2018年版を更新!エールフランス航空の機内食【通常食&アラカルト・ミール&特別食】のまとめ

エールフランス機内食のまとめ

私はこれまで20ヶ国40回以上、海外を旅してきました。

ここ数年間はフランスへ行くことが多く乗り継ぎが便利なので、航空会社はエールフランス航空かKLMオランダ航空を利用しています。

エールフランス航空の機内食は大きく分けると3種類あります。

  • 通常食
  • 特別食
  • アラカルトミール

私は通常食以外の特別食もアラカルトミールも何度か試しました。

エールフランス航空は美食の国フランスというだけありエコノミークラスでもシャンパンが食前酒として飲めるところが他の航空会社にはないサービスだし、【ア・ラ・カルトミール】は特別感があります。

今回はエールフランス航空の3つの機内食(通常食 / アラカルト・ミール / 特別食)を紹介していきます。

ア・ラ・カルトミールと特別食

アラカルト・ミールはエールフランス航空が提供している少し贅沢な有料の食事サービスで、エコノミークラスとプレミアムエコノミークラスで取り入れています。

機内でグルメなひとときをお楽しみになりたいですか?
長距離便のエコノミークラスおよびプレミアム・エコノミーでは、無料の日替わりメニューやア・ラ・カルトミール・セレクションからおひとつお選びいただけます。引用元:エールフランス航空オフィシャルサイトより

※日本発のフライトでは種類に限りがあります。

特別食は健康や宗教上の理由により用意される無料の食事で、長距離国際線の全便で選択できます。

特別食やアラカルト・ミールをオーダーする理由

私が特別食 / アラカルト・ミールをリクエストする理由は3つあります。

  1. 食事の塩分が少なく野菜が多い(特別食)
  2. 通常食よりも先に配られる
  3. エコノミークラスでもちょっとした贅沢な気分を味わえる(アラカルト・ミール)

国際線の飛行機に乗ったときの楽しみのひとつが機内食という方も多いと思います。その国の独特の食事を楽しめるし、長時間乗る退屈な機内で食事はやっぱり楽しみですよね。

機内食

機内食は一番前と一番後ろから順番に配られますが、座席が一番前とか後ろでないにもかかわらず真っ先に配られる乗客がいることを疑問に思ったことはありませんか?

特別食やアラカルト・ミールは大抵、一番最初に配られます。

食事を早めに済ませておくと、混む前にお手洗いへ行けるのでその後の行動がスムーズになります。

特別食の種類

エールフランス航空では特定の症状に合わせたお食事として5種類の特別食を提供しています。

※特別食のリクエストはKLMオランダ航空同様に無料です。ただ、KLMオランダ航空は24時間前までに予約すればOKですが、エールフランス航空は48時間前までの予約が必要です。

  • 心臓疾患、腎臓疾患、および内分泌異常症の方のための塩分控えめの食事
  • 糖尿病の方に適した、砂糖、塩分、及び脂肪分量を考えた食事
  • グルテンフリーの食事
  • ソースなしの低カロリーの食事
  • アレルゲンフリーの食事 *大阪 – パリ線除く

引用元: エールフランス航空オフィシャルサイト – お客様のための特別なお食事

※上記以外に、6種類の宗教食(ベジタリアン、コーシャー、ハラールなど)があります。

ベジタリアン食を1度オーダーしたらあっさりしすぎていてお腹が空いたことがあって以来、私はエールフランス航空に乗るときは大抵『糖尿病食』をリクエストしています。※実際は糖尿病ではありません(^▽^;)。

特別食(糖尿病食)

Air France特別食2016年10月

Air France特別食2016年10月

Air France特別食2016年10月

▲2016年10月 / 成田-パリ線の特別食(糖尿病食)、1回目と2回目。

2015-2016 Air France特別食

2015-2016 Air France特別食

2015-2016 Air France特別食

2015-2016 Air France特別食

▲2015-2016年の特別食(糖尿病食)。成田->パリ線とパリ->成田線のそれぞれ1回目と2回目。パリ発の特別食の2回目は正直美味しくないです。

行きの特別食(糖尿病食)は、1回目は白身魚 /2回目はパスタ、帰りはジャガイモをすり潰した系のものが多いです。

 

どの航空会社でも共通していますが、日本発の食事は美味しいけど現地発の特別食は人によっては好き嫌いが分かれると思います。(私は苦手です)

アラカルト・ミールの種類は3〜5種類

エールフランス航空のアラカルト・ミールは東京発は3種類パリ発は5種類あります。(2018年8月確認時点)

  • ジャン・アンベール(Le marché de Jean Imbert)※パリ発のみ
  • ルノートル(LENÔTRE)セレクション ※パリ発のみ
  • トラディション
  • オーシャン(海鮮料理)
  • イタリアン ※東京発のみ
  • ティーンズメニュー ※パリ発のみ

※共通しているメニューでも東京発とパリ発では中身が少し違います。

私のオススメはルノートル(LENÔTRE)セレクションです。初めてオーダーしたときは迷いに迷って見た目の美しさで選びましたが、その名の通り美味しかったです。

イタリアンは日本発のフライトでも予約できますが、それ以外は全てパリ発の長距離国際線でしかオーダーができません。

個人的には、日本発のフライトの食事は美味しいのでアラカルト・ミールを選ばなくてもいいかなと思ってます。メニューの内容は1年毎に変わるそうです。

>> エールフランス航空オフィシャルサイト – ア・ラ・カルトミール

これまでオーダーしたことのある【LENÔTREセレクション】【Le marché de Jean Imbert】【トラディション】の3つを紹介していきます。

ルノートル(LENÔTRE)セレクション

ルノートル(LENÔTRE)セレクションは老舗の料理学校LENÔTRE監修による食事です。

2012年に夫の両親を連れてヨーロッパ旅行をしたときに義父母用にオーダーしたのが初めてでした。それ以来、2015年 / 2016年 / 2017年と続けてオーダーしています。

エールフランス航空 ア・ラ・カルトミール

エールフランス ア・ラ・カルトミール

エールフランス ア・ラ・カルトミール

メインがお魚で野菜もたっぷり、全体的にさっぱりと上品です。デザートのケーキが豪華なところもいいです。アラカルト・ミールの中では一番高いメニューなだけあります。

料金:28ユーロ

ジャン・アンベール(Le marché de Jean Imbert)

ジャン・アンベールは特別な創作料理として紹介されているアラカルト・ミールです。2017年8月のパリ発の帰国便で夫がオーダーしました。

エールフランス航空 ア・ラ・カルトミール ジャン・アンベール

エールフランス航空 ア・ラ・カルトミール ジャン・アンベール

エールフランス航空 ア・ラ・カルトミール ジャン・アンベール

ルノートルとトラディションと3種類試していますが、お肉好きな夫は前菜とメイン・デザートのバランスがいいジャン・アンベールが一番気に入ったようです。

料金:21ユーロ(2017年1月現在)

トラディション(Tradition)

2018年1月パリ発の帰国便で夫がオーダーしました。

エールフランス機内食 トラディション

エールフランス機内食 トラディション

エールフランス機内食 トラディション

メインはお肉でフォアグラが特に美味しかったそうです。

料金:18ユーロ(2018年1月現在)

これまで3種類のアラカルト・ミールをオーダーした中で、どれもそれぞれの良さがありますが私たちのお気に入りは【ルノートル】【ジャン・アンベール】です。この2つは満足すること間違いないです。

アラカルト・ミールは数に限りがあり、事前予約が必要なので(90日前から出発の24時間前まで)予約をする場合は早めがいいです。

エールフランス航空の通常食

エールフランス航空では、エコノミークラスでも食前酒としてシャンパンを飲むことができます。

通常食

通常食も1年に1回メニューが見直されるようです。

2018年8月通常食(羽田発夜便)

搭乗後1時間半後に配られた夕食です。2種類のメニューから選びます。

エールフランス航空機内食2018.8月

エールフランス航空機内食2018.8月

  • キュウリのクリームサラダ
  • 鶏肉のピーマンクリーム煮、香り米 または ポークカレー
  • カマンベールチーズ
  • リンゴのスライス袋入り
  • 洋梨とチョコレートのケーキ

アペリティフ(食前酒)として選択できるシャンパンのグラスがプラスチックだけどシャンパングラスになっていたことにビックリしました。以前は普通のプラスチックコップでした。

グラスの形が変わるだけでも雰囲気があります。さすがエールフランスだと思いました。

私はメインはポークカレーを、夫は鶏肉を選びました。ポークカレーはおいしかったし鶏肉も美味しかったみたいです。

到着の1時間半くらい前には朝食が配られます。

エールフランス航空機内食2018.8月

エールフランス航空機内食2018.8月

スクランブルエッグに野菜を混ぜたようなものがメインでパン・飲むヨーグルト・チーズ・デザートが付きます。

デザートのりんごのゼリーのようなものは2回目の機内食の定番なのですが、私は苦手なので手をつけません。※個人差があると思います。

1回目も2回目の機内食も思った以上に美味しかったです。

2017年以前の通常食

エールフランス機内食

エールフランス機内食

エールフランス機内食

エールフランス機内食

▲食前酒、1回目(メインお魚とお肉)、2回目の食事

ヨーロッパまでのフライトは10〜12時間くらいかかり長いです。長いフライト中、前方や後方にあるバーで自由に飲み物やお菓子・スナック・アイスを食べたり飲んだりすることができます。

アラカルト・ミール / 特別食のオーダーはエールフランスのサイトから

アラカルト・ミールや特別食のオーダーは、エールフランスのサイトから直接予約をします。

ア・ラ・カルトミールと特別食予約の手順

>>  エールフランスオフィシャルサイト

予約番号と姓を入力して『検索する』ボタンをクリックします。
※予約番号は予約時に発行される英数字6桁のコードです。(例:ab123cなど)

エールフランス ア・ラ・カルトミールと特別食の予約

 

予約記録が表示されます。
トップのメニューから『機内食』を選択してクリックします。

エールフランス ア・ラ・カルトミールと特別食の予約

 

パリ>東京行きの欄の食事の下にある『メニューの詳細はこちら』をクリックします。

エールフランス ア・ラ・カルトミールと特別食の予約

 

メニューの選択画面が出てきます。
『アラカルト・ミール』または『メニューと特別食』を選んでメニューを選びます。

※ここでは例として『アラカルト・ミール』から『伝統料理メニュー』を選択しています。

エールフランス ア・ラ・カルトミールと特別食の予約

支払い画面【payment】に進みます。

エールフランス ア・ラ・カルトミールと特別食の予約

この後手順に沿って支払い画面へ進み支払いが完了したら、指定したメール宛てに確認書が届いて予約完了です。

行きを特別食、帰りをアラカルト・ミールにしたいとき
KLMオランダ航空同様、予約システムの関係上、特別食を選んだ場合は行きも帰りも特別食となり、画面上からアラカルト・ミールを選択できません。行きを特別食、帰りをアラカルト・ミールにしたい場合は、エールフランスのカスタマーサービスに連絡して、予約を入れてもらいます。(※要クレジットカード)

>> エールフランス航空 コールセンター・営業部へのお問い合わせ

まとめ

エールフランスの機内食について紹介しました!

  • 機内食には、特別食とアラカルト・ミールという選択肢もある
  • 特別食とアラカルト・ミールは事前予約が必要
  • 予約をする場合は、特別食の予約は出発の48時間前までに、アラカルト・ミールの予約は出発の24時間前までに、ネットで予約する
  • アラカルト・ミールは数に限りがあるので、予約をする場合は早めに
  • エールフランスのアラカルト・ミールは、レノートルとジャン・アンベールがオススメ!

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になれば嬉しいです。

エールフランス航空のビジネスクラスについては、以下の記事を参考にしてみてください。

エールフランス ビジネスクラス搭乗記(B777-300BEST)羽田発パリ行き293便

KLMオランダ航空の機内食については以下の記事も参考にしてみてください。

KLMオランダ航空の機内食【アラカルト・ミール&特別食】まとめ

KLMオランダ航空ビジネスクラス(B777-300ER)成田発アムステルダム行き862便搭乗記

エールフランス航空オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください