冬に行きたいおすすめヨーロッパ4選

実際に行ってよかった南仏の観光のおすすめ!古代遺跡が残るニームの観光とアンティーク市

プロヴァンス地方ニームの見どころ

プロヴァンス地方ではアヴィニョンとエクサンプロヴァンスを拠点としてまわれる小さな村や観光地がいくつもありますが、その1つに「フランスの中のローマ」と呼ばれている『ニーム(Nîmes)』があります。

プロヴァンス地方旅マップ

地図中の5番がニームです。

ニームの街は一見普通の街なんですが、そこだけあるのが不思議な光景がローマ遺跡である古代闘技場です。

私がニームへ行った理由は別の目的がありローマ遺跡を見るためではなくて、アンティーク市が開催されていることを知ってアンティーク市目的で行って来ました。

そのついでにローマ遺跡も見て来ました。

ぶっちゃけプロヴァンス地方に来ているのだからローマ遺跡には興味ない(時間もない)という方はスルーしてもいいと思います。

ここではニームの観光地とニームで定期的に開催されているアンティーク市を紹介していきます。

南仏プロヴァンスへ行くなら必須

ニームへの行き方

ニームへ行くにはアヴィニョンから鉄道かバスがあります。

レンタカーで南仏をまわる場合はニームにも立ち寄ると効率的にまわれます。

ニーム(フランス)の駅

ニーム(フランス)の駅

アヴィニョンから鉄道で行く

アヴィニョンからは鉄道(TER)で約30分です。

アヴィニョンの鉄道は在来線駅とTGV駅が分かれていて、在来線駅はアヴィニョンの城壁を出てすぐ目の前にあります。※TGV駅はバスで15分くらいの場所にあります。

フランス国鉄(SNCF)については以下の記事を参考にしてみてください。

SNCF時刻表の見方TGVは事前に購入したほうがお得!フランス国鉄(SNCF)サイトで料金の確認方法と予約方法のまとめ

レンタカーで行く

プロヴァンス地方は可能ならレンタカーでまわるほうが短期間でいくつもまわれて効率的です。

ただニームはアヴィニョンよりは小さいですがそれなりに大きな街なのでパーキングを探すのは少し大変かもしれません。

レンタカーの手続きについては以下の記事を参考にしてみてください。
フランスでレンタカーを借りる事前の手続きフランスでレンタカーを利用するための手続きと予約をする時のポイントを実例から紹介!保険はフルプロテクション(Full Coverage)で入る

現地発のツアーに参加する

プロヴァンス地方を巡るツアーがあるので参加するというのも1つの方法です。

効率よくまわれるので時間に余裕がないときにはおすすめです。

>> VELTRAでポン・デュ・ガールを含む現地発ツアーをみる

>> Provence Panoramaの「ポン・デュ・ガール/ニーム/ユゼスをまわるツアー」をみる

私も初めてプロヴァンスへ行ったときは合計3つの現地発ツアーに参加しました。

半日から1日ツアーなど、プロヴァンスは人気の場所だけありツアーも充実しているのでおすすめです。

ニームの見どころとアンティーク市

ニームの見どころは主に2つです。

ニーム見どころマップ

ニーム円形闘技場(Arènes de Nîmes)

行ってみると意外と大きいことに驚きます。

私自身は遺跡がある国はギリシャしか行ったことがないので、街の中にローマ遺跡があること自体にまずびっくりしました。

ニームの円形闘技場

ニームの円形闘技場

ニームの円形闘技場

ニームの家並みも他のプロヴァンスの雰囲気とはちょっと違っていて、今まで行ったヨーロッパの中ではイタリアのミラノを小さくしたような雰囲気に似ています。※あくまでも個人的感想です。

  • ニーム円形闘技場(Arènes de Nîmes)
  • 住所:Boulevard des Arènes, 30000 Nîmes
  • 公式サイト:http://arenes-nimes.com/

メゾン・カレ(ローマ神殿)

円形闘技場から徒歩5分くらいのところにあります。

メゾン・カレ(ニーム)

紀元5年頃建造の神殿で現存するローマ神殿の中では最も保存状態がいいとされている

ガイドブックにそう書かれているように、これが遺跡なのかと思うくらいきれいで町並みに馴染んでいるところが保存状態がいいということなんだと思います。

ポルトガル・エヴォラのディアナ神殿と似てるなあと思ったら、同じコリント様式が採用されているそうです。

コリント式(コリントしき)は、古代ギリシア建築における建築様式(オーダー)のひとつであり、ドーリア式、イオニア式と並ぶ3つの主要なオーダーに位置づけられる。Wikipediaより

アンティーク(ブロカント)市

ニームへ行った最大の目的はアンティーク(ブロカント)市です。

毎週金曜の午前中にジャン・ジョレス通りでアンティーク市(ブロカント市)が開催されています。

規模としては小さいのですが、小さい中で掘り出し物がわりとあって面白かったです。

規模が小さいわりに言い値で販売してくれるところが多いのが特徴で、本や小物などをわりとお安く買うことができました。

リネンも豊富にあったけどリネンを売っているマダムはなかなか手強かった。

一番驚いたのは写真2段目左のカップボードが100ユーロ(約13000円)。まさかと思い何度札を見ても100ユーロ。

日本だと10万円近くで販売されているので持って帰れないことが本当に悔しかったです。

  • Brocante Marche
  • 場所:56 Rue du Mail, 30900 Nîmes
  • 時間:8:00〜13:00

まとめ

私たちは朝7時半にアヴィニョンの駅を出て8時にニームに到着。

  • 行き:07:28 アヴィニョン発 8:00ニーム着
  • 帰り:13:17 ニーム発 14:00着
帰りは13時過ぎに駅を出てアヴィニョンへ戻りました。個人的にはニームは半日くらあれば十分に見てまわれると思います。

ニーム駅にはPAULもあるのでちょっとお腹がすいたらサンドウィッチなども買うことができます。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が旅の参考になると嬉しいです。

南仏プロヴァンスに関しては以下の記事も参考にしてみてください。

南フランス旅行プランの立て方憧れの南仏プロヴァンスとコート・ダジュールのおすすめ観光地のまとめ

南仏プロヴァンスへ行くなら必須

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください