海外旅行の持ち物リストとチェックリストを徹底解説!

海外旅行持ち物リスト

私は以前旅行会社で国際線の予約と発券業務を担当していて、新人の頃には海外渡航業務全般も担当していました。

海外旅行へ行く前の持ち物リストを考えることはワクワクする反面、ちょっと面倒くさかったりしませんか?

旅行へ行くときには、忘れてはいけないもの忘れてもどうにかなるものの2種類があります。

私自身は旅行前にバタバタと慌てないように事前に持ち物リストを作成します。旅行があるごとにプリントアウトして、そのリストを見ながら準備をしています。

1度作成しておくと、後々そのリストを参考に使い回しができるので便利です。

ここでは海外旅行出発前の準備手順と持ち物チェックリストを紹介していきます。

海外旅行出発前の準備の手順

海外旅行へ行く前に準備する手順については以下の記事を参考にしてみてください。

海外旅行が決まったら必見!旅の準備の手順とまとめ

海外旅行の持ち物リスト(チェックリスト)

一般的なものから個人的なものも含めて、必要なものを紹介していきます。

貴重品を含む6つ

これだけは絶対に忘れてはいけないもの。
逆を言えば他のものは忘れてもこの6つさえあればなんとかなるし、なんとかなるようにしています。

海外旅行の持ち物貴重品リスト

  • パスポート有効期限、残存期間を事前に確認済であること
  • パスポートのコピー + 証明写真2枚 ※盗難に遭ったときのため
  • E-ticket(航空券、列車など)
  • ホテルの確認書
  • 現金、クレジットカード(2枚)
  • 海外旅行傷害保険の証書
  • (旅の手帳)

海外旅行へ行くにはこれがないとどうにもなりません。旅行へ行く!と決めたときに、パスポートの有効期限が切れていないか、そして行く先の国によっては残存期間が足りているか確認します。

夫は旅行の10日前に残存期間が足りない!ということが発覚して、予定していた日に出発できなかったことがありました(^▽^;)。あまりそんなことはないと思うのですがそんなことが起きると精神的によくないので、皆さんは気をつけてくださいね。

相方

あのときは、旅行自体に行けないと思った。(ノ△・。)

出発の10日前にパスポートの残存期間が足りないことに気付いたときの対処法

手帳は一般的には必須ではないですが、私は緊急時の連絡先などをいつでも確認できるように記載しているので必ず持参します。

ポチ袋に入れた現金を隠したりパスポートコピーも入れているのですが、手帳に貴重品が入っていると見えないところもいいです。

手帳の使い方については、以下の記事を参考にしてみてください。

ロルバーン(Rollbahn)手帳が好きすぎて、何年も愛用している理由を語ってみる

着替えは3〜4着分、下着・肌着・靴下は泊数分

夏は汗をかくのでTシャツを日数分持っていきますが、秋から冬の場合はだいたい3〜4着分です。

念のためにこれも持っていこう、と迷ったものは持っていきません。(なかなか出来ないけど)

  • 防寒コート、手袋、マフラー ※冬のみ
  • 着替え3〜4着分(冬)、Tシャツ泊数分(夏)
  • レストラン用のワンピース+ぺたんこのバレエシューズ
  • 下着、靴下泊数分
  • パジャマ用Tシャツ+スウェットパンツ
  • タオル、ハンカチ

機内で過ごす時間は長いので、機内用に着ていく服は別に考えます。

私は機内でくつろぎたいので機内ではコットンのワンピースとタイツ、旅行中はずっとデニム1本で過ごします。

夏の海外旅行に着ていく服装はこれが便利!ヨーロッパ西欧編

最小限にしたいけれど、寒い時期に寒い地域へ行く場合、私はデニム1本で旅行するけどデニムって寒い…どうしようと対策を考えていたら、末端冷え性の相方がこれがいいよと。

相方

あったかくていいよ。通勤にも履いてるよ。ハイソックスではないけどね。
  • ユニクロのヒートテック ハイソックス(冬対策)

ユニクロヒートテック ハイソックス

ユニクロ ヒートテックハイソックス

買って履いてみたら、本当にあったかくて重宝しています。生地が薄いのでスキニーデニムの下に履いてもゴワゴワしません。

洗面道具や女性に必要な身のまわり品

できるだけ軽く最小限にするために、シャンプー・トリートメント・クレンジングは小分けにします。ブラシは、普段使いのブラシとは違う小さいものを旅行用に用意しています。

  • シャンプー、トリートメント、クレンジング(小分け)
  • 小さいボトルに入った化粧水2本(機内用、預け手荷物用)
  • 美容液など普段使っているもの
  • フェイスパック(1つずつの包みになっているもの)
  • 歯ブラシ、歯磨き粉
  • ウェットティッシュ、ポケットティッシュ、除菌クリーナー
  • ブラシ(旅行用)
  • ヘアワックス、ヘアオイル、ヘアバンド
  • メイク落としシート、下地を兼ねた日焼け止めクリーム
  • リップクリーム、ハンドクリーム
  • メイク用品、カミソリ、爪切り
  • 生理用品(女性)

洗面道具類は、3つに分けてパッキングします。1)バスルームオーガナイザーに入れるもの 2)機内持ち込み用専用透明袋に入れるもの 3)普段使いの化粧ポーチ

洗面道具など身の回り品

洗面道具など身の回り品は小分けにして

2)と3)は機内持ち込みにします。

海外旅行におすすめ!バスルームオーガナイザーとメッシュポーチ

機器類は普段から専用のポーチに入れて、そのまま持って行くのが便利

カメラや携帯の周辺機器は細かいものが多いので、普段から専用のポーチに入れておいて旅行へ行くときもそのまま持っていきます。周辺機器は機内持ち込みです。

  • iPhone
  • iPad mini
  • カメラ+レンズ
  • iPhone + iPad miniの充電器、周辺機器グッズ
  • カメラの予備のメモリカード、充電器、周辺機器グッズ
  • バッテリー、USBハブ
  • 電気プラグ

カメラ用のポーチはデルフォニックスのポーチを普段から愛用しているのですが、それをそのまま持って行きます。

周辺機器1

周辺機器2

周辺機器3

中身は、1)充電器 2)メモリカード 3)iPad mini とカメラのUSBコネクト 4)レンズフィルター 5)カメラ掃除キット が入っています。

ポーチが写真に2つあるのは、カメラが2つあり普段はD7100とD810の2つのカメラで使い分けているためです。旅行に行くときにはカメラとポーチは1つずつ持って行きます。

カメラ女子向け!旅行にも便利な一眼レフカメラ用のカメラバックを検討する

あると便利な洗面道具以外の身のまわり品

ここからは、個人によりまた時期によっては必要ないものも含まれます。

目覚まし時計は携帯のアラームがあるから必要ないと思われるかもしれません。でも海外では時間に遅れて飛行機に乗れない!なんてことになったら大変なので、緊急時も考えてアナログ時計も必ず持参します。

  • 常備薬(バンドエイド、正露丸)
  • アナログな目覚まし時計、予備の電池1個
  • 軽量の折りたたみ傘
  • 使い捨てスリッパ(スリーコインショップで買ったものとか)機内でも履きます。
  • 防犯ブザー
  • アウトドア用のミニライト
  • ジップロック
  • 洗濯セット(プラスチックの洗濯物干しと小分けにした洗剤)
  • 布製かナイロンの小さなポシェット

ジップロックがけっこう便利です。

化粧水などの液体物は飛行機に乗ると高度のため漏れる可能性があるので、あらかじめジップロックに入れます。小銭を入れたり、現地で買ったバターを入れたりなど活用度は高いです。

スリッパ、洗濯物干し

ジップロック、目覚まし時計など

ミニライトは、ふだん使いのリュックに常につけておいて、緊急時に備えて普段から身につけています。小さいので邪魔にもなりません。

布製かナイロンの小さなポシェットはコートやジャケットの下に斜め掛けして使えるし(防犯にもなる)、機内で身につけたままでも軽いので便利です。

布製の小さなポシェット

布製の小さなポシェット

ポシェット自体の重さをほとんど感じないので、長距離路線の機内でも出しておきたい携帯やUSBコードだけを入れてそのまま斜め掛けしたままでも気になりません。(忘れ物や紛失対策にもなります。)

旅を快適にするために持っていくもの

常にそれなりのホテルに泊まるなら必要ないのですが、私たちの場合は田舎へ行くことも多く予算の関係で2つ星から3つ星ホテルに泊まることもあるので毎回持っていきます。

  • 湯沸かしポット
  • 紙のお皿、割り箸、スプーン+フォークのセット(使い捨て)
  • ワインオープナー、ワイン栓
  • プラスチックのワイングラス
  • ドレッシング

湯沸かしポットは味噌汁やお茶をいつでも飲めるように、ホテルの部屋になかったときのために旅行用の小さいサイズを持っていきます。

ワインが好きな人はワインオープナーも必須です。現地でボトルを買ったけれど開けれない!なんてことにならないように必ず持っていきます。

専用の旅行用ポーチに最小限の割り箸やフォーク・ワインオープナー・ワインキャップなどをまとめて入れて、持っていきます。

湯沸かしポットとワインカップ

使い捨てのセット

旅行中は(行き先によっては)レストランで毎回食事をすると胃がもたれたりするので、さっぱりした日本食が恋しくなることもあります。

ヨーロッパでは野菜や果物は豊富にあるのですが、現地で買うドレッシングは濃すぎて合わないのでドレッシングも国によっては持っていきます。

持参する非常食については以下の記事も参考にしてみてください。

海外旅行の達人たちに聞いた!食事にストレスを感じないために持っていくもの

<重要>貴重品の管理の仕方

ヨーロッパの大きな街では、貴重品が入っているように見えないことが重要です。

海外では何が起きるかわからないので、私は貴重品に関しては徹底して管理をしています。

盗難などのトラブル対応策や貴重品の管理の仕方については、以下の記事を参考にしてみてください。

海外旅行の盗難防止や対応策を実体験に基づいて紹介!

まとめ

海外旅行出発前の準備するもの&リストを紹介しました。

ヨーロッパに限らずですがヨーロッパの大きな街はスリが多いので(いるのが当たり前と思ったほうがいいです)、私は初めての国なら特に用心に用心を重ねて準備をするようにしています。

準備をしておけば不安な気持ちは減るので現地では思いっきり楽しむことを基本にしていますが、人混みのある場所は気をつけるようにするとか夜の行動は控えめにするとか、メリハリをつけて楽しむのがいいと思っています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
少しでも旅の参考になると嬉しいです。

機内持ち込み手荷物については詳しく記事にしています。

海外旅行の機内持ち込み手荷物の中身を公開!20ヶ国40回以上旅したトラベラーが選ぶもの

パッキングについては、以下の記事も参考にしてみてください。

20ヶ国40回以上旅しているトラベラーが中身を公開!海外旅行出発前の準備とパッキングの手順

 

2 Comments

すい

こっちにもコメントしてみます。笑
わたしもハイソックス愛用してます。機内が寒いと嫌なので、飛行機乗るときは大抵履いてる。で、着いたとき暑かったら、下げる。笑
ヒートテックじゃなくても効果あるよ。

返信する
tamami

> すいちゃん
おぉ〜、ありがとう!
ハイソックス、こんなに便利だと知らなかった。
旅行じゃなくてももう愛用してる。笑。
機内では快適に過ごしたいので、次の旅行から使ってみるつもりだよ!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください