フランス南西部の巡礼地!世界遺産ロカマドゥールの見どころ

ロカマドゥール

ロカマドゥールは、サンティアゴ・デ・コンポステーラと呼ばれる巡礼路のひとつです。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路 とは:キリスト教の聖地であるスペイン、ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路。おもにフランス各地からピレネー山脈を経由しスペイン北部を通る道を指す。Wikipediaより

大きな門をくぐると大通りが1つ。崖の中腹ほどに聖堂と6つの礼拝堂があります。迫り来る絶壁を背にさらに上へ登ると城の一部があり村を見下ろすことができるところが魅力の1つです。

ロカマドゥールは世界遺産にも登録されています。

ここでは、深い谷を見下ろす断崖絶壁に沿うように並び立つ村、ロカマドゥールの見どころや宿泊したホテルなどを紹介していきたいと思います。

旅のスケジュール

2016年秋、10/17〜26の日程でフランス南西部の田舎の村をひとりでまわってきました。

フランス南西部の旅マップ

旅の拠点となったトゥールーズについては以下の記事も参考にしてみてください。

フランス南西部の拠点トゥールーズの見どころとおすすめ

ロカマドゥールへのアクセス

ロカマドゥールへ行くには南西部の拠点トゥールーズからロデズ経由でRocamadour-Paradicへ鉄道で移動して、Rocamadour-Paradicからタクシーで村へ移動します。

詳しいアクセスについては、以下の記事を参考にしてみてください。

フランス南西部の巡礼地!世界遺産ロカマドゥールへの行き方

ロカマドゥールの見どころ

村の大きさは、15分もあれば行き来してしまえるメインストリートが1本の村です。
ロカマドゥールは断崖絶壁に貼り付いたような景色が圧巻なので、景色を中心に外せない見どころは以下の4つです。

  • おとぎ話に出てくるような村を散策
  • 崖のてっぺんにある教会から見下ろす景色
  • ロカマドゥールを遠くから眺める
  • 外れにある古い教会を訪れる

またロカマドゥールは巡礼地でもあるので、聖域にある教会や礼拝堂は必見です。

ロカマドゥールは高ケルシー地方の中心にあり、アルズー川の深い谷を見下ろす強烈な150mの崖に沿って建物が並ぶ。この聖母マリアの町は、中世以降黒い聖母と聖アマドゥールの墓をあがめる有名無名の人々が訪れる12世紀以来の有名な巡礼地である。引用元:Wikipediaより

ロカマドゥールの聖域

ロカマドゥールの聖域

ロカマドゥールの聖域

おとぎ話に出て来るような村を散策

ロカマドゥールの村の入り口には、イチジクの門と呼ばれるハチミツ色の大きな石の門があります。

この大きな門をくぐると見えるのは、大きな1本の道。ロカマドゥールはこの大通り1つでこの道の両脇にホテルやレストラン、お土産屋さんがぎっしりと集まっています。

日帰りで来る観光客も多いので昼間は少し観光化された感がありますが、夜になるとひとけがなくなり静まり返った村の中は神秘的な雰囲気が漂います。

中世の頃から変わらないと言われるその景色。ハチミツ色の壁や石の色が特徴的です。

ロカマドゥールの村を散策

一本道の先にはダンジョンのようになっている場所があり、迷いこんでしまいそう。そんな小さな道を散歩するのも楽しいです。

崖のてっぺんにあるシャトーから見下ろす景色

ロカマドゥールへ来たらここは外せません。
頂上にあるシャトーから眺める景色は圧巻です。

Rocamadour 散策

Rocamadour 散策

この景色を見るには中腹まで216段の階段を登って礼拝堂や教会を見た後、頂上にあるシャトーを目指してひたすら登ります。

聖域へ続く216段の階段

シャトーまでの道

シャトーまでの道

崖の上のシャトーは中に入るには有料ですが、崖の上から下を見下ろせる場所はここだけなので入る価値はあります。入り口は無人になっていて、入り口のマシーンにコインを入れて入ります。(2016年10月現在、2ユーロ)

私が頂上に着いた時、人は大勢いるのに中へ入ろうとする人は誰もいなくて迷っていたら、2人連れのカップルが入っていったので私も後を追うように入ってみました。

ロカマドゥールの頂上にあるシャトー

ロカマドゥールの頂上にあるシャトー

シャトーからの見晴らしはかなりいいです。

でも風が吹くとちょっと怖いので、一眼レフカメラはストラップを手に巻き付けてiPhoneは下に落とさないようにしっかり掴みながら写真を撮っていました。

ロカマドゥールの頂上にあるシャトー

ロカマドゥールの頂上にあるシャトー

スマホにバンカーリング/ホルダーリングを付けているとちょっと安心です。ヨーロッパではiPhoneを人前で堂々と出していると盗難の危険もあるので、バンカーリングはちょっとした防止にもなります。

ロカマドゥールを遠くから眺める

ロカマドゥールは崖に貼り付いたその姿が圧巻なので、やはり遠くから眺めたいです。
どこから一番いい景色が見れるだろうと、泊まった翌朝村の反対側に通じる道路の先にも行ってみました。

ホテルを出たのは朝9時過ぎだったのですが、一面ガスだらけ。
ガスが思った以上に深くて景色は全く見えなかったのですが、時間が経つにつれて少しずつガスが晴れて浮かび上がるように見えてくるその姿は本当に美しかったです。

霧の中のロカマドゥール

霧の中に浮かび上がるロカマドゥール

外れにある古い教会を訪れる

村の反対側の道路を登った先をさらに上がっていくと、小さな古い教会があります。
隣りに墓地もあるのでひとけがないと少し不安になりますが、私はロカマドゥールに到着した日と翌朝の2回行ってみました。

ロカマドゥールの外れにある古い教会

ロカマドゥールの外れにある古い教会

小さな古い教会。その佇まいがかわいらしい。

ロカマドゥールの外れにある古い小さな教会

ロカマドゥールの外れにある古い小さな教会

ホテル:Le Terminus des Perelins

ホテルは、Tripadvisorで口コミを確認して評価の高かった、Le Terminus des Perelinsに宿泊しました(1泊1部屋61ユーロ / 約7000円)。ロカマドゥールのメインストリートの中心にあり、1階はレストランになっています。

Rocamadour Hotel

Rocamadour Hotel

Rocamadour Hotel

▲部屋はこざっぱりと清潔ですっきり。

ロカマドゥールは小さな村なのでホテルの選択肢はあまりなく、城門の中に2軒と外に1〜2軒ほどあります。

宿泊したLe Terminus des Pelerrinsはこじんまりとしたホテルですが、ホテルオーナーのマダムもスタッフの方たちも皆フレンドリーで感じがよく全体的にアットホームな雰囲気でした。

  • 部屋はシンプルで最低限のものは揃っている
  • 少し狭い
  • バルコニーなし(バルコニーありの部屋も選べます)
  • バスタブ付き ※事前にリクエスト

※電気ポットはついていません。
※wifiはつながります。

電気ポットがないときのために、私たちはいつもトラベル用の電気ポットを持参します。あるのとないのとで旅の快適さが全然違うので便利です。

朝食はホテル1階のレストランで

翌日の朝食もホテルでとりました。1階がレストランなので便利です。

Rocamadour Hotel

Rocamadour Hotel

  • Le Terminus des Pelerins
  • 住所:(Cité Médiévale)., 46500 Rocamadour
  • 公式サイト:http://www.terminus-des-pelerins.fr/
  • 1泊1部屋 61ユーロ(約6800円)※料金は時期により異なります。

予約サイトでみる

>> Booking.comで条件や料金を確認する

>> Expediaで条件と料金を確認する

>> 国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

まとめ:最後に

ロカマドゥールをひとことで表すと神秘的な場所。
巡礼地だからというのもありますが、霧の中に浮かぶその姿からは神聖なものを感じました。

数時間もあれば見てまわれる小さな村だけど、昼間と朝の景色を楽しむにはここで一泊することをオススメします。

昼間は観光地なだけあって人も多く賑わっていますが、朝晩の静まり返った雰囲気は巡礼地だということを思い出させてくれる厳かな雰囲気がありました。

ロカマドゥール 教会

この記事が少しでも旅の役に立つと嬉しいです。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

フランス旅行のまとめについては、以下の記事を参考にしてみてください。

フランスの田舎を旅する!おすすめ観光地のまとめ

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください