冬に行きたいおすすめヨーロッパ4選

個人旅行でフランス周遊をするときの移動方法【鉄道・バス・レンタカー】ポイントと注意点

フランス周遊する時の移動方法

フランスを周遊するには3つの方法があります。

  • 鉄道
  • バス
  • レンタカー

私自身はフランスへは16回ほど、ヨーロッパ周遊を含めると約30回くらいほぼひとり旅をしてきました。

最近では夫との2人旅も多いですが全て自分で手配をする個人旅行です。

もともと旅行会社で国際線の予約・発券を担当していてオランダ在住含めて7年間働いてきたので、ある程度の知識がありヨーロッパにも慣れている方だと思います。

ここでは、

  • フランスの地方へ行ってみたい
  • 自分で旅行の手配をしたい
  • やり方がわからない

という方へ向けて、私自身の経験をもとに少しでも参考になるように実際に利用している方法などを紹介していきます。

フランスは田舎であればあるほど難易度は高くなりますが、バスを乗りこなせるようになれば幅も広がります。バスを利用するポイントと注意点についても紹介します。

オット

バスが難しい場合は現地発着ツアーを組み合わせることで行きやすくなる場所もあるぜ。

これからフランスを旅したいという方へ向けて、参考になると嬉しいです。

鉄道

フランスを旅するのに欠かせないのがフランス国鉄(SNCF)です。

フランス周遊する時の移動方法

フランスのメイン都市はほぼ網羅していて高速鉄道(TGV)も走っているので、例えばパリからちょっと遠出してシャンパーニュ地方のランスへ行く(約40分)ということも便利で私自身もよく利用します。

フランス鉄道MAP

地図引用元:Rail Europe

私たちが実際に鉄道を利用して行った場所はいくつかあります。

  • アルザス地方ストラスブール(パリから)
  • シャンパーニュ地方ランス(パリから)
  • ノルマンディ地方ルーアン(パリから)
  • ローヌ・アルプ地方リヨン(パリから)
  • リヨンからディジョンへ
  • 南西部(トゥールーズを拠点にルルドやカルカッソンヌ他)
  • スイス・ジュネーヴからパリへ

他にもマルセイユやアヴィニョン・ナントなど各方面へ行くのに便利なので、フランスを周遊するのにフランス国鉄は欠かせないです。

  • TGVではwifiが利用可能
  • アプリ利用で移動ルートを確認できる(TGVのみ)
  • QRコードで検察できる *事前予約した場合

便利だけど注意点もあります。

  • サイトは英語またはフランス語のみ
  • ストライキがわりとある(その場合、鉄道に限らない)
  • たまに遅れる *空港への移動に利用する場合は注意
  • スケジュールが変わる *3ヶ月以上前にプランを立てる時は注意

フランス国鉄(SNCF)サイトから直接予約をするにはちょっと敷居が高い…という場合には、日本語で対応しているレイルヨーロッパがおすすめです。

レイルヨーロッパはフランスだけでなくヨーロッパ全体を網羅しているので、かなり便利です。

私は旅行会社で働いていた頃に当時は英語のみ対応だった頃からよく使っていて、数年前にスペインへ行った時もレイルヨーロッパからチケットを手配しました。

renfeとRail Europeの比較スペイン国鉄【renfe】と総合予約サイト【レイル・ヨーロッパ】のメリットとデメリットを比較検討!

スケジュールを立てる時の注意点

私は大抵の旅行は半年以上前にプランを立てますが、鉄道を利用する場合は度々チェックして直前にもプランを見なおすようにしています。

理由はフランス国鉄は季節によっても度々スケジュールが変わるためです。

私自身も半年前にはあったスケジュールが、3ヶ月前にはなくなっていて急遽日程を変更したということがありました。リヨンからル・ピュイへ行くルートでした(8月)。

急な変更があっても対応できるように日にちや時間に余裕を持たせるなど、多少緩やかにスケジュールを組むことも大切なポイントです。

移動の日はスケジュールの前後に余裕を持たせる

TGVの予約は3ヶ月前から可能で安い席から埋まっていくので早めの予約をおすすめします。

SNCF時刻表の見方TGVは事前に購入したほうがお得!フランス国鉄(SNCF)サイトで料金の確認方法と予約方法のまとめ

ストライキ情報をチェックするには

私はツイッターを活用しています。

ストライキはフランス語で「Grève「グレーブ」です。

ほぼフランス語のみという点がありますが「Grève「グレーブ」で検索すると最新の情報が出てくるのでおすすめです。

バス

フランス周遊する時の移動方法

ちょっと難易度は上がりますが、フランスの田舎へ行く時はバスを利用するとフランス周遊の幅が広がります。

フランスの田舎というのは例えば、

どれも人気のある村で日本から行く人も増えている場所です。私自身もこの全てに行きましたが、バス情報を探すのには苦労しました。

バスを利用する場合にはいくつかの注意点があります。
  • 地方によってバス時刻表の見方や表現が異なる
  • 時刻表はフランス語のみ
  • 日に1本か2本というスケジュールが一般的
  • 学校が休みの期間は運休になる

スケジュールを立てる時の注意点

難易度が高いと思うのは、バスの時刻表の表現や見方が地方によって異なる点です。※パリやリヨンなどの都市ではシンプルなのであまり心配しなくてもいいです。

私自身も田舎へ行く時にはバスの時刻表を読み解くのに毎回苦労させられてます。

それでもどうしても行きたいという時に私自身がやっていることは、行きたい地方の観光局に直接問い合わせる現地発のツアーを利用することです。※現地発ツアーに関しては後述します。

現地の観光局に問い合わせる(英語のみ)

英語のみの対応となりますが観光局では英語が通じるので、困った時はよく問い合わせてます。

コツとしては「●月●日にどこからどこまで行きたいのだけど、この日はバスの運行があるか」など、具体的に聞くことです。

また、現地に着いたら必ずバス乗り場を確認すると同時に時刻表も確認します。

事前に聞いたことが100%正確ではない場合を考えて、利用する前日か当日早い段階で現地でバス停の場所と時刻表を確認する

今はGoogle MAPで事前に確認できて便利ですが、私はネットで事前に調査できなかった頃からやっているように現地でも必ず確認します。

祝祭日やクリスマス・元旦は休みであることが多いので注意

フランスの祝祭日は以下の記事を参考にしてみてください。

フランスのガイドブック【フランス基本情報のまとめ】必要な基本情報全てを紹介<観光・交通・治安・物価・通信など知っていたら便利なポイント>

フランスの田舎は情報があまりないので、鉄道と同様に万が一のことを考えて移動する日は前後に余裕をもたせます。一人旅の時はなおさら気をつけてます。

フランスでバスを乗りこなすフランスの田舎では必須!バスの時刻表の見方をマスターしてバスを乗りこなす
Google MAPを事前にダウンロードしておくとオフラインでも利用できて便利です。※都市や人が多いところなど人前ではiPhoneを出すのは気をつけます。
Google MAPをオフラインで海外旅行にも便利!iPhone/iPadでGoogleMAPをダウンロードしてオフラインで確認&経路も検索する方法

レンタカー

実はフランスの田舎のかわいい町や村は距離的にはそれぞれが近い場合が多いので、車を運転できるのならレンタカーがオススメです。

私たちは実際に6回くらいヨーロッパでレンタカーを利用して、小さな町や村をまわってきました。

レンタカーを利用するポイントや注意点については以下の記事に詳しく書いてあるので、興味のある方は参考にしてみてください。

フランスでレンタカーを借りる【フランス(ヨーロッパ)でレンタカーを利用する手順のまとめ】事前の手続き・車を運転をするときの注意点・おすすめ便利グッズを実例から紹介

まとめ:バスを制する者フランスを制す

フランスを周遊しようと思ったらフランス国鉄(SNCF)は必須で、バスを利用できればさらに旅の幅が広がります。

パリやリヨンではメトロとバスを利用すると便利

但し、パリやリヨンのような大きな都市ではバスはメトロと同じ感覚で利用できます。

バスを利用するメリットはスリを回避しやすいことだと思います。
パリパリの基本情報(平均気温・メトロの乗り方&切符の買い方・空港からの移動・治安)のまとめ リヨンでトラム・メトロ・バスのチケットの買い方フランス・リヨンの市内交通TCL【トラム・メトロ・バス】チケットの買い方と乗り方を紹介!路線図を利用して便利に使いこなす

旅行手配に利用しているおすすめサービス一覧

最後に、私自身が個人旅行で利用しているサービスを紹介します。

個人旅行手配の参考になれば嬉しいです。

航空券検索と予約

航空券検索はスカイスキャナートラベルコちゃんを両方で検索します。

同じような検索結果にはなりますが、より良い航空券を選ぶには複数で検索した方が料金にも納得できるので私は2つとも利用しています。

スカイスキャナーで格安航空券を比較する

トラベルコちゃんで格安航空券を比較する

航空会社で直接予約をする場合は、ヨーロッパへ行く場合はワンターミナルで乗り継ぎが便利なKLMオランダ航空かエールフランス航空を選ぶことが多いです。

KLMオランダ航空で空席をみる

フランスへ行くならエールフランス航空が場所によっては便利ですが、エールフランス航空KLMオランダ航空は共同運営なので私はどちらも検索します。

エールフランス航空で空席をみる

ホテル検索&予約【Booking.com】



Booking.comはホテルの取り扱い数や網羅数が世界一なので私はBooking.comをメインで利用しています。

日本人の口コミ数も多いので参考になり、予約管理もしやすいところがいいです。
ブッキングドットコム登録会員になると特典がある!ホテル予約システム【ブッキングドットコム(booking.com)】の登録の仕方と会員限定の特典を紹介!

ホテル検索&予約【Hotels.com】

エクスペディアと同じグループ会社ですが、Hotels.com10泊したら1泊が無料になるので個人的にはリゾート地や滞在型旅行にぴったりの予約システムだと思っています。

私自身の使い方としては、Booking.comでホテルを探していて見つからない時にエクスペディアHotels.comで検索して比較して選びます(例えばパリなど)。

ホテル予約【Accorhotelsグループ】

Accorhotels.com

フランスのあらゆる場所でよく目にするホテルがメルキュールやイビス。

駅前など便利な立地にあることが多いホテルですが、フランスを拠点にしていると聞けば納得です。

私は拠点として移動と安全を重視する都市に滞在する場合はメルキュールホテルかイビスホテルを利用することが多いですが、この2つを利用する時はAccorhotels.comの予約サイトから予約をしています。

Booking.comで予約をすることも可能なのですが、ポイントを貯めることができる&フランスでは利用する機会が多いのでAccorhotels.comの予約サイトから直接予約しています。
accorhotels予約サイトフランスで宿泊するなら立地がいいメルキュールやノボテル、イビスホテルがデルタスカイマイルも貯めれて便利!パリを拠点とするアコーホテルズグループ(accorhotels)経由で予約をするメリットと登録の方法を紹介

ホテル&航空券予約【エクスペディア】



エクスペディア
は航空券とセットで利用した方が割安感がありますが、ときどきBooking.comよりも少しお安く販売している場合もあるのでホテルだけの予約でも比較検討してみる価値アリ!です。

私はBooking.comでホテルが見つからなかった時に時々利用します。
エクスペディアの使い方図解で紹介!ホテル予約システム【エクスペディア(Expedia)】予約のコツと使い方を詳しく解説!

鉄道手配&予約【フランス国鉄(SNCF)とレイルヨーロッパ

SNCF時刻表の見方TGVは事前に購入したほうがお得!フランス国鉄(SNCF)サイトで料金の確認方法と予約方法のまとめ

レンタカー検索&予約

フランスでレンタカーを借りる【フランス(ヨーロッパ)でレンタカーを利用する手順のまとめ】事前の手続き・車を運転をするときの注意点・おすすめ便利グッズを実例から紹介

現地発着オプショナルツアー【VELTRA】

ヨーロッパの田舎は交通の便が不便で一つの村や街へ行くのに1日がかりということがよくありますが、そんなときには現地発オプショナルツアーを利用します。

VELTRAはダントツで取り扱い数や利用者が多いので便利です。

私も現地発ツアーは何度か利用したことがありますが、公共交通機関で行けないような不便な場所へ行くときには本当に重宝しています。

レストラン検索&予約【TripAdvisor

【c】【公式】トリップアドバイザー

レストラン選びをするときは、ほぼTripAdvisorの口コミを参考にしています。

レストランのサイトから予約が可能なら直接予約、事前予約ができない場合は現地でいちかばちかで行ってみます。

パリの場合はたびらくといういうサービスが便利です。たびらくは現地に住む日本人の口コミが多数あるので味の相違もあまりなく事前予約も可能です。

1件につき500円(税抜)の手数料がかかりますが、それほど高くなく日本語で事前に予約が可能なのでオススメです。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

予約手配の必須サイト!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください