コルド・シュル・シエルのおすすめホテル(シャンブルドット)【La Maison Bakia】

コルド・シュル・シエルで宿泊したシャンブルドットから眺めた景色

コルド・シュル・シエルはフランス南西部にある、フランス語で『空の上のコルド』という名前の通りまるで空に浮かぶように山の上にあるその姿が美しい村です。

コルド・シュル・シエルの全景

公共交通機関で行ける場所ですが本数が少ないので(日に2本)、せっかく行くのならと私たちは宿泊してきました。

宿泊先は口コミで評価の高かったシャンブルドットにしました。

シャンブルドットとは
フランス語の「Chambre d’hôte」のカタカナ表記。 シャンブルとは寝室、オット(オートhôte)とはオーナーないしホストのこと。一般家庭のゲストルームを宿泊に提供し、大抵は朝食が宿泊料に含まれる。 フランスはもとより、近隣欧州国ではよく知られ、比較的安く泊まれるため、人気が高い。引用元:Wikipediaより

宿泊したシャンブルドット「La Maison Bakea」は古い建物の雰囲気や家具・インテリアなどどこを見ても素敵でオーナーご夫妻もフレンドリーで居心地もいいです。

  • La Maison Bakea
  • 料金:1泊1部屋115ユーロ(朝食込み)

ここでは宿泊したシャンブルドット「La Maison Bakea」を紹介します。

格安で予約
Booking.comで条件や料金を確認する

シャンブルドット『La Maison Bakea』

私たちはコルド・シュル・シエルまでアルビからバスで移動しました。

アルビからバスで移動

アルビの市内にあるバスターミナルから#707のバスに乗り、コルド・シュル・シエルの村のふもとまでは約30分で到着します。

詳しい行き方については以下の記事を参考にしてみてください。

フランス南西部にある天空の村コルド・シュル・シエル(Cordes-sur-Ciel)への行き方

立地は壁に沿って歩く

アルビを7:45発のバスに乗り到着したのは8時半過ぎでした。

バス停は村のふもとにあるのでどの方向へ行ったらいいのかわからずに戸惑っていたら、同じバスに乗っていた青年が『壁に沿って歩いていくといいよ』と教えてくれました。

シャンブルドット『La Maison Bakea』はこの壁に沿って歩いた道路脇にあります。

コルド・シュル・シエルのシャンブルドット、メゾン・バキア

コルド・シュル・シエルのシャンブルドット、メゾン・バキア

私たちは朝早い時間に到着したのでチェックインの時間にはだいぶ早かったのですが、とりあえずシャンブルドットへ向かいました。

設備と料金

呼び鈴を鳴らしたらオーナーマダムが窓から顔を出したので、宿泊予定で荷物だけでも預かってもらいたいと説明したらすぐにお部屋に案内してくれました。

La Maison Bakea

La Maison Bakea

La Maison Bakea

古い村ではそのまま古い建物を活かして住んでいたり宿泊施設にしているところが魅力の1つでもあります。

シャンブルドットのレセプションも古い梁や石造りの建物がすごく素敵で入った途端にテンションが上がりました。

La Maison Bakea

La Maison Bakea

La Maison Bakea

私たちのお部屋は3階ですが、エレベーターはないので階段を使います。

  • 部屋が広くて快適
  • 家具は全てアンティーク
  • アメニティ、ドライヤー付き
  • シャワーのみ

※冷蔵庫、電気ポットはありません。
※Free wifiはありますが、弱くてあまりつながりませんでした。

電気ポットがないときのために、私はいつもトラベル用の電気ポットを持参します。あるのとないのとで旅の快適さが全く違うのでおすすめです。

海外旅行の必需品

予約の方法

>> Booking.comで条件や料金を確認する

>> Expedia Japanで条件や料金を確認する

  • La Maison Bakea
  • 住所:26, Le Planol, 81170 Cordes-sur-Ciel
  • 料金:1泊1部屋115ユーロ(朝食込み)
  • ディナー:1人50ユーロ + 飲み物代2人分23ユーロ ※要事前予約
  • 駅までの送迎(帰り):15ユーロ
  • 合計:253ユーロ(約30000円)※2人分の朝食・夕食込み
  • 公式サイト:https://www.maisonbakea.fr/

格安で予約
Booking.comで条件や料金を確認する

シャンブルドットのノエルディナー

シャンブルドットによっては夕食を提供(有料)しているところもあります。

『La Maison Bakea』もディナーを提供していて、私たちが訪れた年末はノエルディナー(クリスマスディナー)のプランがありました。※要事前予約

シャンブルドットは通常、朝食付きだけのところが多いですがコルド・シュル・シエルで宿泊した”La Maison Bakea”のように夕食を提供するところを『Table d’hôte』といいます。

ディナーを申し込んでいたのは、私たちともう一組フランス人のカップルとその両親の4人組でした。

La Maison Bakea のディナー

La Maison Bakea のディナー

La Maison Bakea のディナー

ディナーは20時から約3時間かけてゆっくりいただきます。

<メニュー>

  • 鴨の薫製のせサラダ
  • フォアグラのテリーヌ
  • 鴨のコンフィ じゃがいも添え
  • フロマージュ 5種
  • ガトー3種(ブッシュドノエル、ソルベ、クロッカン)

 

<ワイン>

  • スパークリングワイン、赤、白、赤の順番で料理に合わせたワイン。

La Maison Bakea のディナー

La Maison Bakea のディナー

La Maison Bakea のディナー

La Maison Bakea のディナー

La Maison Bakea のディナー

La Maison Bakea のディナー

フランス南西部は鴨料理が美味しい場所でもあるので、フォアグラを筆頭にどれも美味しかったです。

最初の一杯はシャンパンではなくて、地元Gaillac産のブリュットでした。料理に合わせて出してくれるワインもどれも美味しくて、うっとりしながら飲んでいました。

でも量が少し多かったです。

隣りのテーブルのフランス人ファミリーをちらっと見たら、老夫婦カップルはしっかり食べていたけれど若い夫婦は残していたので私たちも安心して残しました(笑)。

ディナー代 1人50ユーロ x 2名 + 23ユーロ(飲み物代)

シャンブルドットではディナーをいただきましたが、私たちは毎回外食はせずに持参した非常食で食事を済ませることもあります。

食事に関しては以下の記事も参考にしてみてください。

海外旅行の達人たちに聞いた!食事にストレスを感じないために持っていくもの

まとめ

コルド・シュル・シエルのシャンブルドット「La Maison Bakea」を紹介しました。

アンティークやフランスのインテリアに興味のある方にはおすすめのシャンブルドットです。

余談ですが、La Maison Bakea の2階にはテラスと広いダイニングルームがあります。

テラスから眺める夕陽を眺めていたら気さくなオーナーがワインとグラスを持ってやってきて、一緒に夕陽を眺めながらワインで一杯!こんなことができるのもシャンブルドットの特権です。

La Maison Bakea

La Maison Bakea

La Maison Bakea

テラスから眺める夕陽もとてもきれいでした。

コルド・シュル・シエルの村の見どころについては以下の記事も参考にしてみてださい。

フランス南西部にある天空の村コルド・シュル・シエル(Cordes-sur-Ciel)の見どころ

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

格安で予約
Booking.comで条件や料金を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください