クリスマスギフトを大切な人へ贈ろう

プロヴァンス地方を巡るおすすめの現地発ツアーはこれ!サン・レミとレ・ボー1日観光

プロヴァンス地方の現地発ツアー

私は初めてプロヴァンスへ行った時に合計3つの現地発ツアーに参加しました。

プロヴァンス地方は見どころがたくさんあります。

プロヴァンス地方の観光マップ

プロヴァンス地方は見どころが多いわりには交通の便が悪いのでレンタカーを借りてまわれれば一番いいのですが、私のように運転ができない場合は現地発のツアーに参加したほうが効率よくまわれます。

現地発のツアーは小さな村が集まるリュベロン地方のエリアと、アルル方面にあるサン・レミ・ド・プロヴァンスとレ・ボー・ド・プロヴァンスとがセットでツアーになっていることが多いです。

プロヴァンスは人気の場所なので現地発ツアーも充実しています。

私は合計3つのツアーに参加しました。

  • アヴィニョン発リュベロン地方の村巡り半日ツアー
  • アヴィニョン発ワイナリー巡り半日ツアー
  • エクサンプロヴァンス発「サン・レミ・ド・プロヴァンスとレ・ボー・ド・プロヴァンス」へ行く1日ツアー

>> VELTRAでリュベロン地方を巡るツアーをみる

>> VELTRAでワイナリーツアーをみる

>> VELTRAでサン・レミとレ・ボーへ行くツアーをみる

ここではエクサンプロヴァンス発で参加した「サン・レミ・ド・プロヴァンスとレ・ボー・ド・プロヴァンス」へ行くツアーを紹介します。このツアーはオススメです!

現地発ツアー概要

「サン・レミ・ド・プロヴァンスとレ・ボー・ド・プロヴァンス」へ行くツアーの見どころは3つあります。

  • サン・レミ・ド・プロヴァンスの朝市
  • 預言者ノストラダムスの過ごした家がある
  • レ・ボー・ド・プロヴァンスの街と要塞

集合はエクスの観光局前ですが、私は1人でプロヴァンスをまわっていてエクスではユースホステルに宿泊していたのでユースホステル前でピックアップしてもらいました。

※近郊であれば、事前に連絡すれば大抵はホテルまで迎えにきてくれます。

参加者が揃ったら、まずは、サン・レミ・ド・プロヴァンスへ向かいます。

サン・レミ・ド・プロヴァンスへ向かう途中のオリーブ畑

サン・レミ・ド・プロヴァンスへ向かう途中のオリーブ畑

*途中で立ち寄ったオリーブ畑

サン・レミ・ド・プロヴァンスへ向かうあたりは一面オリーブ畑で、これぞプロヴァンス!という風景が広がっています。

このオリーブ畑に10分くらい立ち寄ってからサン・レミ・ド・プロヴァンスへ

サン・レミ・ド・プロヴァンスへ向かう途中のオリーブ畑

サン・レミ・ド・プロヴァンスの朝市

サン・レミ・ド・プロヴァンスの街に着いたら朝市を見学します。

毎週水曜日に行われるマルシェは、既に人でいっぱいで活気があります。

サン・レミ・ド・プロヴァンスの朝市

ここでは到着した11時から14時前までフリータイムです。ゆっくりマルシェを見学してランチも自由に好きなところでとります。

マルシェで買ったものをつまむのもいいし、レストランもいくつかあります。

サン・レミ・ド・プロヴァンスのマルシェは品揃えが充実していて眺めながら歩くのが楽しいです!さすが有名なだけあるなと思いました。

サン・レミ・ド・プロヴァンスの朝市

サン・レミ・ド・プロヴァンスの朝市

チーズにパンからマルセイユ石鹸、かわいい雑貨にプロヴァンスでは有名なサントン人形までありました。

サン・レミ・ド・プロヴァンスの朝市

サン・レミ・ド・プロヴァンスの朝市

ツアーじゃなくてゆっくり訪れたいくらいマルシェが充実していました。

一角ではアンティーク市も開かれています。

マルシェバッグを片手にマルシェへ

サン・レミ・ド・プロヴァンスの朝市

サン・レミ・ド・プロヴァンスの朝市

サン・レミ・ド・プロヴァンスの朝市

サン・レミ・ド・プロヴァンスの朝市

サン・レミ・ド・プロヴァンスの朝市

フランスの人たちは皆マルシェバッグを普通に持ってお買い物、そんな光景が普通にあることが素敵だなと思いました。マルシェバッグをよれよれになるまで使い込んでいるところもいいです。

サン・レミ・ド・プロヴァンスの街並み

サン・レミ・ド・プロヴァンスは町並みもかわいいです。

これぞプロヴァンス!という風景がサン・レミ・ド・プロヴァンスにはありました。

ツアーでは朝市が有名なサン・レミ・ド・プロヴァンスだけど、ここにはもうひとつ有名な場所があります。

預言者ノストラダムスの家。

意外とひっそりとした場所にあり特に人だかりもありませんでしたが、ガイドブックには一応掲載されています。

ノストラダムスが生まれた場所がサン・レミ・ド・プロヴァンスなんだそうです。

ノストラダムスの生家

ノストラダムスの生家

  • Maison de Nostradamus
  • 住所:6 Rue Hoche, 13210 Saint-Rémy-de-Provence

公開はされていないので、興味のある方は晩年を過ごしたという近くのサロン・ド・プロヴァンスへ行くと晩年を過ごした家が博物館になっています。

サン・レミ・ド・プロヴァンスは長く滞在すれば他にも見所はたくさんあると思うのですが、すぐに見てまわってしまえるほど小さな街で約3時間でもじゅうぶん満喫できる場所でした。

同じ年にプロヴァンスを訪れて3泊滞在した友人によると、パッと見ではわからないような素敵な場所もいっぱいあるんだそう。

ちなみにランチは適当なレストランに入って済ませました。

サン・レミ・ド・プロヴァンスでランチ

サン・レミ・ド・プロヴァンスでランチ

観光客が多いのでレストランもいくつかあり手際もよく待たされることもありませんでした。

街の魅力はたったの数時間ではわかるわけがなく、1~2泊したほうがその街のよさを満喫できるんだと思います。

このあとはこれまたとってもかわいらしい村、レ・ヴォー・ド・プロヴァンスへ向かいます。

レ・ボー・ド・プロヴァンス

私がレ・ボー・ド・プロヴァンスを知ったのはフィガロという雑誌の写真でした。

私はフィガロに掲載されている写真に映し出されるその風景が大好きでプロヴァンス版も時々眺めるのですが、「レ・ボー・ド・プロヴァンス」の風景も紹介されていていつか行ってみたいと思っていました。

レ・ボー・ド・プロヴァンス

レ・ボー・ド・プロヴァンス

レ・ボー・ド・プロヴァンス

レ・ヴォー・ド・プロヴァンスのそのかわいらしい石造りの家並みやショップには目が釘付けになります。

でもツアーで見れるのはその中心地の一部のみで、本当は中心地を離れた場所にあるシャンブル・ドットやブドウ畑、路地に隠れたようにあるレストランそんな場所にこそプロヴァンスのよさがあると思っています。

ここでも、村の上にある城塞含めて約3時間のフリータイムがありました。

早速、村歩きを始めます。

レ・ヴォー・ド・プロヴァンスの見どころは2つです。

  • かわいらしい街を散策する
  • 城塞を探索する

私は街並を見るのが一番の楽しみで城塞のことは知らずにいたのですが、レ・ボーの村の上にある城塞は一見の価値があります。

レ・ボー・ド・プロヴァンスの要塞

ドラクエが好きな人は必見です。ダンジョン巡りみたいで面白いです。

城塞を見るだけでたっぷり1時間くらい使ってしまいました。

レ・ボー・ド・プロヴァンスの要塞からの眺め

レ・ボー・ド・プロヴァンスの要塞からの眺め

晴れた日にはアルルやカマルグ、遠くにはサント・ヴィクトワール山まで見渡せます。

レ・ボー・ド・プロヴァンス

レ・ボーの村にあるサン・ヴァンサン教会

レ・ボーの村にある小さな教会です。

レ・ボーの村にある教会

レ・ボーの村にある教会

レ・ボーの村にある教会

小さな教会なんですがこの教会、独特の雰囲気があります。
教会の中はまるで洞窟の中にあるかのようで、厳かな空気の中にあたたかさと優しさに包まれていました。

レ・ボーのサン・ヴァンサン教会

レ・ボーのサン・ヴァンサン教会

まとめ

エクサンプロヴァンス発で参加した「サン・レミ・ド・プロヴァンスとレ・ボー・ド・プロヴァンス」に行く1日ツアーを紹介しました。

私はレ・ボー・ド・プロヴァンスの街並を見たくて参加したツアーだったのですがサン・レミ・ド・プロヴァンスの朝市が思った以上に充実していたことと、レ・ボー・ド・プロヴァンスの要塞が面白く楽しかったです。

レ・ボー・ド・プロヴァンスの要塞

レ・ボー・ド・プロヴァンスには7月と8月限定でアヴィニョンやアルル発でバスもありますが、通常はバスもないのでツアーに参加して行くのが手軽でおすすめです。

>> VELTRAでサン・レミとレ・ボーへ行くツアーをみる

最後まで読んでくださりありがとうございました!

フランス旅行のまとめについては、以下の記事を参考にしてみてください。

フランスおすすめ観光地のまとめ!フランスは地方都市が楽しい

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください