「美女と野獣」のモデルにもなったフランスの美しい村コンク(Conques)の見どころ

フランスの美しい村コンク

コンクはディズニー映画「美女と野獣」のモデルになったフランスの美しい村です。

フランスには「美しい村」に加盟した村が全部で157ありますが、その多くがフランス南西部に集まっています。

鉄道とバスを乗り着いで行ける数少ない村の1つが【コンク(Conques)村】です。

フランスの美しい村を訪れる – Les plus Beaux Village de France – 概要編

コンク村は美しい村の加盟村であるだけでなく、サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路の1つでもあります。

数時間もあれば見てまわれるような小さな村ですが、私はこの村に2泊してきました。

何十年も前から時間が止まったかのような静寂と、時間に追われることなく過ごせる時間がとても心地よかったです。

ここでは、コンク村の見どころや宿泊したホテルなどについて紹介していきたいと思います。

旅全体のスケジュール

私は2016年10月17日〜10月27日の11日間、ひとり旅でフランス南西部へ行ってきました。

フランス南西部の旅マップ

コンクをはじめフランス南西部の村を訪れるのに拠点となるのがトゥールーズです。トゥールーズについては以下の記事も参考にしてみてください。

フランス南西部の拠点トゥールーズの見どころとおすすめ

コンク(Conques)への行き方 / アクセス

コンク村へ行くには南西部の拠点トゥールーズからロデズまでは鉄道で、ロデズからはバスで移動します。詳しいアクセスについては、以下の記事を参考にしてみてください。

「美女と野獣」のモデルにもなったフランスの美しい村コンク(Conques)への行き方

コンクの見どころ

巡礼地でもあるコンク村の見どころは、他の小さな村もそうなのですが村を余すことなく散策するこれに尽きます。

私が見たコンク村の印象は、色あいがすごく素敵な村。落ち着いたハチミツ色の壁と草花、村の空気感が何ともいえない雰囲気を漂わせています。

フランスの美しい村コンク

フランスの美しい村コンク

石畳の道を歩きながら映画「美女と野獣」のベルになりきって歩くのもよし、草花を楽しむのもよし、とにかく散策が楽しい

それに加えてコンク村は巡礼地の1つでもあるので、ロマネスク様式の大修道院付き付属協会の装飾を見ることもオススメします。

  • 咲いている草花を楽しみながら、村を散策する
  • ロマネスク様式の大修道院付属教会を見学する(装飾が素晴らしい)

村を散策する

村全体は1時間もあればじゅうぶんに全部を見てまわれるくらいのとても小さな村ですが、行ってよかったと思える風景がそこには広がっています。

この村には2泊するので、到着した日の夕方と翌日いっぱいゆっくり散策。

私が訪れた10月はオフシーズンだったからなのか、とても静かで観光客も巡礼者もそれほど多くはありませんでした。

フランスの美しい村コンク

フランスの美しい村コンク

私はインテリアやガーデニングが大好きなので、コンク村の壁の色合いといい古く苔むした石畳の道といいどこを見てもワクワクが止まりません。

ガーデニング好きな人にとっても楽しめる要素が、いろんなところに詰め込まれています。

フランスの美しい村コンク

フランスの美しい村コンク

朽ちてきている古い柵も味がある。こんな絵になるシーンでさえも、ここに住んでいる人にとっては生活の一部なんですよね。大切に住んでどれも大切に使っている様子がとても美しいと思いました。

フランスの美しい村コンク

フランスの美しい村コンク

村の中のひとつひとつのシーンがどれも絵になり、何度同じところを歩いても全然飽きることがありません。

誰にも会わないけど、1匹の猫に会ったので後を追いかけてみたりするのもまた楽しい。(この後、茂みに入っておトイレしてました。笑。)

フランスの美しい村コンク

ただ散策するだけでも心が落ち着く、素朴だけど美しい村です。

ロマネスク様式のサント・フォア大修道院付属教会は必見!

Conques(コンク)は、スペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」へ続く巡礼地です。いくつか巡礼地がある中の「ル・ピュイの道」の中でも最も重要な場所とも言われています。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路 は、キリスト教の聖地であるスペイン、ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路。おもにフランス各地からピレネー山脈を経由しスペイン北部を通る道を指す。Wikipediaより

静かで美しい村。観光客も多いけれどそんな静かな雰囲気を壊したくない、そう思わされる厳かさがあります。

サント・フォア大修道院付属教会

サント・フォア大修道院付属教会

サント・フォア大修道院付属教会

村の中心にある11世紀の中頃に作られたロマネスク建築の教会、サント・フォア大修道院付属教会。村のどこにいても見える象徴的な教会です。

正面のモチーフ(タンパン)は、中世彫刻の最高傑作と言われている「最後の審判」を表しています。中央にキリスト、上げた右手の側には使徒と天国で暮らす人々、下げた左手側には地獄の様子が描かれています。引用元:コンクの宗教建築 – フランス観光開発機構

サント・フォア大修道院付属教会

サント・フォア大修道院付属教会

サント・フォア大修道院付属教会

教会の名前である「セント・フォア(聖フォア)」は、スペインでのレコンキスタに赴いた十字軍騎士たちの守護聖人の名前からとられています。(引用元:Wikipedia より)

サント・フォア大修道院付属教会

サント・フォア大修道院付属教会

サント・フォア大修道院付属教会

時間だけはたっぷりあったので、小さな村を散策する中で教会には何度も立ち寄りました。

午前中はミサの練習でパイプオルガンの音色が流れていたり、夕方には教会の前で修道士が子どもたちにレクチャーをする姿が見られたり、巡礼地なんだと感じさせられました。

宿泊はオーベルジュ・サンジャック(Auberge Saint Jacques)

コンクで宿泊したホテルは、オーベルジュ・サンジャック(Auberge Saint JACQUES)という村の中心にあるホテルです。

村の中心には、このホテルともうひとつホテル・サントフォア(Hôtel Sainte Foy)という教会と同じ名前のホテルがあります(ランクはオーベルジュ・サンジャックよりも上)。

サン・フォアホテルは10月半ばから冬の期間お休みで、私の旅程中には営業していませんでした。

他に選択肢がなかったので宿泊は必然的にこのホテルになったのですが、でもこのホテルもよかったです。(※巡礼地なので、ホテルとは別にGITTEという旅の宿もあります。)

実は手違いだったと後で知ったのですが、私が宿泊した部屋は建物の最上部の屋根裏部屋(Chambre #3)でここが最高にかわいくてテンションが上がりました!

オーベルジュ・サンジャック

オーベルジュ・サンジャック

オーベルジュ・サンジャック

ドアを開けたらすぐに階段があります。
荷物が大きい場合はちょっと大変なんですが(でもフロントにお願いすればお兄さんが荷物を運んでくれます)、屋根裏に続く階段ってちょっとワクワクします。

オーベルジュ・サンジャック

オーベルジュ・サンジャック

オーベルジュ・サンジャック

オーベルジュ・サンジャック

オーベルジュ・サンジャック

オーベルジュ・サンジャック

屋根が傾斜になっていて部屋はかなり広く、角部屋なので小さな窓がいくつかあります。窓から見える景色もかわいい。。

  • 部屋が広くて快適
  • アメニティ、ドライヤー付き
  • バスタブ付き(部屋による)

※冷蔵庫、電気ポットは付いていません。
※フリーwifiつながります。

電気ポットがないときのために、私たちはいつもトラベル用の電気ポットを持参します。あるのとないのとで旅の快適さが全然違うので便利です。

予約したときバスタブ付きだった記憶がなかったのですが、実はこのお部屋はホテル側の手違いでした。翌日ホテルの方からそう聞かされて、私はスタンダードルームで予約をしていたのだけどこれはスーペリアルームでした。

でもこのお部屋が気に入ったのと、差額が10ユーロだったので(1泊目は、ホテル側のミスなので追加差額なしです)翌日も追加料金払ってそのままにしてもらいました。
  • Auberge Saint Jacques
  • 住所:Rue Gonzague Florens, 12320 Conques
  • 料金:2泊1部屋 スーペリアルーム 118ユーロ(約13000円)※時期により料金は変わります。

予約サイトでみる

>> Booking.comで条件や料金を確認する

>> Hotels.comで条件や料金を確認する

>> 国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

小さな村に2泊しているあいだ散策してはホテルに戻ってひと休みを繰り返していたのですが、そのひと休みが心地よい空間のお部屋でした。

コンクのレストラン

ヨーロッパの旅では大抵そうなるのですが、昼はレストランで夜はホテルで適当に・・・という形にすることが多いです。

コンクの宿泊先は、オーベルジュでレストランを兼ねているので、食事をしたくなったら階下へ降りていくだけ。なので、到着した日の夜はホテルのレストランで食事をしました。

ディナーは宿泊したホテルのレストランで

メニューが3種類(21ユーロ / 35ユーロ / 45ユーロ)あり、私はセットメニュー21ユーロのお料理を選びました。

  • スープ+パン
  • グラスの赤ワイン(ローカルワイン)
  • メイン(ローカル料理 / Arigot)
  • デザート(プリンみたいなもの)

※画像はありません。

>> Auberge Saint Jaques – オフィシャルサイト(レストラン)

正直言うと料理は口に合いませんでした(:_;)。スープは美味しかったのですが、メインのローカル料理(Arigot)が合いませんでした。(部屋に戻って吐いてしまった💦)

ランチはホテルの前のレストランで

ランチは1回、ホテルの目の前のレストランで食事しました。オーダーしたのは、鴨とフォアグラのサラダ(15.5ユーロ)。

コンクのレストラン

コンクのレストラン

コンクのレストラン

このサラダは美味しかったです!ただ、シーザードレッシングの量が多すぎて真ん中あたりから濃かったので、最初にドレッシングを少なめでオーダーすればよかったと思いました。

フランス料理は量が多すぎて全部は食べれないことも多いので、アラカルトか2品のセット(前菜+メインか、メイン+デザート)を選ぶことをオススメします。

小さな村や街では食事の選択肢がないこともあるので、行き先によっては非常食を持っていきます。

このときの旅では非常食がすごく重宝しました。

海外旅行の達人たちに聞いた!食事にストレスを感じないために持っていくもの

まとめ

フランスの美しい村コンクの見どころについて紹介しました。

  • 村をくまなく散策する
  • サント・フォア大修道院付属教会は必見!
  • ホテルは村に2軒あるが、サント・フォアホテルは秋〜冬の期間はクローズになるので事前に要確認

最後まで読んでくださりありがとうございました。
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

フランス旅行のまとめについては、以下の記事を参考にしてみてください。

フランスの田舎を旅する!おすすめ観光地のまとめ

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

2 Comments

Shane

こじんまりとした素敵なホテルに滞在して、こうした町を散策するのは、とっても豊かな旅ですよね!

返信する
tamami

> Shaneさん

このホテルのこの部屋がとっても素敵でした(*^^*)。
屋根裏部屋という響きもいいですよね。笑。

そんな旅を、いつか1ヶ月〜3ヶ月くらいかけてフランスだけ周遊したいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください