ガーデニング初心者にもおすすめ!ナチュラルガーデンにぴったりの宿根草とハーブ

ナチュラルガーデニング

私はフランスの田舎が大好きで、これまでフランスの田舎には10回以上訪れてきました。

2016年にはインスタグラムで知り合ったフランス人友人ファミリーを訪れ、それ以来近くへ行くときには寄ってガーデンを見せてもらったり近郊の村を案内してもらったりしています。

フランスのガーデンはきっちり手入れされたイギリスとは違い、植物がそのまま自然に育っているかのようなナチュラルなガーデンが多いです。

私の自宅の庭もフランスの田舎にいるかのような雰囲気を出したくて、手のかからないナチュラルなフレンチガーデンを目指して庭づくりをしています。

私がふだんから目指しているのは3つです。

  • 頑張りすぎない庭づくり
  • 手のかからない植物選び
  • ナチュラルガーデンに合う植物選び

私自身は庭づくりを始めたときはそれまでガーデニングに興味もなく、やったこともありませんでした。何から始めたらいいのかわからず試行錯誤で失敗もたくさんしました。

ここでは10年かけて試行錯誤して見つけた、ナチュラルガーデンに合う育てやすい丈夫で手のかからない植物や草花を紹介していきます。

何もない状態から始めた庭づくりについては、以下の記事も参考にしてみてください。

フレンチガーデンに憧れて。狭い庭でも楽しめる!ガーデニングのはじめ方

我が家の庭は土壌が悪かったので、水はけをよくするためにもレンガの小道をつくりました。

レンガの小道のつくりかたに興味がある方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ガーデニング初心者にもできる!フレンチな雰囲気のガーデン小道の作り方とポイント

事例:庭の全面図

我が家の庭は西側に面していて、広さ約10平米(約3坪)くらいの決して大きくはない庭です。

ガーデンマップ

庭が全面的に西側に面しているので陽当たりはいいですが、大きく育ったジューンベリーやローズマリーのあしもとは日陰になっています。

グランドカバーに最適な草花

グランドカバーに一般的に使われる植物は6種類くらいあります。

私はこの全てを我が家の庭に試しました。

  • クリーピングタイム ※やや日陰で狭い場所には育たなかった
  • イブキジャコウソウ ※やや日陰で狭い場所には育たなかった
  • ヒメイワダレソウ
  • グレコマ
  • ヘビイチゴ
  • クローバー ※育ちすぎた

クリーピングタイムとイブキジャコウソウはすごくかわいいのですが、我が家のメインガーデンには合わず気が付いたら消滅してなくなっていました(ノω・、)。

ただすごく陽当たりのいいフロントガーデンに植えたイブキジャコウソウは順調に育っているので、陽当たりのいい場所にはすごくオススメです。

我が家がもう少し広い敷地だったら私はクリーピングタイムを植えます。

失敗例

クローバーも以前別の場所に種を撒いたことがありますが、狭い場所に茂りすぎてさらに巨大化して大変なことになったのでクローバーはそれ以来選びません\(;゚∇゚)/

レンガの小路のつくり方

レンガの小路のつくり方

▲クローバーは強健で茂りすぎるので、オススメしません💦

ヘビイチゴ+ヒメイワダレソウ+グレコマ

ヘビイチゴとヒメイワダレソウは元気に育っています。グレコマも元気すぎるくらいですが、手に負える範囲です(ときどき引っこ抜く程度で大丈夫です)。

狭い敷地でやや日陰があるのなら、個人的には葉っぱがかわいくナチュラルな雰囲気になる「ヘビイチゴ+ヒメイワダレソウ+グレコマ」の組合せをオススメします。

ヒメイワダレソウは冬には休眠期となり枯れるため、この3つを組み合わせると冬でもグリーンがあって重宝します。

グランドカバー

ヒメイワダレソウ

庭のポイントに花持ちがよくて手のかからない宿根草

ベニカノコソウ

ベニカノコソウの赤(コッキネウス)はフランス南西部の田舎の村でもよく見かけます。花持ちもよくとても丈夫で雰囲気を出してくれるので、一番好きな宿根草です。

ベニカノコソウ

ベニカノコソウ

この花がひとつあるだけでフランスの田舎の雰囲気になるから不思議です。

フランス南西部にある天空の村コルド・シュル・シエル(Cordes-sur-Ciel)の見どころ

宿根草リナリア

涼しげに咲くその姿が風に揺れるように咲く宿根草です。我が家ではカシワバアジサイの後ろに植えています。

宿根草リナリア

トラノオ ベロニカ

トラノオはいくつか買ってみてイメージと違ったものも多くあったのですが、「トラノオ ベロニカ」はイメージに合った宿根草でした。

涼しげに咲くその姿がナチュラルガーデンにぴったりです。高さは15〜20cmくらいです。

トラノオ ベロニカ

トラノオ ベロニカ

三尺バーベナ

素朴に咲く宿根草です。丈夫で花持ちがいいので手入れ不要なところは他の宿根草と共通していますが、薄い紫色がポイントになりかわいいです。

小さなかわいらしい花を咲かせて、高さは約30〜40cmくらいになります。

バーベナ

バーベナのある風景

エキナセア

狭い我が家ではポイントになるように1株だけ植えています。ハーブなどのグリーンが多い中に植えるとポイントになってかわいいです。

花弁の大きさは直径5cmくらい、高さは30cmくらいまで伸びます。

エキナセア

エキナセア

日陰でも育つ・むしろ日陰のほうがいい

ティアレア

宿根草ティアレアは日陰のほうが花持ちがいいです。我が家ではジューンベリーの足元やローズマリーの影になっている部分に植えています。

花弁全体は直径約2cmくらいで全体の高さは10〜15cmくらいでこんもりとした感じになります。

ガーデニングの始め方

ガーデニングの始め方

ティアレアは小さな白い花を咲かせます。日陰のほうが花持ちがよく明るくしてくれるのでかなり気に入ってます。

一年草やハーブ

植物と植物のつなぎの役割も含めて一年草やハーブも植えています。

キャットミント

キャットミントは小さな薄い紫色の花を咲かせます。ハーブの中でもこじんまりと増えすぎないのでオススメです。

キャットミント

マトリカリア / ジャックポット

マトリカリアは1年または2年草で、ジャックポットは宿根草です。花の見た目も大きさもそっくりなのですが、マトリカリアは直立性でジャックポットは這うような形で花を咲かせます。

マトリカリア

ジャックポット

ニゲラ

画像がないのが残念なのですが、野にさりげなく咲いているかのような雰囲気を出してくれる一年草です。一年草ですがこぼれ種でどんどん増えます。

かわいくはかない雰囲気で咲く花なので、ナチュラルガーデンには欠かせないです。狭い庭でも邪魔になりません。

まとめ

頑張りすぎないナチュラルガーデンに合う宿根草や草花を紹介しました。

  • グランドカバーに最適な草花
  • 庭のポイントに花持ちがよくて手のかからない宿根草
  • 日陰でも大丈夫な宿根草
  • 一年草やハーブ

最低限の水遣りはやりますが、これらの草花はほぼ手入れしなくてもお庭をナチュラルな雰囲気にしてくれます。

最後まで読んでくださりありがとうございました!この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

庭に植えている植物はインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも確認してみてください。

もしご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください