秘境の巡礼聖地へ行く!ル・ピュイ=アン=ヴレの見どころとおすすめ観光コースを紹介!

ル・ピュイ=アン=ヴレ

私がル・ピュイ=アン=ヴレのことを知ったのは旅行好きの知人からでした。

「テレビでその光景を見たときに行きたくなって電車を乗り継いで行って来た」

そう話した知人は岩山にそびえ立つ教会と大きなマリア像が向かい合う形で建つ光景に感動したと興奮しながら話してくれました。

ル・ピュイの全景

私自身もその話を聞いたときにここは1度は行きたいと思いました。

ギリシャにメテオラという岩の上に建つ教会がいくつもある不思議な光景の場所がありますが、ル・ピュイのマリア像と教会のその光景を見たときに私はメテオラが思い浮かびました。

個人的に思うル・ピュイ=アン=ヴレの見どころは3つあります。

  • 岩山と聖ミカエル礼拝堂 ←必見!
  • 丘の上の聖母マリア像
  • 黒い聖母マリア像

私たちはル・ピュイでレンタカーを借りたその日にざっくり1時間くらいと、周辺の村をドライブして返却する数日後に3時間くらいの合計4時間くらいル・ピュイの街を散策しました。

ル・ピュイへの行き方については以下の記事を参考にしてみてください。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼地のスタート地点ル・ピュイへの行き方

ここではル・ピュイの見どころ3つを紹介していきます。

効率的に行くならリヨンから日帰りツアー
リヨンから日帰りで行く!秘境の巡礼聖地 ル・ピュイ・アン・ヴレ 1日観光ツアー

ル・ピュイのおすすめ観光コース

ル・ピュイは小さな街なので見どころ3カ所へ行って街を散策しても2〜3時間あれば十分にまわれます。

岩山にある教会は中心から少し離れた場所にあり急な階段を登ることになることと、ル・ピュイの街は坂道がところどころにあるのでスニーカーのほうが歩きやすいです。

ル・ピュイの観光マップ

  1. ル・ピュイ=アン=ヴレ鉄道駅
  2. Rocher St.Michele D’Aiguille(岩山と聖ミカエル礼拝堂)
  3. Stature de Notre Dame de France(フランスの聖母マリア像)
  4. Cathedrale Notre-Dame-du-Puy(大聖堂)*ユネスコの世界相続遺産指定

駅から岩山の聖ミカエル礼拝堂までは徒歩で約35分、聖ミカエル礼拝堂から聖母マリア像までは徒歩で約15分くらいです。

岩山と聖ミカエル礼拝堂(Rocher St.Michele D’Aiguille)

聖ミカエル礼拝堂は岩山の上に建っているその姿を遠くから見れればいいと思っていたのですが、行ってみたら少し離れた場所に建っているマリア像を岩山の上から眺めてみたいと思い料金を払って登りました。

聖ミカエル礼拝堂

聖ミカエル礼拝堂

聖ミカエル礼拝堂

眼下に広がるル・ピュイの街と丘の上にそびえ建つ聖母マリア像が必見です。

聖ミカエル礼拝堂から見える風景

礼拝堂が建つ岩山は高さ82メートルあり、休火山の噴気孔です。その頂上にそびえ立つ聖ミカエル礼拝堂は10世紀に建てられました。

オット

奇岩の上に建つという不思議な光景を実際に見たかった。

聖ミカエル礼拝堂

聖ミカエル礼拝堂

聖ミカエル礼拝堂

外から見るとそれほど大きな礼拝堂には見えなかったのですが、内部は思ったよりは広く小さな礼拝堂内の壁や天井のフレスコ画や素朴なステンドグラスがとてもきれいでした。

聖ミカエル礼拝堂から見える風景

聖ミカエル礼拝堂から見える風景

聖ミカエル礼拝堂の売店

階段はやや急ですが柵があるので安心して登れます。入り口にある売店では巡礼に必要な杖やグッズ、レース編みなどがありました。

  • Rocher St.Michele D’Aiguille
  • Rue du Rocher, 43000 Aiguilhe, フランス
  • 営業時間:9:00〜19:00
  • 料金:3.5ユーロ(2018年8月現在)
  • 中に公共トイレ有り

丘の上の聖母マリア像(Stature de Notre Dame de France)

私たちは岩山の聖ミハエル礼拝堂を見た後に、丘の上にある聖母マリア像まで移動しました。

オット

岩山にある聖ミハエル礼拝堂から丘の上のマリア像を見たので、逆の風景も見たかった。

聖母マリア像がある丘はル・ピュイの街の中心部にあります。

ル・ピュイの街を散策

聖ジャン洗礼堂

ル・ピュイの街を散策

街のいたるところに観光経路を指す表示があるのでわかりやすいです。

マリア像がある手前右に聖ジャン洗礼堂があり、時々内部でスタッフによる案内がされている様子を通りかかる度に目にしました。

聖母マリア像がある丘へ登るには入り口で料金を入って中へ入ります。

ル・ピュイの聖母マリア像

ル・ピュイの聖母マリア像

ル・ピュイの聖母マリア像

大きなマリア像が空に向かってそびえ立つ姿が圧巻でした!

天気があまりよくなかったのでぼんやりした写真ですが、マリア像の内部には小さな螺旋階段があり中に入り登ることができます。

子供たちが中へ入り登り、外で顔を出す子供の写真を大人が撮るという光景を見ることができました。笑。

私たちが見たかった景色はこれ。

聖母マリア像から眺める聖ミカエル礼拝堂

マリア像が建つ丘の上から眺めた、岩の上に建つ聖ミカエル礼拝所です。この景色を遠くから見るには聖母マリア像のある丘に登るのは必見です。

  • Stature de Notre Dame de France
  • 43000 Le Puy-en-Velay
  • 料金:4ユーロ(2018年8月現在)

大聖堂にある”黒い聖母マリア像”

大聖堂(La Cathedrale)はユネスコの世界相続財産に指定されています。

ル・ピュイの大聖堂

ビザンチン様式の影響を受けたロマネスク様式の大聖堂自体も見ごたえはありますが、見どころは【黒い聖母マリア像】です。

黒いマリア像の由来はよくわかっていませんがいくつかの仮定があります。同像はルイ9世が7回目の十字軍遠征から帰還した際、王から贈られたものだと言われています。理由としてはこの像はヒマラヤ杉で出来ていて東洋女神かコプト人女神を表現しているためです。ル・ピュイ=アン=ブレ観光局発行のパンフレットより引用

黒い聖母マリア像

“黒い聖母マリア像”と聞くだけで不思議な怪しげな響きがあります。

黒い聖母マリア像は世界各地にいくつかあるらしいのですが、私は初めて見ました。ル・ピュイの大聖堂にある黒い聖母マリア像はどこかしら東洋的な雰囲気があり、何か懐かしい感じがしました。

ル・ピュイの大聖堂

ル・ピュイの大聖堂

私たちは見逃してしまったのですが、カテドラルの正面玄関の下にあるドア(porte de cedre / 12世紀に作られたヒマラヤ杉のドア)や内部階段はビザンティン様式の影響を多様に受けたものなんだそうです。

でも黒い聖母マリア像が見れて満足です。

ル・ピュイのカテドラル

ル・ピュイのカテドラル

ル・ピュイのカテドラル

  • Cathedrale Notre-Dame-du-Puy
  • 2 Rue de la Manecanterie, 43000 Le Puy-en-Velay, フランス
  • 料金なし

ル・ピュイの街を散策

ル・ピュイの街は小さいので計画なくぶらりと歩いても1時間くらいで見てまわれます。

ル・ピュイの街を散策

時間があれば観光トラムに乗って街を一周するのも楽しそうです。

ぶらぶら歩いていたらSaint Jamesを取り扱っているお店も発見しました。

ル・ピュイの街の中心に観光局(Office de Tourisme)があり、隣りにはイートインスペースもある小さなスーパー(Casino)もあります。

ル・ピュイの観光局とスーパー

私たちは街をひと通り観光したらスーパーで買い物をして、小腹が空いたのでレンジでチンしてイートインスペースでサラダとインスタントパスタを軽いランチにしました。

ル・ピュイの観光局隣りにあるCasino

ル・ピュイの観光局隣りにあるCasino

ル・ピュイの観光局隣りにあるCasino

これが意外と美味しかったので追加で1個買って2人で合計2個食べました。笑。

ヴォルビックのレモン味も美味しかったし、サラダはけっこう美味しいので私たちは外食せずにサラダを買ってホテルの部屋で済ませることも多いです。

公共トイレ

街のいたるところに公共トイレがあります。

ル・ピュイにある公共トイレ

ル・ピュイにある公共トイレ

ル・ピュイにある公共トイレ

コインを入れて入る機械型のトイレなので使い方にとまどう外国人の観光客の方もちらほら見かけました。

この形式のトイレはフランスではよく見かけるし私も何度か入ったことがあるのですが、毎回ドキドキします。

ル・ピュイで入ったトイレでは中からロックを外しても扉が開かず、ちょっとパニック状態に陥りました。大抵のトイレではロックを外すとカチッと音がするのですが、ここでは音がせず開かないと勘違いして慌ててしまいました。(横にスライドすればよかっただけで扉はちゃんと開いていました。)

フランスのトイレの使い方については以下の記事も参考にしてみてください。

フランスでトイレはどうする?トイレ事情と使い方・持って行くと便利なもの

ル・ピュイで買うおすすめのお土産

ル・ピュイはレース編みでも有名な場所です。

ル・ピュイのレース – レース製造はフランス無形文化遺産となっている。15世紀にその歴史は始まり、仲買人や行商人をひきつけレース産業は発展していった。Wikipediaより引用

街を歩いているとところどころでレースが販売されていたり、大聖堂近くの小さなショップの店頭では実際にレース編みをしているおばあちゃんの姿もちらほら見かけました。

ル・ピュイのレース編み

レース編みをする道具がまた素敵で、お店によってはこの道具を販売しているところもありました。

私はレースを使って作ったサシェとマグネットを購入しました。

ル・ピュイのレース

ル・ピュイのお土産

マグネットは軽くてかさばらないのでお土産にもおすすめです。私自身はコレクションしています。

リヨンから日帰りで行くツアー

ル・ピュイへ行くにはリヨンから日帰りツアーに参加するという方法もあります。

>> リヨンから日帰りで行く!秘境の巡礼聖地 ル・ピュイ・アン・ヴレ 1日観光ツアー

  • 所要時間(送迎含む): 8.5時間
  • 開催曜日: 月、火、水、木、金、土
  • 送迎: 送迎あり
  • 含まれるもの: 入場料/チャーター費/日本語アシスタント

私自身も海外旅行先で現地発のツアーに参加することもあるのですが、現地ツアーに参加するメリットは【効率よくまわれること】【電車の時間を気にしないでいいこと】だと思います。

旅のスタイルによって組合せると効率的でいいのでおすすめです。

まとめ

ル・ピュイ=アン=ヴレについて紹介しました。

ル・ピュイは巡礼地のスタート地点というだけあり巡礼目的で訪れる人も多く、街自体が活気づいていてマリア像や教会なども見どころではありますがところどどころに咲く花もまた印象的でした。

ル・ピュイの街を散策

この画像はペダル付きのオートバイで、モペットと呼ばれるものです。

この写真を見た知人が今では動くものはあまり見かけなくなったので、現役のものがあるということに驚いていました。

ル・ピュイを拠点としてレンタカーを借りてまわった周辺の村については、以下の記事も参考にしてみてください。

フランスのかわいい村を巡る!オーヴェルニュ地方ドライブコース4日間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください