冬に行きたいおすすめヨーロッパ4選

フランスのアンティーク市・蚤の市(Marché aux puces BROCANTE)を楽しむポイントと各地の蚤の市まとめ

フランスの蚤の市

フランスの見どころはパリのエッフェル塔やルーブル美術館だけではありません。

フランスといえば生活に根付いているものの1つがマルシェや蚤の市です。
フランスのマルシェを楽しもう !朝市からアンティーク市・クリスマス市まで

マルシェと聞いて思い浮かべるのは新鮮な野菜や果物が売られている屋台のマルシェが一般的ですが、フランスの方たちは古いものを大切に使い続けるという習慣がありアンティークマルシェも日常的に開催されています。

ここではフランス各地のアンティーク市のまとめとアンティーク市を楽しむポイントを紹介していきます。

まるでおとぎの国の世界がそこにある

蚤の市(アンティーク市)を楽しむポイント

蚤の市(アンティーク市)を楽しむ3つのポイントです。

  • 値段交渉を楽しむ
  • 支払いは基本的に現金のみ
  • 購入前に状態を確認する

蚤の市では値切ることが前提にあるので、気になるものを見つけたら値切ってみましょう。

私がよくやるのは、気に入ったものを2つ以上見つけて「2つ買ったらいくらにしてくれる?」と値切ります。ジェスチャーを交えたりノートがあれば筆談でも通じるのでコミュニケーション自体を楽しみます。

フランスでは挨拶は絶対なので「ボンジュール!」と声をかけることを忘れないでください。

逆に注意したほうがいいことが2つあります。

  • 写真を撮るときはちゃんと聞くこと(いきなり撮らない)
  • 気に入ったものがあっても触っていいかどうかを聞く

フランスでは肖像権に関しては厳しくカメラを向けると嫌がる人が多いので、(特に年配の方へ)写真を撮るときは注意してください。

他の外国人観光客がばしばし写真を撮っていて、実際にデータを削除させている光景を見たことがあります。

フランス各地の蚤の市

フランス各地で訪れた蚤の市を随時紹介していきます。

パリの蚤の市(アンティーク市)

パリには3大蚤の市と言われる大きなアンティーク市があります。

クリニャンクール、ヴァンヴ、モントルイユが大きな蚤の市ですが、パリ・リヨン駅やバスティーユ広場からも近いアリーグル蚤の市も掘り出し物がありなかなかおすすめです。

以下の記事では4つの蚤の市を紹介しています。

パリ蚤の市フランスのレトロな雑貨や家具、食器、アクセサリーが好きな方には蚤の市がオススメ!パリの3大蚤の市とアリーグル蚤の市を楽しむ

リヨンのアンティーク市【Les Puces du CANAL】

リヨン各地でアンティーク市が開催されていますが、少し郊外にある【Les Puces du CANAL】は規模も大きいのでおすすめの蚤の市です。

リヨン蚤の市掘り出し物がきっと見つかる!フランスで2番目に大きいリヨンの蚤の市(Les Puces du CANAL)への行き方と蚤の市の様子

トゥールーズ | サン・セルナン教会の蚤の市(アンティーク市)

トゥールーズのサン・セルナン教会では毎週土曜日にアンティーク市が開催されています。

屋根裏から持って来たようなガラクタが多いのですが、そんな中でなかなかの掘り出し物もあるのでふらりと立ち寄るのが楽しいアンティーク市です。

トゥールーズの蚤の市週末は蚤の市へ!トゥールーズのサン・セルナン教会蚤の市(ブロカント市)と楽しむポイント

アルザス地方の蚤の市

ストラスブールでは毎週土曜日にブロカント市が開催されます。

ストラスブールの蚤の市ストラスブールで毎週土曜に開催されるブロカント市(Marché aux puces BROCANTE)へ行ってきた!

リル・シュル・ラ・ソルグのアンティーク市

リル・シュル・ラ・ソルグはプロヴァンス地方にある小さな街で、アンティーク愛好家の中では有名な街です。

小さな街のいたるところにアンティークショップがあり毎週日曜日にはアンティーク市が開催されます。

リル・シュル・ラ・ソルグのアンティーク市何度でも行きたい!南仏プロヴァンスのかわいい街 リル・シュル・ラ・ソルグのアンティーク市と行き方

南仏プロヴァンス

規模は小さいですがニームでは週に1度アンティーク市が開催されています。

プロヴァンス地方ニームの見どころ実際に行ってよかった南仏の観光のおすすめ!古代遺跡が残るニームの観光とアンティーク市

プロヴァンスの拠点エクス=アン=プロヴァンスでは週に3回アンティーク市と蚤の市が開催されています。

エクサンプロヴァンスのマルシェエクス=アン=プロヴァンスのマルシェ(蚤の市)を楽しむ!4つのマルシェを紹介

レンタカーで行く地方の蚤の市

フランスの小さな村で開催される蚤の市は、かわいい村の建物や風景を楽しむことも醍醐味のひとつです。

フランス南西部のひまわり畑フランス南西部ローヌ・アルプ&アキテーヌ地方をレンタカーで巡る!ひまわり畑を抜けて小さな村の蚤の市へ フランス南西部田舎の蚤の市フランス南西部ローヌ・アルプ&アキテーヌ地方をレンタカーで巡る!ドルドーニュ川周辺にある小さな村の蚤の市へ

フランス蚤の市まとめ

フランス各地で開催される蚤の市は場所によっても売られているものが違っていたり値段も様々です。

ドイツ国境近くにあるアルザス地方ではクリスマスマーケットが有名ですが、蚤の市でもクリスマスにちなんだものが多く見られます。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

まるでおとぎの国の世界がそこにある

2 Comments

アバター ゆずゆり

結局、主人がブロカント開催を調べらるアプリをいくつか見つけてきたので行き当たりバッタリで探すことにしました今回は安いチケットに飛びついたので仕方ないですね雑貨好きなら蚤の市を中心に旅行プランを考えてもいいくらいですね(๑>◡<๑)

返信する
アバター tamami

> ゆずゆりさん
ご主人、すごいです!!
もしかして南西部はレンタカーでまわられますか?
それならチャンスはきっとあると思います(*^^*)。
私もいつも蚤の市を中心に旅行プランを考えてます。笑。
今から楽しみですね٩(●ᴗ●)۶

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください