リスボンから日帰りで行ける!中世の面影を残す可愛い村オビドスへの行き方

2016年12/27〜2017年1/4まで、個人旅行(2人)で3度目のポルトガルへ行ってきました。

3度目のポルトガルではリスボンを中心に近くの村や街を訪れました。リスボンの周辺には日帰りで行けるかわいい村や街が点在しています。そのひとつがバスで30分ほどで行けるオビドスです。

オビドスはリスボンからも比較的行きやすくて、半日あれば十分に観光ができる村です。ポルトガルらしいかわいい村で見どころもあるので、初めてのポルトガル旅行では抑えておきたいオススメの村のひとつです。

ここでは、中世の面影を残した小さな村オビドスへの行き方を紹介していきます。

旅全体のスケジュール

ポルトガル旅全体のスケジュールについては、以下の記事を参考にしてください。

【まとめ】ポルトガル旅行記(2016年12/26〜2017年1/4)

旅のスタイル

私の旅のスタイルは、航空券とホテルをそれぞれ手配して行きたいところへいく個人旅行です。1人のときもあれば、2人(夫)のときもあります。

旅のスタイル

航空券の手配

航空券の手配は1)航空会社のサイトから直接予約する 2)旅行サイトから予約する の2通りありますが、最近では航空会社のサイトから直接予約をすることが多いです。

航空会社のサイトから直接予約を入れる場合は支払いが2日以内と早いことがデメリットでもあるので、直接予約をすることに不安を感じる場合は旅行会社で予約を入れることをオススメします。

イーツアーは以前よく使っていた旅行会社で、スカイチケットは他社と比較検討したいときに使います。

>> イーツアーの海外格安航空券、空席照会・スケジュールを見て、その場で予約予約回答、最大の海外格安航空券サイト

>> 海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット!

ホテルの手配

ホテルの予約はエクスペディアかブッキングコム(booking.com)をメインで使っています。金額が高かったり空きがなかったら、他のサイト4〜5社で比較して使うこともあります。

>> Booking.com

>> エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト

>> Hotels.com

>> 国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

裏技
時々ホテル自体がキャンペーンをしていて同じ料金でも朝食が無料で付いていたりすることもあるので、直接ホテルに予約を入れることもあります。

旅の荷物

荷物はハードスーツケースとソフトキャリーケースを使い分けていますが、現地の蚤の市へ行くときには両方持って行くこともあります。

移動が多い旅行ではソフトキャリーケースが便利で、滞在型の場合はハードスーツケースのほうが使いやすいです。

20ヶ国以上旅しているトラベラー検証!ソフトキャリーケースを検討して【イーグルクリーク ギアウォリアー29】に決めた理由

手荷物はリュック+カメラのスタイルが多いです。

今回のポルトガル旅行では、私はハードスーツケースにリュックで相方(夫)はいつもの大きなソフトキャリーケースで旅しました。

カンポ・グランデバスターミナルからバスで移動

リスボンには主要バスターミナルが3つあります。
オビドスへ行くにはカンポ・グランデバスターミナルを利用します。

私たちは朝7:30にロシオ広場近くのホテルを出て、ロシオ駅からカンポ・グランデ駅まで地下鉄で移動しました。

ロシオ駅からカンポ・グランデ駅までは約30分で到着します。

Lisbon Metro MAP

Lisbon Metro MAP

出典元:リスボンメトロ オフィシャルサイト

カンポ・グランデバスターミナルはカンポ・グランデ駅前にあるのですが、駅を出たら目の前に大きなバスターミナルはあるのだけどオビドス行きのバス乗り場が見当たりません。

ひと通り探しても見つからないので、私たちは駅に戻って駅員さんに聞いてみることにしました。

そしたら「オビドス行きのバス停は駅を背に右手に出て、道路を渡った先の大きなビルの前にある(ポルトガル語で大体そんな感じの説明)」とのこと。

その通りに行ってみたら、目立たないところにポツンとバス停がありました。私はもっと大きなバスターミナルを想像していたので『えっ、こんな普通のバス停から出発するの?』と驚くくらいに普通のバス停に驚きました。

オビドス行きのバス停

  1. 駅を背に右手に進む
  2. 突き当たりの大きな道路を渡る
  3. 右の高架下まで移動する
  4. 高架下をくぐり、緑の大きなビルが見えるまで進む
  5. 横断歩道を渡らず左に進むとバス停がある

小さなバス停が並んで2つありますが、その1つがオビドス行きです。

高架下から駅を見る(左)、バス停(右)

▲高架下から振り返って駅を見たところ(左)、バス停(右)

これがオビドス行き?というような小さなバス停です(笑)。

バス停に時刻表が貼ってあったので確認してみたら、確かにここはオビドス行きのバス停で間違いありませんでした。

時間を確認すると、朝の7:30が始発で次のオビドス行きは9:30発。私たちが到着したのは8時過ぎなので始発は30分前に出発していました。

オビドス行きのバスの時間

▲オビドス行きのバスの時刻表

私たちが時刻表を確認していたとき、先にバス停で待っていたドイツ人カップルがいました。

彼らはバスの時間を8:15発だと勘違いして待っていたようで、実は私たちもネットで見つけた同じ情報を元に8:15発のバスに乗るつもりで来たのですが、この情報はなんだったんだろう?とお互い首をかしげることになりました。

彼らと情報を共有したら、その時点で待ち時間が1時間以上あったので彼らは駅のほうへ移動して行きました。

ちなみに駅にもバス停にもトイレはありません。
私たちはバス停に来る手前にあった近くのカフェに入ってホットミルクとパンを買い、そのカフェでトイレを借りて待ち時間を過ごしました。

カフェでエッグタルトとサクサクパイ。

▲カフェで食べたエッグタルトとサクサクパイ。

9:15頃カフェを出て外のバス停へ行くと、既にたくさんの人が並んでいました。

バスの料金は乗り込むときに直接運転手さんに支払います。
オビドスまでの所要時間は1時間です。

リスボン  9:30発 オビドス  10:30着
料金:7.6ユーロ(2017年12月現在)

>> Tejo社オフィシャルサイト

>> Tejo社オフィシャルサイト – オビドス行き時刻表(PDF)

まとめ

オビドスへの行き方について紹介しました!

  • カンポ・グランデ駅へ移動する
  • オビドス行きバス停はカンポ・グランデ・バスターミナルから少し歩いた場所にある
  • バス停や駅にトイレはない(近くのカフェにトイレがある)

オビドスは中世の面影を残したかわいい素敵な村なので、パッと見て帰るにはもったいないです。少なくとも2〜3時間くらい時間をかけてまわることをオススメします。

私たちは10:30に到着して、12:45発のバスでリスボンに戻りました。オビドスにもポサーダがあるので、日程に余裕があれば1泊してもいいなと思いました。

オビドスの見どころについては、以下の記事を参考にしてみてください。

リスボンから日帰りで行ける!中世の面影を残す可愛い村オビドスの見どころ

ポルトガルのポサーダについては、以下の記事も参考にしてみてください。

ポルトガルへ行ったら泊まりたい!エヴォラのポサーダの魅力と街の見どころ

最後まで読んでくださりありがとうございました!
少しでも旅の参考になると嬉しいです。

2 Comments

Shane

オビドス行きのバス停、分かりにくい所にありますね
こうした紹介はとっても役に立つと思います。
オビドスの街、古い町並みに人がいて、いい雰囲気ですね!

返信する
tamami

>Shaneさん
ありがとうございます!
このバス停、本当にわかりづらくて事前に調べた時刻表も間違っていたようで大変だったので、記事にしました(^^)。
オビドスの町並みは路地が本当に楽しかったです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください