Apple Watchでできることまとめ

Apple Watch SEを使っていて、手首を上げても画面が点灯しなくなったときの対処法

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

Apple Watch SEを使い始めて約2年経った頃、ある日突然、手首を上げても画面が暗いまま点灯しなくなりました。

デジタルクラウンボタンを押すと画面は映るのですが、両手を使うことになるので時間を確認するたびにこれでは面倒です。

Apple Watch SEはApple Watch 5や6と違って常時点灯ではありません。手首を上げたら点灯し、数秒経つと画面が暗くなるというのが正常です。

手首を上げても点灯しなくなったときにやる対処法を調べたので、備忘録代わりに残しておきたいと思います。

結論から言うと、私の場合はシアターモードのオンオフを繰り返したら正常に点灯するようになりました。

Apple Watch SEで手首を上げても点灯しないときに確認すること

私はApple Watch SEを使っていますが、手首を上げても点灯しなくなったときに調べて試していったことを以下にまとめます。

スリープ解除になっているかを確認する

iPhoneのWatchアプリを開く→画面表示と明るさをタップ

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

“手首を上げてスリープ解除がオン” になっていることを確認

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

(オンになっていれば一度オフにして再度オンにする)

Apple Watchのアプリが最新になっているかを確認する

iPhoneのWatchアプリを開く→一般

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

一般→ソフトウェア・アップデートをタップする

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

自動アップデートがオンになっているかを確認します。

最新でなければアップデートをします。※アップデートするにはApple Watchを充電した状態でアップデートを行います。

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

Apple Watchのシアターモードがオフになっていないかを確認する

Apple Watchのトップ画面を下からスワイプ→シアターモードを確認

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

シアターモードがオンになっていたらオフにします。オフになっていても、オンにしてしばらくしたらオフに戻します。

私の場合はこれで正常に戻りました。

Apple Watchを装着する手首と向きを正しく選択している

Apple Watchを装着している手首と、設定の向きが一致しているかを確認します。

iPhoneでWatchアプリを開く→一般

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

一般→ウォッチの向きをタップ

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

設定の向きと実際に装着している手首と一致しているかを確認します。

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

充電が十分にされているかを確認する

充電が十分にされていない場合も反応しないことがあるみたいなので、充電が少ないときは充電します。

ペアリング解除する

ペアリング解除するために、Apple Watch と iPhone を互いに近い場所に置いておきます。

iPhone で Apple Watch App を開く→すべてのWatchをタップ

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

ペアリングを解除したい Apple Watch の横にある情報ボタンをタップ

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

ペアリングを解除します。

注意
ペアリング解除するときに、モバイルデータ通信プランをそのまま維持するか削除するかを選択する画面が出てきますが、再びペアリングするので、プランは維持したままにします。

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

これまでセッティング&累積してきた情報を維持できるかわからないので、個人的にはペアリング解除するのは最終手段にしておきたいです。

余談:スリープ解除時間は15秒か70秒かを選択できる

画面をタップしたときにスリープ解除時間を15秒か70秒かを選択することができます。※手首を返して点灯されたときには適用されません。

iPhoneのWatchアプリを開く→画面表示と明るさをタップ

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

スリープ解除時間、をタップ

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

注意
タップすることでスリープ時間までの時間を70秒まで延ばすことができますが、その代わりバッテリー消費も早くなるので注意です。

Apple Watch SEを使っていて手首をあげても画面が点灯しないときの対処法

例えば、web予約をするときに秒針を一定時間確認する必要があるときなど、そのときどきで必要なときに変更することをおすすめします。

バッテリーに関してはApple Watchのバッテリーの持ちはそれほど長くないので、私は常にモバイルバッテリーを持ち歩いています。

Anker PowerCore 10000海外旅行にも便利なモバイルバッテリーは【Anker PowerCore 10000】が最小軽量&大容量(2020年9月時点)で女性にもおすすめの理由 アップル製品と相性の良いBelkinモバイルバッテリー旅行にもおすすめ!Belkin(ベルキン)のモバイルバッテリー10,000mAhはApple製品との相性が良い&Lightningケーブル付き!

Apple Watch SEで手首を上げても点灯しなくなったときに確認することのまとめ!

Apple Watch SEを使っていて、手首を返しても点灯しなくなった(暗いまま)ときの対処法を紹介しました。

時計なのに手首を上げても点灯しないと困りますよね。

私はシアターモードを一度オンにしてオフに戻したら、もとに戻りました!

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

Apple Watchを健康管理とダイエットにアップルウォッチ(Apple Watch)でできること&あったら便利なグッズ Apple Watchでできる10のことスマートウォッチで生活を便利で豊かに!Apple Watchでできる基本の11のこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください