コロナウイルスの影響で海外旅行をどうするか?

フランス南西部にある天空の村コルド・シュル・シエル(Cordes-sur-Ciel)の見どころ

コルド・シュル・シエルの全景

コルド・シュル・シエルはこの村の名前にあるように[sur Ciel]は空の上という意味でそのまま訳すと”空の上のコルド”という名前です。

その名の通り、まるで空の上に浮かんでいるかのような全景が美しい村です。

ここではコルド・シュル・シエルの見どころを紹介していきます。

まるでおとぎの国の世界がそこにある

旅全体のスケジュール

2015年12月25日〜2016年1月1日の8日間でフランス南西部へ行ってきました。

フランス南西部2015年の旅マップ

コルド・シュル・シエル(Cordes-sur-Ciel)へのアクセス

トゥールーズからコルド・シュル・シエルへ行くには、2つの方法があります。

  • トゥールーズからアルビまで鉄道、アルビからバスを利用
  • トゥールーズからCondes de Vindracまで鉄道、Cordes de Vindracからタクシーを利用

コルド・シュル・シエルまでの詳しい行き方については、以下の記事を参考にしてみてください。

コルド・シュル・シエルへのアクセスフランス南西部にある天空の村コルド・シュル・シエル(Cordes-sur-Ciel)への行き方

コルド・シュル・シエルの見どころ

コルド・シュル・シエルは、とても小さな村です。

1泊しなくても数時間あれば十分に見てまわれるのですが、コルド・シュル・シエルは他の小さな村と違って1泊したほうがいい理由があります。

全景を見渡す丘へ行く

最初に掲載したアイキャッチ画像は、コルド・シュル・シエルを紹介するサイトやパンフレットに必ずと言ってもいいくらいに掲載されている全景。

コルド・シュル・シエルの全景

この全景、どこから撮っているんだろう?って思いませんか?

村の散策も含めてこの全景も見に行くんだったら、半日くらいあったほうがいいです。

コルド・シュル・シエルの村の向かい側の少し遠くに小高い丘があります。行けるかどうかわからないけど、とりあえず行ってみようと目指してみました。

コルド・シュル・シエルの全景を見渡す丘を目指す

コルド・シュル・シエルの全景を見渡す丘を目指す

コルド・シュル・シエルの全景を見渡す丘を目指す

村を背に目指して行くと、丘の入り口あたりでハイキングコースらしき標識と小路が出てきます。

この小路が延々と続いていて、誰も歩く人はいなかったけれどそれほど怖い感じもないので進んで行くと開けた場所に出てきます。

そこがコルド・シュル・シエルを見渡せる場所でした!

コルド・シュル・シエルの全景を見渡す丘を目指す

コルド・シュル・シエルの全景を見渡す丘を目指す

コルド・シュル・シエルの全景を見渡す丘を目指す

来てみてよかった〜と思った瞬間でした。
それほど時間もかからず急な坂道もないので、フォトグラファーの方にもオススメの場所です。

古い色合いが素敵な村を散策する

フランスの地方にある小さな村は、どの村も似ているようで少しずつ違います。

コルド・シュル・シエルの村を散策

コルド・シュル・シエルの村を散策

コルド・シュル・シエルは1時間もあれば見てまわれるくらいの小さな村です。
ショップの数は多くはないけれど、ギャラリーがあったり雑貨屋さんがあったりオシャレな雰囲気。

コルド・シュル・シエルの村を散策

コルド・シュル・シエルの村を散策

小高い丘の上に村があるので村から外を眺めるのも楽しいです。
ここから眺めて、コルド・シュル・シエルの全景が見える丘はきっとあの丘だろうなあと見当をつけていました。

コルド・シュル・シエルの村を散策

コルド・シュル・シエルの村を散策

でも一番嬉しかったのは、真冬の12月なのにハチミツ色の岩の間に咲いている草花を見つけたとき。

コルド・シュル・シエルの村を散策

コルド・シュル・シエルの村を散策

どこをとっても絵になるところが、散策していて楽しかったです!

コルド・シュル・シエルでの食事

到着した日のランチは村のふもとにあるビストロふうのカフェで、ディナーはシャンブルドットでノエルディナー(クリスマスディナー)にしました。

シャンブルドットは通常、朝食付きだけのところが多いですがコルド・シュル・シエルで宿泊した”La Maison Bakea”のように夕食を提供しているところもあります。※Table d’hôteといいます。

ランチは村の麓にあるビストロふうのカフェで

夜にディナーを予約してあったので、ランチは軽めにとるつもりで村のふもとにあるビストロふうのカフェに入りました。

コルド・シュル・シエルのレストラン

コルド・シュル・シエルのレストラン

コルド・シュル・シエルのレストラン

コルド・シュル・シエルのカフェ

コルド・シュル・シエルのカフェ

コルド・シュル・シエルのカフェ

・自家製カスレ(南西部の郷土料理)

・ピザ

・白ワインとビール

軽めにと思っていたにもかかわらず、メニューを見たら豊富に美味しそうなものがあったので普通にランチになってしまいました。

カスレはフランス南西部のカルカッソンヌで有名な郷土料理です。カフェとはいえ本場カルカッソンヌで食べたカスレと同じように美味しかった!

南西部中心では鴨のコンフィが有名なので、ここで食べたカスレには鴨のコンフィがのっていたのも嬉しかったです!

夫は普通にピザを頼んで1枚ぺろっと食べていました。

全部で29.50ユーロ(約3500円)

シャンブルドットでスペシャルディナー

私たちが訪れたのは年末だったので、夜はシャンブルドットでスペシャルディナーを事前に予約しました。

詳しい内容については以下の記事を参考にしてみてください。

コルド・シュル・シエルで宿泊したシャンブルドットから眺めた景色コルド・シュル・シエルのおすすめホテル(シャンブルドット)【La Maison Bakia】

コルド・シュル・シエル見所まとめ

フランス南西部にあるかわいい村「コルド・シュル・シエル」の見どころについて紹介しました。

  • 天空の村の全景を見るなら観光に半日は必要
  • 村の反対側にある丘から全景を見渡せる
  • 村を散策するのも楽しい
  • シャンブルドットを利用すると朝食付きなだけでなく、豪華な夕食も食べれる

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

個人で行くことが不安な場合は、現地発ツアーもおすすめです。

南西部で今人気のアクティビティ
南西部をめいっぱい楽しみたい時は、積極的に現地発ツアーに参加しましょう。

現地で申し込めるものもありますが、確実に参加できるように事前にVELTRAでチェックして予約を済ませておくことがおすすめです。

VELTRAで今人気のあるアクティビティは….

1位:コルド・シュル・シエル・アルビを巡る日帰りツアー

コルド・シュル・シエルの全景

天空の村と呼ばれるコルド・シュル・シエルと旧市街は世界遺産でもある美しい街アルビに立ち寄る日帰りツアーです。個人で行くには時間がかかるところを効率よく行けるところが魅力です。

コルド・シュル・シエル・アルビを巡る日帰りツアー詳細をみる

 

2位:ロカマドール&美しい村サン・シル・ラポピー日帰りツアー

ロカマドゥールの景色

絶壁に建つ不思議な光景のロカマドゥールとフランス人も好きな美しい村サン・シル・ラポピーを訪れる日帰りツアーです。

ロカマドール&美しい村サン・シル・ラポピー日帰りツアー詳細をみる

 

3位:美しい村コンク&世界遺産アルビ またはコルド・シュル・シエル

フランスの美しい村Conques

個人旅行ではなかなか行くことのできない、山あいの村コンクを訪れるツアーです。コンクと旧市街は世界遺産である美しい街アルビか、アルビをコルド・シュル・シエルに換えて訪れる貸切チャータープランのツアーです。

美しい村コンク&世界遺産アルビ またはコルド・シュル・シエル詳細をみる

 

 

旅行手配に利用しているおすすめサービス一覧

最後に、私自身が個人旅行で利用しているサービスを紹介します。

個人旅行手配の参考になれば嬉しいです。

航空券検索と予約

航空券検索はスカイスキャナートラベルコちゃんを両方で検索します。

同じような検索結果にはなりますが、より良い航空券を選ぶには複数で検索した方が料金にも納得できるので私は2つとも利用しています。

スカイスキャナーで格安航空券を比較する

トラベルコちゃんで格安航空券を比較する

航空会社で直接予約をする場合は、ヨーロッパへ行く場合はワンターミナルで乗り継ぎが便利なKLMオランダ航空かエールフランス航空を選ぶことが多いです。

KLMオランダ航空で空席をみる

フランスへ行くならエールフランス航空が場所によっては便利ですが、エールフランス航空KLMオランダ航空は共同運営なので私はどちらも検索します。

エールフランス航空で空席をみる

ホテル検索&予約【Booking.com】



Booking.comはホテルの取り扱い数や網羅数が世界一なので私はBooking.comをメインで利用しています。

日本人の口コミ数も多いので参考になり、予約管理もしやすいところがいいです。
ブッキングドットコム登録会員になると特典がある!ホテル予約システム【ブッキングドットコム(booking.com)】の登録の仕方と会員限定の特典を紹介!

ホテル検索&予約【Hotels.com】

エクスペディアと同じグループ会社ですが、Hotels.com10泊したら1泊が無料になるので個人的にはリゾート地や滞在型旅行にぴったりの予約システムだと思っています。

私自身の使い方としては、Booking.comでホテルを探していて見つからない時にエクスペディアHotels.comで検索して比較して選びます(例えばパリなど)。

ホテル予約【Accorhotelsグループ】

Accorhotels.com

フランスのあらゆる場所でよく目にするホテルがメルキュールやイビス。

駅前など便利な立地にあることが多いホテルですが、フランスを拠点にしていると聞けば納得です。

私は拠点として移動と安全を重視する都市に滞在する場合はメルキュールホテルかイビスホテルを利用することが多いですが、この2つを利用する時はAccorhotels.comの予約サイトから予約をしています。

Booking.comで予約をすることも可能なのですが、ポイントを貯めることができる&フランスでは利用する機会が多いのでAccorhotels.comの予約サイトから直接予約しています。
accorhotels予約サイトフランスで宿泊するなら立地がいいメルキュールやノボテル、イビスホテルがデルタスカイマイルも貯めれて便利!パリを拠点とするアコーホテルズグループ(accorhotels)経由で予約をするメリットと登録の方法を紹介

ホテル&航空券予約【エクスペディア】



エクスペディア
は航空券とセットで利用した方が割安感がありますが、ときどきBooking.comよりも少しお安く販売している場合もあるのでホテルだけの予約でも比較検討してみる価値アリ!です。

私はBooking.comでホテルが見つからなかった時に時々利用します。
エクスペディアの使い方図解で紹介!ホテル予約システム【エクスペディア(Expedia)】予約のコツと使い方を詳しく解説!

鉄道手配&予約【フランス国鉄(SNCF)とレイルヨーロッパ

フランス国内はフランス国鉄(SNCF)サイトから直接予約をしていますが、英語が不安という場合はレイルヨーロッパもおすすめです。

SNCF時刻表の見方TGVは事前に購入したほうがお得!フランス国鉄(SNCF)サイトで料金の確認方法と予約方法のまとめ

レイルヨーロッパは日本語対応可能ですが、私は英語しか記載がされてなかった頃から好んでよく使っていました。画面も見やすく安心して利用できます。

レンタカー検索&予約



レンタカー会社を一括して検索するにはイージーレンタカーがおすすめです。

フランスでレンタカーを借りる【フランス(ヨーロッパ)でレンタカーを利用する手順のまとめ】事前の手続き・車を運転をするときの注意点・おすすめ便利グッズを実例から紹介

現地発着オプショナルツアー【VELTRA】

ヨーロッパの田舎は交通の便が不便で一つの村や街へ行くのに1日がかりということがよくありますが、そんなときには現地発オプショナルツアーを利用します。

VELTRAはダントツで取り扱い数や利用者が多いので便利です。

私も現地発ツアーは何度か利用したことがありますが、公共交通機関で行けないような不便な場所へ行くときには本当に重宝しています。

レストラン検索&予約【TripAdvisor

【c】【公式】トリップアドバイザー

レストラン選びをするときは、ほぼTripAdvisorの口コミを参考にしています。

レストランのサイトから予約が可能なら直接予約、事前予約ができない場合は現地でいちかばちかで行ってみます。

パリの場合はたびらくといういうサービスが便利です。たびらくは現地に住む日本人の口コミが多数あるので味の相違もあまりなく事前予約も可能です。

1件につき500円(税抜)の手数料がかかりますが、それほど高くなく日本語で事前に予約が可能なのでオススメです。

オーダーメイドの旅行なら旅工房

公共交通機関(鉄道やバス)を使っていくのはちょっと厳しい…ツアーも見つからないという場合は旅工房でオリジナルの旅プランをお願いするという方法があります。

問い合わせは無料です。

旅工房は私もまだ旅慣れない頃に問い合わせたことがありますが、専門の担当者がプランニングしてくれるのでおすすめです。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください