フランス南西部にある天空の村コルド・シュル・シエル(Cordes-sur-Ciel)の見どころ

コルド・シュル・シエルの全景

コルド・シュル・シエルはこの村の名前にあるように[sur Ciel]は空の上という意味でそのまま訳すと”空の上のコルド”という名前です。

その名の通り、まるで空の上に浮かんでいるかのような全景が美しい村です。

ここではコルド・シュル・シエルの見どころについて紹介していきます。

旅全体のスケジュール

2015年12月25日〜2016年1月1日の8日間でフランス南西部へ行ってきました。

フランス南西部2015年の旅マップ

コルド・シュル・シエル(Cordes-sur-Ciel)へのアクセス

トゥールーズからコルド・シュル・シエルへ行くには、2つの方法があります。

  • トゥールーズからアルビまで鉄道、アルビからバスを利用
  • トゥールーズからCondes de Vindracまで鉄道、Cordes de Vindracからタクシーを利用

コルド・シュル・シエルまでの詳しい行き方については、以下の記事を参考にしてみてください。

フランス南西部にある天空の村コルド・シュル・シエル(Cordes-sur-Ciel)への行き方

コルド・シュル・シエルの見どころ

コルド・シュル・シエルは、とても小さな村です。

1泊しなくても数時間あれば十分に見てまわれるのですが、コルド・シュル・シエルは他の小さな村と違って1泊したほうがいい理由があります。

全景を見る。見どころを求めて散策する

最初に掲載したアイキャッチ画像は、コルド・シュル・シエルを紹介するサイトやパンフレットに必ずと言ってもいいくらいに掲載されている全景。

コルド・シュル・シエルの全景

この全景、どこから撮っているんだろう?って思いませんか?

村の散策も含めてこの全景も見に行くんだったら、半日くらいあったほうがいいです。

コルド・シュル・シエルの村の向かい側の少し遠くに小高い丘があります。行けるかどうかわからないけど、とりあえず行ってみようと目指してみました。

コルド・シュル・シエルの全景を見渡す丘を目指す

コルド・シュル・シエルの全景を見渡す丘を目指す

コルド・シュル・シエルの全景を見渡す丘を目指す

村を背に目指して行くと、丘の入り口あたりでハイキングコースらしき標識と小路が出てきます。

この小路が延々と続いていて、誰も歩く人はいなかったけれどそれほど怖い感じもないので進んで行くと開けた場所に出てきます。

そこがコルド・シュル・シエルを見渡せる場所でした!

コルド・シュル・シエルの全景を見渡す丘を目指す

コルド・シュル・シエルの全景を見渡す丘を目指す

コルド・シュル・シエルの全景を見渡す丘を目指す

来てみてよかった〜と思った瞬間でした。
それほど時間もかからず急な坂道もないので、フォトグラファーの方にもオススメの場所です。

村を散策する

フランスの地方にある小さな村は、どの村も似ているようで少しずつ違います。

コルド・シュル・シエルの村を散策

コルド・シュル・シエルの村を散策

コルド・シュル・シエルは1時間もあれば見てまわれるくらいの小さな村です。
ショップの数は多くはないけれど、ギャラリーがあったり雑貨屋さんがあったりオシャレな雰囲気。

コルド・シュル・シエルの村を散策

コルド・シュル・シエルの村を散策

小高い丘の上に村があるので村から外を眺めるのも楽しいです。
ここから眺めて、コルド・シュル・シエルの全景が見える丘はきっとあの丘だろうなあと見当をつけていました。

コルド・シュル・シエルの村を散策

コルド・シュル・シエルの村を散策

でも一番嬉しかったのは、真冬の12月なのにハチミツ色の岩の間に咲いている草花を見つけたとき。

コルド・シュル・シエルの村を散策

コルド・シュル・シエルの村を散策

どこをとっても絵になるところが、この村を散策していて楽しいところです。

コルド・シュル・シエルでの食事

到着した日のランチは村のふもとにあるビストロふうのカフェで、ディナーはシャンブルドットでノエルディナー(クリスマスディナー)にしました。

シャンブルドットは通常、朝食付きだけのところが多いですがコルド・シュル・シエルで宿泊した”La Maison Bakea”のように夕食を提供しているところもあります。※Table d’hôteといいます。

ランチはビストロふうのカフェで

夜にディナーを予約してあったので、ランチは軽めにとるつもりで村のふもとにあるビストロふうのカフェに入りました。

コルド・シュル・シエルのレストラン

コルド・シュル・シエルのレストラン

コルド・シュル・シエルのレストラン

コルド・シュル・シエルのカフェ

コルド・シュル・シエルのカフェ

コルド・シュル・シエルのカフェ

・自家製カスレ(南西部の郷土料理)

・ピザ

・白ワインとビール

軽めにと思っていたにもかかわらず、メニューを見たら豊富に美味しそうなものがあったので普通にランチになってしまいました。

カスレはフランス南西部のカルカッソンヌで有名な郷土料理です。カフェとはいえ本場カルカッソンヌで食べたカスレと同じように美味しかった!

南西部中心では鴨のコンフィが有名なので、ここで食べたカスレには鴨のコンフィがのっていたのも嬉しかったです!

夫は普通にピザを頼んで1枚ぺろっと食べていました。

全部で29.50ユーロ(約3500円)

ディナーはシャンブルドットでスペシャルディナー

ディナーは宿泊したシャンブルドットでスペシャルディナーを事前に予約しました。

詳しい内容については以下の記事を参考にしてみてください。

コルド・シュル・シエルのおすすめホテル(シャンブルドット)【La Maison Bakia】

まとめ

フランス南西部にあるかわいい村「コルド・シュル・シエル」の見どころについて紹介しました。

  • 天空の村の全景を見るなら観光に半日は必要
  • 村の反対側にある丘から全景を見渡せる
  • 村を散策するのも楽しい
  • シャンブルドットを利用すると朝食付きなだけでなく、豪華な夕食も食べれる

最後まで読んでくださりありがとうございます。
この記事が、少しでも旅の参考になると嬉しいです。

フランス旅行のまとめについては、以下の記事を参考にしてみてください。

フランスおすすめ観光地のまとめ!フランスは地方都市が楽しい

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください