい村サレール

標高が高いからか私たちが訪れた8月でもところどころにアジサイが残っていました。グレーの石で建てられた家並みとの組み合わせがかわいかったです。

オーヴェルニュ地方の美しい村サレール

オーヴェルニュ地方の美しい村サレール

オーヴェルニュ地方にある「美しい村」の代表格とも言われているように、訪れた7つの村の中では観光客も一番多く賑わっていました。

オーヴェルニュ地方の美しい村サレール

でも村の入り口は少しテーマパークぽい感じもしました。

個人的には古い建物が残る村の中心の雰囲気がよかったです。

オーヴェルニュ地方の美しい村サレール

オーヴェルニュ地方の美しい村サレール

村のポイント

目抜き通りにはショップやレストランも多いです。

オーヴェルニュ地方の美しい村サレール

歩いていると人だかりができているパティスリーがありました。

サレールのパティスリー

サレールのパティスリー

サレールのパティスリー

人気のショップみたいだったので私たちも入ってスイーツを買いました。

薄いビスケットが人気のようで美味しかったです。

村の中心には公共トイレもあります。

サレールの公共トイレ

  • グレーの石造りの建物が印象的
  • 観光客が多い
  • お店も多くて賑やか
  • 駐車場は有料(3ユーロ)
  • 村の中心に公共トイレがある

公園では地元の人たちがペタングをしている姿も印象的でした。

オーヴェルニュ地方の美しい村サレール

日本でいうゲートボールと同じくらいに人気のあるスポーツ?です。ゲートボールと違うところは若者も一緒にやっているところかもしれません。

でもおじいちゃんの後ろ姿がやっぱりかわいい。

サレールでペタング

サレールはとても活気づいたかわいい村でした。

私たちは1時間くらい散策した後、Savennesにあるシャトーを改築したシャンブルドットへ向かいました。

翌日は【サン・サテュルナン(Saint Saturnin)村】(2)へ行きます。

フランスの美しい村の全マップオーヴェルニュ地方

>> 次の記事サン・サテュルナン(Saint-Saturinin)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】

 

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください