オリンピックイヤー2020年の旅プランを考える!

フランス南西部ローヌ・アルプ&アキテーヌ地方をレンタカーで巡る!ドルドーニュ川周辺にある小さな村の蚤の市へ

フランス南西部田舎の蚤の市

私たちは夏にフランスへ行くときは「美しい村巡り」と「蚤の市」をセットでまわることが多いです。
フランスの美しい村コンクフランスの美しい村を訪れる – Les plus Beaux Village de France – 概要と公共交通機関(バス・鉄道)で行く美しい村

フランスには現在(2019年5月現在)美しい村と認定された村が合計157あります。

ローヌ・アルプ地方とアキテーヌ地方の美しい村

地図出典元:Wikipedia(Fichier:Carte des Plus Beaux Villages de France.jpg)より

※地図にある赤いマークが美しい村の所在地で、番号1〜15は拠点となる近くの街です。

2017年8月にアキテーヌ地方の美しい村5カ所をレンタカーを借りて2泊3日でまわった合間に、合計2箇所の近隣の蚤の市へ行ってきました。

  • 1日目:Montauban→Laroque-Timbaut(蚤の市)→Belves→Beynac-et-Cazrenac→La Roque-Gageac→Limeuil
  • 2日目:Beaumont-du-Perigord(蚤の市)→Monpazier→Saint-Cirq-Lapopie

初日に行った蚤の市については以下の記事を参考にしてみてください。

フランス南西部のひまわり畑フランス南西部ローヌ・アルプ&アキテーヌ地方をレンタカーで巡る!ひまわり畑を抜けて小さな村の蚤の市へ

このコースで立ち寄った美しい村については以下の記事を参考にしてみてください。

べナック=エ=カズナック<Toulouseを拠点にレンタカーで行く美しい村まとめ>フランス南西部アキテーヌ地方にある6つの美しい村巡りはドルドーニュ川にかかる風景が美しい

2日目はホテルのあるモザック=エ=グラン=カスタン(Mauzac-et-Grand-Castang)から美しい村モンパジエへ移動する途中にある村ボーモン=デュ=ペリゴール(Beaumont-du-Perigord)の蚤の市へ行きました。

フランス南西部アキテーヌ地方蚤の市へ

ここではボーモン=デュ=ペリゴール(Beaumont-du-Perigord)の蚤の市の様子を紹介します。

アキテーヌ地方をレンタカーでまわる旅行を検討されている方の参考になれば嬉しいです。

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

ボーモン=デュ=ペリゴール(Beaumont-du-Perigord)村の蚤の市

私たちは前日に【Hotel La Metairie – Les Collectionneurs】があるモザック=エ=グラン=カスタン(Mauzac-et-Grand-Castang)に宿泊しました。

オーベルジュ La Métairieフランス南西部ドライブ旅行でおすすめ!隠れ家的なオーベルジュ【Hotel La Métairie】は贅沢な時間を過ごせる場所
モザック=エ=グラン=カスタンは森の中にあるオーベルジュです(宿泊と夕食が食べれるレストランが併設している施設をオーベルジュと言います)。

ボーモン=デュ=ペリゴール(Beaumont-du-Perigord)までは車で25〜30分くらいです。

ドルドーニュ川沿いの村巡り

アキテーヌ地方にある美しい村はわりと近くに集中しているので、車を利用できれば1〜2日でまわることができます。

私たちは美しい村巡りに蚤の市2箇所を加えたので、もう1日欲しかったというのが正直なところでした。

干し草ロールが転がっている原っぱをドライブ

森を抜けると広がるのは干し草ロールが転がる原っぱです。

フランス南西部の干し草ロールが見える風景

フランスの田舎といえばこの景色!途中で車を停めてしばし休憩。

フランス南西部の干し草ロールが見える風景

さりげない素朴な風景に惹かれます。野に咲く小さな花までかわいい。

こんな景色に出会えるからフランスの田舎への旅はやめられません。

フランス南西部の風景

フランス南西部の風景

干し草ロールが転がる原っぱを抜けていくつか村を通過。

フランス南西部アキテーヌ地方をドライブ

ボーモン=デュ=ペリゴール(Beaumont-du-Perigord)の蚤の市

30分かからないうちに小さな村、ボーモン=デュ=ペリゴールに到着しました。

ボーモン=デュ=ペリゴール

村の入り口付近は車を停める場所がなかったので、少し離れた場所に車を停めて蚤の市へ。

ボーモン=デュ=ペリゴールでは村全体で蚤の市が開催されていて、他の村でもそうであるように村の中心にある役場前まで続く道沿い全体が会場になっていました。

ボーモン=デュ=ペリゴール

家の屋根裏にあるものを持ってきたようなものから本格的なものまで、たくさんのアンティークでいっぱい。

ボーモン=デュ=ペリゴール

ボーモン=デュ=ペリゴール

途中で通り雨があったのですが、蚤の市はそのまま継続。

蚤の市の文化ってフランスでは本当に根付いていて、週末は自宅に必要なものを探す人や掘り出し物を目当てに来る人たちで賑わいます。

ボーモン=デュ=ペリゴールの蚤の市

ボーモン=デュ=ペリゴールの蚤の市

ボーモン=デュ=ペリゴールの蚤の市

私もすっかり夢中になって掘り出し物を探しました。

ボーモン=デュ=ペリゴールの蚤の市

ボーモン=デュ=ペリゴールの蚤の市

ボーモン=デュ=ペリゴールの蚤の市

大物も日本で買うより断然お安く、大きすぎるものは持って帰れないものもあったのが残念でした。

フランスでは8月15日は祝日で各地で大規模な蚤の市が開催されます。

私は小さな雑貨類をいくつか購入しました。

ショッピングバッグフランスやヨーロッパ旅行にはエコバッグ / ショッピングバッグを持って行くと防犯にも買い物にも便利!
蚤の市へ行くときは、ショッピングバッグ持参が必須です。

田舎の蚤の市はボーモン=デュ=ペリゴールのように村全体で賑わっている蚤の市もあれば、出店の少ない蚤の市もあります。

ボーモン=デュ=ペリゴール村の蚤の市は出店数も多く賑わっていて、楽しかったです。

ボーモン=デュ=ペリゴールの蚤の市

ボーモン=デュ=ペリゴールの蚤の市

蚤の市を楽しんだ後は、車で20分くらいの位置にある美しい村モンパジエに向かいます。

ドルドーニュ川沿いの村巡り

  • モザック=エ=グラン=カスタン(Mauzac-et-Grand-Castang)からボーモン=デュ=ペリゴール(Beaumont-du-Perigord)まで車で約25分
  • ボーモン=デュ=ペリゴール(Beaumont-du-Perigord)から美しい村モンパジエ(Monpazier)まで車で約20分
  • モンパジエ(Monpazier)からサン=シル=ラポピー(Saint-Cirq-Lapopie)までは車で約1時間半

※モンパジエについては追って記事にします!

最後まで読んでくださりありがとうございました!
フランス南西部をレンタカーでまわる旅を検討されている方の参考になると嬉しいです。

べナック=エ=カズナック<Toulouseを拠点にレンタカーで行く美しい村まとめ>フランス南西部アキテーヌ地方にある6つの美しい村巡りはドルドーニュ川にかかる風景が美しい

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください