秋冬の海外旅行に着ていく服装はこれが便利!ヨーロッパ西欧編

海外旅行ヨーロッパ西欧着ていく服装

海外旅行へ行く時悩むことの1つが服装です。

私は旅行で着る服装は夏でも冬でもいつもパターンは決まっています(決めています)。

  • 機内ではリラックス重視で黒のコットンワンピース
  • 現地では動きやすいようにデニム+パーカ+ダウンコート
  • スリや強盗対策に目立たないようにする

洋服は極力少なめにしたいので、秋冬は長Tシャツを2〜3枚とボトムはデニム1本で済ませてます。行き先や行く月によってアウターはダウンか袖無しダウンとパーカで調整します。

ここでは以下のパターンの旅行に着ていく洋服を紹介していきます。

  • ヨーロッパ西欧
  • 秋から冬(11〜2月)
  • 1週間〜10日間で想定

夏の服装については以下の記事を参考にしてみてください。

夏の海外旅行に着ていく服装はこれが便利!ヨーロッパ西欧編

口コミでも人気のモバイルwifi
Global wifiオフィシャルサイト
価格コムで口コミを読む

海外旅行 機内の服装はリラックス重視

ヨーロッパ方面へ行く飛行機は長時間で10時間以上乗っていることが多いです。

長時間のデニムは締め付けが気になるので、私は機内ではリラックスすることを重視して夏も冬もコットンワンピースと決めています。

海外旅行ヨーロッパ西欧着ていく服装

  • コットンワンピース
  • スポーツブラ
  • タイツ
  • 薄手のパーカー+厚手のパーカー(調整できるように2枚持参)
  • スニーカー
  • スリッパ(機内持ち込み)
  • コート

長時間飛行機に乗るので、空港では搭乗前にシャワーを浴びてメイクも落としてから飛行機に乗ります。リラックスしたいのでスポーツブラを着ています。

ノンワイヤーのスポーツブラは速乾性もあり着心地もいいのでけっこう便利です。

薄手のパーカーは重ね着で調整しやすいので、機内持ち込みと街歩きを兼ねて夏も冬も1枚持っていきます。街歩きのデニムとも相性がいいものを選んでいます。

秋冬は厚手のパーカーを1枚加えて重ね着して調節します。

街歩き&機内持ち込み用リュックについては以下の記事を参考にしてみてください。

海外旅行用のリュックにカメラバックも兼ねた【カリマー セクター25(sector 25)】を選んだ理由

時計

時計はふだんから愛用しているものを海外旅行でも使っています。

というか、海外旅行でも使えるものをふだん使いにしています。

海外旅行にもおすすめ!愛用歴10年トラベラーが使う時計G-SHOCK【GW-M5610-1BJF】はワールドタイムが便利!

スニーカー

靴は最初から最後までスニーカー1足で過ごします。レストラン用にぺたんこ靴も念のために入れていますが、かさばらず折り曲げてもOKなものを持っていきます。

12月〜2月はスペインとポルトガル以外の国は寒いのでスノーブーツで行くこともあります。

私はアディダスのスニーカーが大好きなのでアディダスを愛用していますが、シンプルでどの服にも合わせやすく足が疲れにくいところもいいです。

アディダスのコートバンテージはシークレットヒールで少し足長に見えるところが気に入ってます。

バリュースターやスタンスミスは王道にカッコいいので好きです。ワンピースとの相性もいいです。

街歩きはデニムにパーカーが基本

現地での街歩きは基本的にデニム1本とパーカー+季節や場所によりアウターを変えています

  • スペインとポルトガル:真冬でもパーカー+袖無しダウン
  • オランダ / フランス / イタリア:真冬はロングダウンコート+手袋やマフラー

ヨーロッパでは街歩きが基本となるので歩きやすい&現地に馴染む格好を意識しています。スリや強盗に狙われにくくするためにも着古したもので十分です。

オランダや北イタリア・フランス・ドイツあたりは真冬は寒いので12月〜2月の旅行ではアウターはダウンコートを持っていきますが、スペインやポルトガルでは真冬でもアウターは袖無しダウンで行きます。

私は着込んで暑くなるのが嫌なので調整しやすい服装重視で選んでいます。手袋も持って行きます。

※万が一寒いときのためにヒートテックTシャツを1〜2枚持って行き調整しています。

海外旅行ヨーロッパ西欧着ていく服装

行ってみて予測外の寒さだったら現地調達すればいい!と思っていますがまだ現地調達したことはありません。

  • デニム
  • 長Tシャツ3枚くらい
  • ネロシャツ(シャツジャケット) ←重ね着できて1枚あると便利!
  • ヒートテック(薄手)2枚+ヒートテック(厚手)1枚
  • 薄手のパーカー
  • 厚手のパーカー
  • スニーカー
  • アウター(袖無しダウン or ロングダウンコート)

ネロシャツ(シャツジャケット)は薄いのにフリース素材で暖かく、ダウンやパーカーと組み合わせて重ね着も出来るので1枚あると重宝します。

年末年始にポルトガルへ行ったときは昼間はパーカー+袖無しダウンで全然OKだったのですが、朝晩は寒くてシャツジャケット+パーカー+袖無しダウンでちょうどよかったです。

私はエディバウアーのシャツジャケットとダウンを愛用しています。

事前に現地の天気予報をチェック

出発日が近づいてきたら現地の天気予報をちょくちょくチェックして、ヒートテックシャツを持って行くかどうかなど調整しています。

>> Accu Weatherオフィシャルサイト

レストランでの食事にはワンピ+ぺたんこ靴

観光地ではレストランでもカジュアルな洋服でも全然大丈夫ですが、ごく稀にデニムだとまずいかなと思うときにはワンピースを着ていきます。

私が行く旅では滅多にないですが、ワンピースのほうがいいというときがたまにあります。

できるだけ荷物は少なめにしたいので機内用のワンピースをレストラン用も兼ねてます。

海外旅行ヨーロッパ西欧着ていく服装

  • 機内用ワンピをレストラン用にも活用
  • ぺたんこ靴
  • 布製トートバッグなど

ワンピースはシンプルなコットンの黒があると着回しがきくし着心地もいいです。ぺたんこ靴は素材が薄いものを選ぶと収納にもそれほど場所をとらず便利です。

サコッシュバッグやトートバッグ

バッグはトートバッグや布製の斜め掛けバッグの小さいものがあると荷物の邪魔にもならず、何かと使えて便利です。

サコッシュバッグは必要最低限のものだけが入り重さが気にならないので、ポケット代わりに常に斜め掛けしたままで機内でも使っています。

海外旅行で着ていく洋服のまとめ

海外旅行で着ていく洋服(秋冬バージョン)を機内と街歩き用に分けて紹介しました。

海外旅行ヨーロッパ西欧着ていく服装

  • 機内ではリラックス重視でコットンワンピース
  • 現地では動きやすいようにデニム+パーカー
  • シャツジャケットが1枚あると便利
  • アウターは袖無しダウンかダウンコート(場所による)

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

旅の準備に関しては以下の記事も参考にしてみてください。

口コミでも人気のモバイルwifi
Global wifiオフィシャルサイト
価格コムで口コミを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください