スペイン国鉄【renfe】と【レイル・ヨーロッパ】のメリットとデメリットを比較検討!

renfeとRail Europeの比較

2017年12/26〜2018年1/4まで、個人旅行(2人)でスペインへ行ってきました。

バルセロナからマドリードなどスペインの国内の移動手段は列車やバスを利用したのですが、列車の予約は事前に予約をして出発しました。

時間が無くて事前に何も調べなかったので、今回は、手っ取り早く日本語表示のレイル・ヨーロッパ経由で予約をしましたのですが、その後スペイン国鉄【renfe】のサイトを直接確認したら、違いがあることがわかりました。

自分たちの失敗談を含めて、renfeで予約をする場合とレイル・ヨーロッパ経由で予約をする場合との比較を紹介していきたいと思います。

今回は、予約を最後まで完了したのは【レイル・ヨーロッパ】、【renfe】は支払い画面前までの検証となります。

旅全体のスケジュール

スペイン旅の全隊のスケジュールについては、以下の記事を参考にしてみてください。

【まとめ】スペイン、アンダルシア旅行記(2017年12/26〜2018年1/4)

スペイン国鉄【renfe】のサイトの見方と予約方法

スペイン国鉄の時刻表確認や予約は【renfe】のサイトから直接行います。
renfe Official site

サイトのトップページにある、下の画面に必要項目を入力していきます。

renfe 手順1

 

  1. 出発地(例:Barcelona – Sants駅)
  2. 行き先(例:Madrid – Puerta de Atocha駅)
  3. 出発する日(往復の場合は、すぐ下に戻る日を入力)
  4. 人数

1から4までの項目を入力したら、【BUY】をクリックします。

クリックしたら、列車の時間帯のリストが表示されます。
このリストから希望する時間帯を選びます。(例えば、以下では、8:00発 / 11:10着の列車を選んでいます。)

列車により高速列車AVEだったり、ローカル列車だったりするので、出発時間だけでなく到着時間も必ず確認しましょう。

renfe手順2

  1. 希望する時間帯の右横にあるプラスボタンをクリック
  2. 予約クラスを選択(Turista: 2等、Turista Plus: プレミアム2等、Preferente:一等)
  3. 料金を選択

Turista(2等)とTurista Plus(プレミアム2等)の違いは、座席の広さです。
Turista Plusのほうが座席が広くなっています。

3)のFare(料金)は3種類あります。
往復で選んでいる場合は、【Ida ya Vuelta(往復割引適用)】を加えた4種類の料金が出てきます。

  • Promo : プロモーションの格安料金、変更不可、払戻し不可
  • Promo + : 変更やキャンセルが可能  ※条件の詳細はサイトを確認
  • Ida ya Vuelta : 往復割引
  • Flexible : 変更やキャンセルが可能なチケット

renfe 手順3

 

1)から3)までを選択したら、「NEXT」ボタンをクリック。

次の画面で、氏名、座席指定の有無、支払方法を選んでいきます。

renfe 手順4

  1. 料金の選択 ※最初に選んでいるのでここでは選びなおす必要はありません。
  2. 乗車する人の詳細情報を入力
  3. 座席の希望がある場合はチェックを入れる(Automatically assigned: コンピュータで自動で選択、Seating Preferences: 自分で座席指定、Window:窓側、Aisle:通路側)
  4. クレジットカードかペイパルを選択して支払い方法を入力
  5. 全ての必要項目を入力したら、【PURCHASE(購入)】をクリック
MEMO
手順3で選んだ料金のリストがここでも出てきますが、ここにある料金は、スペイン在住の方向けの学生割引とか青年割引のようで日本に住んでいる人には該当しないと思われるので、無視してOKです。

※気になる方のために、以下でおおまかに説明します。

renfe手順4の詳細

  • Promo : プロモーションの格安料金、変更不可、払戻し不可
  • Promo + : 変更が可能 ※条件の詳細はサイトを確認してください。
  • Flexible : 変更可能なチケット
  • Tarjeta Dorada : シニア割引
  • Carne joven : 青少年割引
  • Congresos/Ferias : (議員割引?)
  • +Renfe joven : renfe青少年カード
  • Nino : 子ども料金

ここまで入力したら、支払いの詳細入力画面へ行き終了となります。

公式代理店【レイル・ヨーロッパ】のサイトの見方・予約方法からチケット受け取りまで

私はもう10年以上前ですが、ヨーロッパ全体を移動する列車を検索するために、レイル・ヨーロッパのサイトを活用していました。
当時は英語表示だったのですが、今は日本語での表示も可能になりました。

tamami

レイル・ヨーロッパでスペイン国鉄の予約をする際には、気をつけないといけない点があります。この点をポイントに説明していきたいと思います。

まずは、レイル・ヨーロッパのトップページへアクセスします。

レイルヨーロッパジャパン

Rail Europe 手順1

レイル・ヨーロッパのサイトは、シンプルで見た目にもわかりやすいです。

行き先(日本語も可能)出発日と帰着日(片道の場合は出発日のみ)、人数を入力して、【チケット検索】をクリックします。

Rail Europe 手順2

【renfe】と同じように時刻表が表示されます。【renfe】と違うところは、ローカル列車は含まれず高速列車(AVE)だけ表示されるところが親切だと思います。
この中から、希望する時間帯の座席を選択します。

Rail Europe 手順3

ここで注意しないといけない点があります。
レイル・ヨーロッパの料金表示は、格安料金の2等と1等、フレキシー料金の2等と1等の4種類で表示されます。でも実際の料金は、【renfe】で確認した限りでは6種類あるはずです。

例えば上記では、フレキシー1等の18,900円のクラスを選択しています。
1等と記載されているのですが、ここで【利用条件】をクリックすると、次の表示が出てきます。

Rail Europe 手順3

1 x Turista Plus Cl Flexi Adult

この項目に関しては、実際はTurista Plus(プレミアム2等)クラスとなります。

試しに他の時間帯で、同じ【フレキシー1等】の26,500円の表示のほうをクリックすると、1 x Preferenteという1等の表示が出てきます。

私の推測ですが、レイル・ヨーロッパの料金表の<1等>では、プレミアム2等(Turista Plus)の座席が先に表示されて選択されるようになっていて、レイル・ヨーロッパが確保しているプレミアム2等の座席が売り切れになったら、本物の1等(Preferente)が表示されるのではないかと思います。

試しにレイル・ヨーロッパと同じ日程と時間で、【renfe】で確認してみたら、レイル・ヨーロッパでは座席がなくても、【renfe】ではプレミアム2等も1等も選択が可能でした。

なので、もし、レイル・ヨーロッパで1等を予約したいときは、注意が必要だと思います。
でも1等は高いので、関係ないよ、っていう場合は気にしなくていいです。

1等を安く予約できた。バルセロナのサンツ駅でラウンジ使えるし、食事も出るよ!ひゃっほ〜い!うきゃっきゃ。

相方

と喜んでいた相方でしたが、実際はTurista Plus(プレミアム2等)だったので、ぬか喜びに終わったという結末でした。(・Θ・;) 出発前にわかってよかったけれども。

1等で予約をすると、バルセロナ・サンツ駅にあるラウンジを使えて、バルセロナからマドリードの移動中には食事も出ます。※プロモフェアの場合は、ラウンジは使えないそうです。

私たちは本当のところは、できるだけ安いチケットを取りたかったところ既に売り切れだったので止むを得ず1等を選んだら、それが実際は1等ではなくプレミアム2等のTurista Plusだったのですが、後で確認したら、【renfe】 では格安料金のクラスも空いてました。

tamami

というようなことがあるので、私たちのように誤解のないようにするためには、予約をする際に、利用規約を見て、どのクラスになっているかを確認しましょう。

希望する時間帯・運賃を選んで【カートに追加】をクリックすると下の画面が出てきます。

Rail Europe 手順4

レイルプロテクションですが、個人的には必要ないと思います(そもそもこの区間、e-ticketなので必要ないです)。
チケットを受け取ったら余分にプリントアウトするか、失くさないように保管しましょう。

1)レイルプロテクションの欄をチェック 2)【お支払いに進む】をクリック

 

rail Europe 手順5

氏名・性別を入力して、【カートに追加】をクリック。

Rail Europe 手順6

再度、氏名・住所・E-mail・電話番号を入力して、【お支払いへ進む】をクリックして、支払い画面へ進みます。

Rail Europe 手順7

  1. 詳細内容を確認 ※間違いがある場合は修正ボタンから修正します。
  2. お支払い詳細(クレジットカード詳細)を入力
  3. 利用規約に同意して、【決済】

これでレイル・ヨーロッパの予約は完了です。
この後、入力したE-mail宛てに確認書が届くので、内容を確認します。
E-ticket の場合は、届いたPDFをダウンロードして印刷します。

予約区間によっては、E-ticketの場合もあれば、紙のチケットの場合もあります。
私たちが予約をしたのは、【バルセロナ -> マドリード】の片道と、【セビーリャ – トレド】の往復ですが、セビーリャ- トレド間のチケットは郵送されてきました。
そしてなぜかチケットの発行がSNCF(フランス国鉄)になっていました。(・_・?)

注意
レイル・ヨーロッパを通して予約をする場合は、1案件に付き1500円の手数料がかかります。

【renfe】と【レイル・ヨーロッパ】、それぞれのメリットとデメリット

それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

【renfe】で予約をする場合

  • 予約手数料がかからない(メリット)
  • 日本語表示がない(デメリット)
  • サーバーが安定していなくて、予約がなかなか完了できないという噂がある(デメリット)

【レイル・ヨーロッパ】で予約をする場合

  • サイトが簡単明瞭、日本語表示でわかりやすい(メリット)
  • 案件1つにつき、予約手数料1500円がかかる(デメリット)
  • 予約クラスの一等の認識がサイト上で違っている(一等で予約をしたいときにはデメリット)

予約をした路線

私たちが実際に予約をしたのは、以下の路線です。

  • バルセロナからマドリード(片道)@18800円
  • マドリード – トレド(往復)@1600円 x 2

レイル・ヨーロッパで予約をする場合は手数料が1500円かかります。
renfeで予約をする場合は手数料はかからず、料金はその日のレートで換算されます。

まとめ

【renfe】と【レイル・ヨーロッパ】で予約をする場合の、それぞれの比較 – メリットとデメリットを紹介しました。

個人的には、renfeで予約をしたほうが手数料がかからずお安いのですが確実に予約をしたいので【レイル・ヨーロッパ】での予約をオススメします。

【renfe】のサイトはサーバーがダウンして支払いがうまく進まないという噂もあるので、時間がかかって進まないなら、1500円払ってレイル・ヨーロッパで予約したほうが時間の無駄がありません!

レイルヨーロッパジャパン

renfe  – Official site

マドリードからトレドまでの実際の移動については、以下の記事を参考にしてみてください。

マドリードのアトーチャ駅からトレドへの移動についてまとめ。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
少しでもこの記事が旅の参考になると嬉しいです(^^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください