オリンピックイヤー2020年の旅プランを考える!

フランス(ヨーロッパ)でトイレはどうする?トイレ事情と使い方・持って行くと便利なもの

フランスのトイレ事情

海外旅行へ行ったら気になることの1つがトイレだと思います。

日本では公衆トイレを含めてきれいなのが当たり前みたいになっているのですが、海外では公衆トイレは汚いことのほうが多いし有料のところも多いです。

外出先でトイレを見つけることも簡単ではありません。

トイレに関してアドバイスできるとしたら1つだけです。

トイレがあったら行きたくなくても行っておくこと。

ここではフランスのトイレ事情と私自身が気をつけていること、持参していくと便利なものを紹介していきます。

海外旅行の必須アイテム

フランスのトイレ事情と日本との違い

日本では公衆トイレはきれいだし、何かあったらデパートやコンビニエンスストアに行けば貸してくれるのでトイレに関してあまり気にすることはないと思います。

フランスのトイレ事情

私も日本ではトイレのことを心配しながら街歩きをしたことがありません。

でもフランスでは(ヨーロッパでは)常に気にかけて、あれば入っておくことが習慣になっています。その理由は3つあります。

  • 公衆トイレは汚い
  • 無料のトイレが少ない
  • トイレ自体があまりない

私はフランスの田舎へよく行くので公衆トイレも使ったことがあります。ある程度の汚さは覚悟しているので使っているのですが、汚すぎてどうしても入れなかったケースもあります。

フランスの公衆トイレ

フランスの公衆トイレ

フランスの公衆トイレ

フランスでトイレの事例1:汚い

リル・シュル・ラ・ソルグという南仏にあるアンティークで有名な街は小さいけど観光客も多いのですが、街中でトイレを見つけることができませんでした。

リル・シュル・ラ・ソルグのアンティーク市何度でも行きたい!南仏プロヴァンスのかわいい街 リル・シュル・ラ・ソルグのアンティーク市と行き方
ようやく街中で見つけた公衆トイレはあまりの汚さに入れませんでした。

実際入ってみるとわかるのですが、日本とあまりにも違うことにカルチャーショックを受けるほどです。日本のトイレとの違いはいくつかあります。

  • 公衆トイレはとにかく汚い
  • 入り方がわからないことがある
  • ふたや便座がない
  • トイレ自体の高さがあることがある(=足がぶらぶらする)
  • カフェではレシートに暗証番号がある場合もある
  • 無人駅ではトイレが使えない場合もある

有料のトイレがあればいいほうで、田舎へ行くと無人駅になっている駅もありトイレにも鍵がかかっていて使えないことも多いです。

フランスでトイレの事例2:入り方がわからない

ときどき見かけるのがボックスタイプの公衆トイレです。

フランスの公衆トイレ

フランスの公衆トイレ

フランスの公衆トイレ

フランスではよく見かけるのですが、ランプが点灯していてシステマチックになっているボックスタイプのトイレです。1人で旅していたときも何度か見て入り方がわからず諦めたことがありました。

あるとき家族で旅行していたので何かあっても何とかなると思い、経験のためにも思いきって入ってみました。

フランスの公衆トイレの入り方

ボックスタイプのトイレの場合は入り方があります。

  1. 緑色のランプが点いていることを確認する
  2. 中に入った後、中からロックする(ロックボタンがあります)
  3. 終わったら外に出るボタンを押して出る(ドアを開く絵のボタンがあります)
  4. 最大15分までで15分経つとドアが開く
トイレによって操作方法の説明はそれぞれ違いますが、だいたい使い方は同じです。

このタイプのトイレで心配なのは本当にロックされているのかということ(トイレの間に外から開けられたら怖い)と、外に出れるかどうかという点だと思います。

パリのヴァンヴ蚤の市でもボックスタイプの公衆トイレがありました。

ヴァンヴ蚤の市週末のパリ歩きにおすすめ!ヴァンヴ蚤の市(Marché aux puces Vanves)でアンティーク雑貨を探そう

パリ・ヴァンヴの公衆トイレ

ここは表示が他のトイレよりもわかりやすく、絵で表示されていました。

パリ・ヴァンヴの公衆トイレ

外で夫に待ってもらい安心して入りましたが、中に入っている間は外から開けれないし大丈夫でした。

気をつける点は、終わってから外に出るとトイレ内で自動洗浄が始まるので前の人が出た直後に入ると洗浄が始まりびしょ濡れになることです。

前の人が入っている場合は出た後に少し待って、緑色→赤色→再度緑色に変わってから入ることがポイントです。

ドアによっては引き戸だったり押すタイプだったりするので、焦らずに落ち着いて入ることも大切です。

フランスで(ヨーロッパで)トイレのある場所

フランスで(ヨーロッパで)トイレがある場所です。

フランスのトイレがある場所

  • 空港
  • 宿泊先ホテル
  • 列車内
  • レストラン、カフェ ※利用することが前提
  • デパート内
  • 駅 ※大きな駅では大抵有料で、田舎へ行くと無料で使えます。
  • 公衆トイレ

ヨーロッパのトイレで持って行くと便利なものと対策

フランスのトイレ事情と持っていくと便利なもの

私がフランス(ヨーロッパ)へ行くときには必ず持って行くもの&用意していくものです。

  • 除菌ティッシュ
  • ポケットティッシュ
  • 小銭

除菌ティッシュとポケットティッシュ

除菌ティッシュとポケットティッシュは必須です。

ふだん日本で除菌ティッシュを使わない人は「そこまで大袈裟では?」と思うかもしれませんが、列車内のトイレも綺麗ではないので除菌ティッシュがあると重宝します。

入り口に係の方がいて料金を払うトイレの場合は別ですが、無料のトイレ(駅や公衆トイレ、鉄道内)にはティッシュがないことも多いのでポケットティッシュも必須です。

バックパッカーで旅していたときはトイレットペーパーの芯を抜いて持っていっていました。

日本ではポケットティッシュを無料で配っているので、旅行前にはいくつかもらっておくと便利です。除菌ティッシュは私は約10日間の旅で2〜3つくらい持っていきます。

小銭を用意しておく

大きな駅やデパート内などは入り口に係の方がいて料金を支払うシステムになっていることが多いです。

駅やデパートには有料のトイレがあり、トイレの前にトイレ番をしている係の方がいるのでそこで料金を支払って中へ入ります。

写真はパリのサン・ラザレ駅内の有料トイレです。

フランスのトイレの入り方

入り口で料金を支払ってトイレに入ります。これはヨーロッパ全体で共通です。

トイレに入る時の料金は70セントくらいの場合が多いです。

フランスのトイレの入り方

時々入り口のマシーンに小銭を入れて中へ入るタイプのものもあります。

大抵1ユーロ以下(60〜80セント)で小銭で支払う必要があるので、いくらか細かい小銭を用意しておいたほうがいいです。大きなお札では受け付けてくれません。

ポーターの小銭入れポーターのフリースタイルマルチコインケース(小銭入れ)は海外旅行の盗難対策にもおすすめ!

トイレ対策

対策は1つしかありません。トイレを見つけたら入っておくことに尽きます。

フランスのトイレ事情

  • トイレがあったら入りたくなくても入っておく
  • 朝ホテルを出る前に必ず行っておく
  • レストランやカフェに入ったら必ず行っておく

それともう1つは、トイレがないと予想される場合には水分を控えておくことです。

フランスのトイレ事情と対策まとめ

フランスのトイレ事情と対策について紹介しました。

トイレがあったら行きたくなくても行っておくこと。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

旅の準備に関しては以下の記事も参考にしてみてください。

旅の準備のまとめ海外旅行が決まったら必見!旅の準備の手順とまとめ

海外旅行の必須アイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください