ユッソン(Usson)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】

美しい村ユッソンの家

フランスには現在(2018年8月現在)美しい村と認定された村が合計157あります。

フランスの美しい村の全マップ

地図出典元:Wikipedia(Fichier:Carte des Plus Beaux Villages de France.jpg)より

地図にある赤いマークが美しい村の所在地で、番号1〜15は拠点となる近くの街です。

2018年にオーヴェルニュ地方の美しい村7カ所を4日間でまわってきました。

フランスの美しい村の全マップオーヴェルニュ地方

1日目はルピュイ(Le Puy)でレンタカーを借りてサレール(Salers)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】(1)へ行き、2日目は途中で蚤の市に寄りながら4つの村(2〜5)へ行きました。

ここではユッソン(Usson)(4)を紹介していきます。

 

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

ユッソン(Usson)へ

サン・サテュルナンからユッソンまでは車で約30分です。

サン・サテュルナンからユッソンへ

カーナビの指示に従うと途中で高速道路(有料)を挟んで通ったりするのですが、でもナビが指示して通る部分は無料です。

ただ高速道路を通るのでフランスでは100kmは遅いほうでびゅんびゅん飛ばしていて、私は終始どきどきしながら乗っていました。

オーヴェルニュ地方の高速道路

150km以上はたぶん出しているだろうと思う車がどんどん追い越して行く中、安全運転で90kmくらいでマイペースに進みます。

そんな有料高速道路を途中で挟んでユッソンへ移動。

ユッソンの村

ユッソンはなだらかな丘陵地帯の小高い山の上にある小さな村です。

トウモロコシ畑が広がる平坦な道路を走っているとその全容が見えてきます。

美しい村ユッソン

道路を道なりに進んでいくと道路の幅がどんどん狭くなり、狭い道を登っていくとその先に駐車場があります。

駐車場から眺めたユッソンの村。

ユッソン村の駐車場

ユッソンの全図

駐車場から少し歩いて村の中へ行きます。

美しい村ユッソン

ユッソンはこの日訪れた村の中でも小さく、ざっくりであれば数十分もあれば見てまわれるほどの小さな村です。

黒い石を使ったワイン製造農家の佇まいが印象的な村

ガイドブックにそう書かれているように、黒い石を使った家並みが連なります。

美しい村ユッソン

黒い石造りの壁に赤い窓枠やアイアンの飾り・ドアノブがとてもかわいい。

美しい村ユッソン

美しい村ユッソン

オーヴェルニュ地方の美しい村はどこも似ているようで似ていなくて、(個人差はあるかもしれませんが)それぞれに特徴があるので見てまわっていても飽きないです。

ユッソン

ユッソンといえばガイドブックにも掲載されているツタが絡まるこの館。

美しい村ユッソン

赤茶色の瓦屋根にツタが絡まる館が絵になります。

ユッソンといえば見どころがもう1つあります。

小高い山の上に建つ聖母像

自転車危険!のピクトグラム(標識)があるのが最初不思議でしたが、このあたりはサイクリングで訪れる人も多いようで実際に自転車に乗り坂道にトライしようとして断念する人も何名かいました。

小高い山へ登る

この坂は確かに自転車には危険だと思う。

急斜面を数分登っていくと聖母像が見えて来ます。

ユッソンの小高い山の上にある聖母像

坂が急斜面なので登るのはけっこうきつかったけれど、小高い丘から眺める景色は気持ちよかったです。雨の日はちょっと危ないかもしれません。

美しい村ユッソン

崇高な雰囲気と黒い石を使った壁が印象的な村でした。

ユッソン村のポイント

ユッソンは黒い石を使った石造りの家と山の上の聖母像が必見です。

  • 山の上の聖母像が必見 ※登るならスニーカー必須
  • カフェやレストランは見つけられなかった
  • 公共トイレがある
  • 村のふもとに無料の駐車場がある
  • 行きと帰りでは道が異なる(車道が狭い)

村へ来るとき「対向車が来たらどうするんだろう」と思うくらいに道路が狭かったので帰りが少し不安でした。

同じタイミングで村を出る車の後をついて出たところ、行きと帰りでは違う道路を通るようになっているようです。

ユッソンの村を出る車

次はこの日訪れる最後の村、サン・フロレ(Saint-Floret)(5)へ向かいます。

フランスの美しい村の全マップオーヴェルニュ地方

 

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください