サン・フロレ(Saint-Floret)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】

サン・フロレ

フランスには現在(2018年8月現在)美しい村と認定された村が合計157あります。

フランスの美しい村の全マップ

地図出典元:Wikipedia(Fichier:Carte des Plus Beaux Villages de France.jpg)より

地図にある赤いマークが美しい村の所在地で、番号1〜15は拠点となる近くの街です。

私たちは2018年8月にオーヴェルニュ地方の美しい村7カ所を4日間でまわってきました。

フランスの美しい村の全マップオーヴェルニュ地方

1日目はルピュイ(Le Puy)でレンタカーを借りてサレール(Salers)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】(1)へ行き、2日目は途中で蚤の市に寄りながら4つの村(2〜5)へ行きました。

4つの村の中で最もテンションが上がったのがサン・フロレ(Saint-Floet)です。

ここではサン・フロレ(Saint-Floret)(5)を紹介していきます。

 

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

ユッソンからサン・フロレ(Saint-Floret)へ

ユッソンからサン・フロレへは車で約30分です。

ユッソンからサン・フロレへ行く道

私たちはサン・サテュルナン→モンペイルー→ユッソン→サン・フロレと移動していきました。

サン・サテュルナン→モンペイルー→ユッソンへ移動するときは高速道路(A75)をほんの少し通る区間がありましたが、ユッソンからサン・フロレはA75を通らずそのまま横断します(ナビの指示)。

途中でスーパー(Intermarche)に寄る

サン・フロレへ向かう途中にイソワール(Issoire)という街があります。

モンペイルーやユッソンではスーパーもペットボトルを買えるようなお店もありませんでした。私たちは予備を含めて持っていたペットボトルの水が足りなくなったので途中でスーパー(Intermarche)に寄り飲み物を補充しました。

イソワールはわりと大きな街なので、スーパーに寄るならイソワールで買っておいたほうがいいです。

サン・フロレの村

サン・フロレは川に沿うように家々が建ち並んでいます。

サン・フロレ

サン・フロレ

サン・フロレの村に入った途端、私はテンションが上がりました。

立ち並ぶ古びた建物の側にある川。

サン=フロレはフランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路途上にある村でもあります。

サン・フロレは小さな村ですが観光客もそれなりにいて(でも混雑はしていなくて)、ほどほどに活気づいた明るい雰囲気がありました。

無料の駐車場は村へ入ってすぐのところにあるのですが小さいので、私たちが立ち寄ったときは停められるスペースがなく少し進んだ川沿いの道路の脇に停めました。

サン・フロレ

同じように停めていた車が数台あったので私たちもそうしたのですが、村から離れれば離れるほど脇の幅は狭くなり川との境にレールなどはないので注意です。

車を停めたら村を散策します。

サン・フロレ

サン・フロレの村には川の向こう側に架かる橋が2つあります。

小さな川に架かる赤い橋がポイントになっていてかわいい。

サン・フロレの赤い橋

サン・フロレは村自体もかわいいので散策も楽しいです。

サン・フロレ

家並みやその庭に咲く花々を眺めたり。

サン・フロレの家並み

8月なのにアジサイや藤の花がまだ咲いていてコラボで咲く姿を見ることができました。

石の壁に這う系の植物とアジサイが絵になります。

サン・フロレのガーデン

サン・フロレのガーデン

サン・フロレの村を散策

シャトー(城)があるのも他の村にはないサン・フロレ村の特徴です。

シャトーの中に入ることもできるのですが、私たちが訪れたときは誰も登る人がいなかったので外から眺めるだけにしました。

サン・フロレの塔

サン・フロレ村のポイント

サン・サルレはその村を散策すること自体が楽しいです。

  • 城の塔がポイント
  • 小さな川に架かる橋の風景が必見
  • レストランがある
  • 村の入り口に無料の小さな駐車場がある
  • 川沿いに車を停めるスペースがある

私たちはサン・フロレの村を30分くらい散策して18時過ぎに村を出ました。

フランスの美しい村の全マップオーヴェルニュ地方

8月のフランスは夜21時くらいまで明るいので、めいっぱい1日を楽しめるのは夏に旅行をする特権だと思います。

サン・フロレの村を出て向かったのはBlesle(6)に近い場所にある小さな村のシャンブルドット(民宿)です。

※宿泊したシャンブルドットはまた別途記事にします。

翌日はふらりと立ち寄った蚤の市で出会ったムッシュに教えてもらったBlesle(ブレル)(6)へ向かいます。

 

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください