海外旅行におすすめ!バスルームオーガナイザーとメッシュポーチ

旅行へ行くときは、極力荷物は少なめにしたいと思っていますが、女性はどうしても細かい荷物がかさばってしまいます。

私自身はシャンプー・トリートメント・クレンジングは小さなボトルに詰め替えて、できるだけ最小限にして持っていきます。

複数の小さなボトルをまとめるものがほしいと思っていたときに見つけたのがメッシュポーチで、メッシュポーチと洗面用具をまとめて入れるのに使っているのがバスルームオーガーナイザー(バスルームポーチ)です。

ここではメッシュポーチとバスルームオーガナイザーをどんなふうに使っているのか紹介したいと思います。

バスルームオーガナイザー (バスルームポーチ)とは

私がバスルームオーガナイザー(バスルームポーチ)の存在を知ったのは、旅好きつながりのブロ友さんがブログで紹介していた記事からです。

ジムや温泉で、お風呂セットを入れるバッグのことをスパバッグと言いますが、スパバッグを進化させたフックを付けたタイプのバッグをバスルームオーガナイザーと言います。

 

メーカーによって、【バスルームポーチ】または【洗面用具ポーチ】などいろんな呼び名で呼ばれているようですが、フックが付いているところがポイントです。フックが付いていることで場所を選ばず狭いバスルームやホテルの部屋などにかけて使えるところがすごく便利です。

私はバスルームオーガナイザーの存在を知るまでは、小分けにした洗面道具類などをスパバッグに入れて使っていました。

スパバッグはファスナーがついていないので中身が飛び散る心配があるけど、バスルームオーガナイザーはスーツケースの中に入れても中身が飛び散る心配がありません。

バスルームオーガナイザーの存在を知ったとき、こんなに便利なものがあるんだと驚いてすぐに探し始めました。

海外旅行をするときは、全てが整ったホテルに泊まれるわけでもなく、部屋によってはバスルームが狭くて洗面道具類を置くスペースがないこともあるので、これは便利だと思いました。

バスルームオーガナイザーの使いやすいサイズ

私が使っているバスルームオーガナイザーのサイズは、タテ・ヨコ18cmくらい・厚みが5cmくらいですが、このサイズがけっこう使いやすいです。

中に入れているのは、洗面用具類やお風呂まわりのものです。

  • 小分けにしてメッシュポーチに入れた、シャンプー・トリートメント・クレンジング
  • 旅行用の小さなブラシ
  • ヘアバンド
  • 旅行用の小さな化粧水ボトル、美容クリーム類など
  • ジップロック
  • カミソリ

バスルームオーガナイザーの仕様と使い方

メッシュ / ナイロンタイプで、中にいくつか仕切りやポケットがあります。
中に大きなメインポケット、上下にメッシュのファスナーポケットがそれぞれ、後ろにもポケットが1つあります。

メインポケットに、シャンプーやトリートメントを入れたメッシュポーチ、化粧水のミニボトルや美容クリーム、ブラシなどの比較的よく使うもの・大きいものを、上部ポケットにはスタンドミラーを入れてます。

バスルームオーガナイザー

バスルームオーガナイザー

後ろポケットには、ジップロックの予備を。飛行機に乗ると気圧の変化のために液体物は中身がもれる可能性が高いため、入れ替え用のジップロックを入れます。

ブロ友さんが使っていたのが無印良品のものだったので同じものにしようと思ったのですが、実際見に行ったら同じものは廃盤になっていました。

改めてネットで調べて確認したら、無印用品のは少しサイズが小さめだったので改めて調べました。

調べた結果、見た目シンプルで長く飽きずに使えそうなのは無印良品(洗面用具ケースという名称で販売)、シンプルだけど色が豊富に出ているのがミレスト

私はこの2つに絞って決めようと思っていましたが、最終的には検索途中で見つけて一目惚れした「世界の人」シリーズにしました(※現在は廃盤になっています)。
明るい色は、スーツケースの中でぱっと目について見つけやすいので便利で気に入ってます!

>> 無印良品オフィシャルサイト

合わせて使うと便利!メッシュポーチ

さらに私は荷物を最小限にするために、シャンプーやトリートメントは小さなボトルに移し替えるのですがこのボトルをまとめて入れるのに使っているのが、Marks & Webのメッシュポーチです。

このメッシュポーチ、中身も見えるし水がかかってもすぐ乾くのですごく便利です。

Marks & Webのメッシュポーチ

サイズはLとSがあり、私が使っているバスルームオーガナイザーにはSサイズが縦にぴったりきれいに入ります。私はSを2個とLを1個買ったのですが、Sサイズのほうが使いやすいです。

以前パリからの帰国便がフライトキャンセルになって翌日に変更になり、でも預けたスーツケースは取り出せないということがありました。

国際線の飛行機が乗り継ぎ(トランジット)で遅延したときの対処法と対応策を実例で紹介

それ以来、機内持ち込みに2泊分くらいの着替えと洗面道具を入れるようにしています。

小分けにしたシャンプー・トリートメント・クレンジングをSサイズのメッシュポーチに入れて、機内持ち込み荷物にも入れますがかさばらないので便利です。

※小さなボトルに詰め替えたシャンプー・トリートメント・クレンジングは2セット作ってメッシュポーチ2個に入れて、機内持ち込み用と預け荷物用に分けて使っています。

メッシュポーチのサイズ:

S:h7.5 x w12.5 x d2cm 432円

L:h12.5 x w16.5 x d1.5cm 594円

まとめ

バスルームオーガナイザーの存在を知ってからは、旅の必需品となり手放せなくなりました。

ヨーロッパのホテルではタオルバーに引っ掛けて使うことが多いですが、荷物がひとつにまとまり取り出しやすいので、荷物の出し入れも楽になりました。

バスルームオーガナイザーの便利なところをまとめました。

  • 狭い場所でも洗面道具をまとめて置ける
  • 場所を選ばない
  • メッシュ / ナイロンなので濡れても気にならない
  • スーツケースに入れるときはコンパクトにまとまる、散らばらない

バスルームオーガナイザーは明るい色を選んだほうがバッグの中で目につき取り出しやすいので、明るい色を選ぶことをオススメします。

海外旅行の持ち物に関しては以下の記事も参考にしてみてください。

海外旅行の持ち物リストとチェックリストを徹底解説!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

もしご不明な点やお問い合わせなどありましたら、気軽にコメントください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください