zoom使い方まとめ

初めての南仏プロヴァンスならここは外せない!リュベロン地方のオススメのかわいい村9選

プロヴァンス地方ゴルドの全景

プロヴァンスは日本でも人気のある場所のひとつです。

でもプロヴァンスといってもイメージだけが先行して、具体的にはどこへ行ったら憧れの風景に出会えるのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

私たちがイメージするプロヴァンスの家並みや町並みは、リュベロン地方と呼ばれる地域にある小さな村々にあります。

プロヴァンス地方観光マップ

  1. アヴィニョン(Avignon)
  2. エクサンプロヴァンス(Aix-en-Provence)
  3. マルセイユ
  4. アルル
  5. ニーム(Nimes)
  6. ポン・デュ・ガール
  7. フォンテーヌ・ド・ボークリューズ
  8. リル・シュル・ラ・ソルグ
  9. リュベロン地方の村
  10. ユゼス(Uzes)

この記事では実際に行って良かったリュベロン地方の9つの村を紹介します。

具体的には以下の3つに当てはまる方へ向けて書いています。
  • プロヴァンス地方へ行くのは初めて
  • とりあえず雑誌で紹介されている村に行きたい
  • プロヴァンスらしい風景を見たい

ここで紹介している村を訪れればプロヴァンス地方の中心となる場所を抑えたと言ってもいい場所を選んで紹介します。

個人で訪れるのはちょっと不安…という場合には、現地発ツアーに参加するという方法もあります。

現地発ツアーなら効率的にまわれて安心!

プロヴァンスを代表するリュベロン地方のオススメの村9選

南フランスに位置するプロヴァンスが一躍有名になったのは、ピーター・メイルの「南仏プロヴァンスの12ヶ月」という本でリュベロン地方での生活が描かれていたことがきっかけです。

テレビや雑誌などのメディアでも取り上げられるようになり、プロヴァンス地方へのツアーは日本でも人気になりました。

リュベロン地方を代表する人気の村はいくつかありますが、代表する有名な村+おすすめする村は9つあります。
  • ルールマラン(Lourmarin)
  • メネルブ(Ménerbes)
  • ルシヨン(Roussion)
  • ゴルド(Gordes)
  • ボニュー(Bonnieux)
  • セニョン(Saignon)
  • セナンク修道院
  • ミュールとヴナスク(Murs / Venasque)

「ルールマラン」「メネルヴ」「ルシヨン」「ゴルド」は「フランスの美しい村」加盟村でもあり、この4つ以外にも「レ・ボー・ド・プロヴァンス」や陶器の産地としても有名な「ムスティエ・サン・マリー」などプロヴァンスには合計20の美しい村が点在しています。

フランスの美しい村コンクフランスは田舎こそ魅力がある!フランスの美しい村(Les plus Beaux Village de France)とは?

ルールマラン(Lourmarin)*美しい村

エクサンプロヴァンスから近く、割と行きやすい村の一つがルールマラン

ルールマランは小さな村なのに村のどこをみても可愛くテンションが上がります。

思わず立ち寄りたくなるようなセンスのいいショップが多くあり、できれば滞在したい村です。

この村のシンボルはルールマラン城。素朴なはちみつ色の色合いが素敵で、その周りに点在する家並みをゆっくり散策するのが楽しいです。

ルールマランは「フランスで美しい村」に加盟している村です。

メネルブ(Ménerbes)

メネルブがその名を有名にしたのは「プロヴァンスの12ヶ月」の作家であるピーター・メイルがメネルブに(実際はメネルブとボニューの間あたりに)住んでいたためです。

メネルブ

ひっそりとした佇まいが美しく慎ましい村です。

※私はツアーで行ったのですがツアーではメネルブには停まらず車窓だけでした💦メネルブをゆっくり観光したい場合はレンタカーかタクシーを利用することをおすすめします。

ルシヨン(Roussion)*美しい村

ルシヨンはプロヴァンスの他の村と違い印象的なのが、村全体の色合い。

ピンク色の色彩が印象的な村です。

この土の色はこの土地から発掘されるオークル(黄土色の土)というもので、他には見られない珍しい地質なんだそうです。

村を散策していたら絵描きのおじいさんに遭遇しました。

あまりにも素敵だったのでご本人から許可をいただいて撮影しました。※顔にはモザイクかけてます。

ルシヨンはかわいい雑貨屋さんも多くてどれもセンスがいいです。でも一番印象的だったのは、雑貨屋さんで売られていたパニエの中で熟睡していた子猫ちゃん!

ルシヨンの村の雑貨屋さん

こんな風景にも出会えるかもしれない素朴さが美しい村が、ルシヨンです。

ゴルド(Gordes)*美しい村

ゴルドはその全景が何より美しく、よくガイドブックにも掲載されているので見たことがある方も多いのではないでしょうか。

素朴な町並みにブルーグレーの鎧戸がプロヴァンスらしく素敵な村です。

ボニュー(Bonnieux)

ボニューは「フランスの美しい村」でもないし、ガイドブックで紹介されていた村でもありません。

行きたいと思ったのは「フィガロ」に紹介されている写真を見てあまりの美しさに行ってみたくなったからです。

古い石造りの家並みやブルーのヴォレーがプロヴァンスらしい村。ひっそりと佇んでいるかのような雰囲気がとても素敵でした。

ゆっくり散策しながら家並みを見るのも楽しいです。

私たちはボニューの郊外にあるメゾン・ドットに滞在しました。

プロヴァンスのシャンブルドット南仏プロヴァンスらしさを体験するならリュベロン地方のシャンブル・ドット「レ・トロワ・スルス(Les Trois Sources)」がおすすめ!雑誌から抜けでたかのようなインテリアが素敵

プロヴァンスで滞在するならシャンブルドットやメゾン・ドットに宿泊すると、素敵なインテリアに出会える確率も高くなります。

セニョン(Saignon)

ガイドブックにはセニョン村のことがこう書かれていました。

「要塞のような巨大な断崖の陰に隠れて建つ小さな村、セニョン」

こんなふうに書かれていたらまるで希少価値があるようで興味をそそられ、行ってみました。ボニューからは平坦な道をひたすら進んでいきます。

とても小さな村なのであっというまに見終わってしまうけれど、ペールグリーンの鎧戸やレトロ感のある日常の風景がとても素敵な村でした。

セナンク修道院

セナンク修道院

ラベンダーの収穫時期は7月です。6〜7月の収穫前に訪れると一面ラベンダー畑を眺めることができます。

私が訪れたのは2度とも夏(8月と9月)だったので、ラベンダーを見ることはできませんでした。

ラベンダーが咲き誇る時期には圧巻の景色になります。公式サイトからその風景を確認してみてください。

ドライブなら立ち寄りたい:MURSとVENASQUE

ガイドブックや雑誌では紹介されていないのですが、私たちが宿泊したボニューのシャンブルドットオーナーから「素敵な村だからぜひ行ってみて」と教えてもらって行った村です。

MURSもVENASQUEもボニューからアヴィニョン(リル・シュル・ラ・ソルグ経由)方面に向かう方向にあります。

写真は、MURSの村と言いたいところなんですがこの村はMURSの手前にある村です。MURSは村の入り口が全面工事中で中へ入れませんでした。でもこの村もプロヴァンスらしいかわいい村でした。

工事中で入れず引き返す私たちにフランス人のお兄さんたちが手を振っていて、南仏の人のあったかさを感じながらVENASQUEへ移動します。

MURSからVENASQUEへ向かう道はくねくねした山道を通っていきます。

両側が大きな岩だったり見通しも悪く狭い道なので、このあたりを通るときは注意したほうがいいです。

混んでないぶんたまに通り過ぎる車はびゅんびゅん飛ばしていたので怖かったです。※フランスの人は運転は基本的に荒いです。

“VENASQUEは教会に特徴があるから立ち寄るなら行ってみて”と薦められた村。

村自体もかわいくプロヴァンスらしさが現れた村で壁につたうツタさえもかわいくて、インテリアや庭づくりの参考にもなります。

村を守るように十字架が外から見える位置にあるところがこの村の特徴です。

村を歩いていたら出会った猫。

気品のある人なつっこい猫ちゃん。穏やかな空気が流れている村だけに猫ものんびり過ごしているのかもしれません。こんな風景に出会えるのもプロヴァンスならではです。

おすすめ現地発ツアー

プロヴァンスのリュベロン地方の村はレンタカーを借りて行くのが一番いいのですが、海外で車を運転するのは不安がある方も多いと思います。

私自身もひとり旅でいくつか利用しましたが、プロヴァンス地方では現地発ツアーに参加すると効率的で便利です。

南フランスではエクサンプロヴァンスやアヴィニョン発の現地発ツアーも充実しているので、ツアーに参加するのもおすすめです。

VELTRAで現地発ツアーを探す

ルールマラン、ボニュー、ルシヨン、ゴルドをまわる【リュベロン横断ツアー】が特におすすめです!

観光局からもツアーを申し込むことができます。※現地で直接申込も可能

エクサンプロヴァンス観光局オフィシャルサイト – ツアーをみる

アヴィニョン観光局オフィシャルサイト – ツアーをみる

観光局も観光には力を入れていて日本語が話せるスタッフもいるので、安心して参加することができます。容

私自身も1人旅をしたときにいくつか参加しましたが、リュベロン地方の村を巡るツアーやワイナリーツアー(アヴィニョン発)がすごくよかったです!

リュベロン地方のオススメ村9選まとめ

プロヴァンスのリュベロン地方を代表するおすすめの村を紹介しました。

  • ルールマラン(Lourmarin)
  • メネルブ(Ménerbes)
  • ルシヨン(Roussion)
  • ゴルド(Gordes)
  • ボニュー(Bonnieux)
  • セニョン(Saignon)
  • セナンク修道院
  • MURSとVENASQUE

茶色い瓦屋根にブルーグレーの鎧戸など、プロヴァンス地方では建てられているおうちの屋根や鎧戸のデザインを見るのも楽しいです。

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

リュベロン地方を巡る人気アクティビティ
リュベロン地方をめいっぱい楽しみたい時は、積極的に現地発ツアーに参加しましょう。

現地で申し込めるものもありますが、確実に参加できるように事前にVELTRAでチェックして予約を済ませておくことがおすすめです。

VELTRAで今人気のあるアクティビティは….

1位:リュベロン横断☆ルールマラン、ルシヨン、ゴルド、アヴィニョンをを訪れる横断ツアー

リュベロン地方の美しい村

ルールマラン、黄土の村ルシヨン、天空楼閣ゴルド、谷底のセナンク修道院など、魅力にあふれたリュベロン地方の村を訪れながら横断する人気のツアーです!

最後に訪れるアヴィニョンで解散することも可能なので、移動を兼ねて観光したい人にもぴったりのツアーです。

リュベロン横断☆ルールマラン、ルシヨン、ゴルド、アヴィニョンツアーの詳細をみる

 

2位:リュベロン地方めぐり *朝市マルシェ訪問つき

南仏のマルシェ

ルシヨンやゴルドなどプロヴァンスを代表する可愛い村を訪問しながら、プロヴァンスの雰囲気たっぷりのマルシェにも立ち寄ります。買い物を楽しみながらプロヴァンスの雰囲気を味わうツアーです。

リュベロン地方めぐり *朝市マルシェ訪問つきツアーの詳細をみる

 

3位:半日でさくっと!リュベロンの小さな村めぐり

リュベロン地方の美しい村

岩肌も街並みも赤く染まる村ルシヨン、古城のふもとに石造りの家々が連なる村ゴルドなど、プロヴァンスのエッセンスたっぷりの名所を訪問するツアーです。

半日でさくっと!リュベロンの小さな村めぐりツアーの詳細をみる

 

 

旅行手配に利用しているおすすめサービス一覧

最後に、私自身が個人旅行で利用しているサービスを紹介します。

個人旅行手配の参考になれば嬉しいです。

航空券検索と予約

航空券検索はスカイスキャナートラベルコちゃんを両方で検索します。

同じような検索結果にはなりますが、より良い航空券を選ぶには複数で検索した方が料金にも納得できるので私は2つとも利用しています。

スカイスキャナーで格安航空券を比較する

トラベルコちゃんで格安航空券を比較する

航空会社で直接予約をする場合は、ヨーロッパへ行く場合はワンターミナルで乗り継ぎが便利KLMオランダ航空かエールフランス航空を選ぶことが多いです。

KLMオランダ航空で空席をみる

フランスへ行くならエールフランス航空が場所によっては便利ですが、エールフランス航空KLMオランダ航空は共同運営なので私はどちらも検索します。

エールフランス航空で空席をみる

ホテル検索&予約【Booking.com】



Booking.comはホテルの取り扱い数や網羅数が世界一なので私はBooking.comをメインで利用しています。

日本人の口コミ数も多いので参考になり、予約管理もしやすいところがいいです。
ブッキングドットコム登録会員になると特典がある!ホテル予約システム【ブッキングドットコム(booking.com)】の登録の仕方と会員限定の特典を紹介!

ホテル検索&予約【Hotels.com】

エクスペディアと同じグループ会社ですが、Hotels.com10泊したら1泊が無料になるので個人的にはリゾート地や滞在型旅行にぴったりの予約システムだと思っています。

私自身の使い方としては、Booking.comでホテルを探していて見つからない時にエクスペディアHotels.comで検索して比較して選びます(例えばパリなど)。

ホテル予約【Accorhotelsグループ】

Accorhotels.com

フランスのあらゆる場所でよく目にするホテルがメルキュールやイビス。

駅前など便利な立地にあることが多いホテルですが、フランスを拠点にしていると聞けば納得です。

私は拠点として移動と安全を重視する都市に滞在する場合はメルキュールホテルかイビスホテルを利用することが多いですが、この2つを利用する時はAccorhotels.comの予約サイトから予約をしています。

Booking.comで予約をすることも可能なのですが、ポイントを貯めることができる&フランスでは利用する機会が多いのでAccorhotels.comの予約サイトから直接予約しています。
accorhotels予約サイト非公開: フランスで宿泊するなら立地がいいメルキュールやノボテル、イビスホテルがデルタスカイマイルも貯めれて便利!パリを拠点とするアコーホテルズグループ(accorhotels)経由で予約をするメリットと登録の方法を紹介

ホテル&航空券予約【エクスペディア】



エクスペディア
は航空券とセットで利用した方が割安感がありますが、ときどきBooking.comよりも少しお安く販売している場合もあるのでホテルだけの予約でも比較検討してみる価値アリ!です。

私はBooking.comでホテルが見つからなかった時に時々利用します。
エクスペディアの使い方図解で紹介!ホテル予約システム【エクスペディア(Expedia)】予約のコツと使い方を詳しく解説!

鉄道手配&予約【フランス国鉄(SNCF)とレイルヨーロッパ

フランス国内の鉄道はフランス国鉄(SNCF)サイトから直接予約をしていますが、英語が不安という場合はレイルヨーロッパもおすすめです。

SNCF時刻表の見方TGVは事前に購入したほうがお得!フランス国鉄(SNCF)サイトで料金の確認方法と予約方法のまとめ

レイルヨーロッパは日本語対応可能ですが、私は英語表記しかなかった頃から好んでよく使っていました。画面も見やすく安心して利用できます。

送料と手数料がかかりますが(私が依頼した時は1500〜2000円くらいだった)、フランス国鉄で直接予約をするのが不安な場合はおすすめです。

レンタカー検索&予約



レンタカー会社を一括して検索するにはイージーレンタカーがおすすめです。

フランスでレンタカーを借りる【フランス(ヨーロッパ)でレンタカーを利用する手順のまとめ】事前の手続き・車を運転をするときの注意点・おすすめ便利グッズを実例から紹介

現地発着オプショナルツアー【VELTRA】

ヨーロッパの田舎は交通の便が不便で一つの村や街へ行くのに1日がかりということがよくありますが、そんなときには現地発オプショナルツアーを利用します。

VELTRAはダントツで取り扱い数や利用者が多いので便利です。

私も現地発ツアーは何度か利用したことがありますが、公共交通機関で行けないような不便な場所へ行くときには本当に重宝しています。

レストラン検索&予約【TripAdvisor

【c】【公式】トリップアドバイザー

レストラン選びをするときは、ほぼTripAdvisorの口コミを参考にしています。

レストランのサイトから予約が可能なら直接予約、事前予約ができない場合は現地でいちかばちかで行ってみます。

パリの場合はたびらくといういうサービスが便利です。たびらくは現地に住む日本人の口コミが多数あるので味の相違もあまりなく事前予約も可能です。

1件につき500円(税抜)の手数料がかかりますが、それほど高くなく日本語で事前に予約が可能なのでオススメです。

オーダーメイドの旅行なら旅工房

公共交通機関(鉄道やバス)を使っていくのはちょっと厳しい…ツアーも見つからないという場合は旅工房でオリジナルの旅プランをお願いするという方法があります。

問い合わせは無料です。

旅工房は私もまだ旅慣れない頃に問い合わせたことがありますが、専門の担当者がプランニングしてくれるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください