クリスマスギフトを大切な人へ贈ろう

ジム用リュックのおすすめ!マリメッコバディとカリマーセクター25を比較してみた

ジム用リュックの比較カリマーとマリメッコ

私はふだんから2つのリュックを使い分けています。2つのリュックを使い始めてから1年以上が経ちましたが飽きずに使っています。

  • マリメッコ バディ
  • カリマー セクター25

マリメッコのバディは通勤にも使えるように、カリマーのセクター25はもともと海外旅行用として機内持ち込みと街歩き用に選びました。

限定して使うのはもったいないので、どちらもふだん使いでも使っています。

ジム用のリュックはカリマーのセクター25を使っています。2層式なので荷物の分類がしやすいところが使いやすいです。

ただ、私は週2〜3回のペースでジム通いをしていて通う店舗によってロッカーを借りているところと借りていないところがあります。

なのでシューズを持参するor持参しない場合でジム用リュックにはどちらが荷物が入るか、どちらが使いやすいのかを検証してみました。

結論としては、

  • シューズも含めてマリメッコのほうが荷物は全部入る
  • ジム用としてはカリマーセクター25のほうが使いやすい。シューズ持参の場合はトートバッグに別バッグとして持って行く

ここではマリメッコバディカリマーセクター25が、ジム通いをするリュックとしてどれだけ使いやすいのか / 使いにくいのか検証した結果を紹介していきます。

マリメッコバディとカリマーセクター25の違いと特徴

マリメッコバディとカリマーセクター25は見た目が違うのが大きな違いです。

ジム用リュックにカリマー25とマリメッコバディの比較

  • 見た目が違う
  • 1層式と2層式 ※但しカリマーは1層式にすることも可能
  • サイドポケットがジッパー(マリメッコ)、サイドポケットがオープン(カリマー)

マリメッコバディのほうが見た目にかわいい&通勤後ジムへ通うときはオフィスカジュアルな服装にも合わせやすいです。

カリマーのセクター25は見た目にカッコイイのでアウトドア系な印象です。

マリメッコバディの仕様

マリメッコバディはカリマーセクター25と比べると少し小さめです。

マリメッコバディの仕様

サイズ:40.5 x 29 x 17cm

カリマーセクター25のサイズは47 x 32 x 24cmです。

マチが広くて1気室なので、1〜2泊の旅行分の着替えは余裕で入ります。

マリメッコリュック バディ

マリメッコリュック バディ

マリメッコリュック バディ

マリメッコリュック バディ

マリメッコリュック バディ

  • 1気室のメインポケット
  • メインポケットの中(内側)にメッシュポケット1つ
  • サイドポケット(ジッパー)
  • 前面ポケット
  • 背面ポケット(小)

デザインもかわいくシンプルで洋服や年齢を選ばないので、デニムにもスカートにも合わせています。スーツに合わせるときもあります。

詳細については以下の記事を参考にしてみてください。

【レビュー】マリメッコのリュック、メトロMetroと比較してバディBUDDYを選びました!

カリマーセクター25の仕様

カリマーセクター25は容量が25リットルの標準的な大きさです。

カリマーセクター25のメリット

サイズ:47 x 32 x 24cm

マリメッコバディは40.5 x 29 x 17cmだから少し大きめです。

カリマーセクター25

カリマーセクター25

カリマーセクター25

  • 2気室で上部と下部にメインポケット
  • 2気室はファスナーで内部で取り外して1気室にすることができる
  • メッシュのサイドポケット(オープン)
  • 前面ポケット(オーガナイザー)
  • 前面ポケットの中に内ポケットやペンホルダーがある

もともと海外旅行用として購入したリュックなので、海外仕様としての使い方は以下の記事を参考にしてみてください。

海外旅行用のリュックにカメラバックも兼ねた【カリマー セクター25】を選んだ理由

カリマーセクター25の一番の特徴は2気室であるということです。

2気室は好みが分かれると思いますが荷物を分けることで出し入れがしやすいので、移動時に買い物をするときにはカリマーのほうが使いやすいです。

見た目がシンプルなので洋服は選ばないけれど、どちらかといえばパンツスタイルのほうがカッコイイかなと個人的には思っています。(でもスーツにも合わせることもあります)

リュックの中身

ジムへ行くときに入れる中身で比較しました。

リュックの中身

リュックの中身

  • 財布や定期などの貴重品一式(私はバッグインバッグにまとめて入れる)
  • ジムウェア(上下のトレーニングウェア、サポーター、着替え、中判タオル)
  • バスタオル
  • お風呂セット
  • 化粧品ポーチ
  • ※店舗によりシューズ

※荷物が多くて入らない時はタオルをレンタルにしてリストから省きます。

マリメッコバディ

マリメッコバディのメインポケットにシューズ以外の一式を入れた場合は少し余裕があります。

定期や携帯は前面ポケットに入れます。前面ポケットがわりと大きくて余裕があるので普通の財布ならここにも入ると思います。

※私は長財布を使っているのですが長財布はぎりぎり入らないくらいです。

マリメッコバディリュックの中身

マリメッコバディリュックの中身

1気室だと下に入れたものは取り出しにくくなるのですが、上に余裕があるぶんシューズを入れてない状態なら下に入れたものでも取り出しやすいです。

シューズを入れると少しパンパンになります。バスタオルを除くと多少の余裕が出ます。

カリマーセクター25

カリマーセクター25は2気室なので上下で荷物を分けています。

カリマーセクター25リュックの中身

  • 上の部分:ジムウェアや貴重品一式
  • 下の部分:バスタオル、ポーチなど上に入れているもの以外全て
  • 前面ポケット(オーナがナイザー部分):定期や携帯

カリマーの使いやすいところは、2気室なので移動中に買い物をするとき財布を取り出しやすいということです。

デメリットは、マリメッコのバディよりも容量は大きいけれど2気室になっていることでシューズは入れることができません。

※無理やり入れることはできるのですがかなりパンパンになります。

まとめ

ジム用リュックとして使うのにマリメッコバディとカリマーセクター25を比較して紹介しました。

1つにまとめて使おうと思うとマリメッコバディのほうが1気室なので全てを入れることができますが、通勤で持って行くには中身を取り出しにくいです。

  • 通勤後にジムへ行くならマリメッコリュックがおすすめ=服装に合わせやすい
  • 通勤関係なくジムへ行くならカリマーセクター25のほうが使いやすい

シューズを持って行く場合はどちらにしても別バッグを利用するほうが使いやすいです。私はDean &Delucaのトートバッグを使っています。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください