zoom使い方まとめ

リスボンから日帰りで行く!城壁に囲まれた中世の面影を残す可愛い村オビドスは城壁の上からの眺めがいい

オビドス

2016年12/27〜2017年1/4まで、個人旅行(2人)で3度目のポルトガルへ行ってきました!

初めてポルトガルを訪れた時はあまり時間がなかったので日帰りツアーでオビドスに行ったのですが、あまりの可愛さにもう一度行きたいと思っていました。

ここでは中世の面影を残した小さな村オビドスの見どころについて紹介していきます。

全体の旅のスケジュールについては以下の記事を参考にしてみてください。

ポルトガルの旅のまとめ。【2016年12/27〜2017年1/4】リスボンとアレンテージョ地方の村々(モンサラーシュ、オビドス、エヴォラなど)旅行記のまとめ

中世の面影を残す可愛い村オビドスへの行き方(アクセス)

オビドスへ行くにはリスボンからバスで移動します。

私たちはロシオ駅からカンポ・グランデ駅へ地下鉄で移動して、カンポ・グランデ・バスターミナルへ徒歩で行きました(駅から少し歩きます)。

詳しい行き方については、以下の記事を参考にしてみてください。

リスボンから日帰りで行くのにおすすめ!中世の面影を残す可愛い村オビドスへの行き方

中世の面影を残す可愛い村オビドスの見どころ

オビドスの村は城壁に囲まれた、中世の面影を残す可愛い村です。

できれば1泊してのんびり過ごしたい村ですが、リスボンから日帰りで気軽に行けるので日帰りで訪れる観光客も多いです。

オビドスの見どころは3つかなあ…と思います。

  • 中世の面影を残すオビドスの村を散策する
  • 城壁の上からの景色を眺める  *高所恐怖症の場合はオススメしません。
  • 名物ジンジャ(さくらんぼ酒)を飲んでみる

私は次に訪れるなら、1泊してオビドスのポサーダに宿泊したいです。ポサーダに泊まってみるのも贅沢で優雅な時間を過ごせると思います。

ポサーダはお城や修道院などの歴史建造物を改築したポルトガル国営ホテルで、多くは車でないと行けないような場所にあります。

公共交通機関(バス)で行くことができるポサーダは少なく、エヴォラやオビドスはその一つです。

予約サイトでオビドスのポサーダをチェック

Booking.comで条件や料金を確認する

Expediaで条件や料金を確認する

Hotels.comで条件や料金を確認する

PAUSADA OF Portugal オフィシャルサイト(英語)をみる

記念の旅にしたいならポサーダでの宿泊はかなりオススメです!

私たちはこの旅でエヴォラのポサーダに泊まりました。

ポルトガルのおすすめポサーダに泊まる!エヴォラのポサーダ【Pousada Convento de Evora】は街中にあり便利なのに豪華でコスパもいい

中世の面影を残すオビドスの村を散策する

2005年10月に初めてオビドスを訪れたときの印象は『かわいい村』。

その時はバックパックで2週間くらいポルトガルをまわっていて、時間節約のために現地発着の1日ツアーに参加してオビドスを訪れました。

1日でオビドス・ナザレ・ファティマ・バターリャをまわるツアーでオビドスに滞在した時間は2時間くらいでした。

その日はたまたまショコラフェスティバルが開催されていました。

2005年オビドス

2005年オビドス

2005年オビドス

▲2005年に訪れたときのオビドス

12年振りに見たオビドスの景色は全く変わらず、12年前と同じ風景。

少しカラフルな壁の色が印象的でかわいくて、小さな路地に入り込んで家並みや壁を眺めながらの散策は楽しいです。

Obidos 2016

Obidos 2016

Obidos 2016

Obidos 2016

どこを見てもかわいい!哀愁漂う感じがたまりません。

歩いていると、路地とメインストリートの人の数の違いに驚きます。
すぐ隣りなのに、路地に入るとほとんど人の姿がありません。

そんな路地を散策するのも、メインストリートのお土産屋さんをのぞきこむのも楽しい!

Obidos 2016
Obidos 2016
お土産屋さん
Obidos 2016

城壁からの景色を眺める

オビドスは城壁に囲まれた村なので、城壁からの眺めは必見です。

ぐるりと囲む城壁は迫力がありながら、こじんまりとした佇まいがあります。

遠くに広がる景色を臨める城壁からの眺めはとても気持ちがいいです!

私は『地球の歩き方』ガイドブックに掲載されているオビドスの風景を探し求めて、城壁のあちらこちらを登ったり下りたりしました。

ガイドブックにある景色を探してみるのも楽しいです。

オビドスの城壁

オビドスの城壁

城壁の中には何カ所か上まで登れる階段があり、城壁に沿ってぐるりと歩くことができます。

場所によっては狭く左右に壁がない箇所もあり、階段も高く急なのでけっこう怖いし危ないです。

城壁に登る階段

城壁を歩く

挑戦して城壁に沿って歩く観光客も多くいましたが、風が吹いたら危ないので、私たちはぐるりと城壁に沿って歩くのは途中で断念しました。

城壁に沿って一周することは、危ないのでオススメしません。

私は幅の広い場所でさえ、足がすくんで進めませんでした(^▽^;)。
いくつかの安全な場所から眺める景色だけでも、じゅうぶんにキレイで楽しめます!

その景色は本当にキレイでした!

オビドスの村

名物ジンジャ(さくらんぼ酒)を飲む

オビドス(Obidos)と検索したら、必ずといってもいいくらいにセットで出てくるキーワードが『ジンジャ(GINJYA)』 です。

ジンジャとは、オビドス名物のさくらんぼ酒のことです。

カップはチョコレートで作られていて、ホワイトチョコとダークチョコの2種類があり飲んだ後はそのままカップも食べれます。甘くて美味しいお酒です。

小さな瓶で販売しているのでお土産にもオススメです。

さくらんぼ酒

さくらんぼ酒

おまけ:ポルトガルのお土産を探す

ポルトガルの定番のお土産と言えばコレです。

ニワトリのオブジェが有名ですが、私は爪楊枝(つまようじ)入れになっているオブジェが可愛かったので、実家用と自宅用に2つ買いました。

ポルトガルのお土産

ポルトガルのお土産

オビドスのお土産屋さんには可愛い雑貨も多いです。
ポルトガルは陶器も有名なので、小さなお皿やマグネットもお土産にオススメです。

オビドスの雑貨屋さん

オビドスの雑貨屋さん

オビドスの雑貨屋さん

中世の面影を残す可愛い街オビドスの見どころまとめ

オビドスの見どころを紹介しました!

  • 中世の面影を残すオビドスの村を散策する
  • 城壁の上からの景色を眺める
  • 名物ジンジャ(さくらんぼ酒)を飲んでみる
  • ポルトガル名物のお土産を買う

最後まで読んでくださりありがとうございました!
少しでも旅の参考になれば嬉しいです。

ヨーロッパの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

リスボン発の人気アクティビティ
リスボンでめいっぱい楽しみたい時は、積極的に現地発ツアーに参加しましょう。

 

リスボン周辺の街や村は個人でまわると時間がかかる場所が多いので、時間がない場合はツアーを利用したほうが効率的にまわれます。

現地で申し込めるものもありますが、確実に参加できるように事前にVELTRAでチェックして予約を済ませておくことがおすすめです。

VELTRAで今人気のあるアクティビティは….

1位:【プライベートツアー】レガレイラ宮殿と世界遺産シントラ、ペーナ宮殿、ロカ岬 1日観光

ポルトガル ロカ岬

まるでRPGの世界の様だと話題のレガレイラ宮殿を含む世界遺産シントラ&ペーナ宮殿と、リスボンへ来たらここは外せない!ユーラシア大陸最西端のロカ岬へ行く人気のプライベートツアーです。

【プライベートツアー】レガレイラ宮殿と世界遺産シントラ、ペーナ宮殿、ロカ岬 1日観光詳細をみる

 

2位:少人数バンで行く!奇跡の街ファティマとオビドス、ナザレ、バターリャ欲張り1日ツアー

オビドス

城壁に囲まれた可愛らしい町オビドス、大西洋沿岸のナザレ、世界遺産に登録されている修道院のあるバターリャ、カトリックの聖地ファティマを訪れ、リバテージョ地方の農耕地帯を眺めながらリスボンへ戻る欲張りの1日ツアーです。

私も参加したことのあるツアーで、個人で行くには行きづらい場所を1日でまわれるのでおすすめです。

少人数バンで行く!奇跡の街ファティマとオビドス、ナザレ、バターリャ欲張り1日ツアー詳細をみる

 

3位:鉄道で行く!日帰りポルト1日観光<日本語ガイド貸切/リスボン発>

リスボン発おすすめツアー

リスボンから鉄道に乗り、リスボンとは異なる趣を持った美しい古都ポルトを訪ねる日本語ガイド付きの日帰りツアーです。

リスボンとはまた違う雰囲気を味わえるので、ポルトに滞在する予定がない場合はツアーで行くことをオススメします。

鉄道で行く!日帰りポルト1日観光<日本語ガイド貸切/リスボン発>詳細をみる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください