冬のおすすめヨーロッパ

フランスの田舎では必須!バスの時刻表の見方をマスターしてバスを乗りこなす

フランスでバスを乗りこなす

フランスの田舎にはたくさんの魅力的な街や村が点在しています。

鉄道で行ける街や村は以外と多くはなくて、フランスでは行きたい場所へ行こうと思ったらバスの利用は必須です。

私が初めて1人でフランスを旅したときにはフランス語が全くできなかったのでバスターミナルの番号すらわからなくて苦労したことがありました。

その頃はフランス語は「アン・ドゥー・トワ(1、2、3)」しか知りませんでした💦

フランスの田舎は鉄道で行けない場所でもバスで行ける場所が多くあります。バスを乗りこなすことができたらフランスの田舎を巡る旅の範囲も広がります。

ここではバスの時刻表の見方について紹介していきます。

バスターミナル(Gare Routière)

フランス語でバスターミナルのことを「Gare Routière」といいます。

駅のことは「Gare」というので混同しやすいのですが、「Gare Routière」と書いてあったらバスターミナルだと思ってください。

ほとんどの場合駅の隣りにバスターミナルがあることが多く、例えばフランス南西部のトゥールーズでは空港から市内へ行くバスの終点は駅(Gare)経由でバスターミナル(Gare Routière)です。

トゥールーズ(Toulouse)ブラニャック空港から市内への移動は空港シャトルがおすすめ

時刻表の見方

フランスのバスの時刻表は表現が紛らわしくわかりづらいことが多いのですが、必要な単語さえおさえておけば理解できます。

地方によって表現の仕方も変わりますが、いくつか抑えておくと理解しやすくなります。

2つの地方のバス時刻表をサンプルにします。

サンプル1:エクサンプロヴァンス – アヴィニョン

フランスのバスの時刻表

  1. sauf sam, dimanche et fériés:土日祝日以外
  2. sauf dim et  fériés:土曜と祝日以外
  3. dimanche et jours  fériés:日曜と祝日
  4. vendredis uniquement en periode scolaire:学校期間中の金曜のみ

引用元:SUD-EST MOBILITESバス会社オフィシャルサイト – 時刻表

この時刻表をパッと見てもわかりづらいですよね。

私は初めてバスの時刻表を見たときにわけわからず、何曜日に何時に運行しているのかさっぱりわかりませんでした。

時刻表の表現も少し紛らわしかったり、スクール路線でバスが運行していることも多いので学校期間(periode scolaire)という表現もよく出てくるので覚えておくと便利です。

フランスの田舎では英語が話せない人も多いので、事前に何時のバスに乗るとか必要最低限の情報は調べておいたり曜日も知っておいたほうがいいです。

Dimanche日曜
Lundi月曜
Mardi火曜
Mercredi水曜
Jeudi木曜
Vendredi金曜
Samedi土曜

サンプル2:コルマール – リクヴィル

フランスのバス時刻表の見方

  1. Annee:年中運行
  2. Scol.:学校期間中の運行
  3. LMaMeJVS:L=月  Ma=火 Me=水 J=木 V=金  S=土

引用元:Colmar Tourisme – Transport(コルマール観光局バス時刻表)

アルザス地方は日曜はバスは運休です。クリスマスマーケットの時期のみ運行する時間帯もあります。※図では1がそれに当たります。

路線によって時刻表の表現は違いますが、曜日さえ覚えておけばおおまかなところは大丈夫です。フランスの学校のお休みは地域によっても異なるので、可能なら事前に各観光局に直接問い合せることをおすすめします。

私はフランスへ行くときに必ず持参するものがあります。

基本的なことに加えてシチュエーションごとに単語や会話が記載されているので、困ったときには直接見せて会話をすることもあります。

料金の支払い

バス利用の場合大抵は乗り込むときに運転手さんへ料金を支払います。

バスに乗っていると定期のようなものを見せてさらりと乗り込む乗客も多く、後ろの人を待たせちゃいけないと焦るかもしれませんが自分のペースで大丈夫です。

フランス人はマイペースで後ろの人のことはあまり気にしていないので(待つことにも慣れてる)、待たせられても気にしません。慌てず運転手さんとやりとりして大丈夫です。

乗り込むときに行き先を確認する

海外でバスに乗るのは少し勇気が要ると思います。

都会のバスや鉄道なら事前に降りる駅が電光掲示板に表示されるのでわかりやすいですが、バス停はアナウンスがあっても発音がわからず理解しづらいことが多いです。

私は不安なときは、バスに乗り込むときに運転手さんに降りる場所を紙に書いて見せて確認しています。座る席もできるだけ運転手さんから見える位置を選んでいます。

Vous pouvez m’indiquer quand an arrive a Pont-du-Gard.(ポン・デュ・ガールに着いたら教えてください。)
※赤の部分を他の土地に置き換えても応用できます。

大抵は目的地が近づいてきたときに、運転手さんが目で合図をしてくれます。

乗り込むときは「Bonjour! (ボンジュール)」と挨拶することを忘れないようにしましょう。

相方

バスを降りるときも「Merci!(メルシー)」とお礼を言うことを忘れないようにしてね。

大きな荷物

長距離路線のときはバスに乗り込む前にバス横のトランクに自分で荷物を入れます。(ヨーロッパ全般同じです。)

バスの乗り方

大きな荷物がないときは座席の上の荷台に荷物を置きます。混み合う路線では座席に荷物を置かずに空けておくことがマナーかなと思います(※鉄道にのる場合と同じです)。

フランスでのバスの乗り方

※この画像は鉄道の車内ですが、バスも同じように基本的に荷台に荷物を置きます。

まとめ

フランスのバスの時刻表の見方を紹介しました。

フランスでは「英語が話せるのに話さない」という話をたまに聞くのですが、私は違うと思っていて田舎のほうでは特に英語が話せないフランス人のほうが多いです。

「Bonjour!(ボンジュール)」と挨拶して「Vous parlez angrais?(ブ パレ アングレ?)=英語は話せますか?」とことわった上で英語とフランス語単語交じりでコミュニケーションをとればほぼ99%親切に対応してくれます。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

フランス旅行のまとめについては、以下の記事を参考にしてみてください。

フランスおすすめ観光地のまとめ!フランスは地方都市が楽しい

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください