フランス南西部の巡礼地!世界遺産ロカマドゥールへの行き方

ロカマドゥール

ロカマドゥールは世界遺産にも登録されている村で、1度観ると不思議な景観に魅了されます。

この不思議な景観の村はフランスの南西部に位置しています。

フランス南西部には『フランスで最も美しい村』と呼ばれる村が集中していたり、サンティアゴ・デ・コンポステーラと呼ばれる巡礼路の村があったり見どころがたくさん集約されています。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路とは:キリスト教の聖地であるスペイン、ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路。おもにフランス各地からピレネー山脈を経由しスペイン北部を通る道を指す。Wikipediaより

この巡礼路には4つのコースがあり、そのひとつ『ル・ピュイの路』のコースの途中にある村がロカマドゥールです。

サンティアゴ・デ・コンポステーラへの路

出典元:ウィキペディア

私はフランスの田舎が大好きで、『フランスで最も美しい村』と呼ばれる村をひとつひとつ訪れることを旅の目的のひとつにしているのですが、美しい村には認定されていないけれどガイドブックでこの村の写真を見た瞬間、ここに行きたい!と思った場所がロカマドゥールでした。

ここではロカマドゥールへの行き方を紹介していきたいと思います。

トゥールーズを拠点にまわる旅のルート

旅のスケジュール

2016年秋、10/17〜26の日程でフランス南西部の田舎の村をひとりでまわってきました。

フランス南西部の旅マップ

今回の旅では主要空港があるトゥールーズを拠点に電車とバス、一部タクシーを使ってまわってきました。

フランス南西部

ロカマドゥールがあるフランス南西部には他にも見どころのある村が集まっています。

フランス南西部に集まる美しい村

南西部にある3つの村『コンク』『サン・シル・ラポピー』『コルド・シュル・シエル』はどの村もかわいくて絵になる村で、私が特にオススメしたい村です。

車を運転できるならレンタカーを借りてまわったほうが効率はいいですが、この3つの村は電車とバスを利用して乗り継げば行けないことはありません。

この村をまわるのに拠点となる街がトゥールーズです。トゥールーズについては、以下の記事も参考にしてみてください。

フランス南西部の拠点トゥールーズの見どころとおすすめ

コンクからロカマドゥールへ

ロカマドゥールの最寄駅は『Rocamadour-Padirac』という無人駅です。

コンクからロデズへ

私はコンクからロデズ経由で鉄道で『Rocamadour-Padirac』まで移動しました。トゥールーズから直接ロカマドゥールへ行く場合も、ロデズを経由して行きます。

ロカマドゥールへの行き方地図

通常は、以下のルートで移動できます(コンクとロカマドゥールの両方に行く場合)。

  • Conque(コンク)→Marcillac-Vallon(マルシャック=ヴァロン)→Rodez(ロデズ)※Conque →Marcillac-Vallon路線はスクールバスなので、学校が休みになると運休となる
  • Rodez(ロデズ)→Rocamadour-Padirac(ロカマドゥール パディラック) ※鉄道

通常はコンクからロデズまではMarcillac-Vallon経由でバスで移動しますが、Marcillac-Vallon – コンク間はスクールバス路線となるため、学校が休みの日はバスも運休となります。

私が行った10月半ばはスクールホリデイと重なり、一部路線が運休でした。なのでコンクからMarcillac-Vallonまではタクシー、Marcillac-Vallonからロデズまではバスで移動する予定でした。

予定だった…というのは、ちょっとしたハプニングが起きて途中のMarcillac付近からロデズまでは地元の方のトラックで送ってもらいました。

  1. コンク(8:00)→Marcillac付近(8:30)※タクシーで移動
  2. Marcillac付近(9:00)→ロデズ(9:30) ※バスの予定が地元の方の車で移動
  3. ロデズ(10:22)→Rocamadour-Padirac(12:06)※列車で移動
  4. Rocamadour-Padirac→ロカマドゥール  ※タクシーで移動

コンクからは事前に手配していたタクシーで移動しました。降ろされた場所は、Marcillac-Vallonではなく、『ここが近いから』と1つ先の停留所で降ろされてしまいました。

 

しばらくバスを待っていたのですが、大きな停留所じゃないし(Marcillac-Vallonは少し大きな停留所)、人が来る気配もないので不安になり近くのカフェに行きロデズ行きのバスが来るのかどうか聞いてみました。でも誰も知らないと( ̄□ ̄;)!!

 

フランスの田舎では車での移動が多いので、バスの路線や時間を知らない人は多いです。でも私は確実な情報が欲しかったのでどうしようと狼狽えていたところ、『送ってあげるよ』と言ってくれたおじいさんの好意に甘えてロデズまでは車で送ってもらいました。

最初は迷ったけど、怪しい感じはなかったし、『オンボロトラックで悪いね』と言いながら親切に送ってくれた優しいおじいちゃんに感謝!

こういうハプニングを避けてリスクなく行くためには、1)事前にスクールホリデイを知ること2)降りたい場所は主張して伝えることです(私は呑気に思っていて主張しませんでした^^;)。

 

スクールホリデイは、観光局に問い合せると教えてくれます。

>> Office de tourismo オフィシャルサイト

>> Office de tourismo – coming to conques(バスのスケジュール)

>> Rodez – Conque間のバス路線の時刻表

ロデズ(Rodez)からRocamadour-Padiracへ

ロデズには9:20頃到着しました。

駅まで車で送ってくれたおじいさんにお礼を言って車を降りて、ブッと車で合図をして去って行く姿を見えなくなるまで見送った後に駅の中へ。

親切なおじいさんには本当に感謝しきりです。旅ではこんなことが最も記憶に刻まれます。

ロデズ駅の窓口で、ロカマドゥールまでの切符を買います。

事前に調べていた料金は20ユーロ(約2500円)だったのですが、窓口で払った金額は7.5ユーロ(約1000円)。

フランス国鉄ではときどき、当日窓口でチケットを購入するとプロモーションフェアが適用されてかなりお安く購入することが出来ます。

カフェでお茶したり駅のトイレに行ったりしながら出発の時間を待ちます。

  • 10:22  ロデズ発
  • 12:06  Rocamadour-Padirac駅着
  • ※料金:20ユーロ→7.5ユーロ(約1000円)

鉄道はBrive-la-Gaillade行きで、約2時間半でRocamadour-Padiracに到着しました。

Rocamadour-Padiracから村の中心へ

Rocamadour-Padiracからの移動はタクシーを事前に手配しました。ロカマドゥールで一泊するので宿泊するホテルへ依頼して手配してもらいました。

でもこのタクシー会社はこのあたりでは有名で信頼できるので、直接依頼しても大丈夫です。

タクシー会社、Lample
04-71-49-95-55(Office)/ 06-0775-9332(Mobile Phone)
Website: http://www.transports-lample-conques.fr
※観光局サイトでも紹介されています。

Rocamadour-Padirac駅はとても小さな駅で、無人駅という噂通りひとけがなくそこにぽつんとある感じです。

その小さな駅の構内で、ひとり待機していた男性が手配していたタクシー会社の運転手さんでした。

Rocamadour-padirac無人の駅

Rocamadour-Padirac駅

Rocamadour-Padirac駅からロカマドゥールまでは車で15分くらいです。

タクシー会社のお兄さんはとてもフレンドリーで、途中でロカマドゥールの全景が見えるスポットにも立ち寄ってくれました。翌日の帰りも同じタクシー会社に依頼して、同じお兄さんがホテルに迎えにきてくれました。

ロカマドゥール全景

まとめ

ロデズからロカマドゥールまでの行き方を紹介しました。

  • ロカマドゥールへ行くにはロデズ経由で行く
  • 最寄駅はRocamadour-Padirac駅で、そこからタクシーを使う
  • タクシー会社はLampleを利用する

ロカマドゥールの見どころについては、以下の記事を参考にしてください。

フランス南西部の巡礼地!世界遺産ロカマドゥールの見どころ

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

フランス旅行のまとめについては、以下の記事を参考にしてみてください。

フランスの田舎を旅する!おすすめ観光地のまとめ

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください