冬のおすすめヨーロッパ

フランスのかわいい村を巡る!オーヴェルニュ地方ドライブコース4日間コースと手配の手順

オーヴェルヌ地方の村

フランスには(2018年8月現在)美しい村と認定された村が合計157あります。

フランスの美しい村の全マップ

地図出典元:Wikipedia(Fichier:Carte des Plus Beaux Villages de France.jpg)より

地図にある赤いマークが美しい村の所在地で、番号1〜15は拠点となる近くの街です。

私たちは2018年8月にオーヴェルニュ地方の美しい村7カ所を4日間でまわってきました。

オーヴェルニュ地域圏(仏: Auvergne)は、フランスの中南部、中央山塊に位置するかつて存在した地域圏である。Wikipediaより

フランス南東部の美しい村巡りルート

1日目はル・ピュイ(Le Puy)でレンタカーを借りてサレール(Salers)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】(1)へ行き、2日目以降は2〜7までの順番で途中蚤の市に寄りながら村をまわっていきました。

※(8)のトゥルミヌール(Tournemire)は時間の関係で行けませんでした。
※H1〜3は宿泊先です。

3日目は2つの村へ行きました。

ここではレンタカーを借りて4日間で巡ったフランスのかわいい村のまとめと、手配をした手順や参考にしたものを紹介していきます。

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

1日目はルピュイから

私たちはフランス南東部をレンタカーでまわるための拠点をル・ピュイ=アン=ヴレにしました。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼地のスタート地点ル・ピュイへの行き方

私たちがル・ピュイでレンタカーを借りることにした理由は2つあります。

  • 慣れない海外では大きな街ではなく小さな街で借りたほうがリスクが少ない
  • 駅から徒歩圏内で行けるところにレンタカーオフィスがある

レンタカーを借りる

リヨンからル・ピュイへは鉄道で移動しました。

  • リヨン(Lyon) 7:54発 ル・ピュイ(Le-Puy=en=valey) 10:21着
    ※Saint-Etienne Chateaucreuxで1回乗り換えあり

ル・ピュイの街にはHeartzレンタカーオフィスがあります。駅から近くて街中にあり、街自体が大きくないので慣れない海外でも運転しやすく借りやすい/返却しやすい環境です。

ル・ピュイ=アン=ヴレでレンタカーを借りたときの手続きから返却まで【2018年8月】

最初はル・ピュイから西へ移動して、そこから北へ上りクレルモン・フェランに近い(ル・ピュイからは遠い)村から順番に下る形で移動していきました。

サレール(Salers)

ル・ピュイからまず最初に向かったのはサレール(Salers)です。

南東部にある村の中でル・ピュイから一番離れていたのでまず最初に行くことにしました。

普通に行けばル・ピュイからサレールまでは約2時間半くらいで行けるのですが、私たちは最初ポータブルカーナビ(Tomtom)の使い方がわからなくて迷ったため4時間半くらいかかって到着しました。

フランス南東部の美しい村巡りルート

11:40 ル・ピュイ出発 16:00 サレール到着

サレールは落ち着いたグレーの石の色が印象的な村です。

サレール(Salers)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】

サレールのすぐ近くにトゥルヌミール(Tournemire)もあるのですが、時間の関係で断念しました。

小さな村のシャトー・ホテル

サレールから北に移動したサン・サテュルナンにも近い場所でホテルを探していたところ、小さな村にあるシャトー・ホテルを見つけたので1泊目はシャトー・ホテルに宿泊しました(H1)。

オーヴェルニュ地方のおすすめシャトーホテル【Chateau de Savennes】は優雅な気分になれる!

Chateau de Savennes  1泊1部屋 76.5ユーロ ※朝食込み

2日目:4つの村巡り

2日目は途中で蚤の市に寄りつつ4つの村を巡って行きました。

フランス南東部の美しい村巡りルート

サン・サテュルナン(Saint-Saturnin)

よく手入れされた個人のお宅の庭にある溢れる花が印象的な村です。

サン・サテュルナン(Saint-Saturinin)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】

モンペイルー(Monpeyroux)

村のどこからも見える見張り塔が印象的な村です。

モンペイルー(Montpeyroux)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】

ユッソン(Usson)

ユッソンはなだらかな丘陵地帯の小高い山の上にある小さな村です。

平坦な道路を走っていると広がるトウモロコシ畑の中に見えて来るその全容が印象的です。

ユッソン(Usson)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】

サン・フロレ(Saint-Floret)

川のほとりにあり古い家並みが印象的なとてもかわいい村です。

この村に入った途端にテンションが上がりました。

サン・フロレ(Saint-Floret)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】

丘の上のシャンブルドット

2泊目はブレルの少し南にあるシャンブルドットに宿泊しました。

行きたい蚤の市が周辺にあったのでこの場所を選んだのですが、公園の中にあるかのような環境が最高によかったです。

ドライブ旅行におすすめのホテル!オーヴェルニュ地方にある丘の上のシャンブルドット【L’auberge de Vazerat】

L’auberge de Vazerat  1泊1部屋85ユーロ ※朝食込み

3日目:2つの村巡り

3日目は2つの村へ行きました。

フランス南東部の美しい村巡りルート

ブレル(Blesle)

ブレルは当初予定には入れていませんでした。

蚤の市で出会ったおじさんから教えてもらい急きょ行くことにしたのですが、行ってみたらその素朴なかわいさに今回訪れた村の中で一番好きになりました。

ブレル(Blesle)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】

ラヴォデュー(Lavaudieu)

ブレルから約1時間くらいの距離にある村です。

ラヴォデューもブレル同様に素朴さがかわいい村です。ここでは日本が大好きだというフランス人青年3人組に遭遇し、こんな小さな村をどうして知ったのかと驚かれました。

ラヴォデュ(Lavaudieu)【オーヴェルニュ地方の美しい村巡り】

川のほとりのオーベルジュ

3泊目は翌日レンタカーを返すのに便利なル・ピュイのすぐ上にある小さな街のオーベルジュに宿泊しました。

このオーベルジュはこれまで旅してきた中で一番で最高でした!ここにはまた行きます。

フランス旅のおすすめホテル!【Les Délices de Lavoûte】はオーヴェルニュ地方で最高の時間を過ごせるオーベルジュ

Les Delices de Lavoute  1泊1部屋 93ユーロ(朝食込み)

4日目:ル・ピュイでレンタカーを返却

ル・ピュイの街を散策

ル・ピュイ=アン=ヴレの全景

ル・ピュイについては以下の記事を参考にしてみてください。

秘境の巡礼聖地へ行く!ル・ピュイ=アン=ヴレの見どころとおすすめ観光コースを紹介!

手配の手順とドライブ旅行で参考にしているもの

私たちがフランスのドライブ旅行をするときの手順と参考にしているものです。

ミシュラン地図

手配の手順

  • STEP.1
    場所を決める

    旅のハイライトを決めます。

    例)オーヴェルニュ地方の村巡りをする

  • STEP.2
    行きと帰りの空港を決める

    発着地の空港を決めます。

    例)リヨン(パリ経由リヨン)

  • STEP.3
    レンタカーを借りる場所を決める

    2つのことを基準にレンタカーを借りる場所を決めます。

    ・レンタカーオフィスが街中にある
    ・大きすぎず小さすぎない街にする

     

  • STEP.4
    コースを決める

    行きたい場所を巡るコースを決めていきます。

    例)遠い場所からレンタカー返却場所へ戻るように決めて行く

     

検討する際に参照しているものが2つあります。

ミシュラン地図とフランスの美しい村全踏破の旅

  • 書籍「フランスの美しい村」全踏破の旅 吉村和敏著
  • ミシュラン地図

書籍「フランスの美しい村」全踏破の旅

旅行コースを決めるときは最初に”「フランスの美しい村」全踏破の旅“から行きたい村を見つけます。フランスに点在する美しい村を網羅している本はこの本だけなので私はこの本だけを頼りに決めています。

行きたい場所を1カ所見つけたらその周辺にある村を確認して、地図上に付箋を貼っていきます。

ミシュラン地図

ミシュラン地図

ミシュランの地図は細かい道路まで掲載されているので便利です。付箋を貼った場所(点と点)をつないで、宿泊する場所を決めていきます。

大体の場所が決まったらGoogle MAPで細かい場所を確認してスクショをとってPDFにまとめたものをiPadに保存したり、念のためにプリントアウトして旅行に持参します。(iPadは盗難防止も含めてむやみに外に出したくないため)

ホテルの手配については以下の記事も参考にしてみてください。

海外旅行のホテル選びのコツや手順とおすすめ予約サイト

あると便利なもの

  • 通信可能なスマホ
  • サングラス

事前に場所を調べていても迷ってしまうことがあります。

レンタカーにカーナビ(GPS)がついてないこともあるので、私は現地でSIMカードを購入してスマホをいつでも使えるようにしています。

フランスでプリペイドSIMカードを購入したときの手順や設定、帰国後の再設定について

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください