ガーデニング初心者にもできる!フレンチな雰囲気のガーデン小道の作り方とポイント

レンガの小路

我が家の庭は西側に面していて、広さ約10平米(約3坪)くらいの小さな庭です。

私自身はうちを建てるまでガーデニングを一切やったことがなく土壌が悪く水はけもかなり悪かったので、試行錯誤で庭づくりを始めました。

小屋以外はほぼ自力でやっていますが、現在の庭になるまでに10年かかりました(*´∇`*)

  • レンガの小道を庭に作りたいけどどうしたらいいかわからない
  • 狭い庭だけど小道がほしい
  • 土壌が悪くてどうしたらいいかわからない
  • 小道を作るのに枕木かストーンかレンガで迷っている
  • 小道に合う植物を知りたい

こう思っていたのは10年前の私です。当時の私はわからないことが多すぎて、何から始めたらいいかわからず1度は小道を作ることを諦めました。

今やってみてわかったことは狭くても雰囲気のある小道は作れるし、レンガやストーンを使って小道を作ることでむしろ土壌が悪い土地も水はけがよくなります。

高低差のある植物を選ぶことで奥行きが出て、ほんの少しのスペースがあれば小さなテーブルとチェアーを置くことで雰囲気づくりもできます。

私が憧れる庭は、手をかけすぎないナチュラルなフランスの田舎の庭です。

ここではフレンチな雰囲気のレンガの小道のつくり方とポイントを紹介していきたいと思います。

何もない状態から始めた庭づくり全体については、以下の記事を参考にしてみてください。

フレンチガーデンに憧れて。狭い庭でも楽しめる!ガーデニングのはじめ方

庭に小道があることのメリット

我が家の庭は当初は芝生を植えていました。でも土壌が悪いこともあってなかなか育たず、いつのまにか消滅するほどに水はけの悪い庭でした。

小路のつくり方

小路のつくり方

▲最初に芝生を敷いたときの状態(この芝生は全て消滅しました。涙)と、レンガの小路をつくる前の状態

家を建てて10年経った時点でDIYでつくったフェンスも一旦全て取り除き、小屋を庭に設置することをきっかけにいちから庭づくりを始めました。

小屋は業者さんに作ってもらいました。

狭い庭でも小道がつくれるのかどうか疑問でしたが、結果的には作れたし作ってよかったと思っています!小道があってよかったと思う点は3つです。

  • 水はけの悪さを改善できた!
  • 庭が歩きやすくなった!
  • フレンチな雰囲気になった!

レンガの小路のつくり方

レンガの小路のつくり方

春になって薔薇や草木が新芽を出して育ってくる中をレンガの小道を歩くと、とても気持ちがいいです。

このレンガの小道のつくり方を次から紹介していきますね。

小道のつくり方

小道をつくるにあたってレンガ・ストーン・枕木など・・何を使うか最初は迷いました。

  • ストーンを並べた小道→広い敷地にぴったり。キチンとした洋風の印象になる。
  • レンガの小道→ナチュラルな雰囲気になる。
  • レンガと枕木を組合せる→ナチュラルな雰囲気になる。

ナチュラルな雰囲気を出すにはレンガが最適だと思い、最終的にはレンガに決めました。イメージはフランスの小さな村の石畳やレンガの道でした。

フランス南西部にある天空の村コルド・シュル・シエル(Cordes-sur-Ciel)の見どころ

レンガなら幅の調整ができるので狭いスペースの庭にもピッタリです。

私はレンガを選びましたが、ある程度広さがある庭ならストーンを使うのも見栄えがよくなるし素敵になると思います。枕木が少し余っていたので小道の入り口には枕木も組み合わせました。

MEMO
もし枕木を使う場合は、枕木は分厚くて重いのでステップ用に薄く切り出したものを使うことをオススメします。枕木を女性1人で抱えて移動するだけでも大変です(^▽^;)

私はベルギーレンガと、部分的に少し文字入りアンティークレンガを組み合わせました。文字入りレンガはそれだけで雰囲気が出るのでオススメです。

割れレンガはちょっとした幅の修正にも使えるところがいいです。

レンガの小路のつくり方

必要なもの

レンガの小路をつくるのに必要なものは2つです。

  • レンガ
  • 川砂

道具はスコップ1つあればできますが、私はいつもガーデニング用エプロンと手袋を常に使っています。

スコップは当初100均で買ったものを使っていましたが何度か使ううちに使えなくなったので、ガーデニング専用のスコップに買い替えました。専門店で買うと長持ちするので結果的には節約になります。

ガーデニング用手袋は何度も使うので、まとめ買いしておくと便利です。

作り方の手順

1. レンガを仮で並べる=イメージづくり

私は土を掘る前に仮でレンガを置いてイメージを確認しました。

庭に小路をつくる

庭に小路をつくる

まわりに植物を植えることを想定して並べていきます。

私は奥にある小屋から玄関先まで続く小道をつくりたかったので、小屋の奥からレンガを並べていきました。

レンガを並べるだけでもイメージができるし、実際に歩いてみると「ここにはもう少し幅がほしいな」ということもわかります。

横に2個か3個をランダムに適当に並べて曲線を描いたような小道をつくっていきます。レンガ2〜3個分は、歩いたときにぎりぎり余裕がある個数でした。

迷ったときは、歩いたときに幅が狭くないか確認しながら並べていきました。

2. 土を掘ってならす(凹凸をなくして平らにする)

レンガを敷く前にやったことは、土を掘ることならすことです。

レンガの小路のつくり方

レンガを埋めるぶんだけ土を掘ります。

我が家の庭は掘れば泥か砂利だったので、レンガを敷く箇所は土の入れ替えはしませんでした。レンガを埋める高さのぶんだけ泥を掘り起こして、水平にならしました。

MEMO
さらに本格的に土壌改良&水はけ改善までやりたい場合は、さらに深く掘って【砕石(さいせき)=小さく砕かれた石】を置いてから次のステップの【川砂】を敷きます。

3. 川砂を敷く

掘った場所に川砂を敷いていきます。

川砂を敷く理由はレンガを固定させるためですが、水はけ効果もあるので常備しているとなかなか便利です。

4. レンガを並べて調整を繰り返す

川砂を敷いた上にレンガを置いていきます。

ある程度レンガを敷いたら実際に乗ってみて、ガタガタする場合は土を平行に調整したり川砂を加えたり減らしたりしながら調整していきます。

庭に小路をつくる

庭に小路をつくる

川砂を敷いてレンガを置く、を繰り返しながらレンガを並べていきます。

我が家は土壌が悪いので出て来るのは石ころや泥ばかり。泥まみれになりながら作業しました。

5. レンガの外側に土を加えて完成

レンガの外側や隙間に土や川砂を埋めて完成です。

レンガの小路のつくり方

レンガの小路のつくり方

レンガの小路のつくり方

時間が経つと隙間が出て来るので、その都度土や川砂をかけて調整します。

小屋のまわりには泥はね防止にコッツウォルズストーンを敷きました。

水道管の蓋の隠し方については、以下の記事でも紹介していますのでよかったら参考にしてみてください。

フレンチガーデンに憧れて。狭い庭でも楽しめる!ガーデニングのはじめ方

場所を選ばないグランドカバーとなる植物

レンガの小道が出来上がったら、周りやレンガの隙間にグランドカバーできる植物を植えていきます。グランドカバーに一般的に使われる植物は6つくらいあります。

私はこの全てを我が家の庭に試しました。

  • クリーピングタイム ※育たなかった
  • イブキジャコウソウ ※育たなかった
  • ヒメイワダレソウ
  • グレコマ
  • ヘビイチゴ
  • クローバー ※育ちすぎた

クリーピングタイムとイブキジャコウソウはすごくかわいいのですが、我が家には合わず気が付いたら消滅してなくなっていました(ノω・、)。 ※すごく陽当たりのいい西側に植えたイブキジャコウソウ1つだけが今も残っています。

クローバーも以前別の場所に種を撒いたことがありますが、狭い場所に茂りすぎてさらに巨大化して大変なことになったのでクローバーはそれ以来選びません\(;゚∇゚)/

レンガの小路のつくり方

レンガの小路のつくり方

▲クローバーは強健で茂りすぎるので、オススメしません💦

ヘビイチゴとヒメイワダレソウは元気に育っています。グレコマも元気すぎるくらいですが、手に負える範囲です(ときどき引っこ抜く程度で大丈夫です)。

個人的には、葉っぱがかわいくナチュラルな雰囲気になるヘビイチゴ+ヒメイワダレソウ+グレコマの組合せをオススメします。

ヒメイワダレソウは冬には休眠期となり枯れるため、この3つを組み合わせると冬でもグリーンがあって重宝します。

レンガの小路のつくり方

レンガの小路のつくり方

ナチュラルガーデンに合う宿根草やハーブについては以下の記事を参考にしてみてください。

ガーデニング初心者にもおすすめ!ナチュラルガーデンにぴったりの宿根草とハーブ

まとめ

フレンチガーデンを目指したレンガの小道のつくり方とポイントを紹介しました。

  • 必要なものを用意する(レンガと川砂)
  • レンガを仮で並べてイメージづくり
  • 土を掘ってならす(凹凸をなくして平らにする)
  • 川砂を敷く
  • レンガを並べて調整を繰り返す
  • レンガのまわりに土や川砂をならして完成

レンガの小道を作るのに一番大変なのは「土を掘って平らにならす」部分です。

レンガを水平にするのは少し骨が折れますが、ここは川砂で調整できるし多少デコボコでも味が出るのであまりきれいにやろうと思わなくてもいいです。

大切なのは、楽しんでやることです!

レンガの小道ができあがって植えた植物がわさわさ茂ってくると、やってよかったと思うこと間違いありません(*’-‘*)。

最後まで読んでくださりありがとうございました!この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

庭に植えている植物はインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも確認してみてください。

もしご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

相性のいい宿根草や薔薇については以下の記事も参考にしてみてください。

フレンチガーデンに憧れて。狭い庭でも楽しめる!ガーデニングのはじめ方

初心者でも育てやすいおすすめの薔薇!イングリッシュローズとフレンチローズの紹介と育て方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください