フランスのスーパーマーケットで買い物をする!買い物の仕方とスーパーで買うもの

フランス含めてヨーロッパへ行ったらスーパーマーケットへ行ってみたいという方も多いと思います。

私はフランスやヨーロッパの他の国へ行くときは毎回外食をすると胃腸が疲れるので、途中どこかで必ずスーパーへ行ってサラダや果物を買います。

ヨーロッパではワインやビールが安く乳製品も美味しいので、スーパーでワインやビール・ヨーグルトを買ってホテルの部屋で飲む&食べるということも多いです。

旅の後半になるとスーパーへ行ってお土産を大量に買います。

ここではフランスのスーパーで買い物をするときの日本との違いや買い物の仕方、スーパーで買うものなどを紹介していきます。

フランスのスーパーマーケット

フランスにあるスーパーマーケットの種類です。

  • Carrefour(カルフール)
  • Intermarche(インターマルシェ)
  • Monoprix、Monop(モノプリ)
  • Casino(カジノ)
  • Super U(スーパーウー)
  • SPAR(スパー)
  • LiDL(リドル)

フランスのスーパーBIO

フランスのスーパーCASINO

フランスのスーパーU

オーガニックスーパー(Bio Marche)を含めて小さいものは他にもありますが、主に見かけるのはこの7つです。

カルフールやモノプリは規模も大きく大抵の都市にはあり、インターマルシェは大きいですが郊外にあることが多いです。

警備員がいる

大きなスーパーでは特に入り口にガタイのいい警備員がいることが多いです。

また郊外に多くあるインターマルシェでは大きなバッグを持っている場合、入り口でバッグを預ける必要があることもあります。

買い物の仕方

買い物の仕方で日本と違うのは大きく分けると2点あります。

  • 野菜や果物は量り売りが多い
  • レジでの支払い方法が日本とは違う

ショッピングバッグを持参する

フランスでもショッピングバッグを持参することが基本です。

レジで袋はもらえないので(ごく稀に「Sacいる?」と聞いてくれるところもありますがほぼありません)、持っていない場合 / 必要な場合はレジ周りにあるショッピングバッグを一緒に購入します。

私は毎回スーパー用のショッピングバッグを持参して買い物をしています。

フランスのショッピングバッグ

ショッピングバッグはスーパーによって種類が違うものを出していたりするのですが、丈夫なものを1つ買っておくと日本の買い物でも使えるので便利です。

カルフールでは布製のショッピングバッグを出していたこともあり、これが普段の買い物でも使えて重宝しています。

野菜や果物の量り売り

私はオランダに約1年間住んでいたことがあります。

そのオランダで初めてスーパーで買い物をしたときにカルチャーショックを受けたことの1つが、野菜や果物の量り売り=自分で量り値札を付けることでした。

特に果物はグラム単位で販売されていることも多く、1個買う場合でも自分で量って値札を付けてレジへ持って行く必要があります。

値札が付いていないとレジで「値札をつけてこい」と支払いを断られます。

日本のように店員さんが走って量って値札を付けて戻ってくるなんてことはまずありません。

手順は以下の通りです。

  1. 欲しい果物を好きな分だけ袋に入れる ※近くに袋があります。
  2. 近くの量りを探して量りに置く
  3. 目的の果物の絵柄や文字を探して選んでボタンを押す
  4. 値札のシールがプリントされるので袋に貼る
  5. レジへ

ヨーロッパでは果物や野菜は安いし、例えば小さなプラムでも1個から買えます。

海外の濃い食事に胃腸が疲れてきたら、果物や野菜を買って食べることも選択肢の1つに入れるといいです。

野菜を買ってもドレッシングが合わないこともあるので私は日本からドレッシングを持参しています。以下の記事も参考にしてみてください。

海外旅行の持ち物リストとチェックリストを徹底解説!

私はスーパーへ行ったらブドウやプラムを買って毎日食べています。季節にもよりますが、メロンも安くて美味しいのでオススメです。

レジでの支払い方法

大きなスーパーではたまにありますが、支払い方法が【現金】【カードのみ】【配送までお願いする】でレジが分かれています。

フランスのスーパーで買い物をする

目的のレジへ進んだら支払いをします。

この部分が日本とはシステムが違うので、もし初めての場合はここがとまどう点だと思います。

  • STEP.1
    商品を並べる

    ベルトコンベア?に買った商品を自分で並べていきます。

    フランスのスーパーで買い物をする

  • STEP.2
    仕切り札を置く

    前後の人の買い物商品と区別をつけるために仕切りの札を置きます。

    前の人が置いてなかったら自分で置きます。

    フランスのスーパーで買い物をする

     

  • STEP.3
    買い物バッグを買う

    ショッピングバッグを持っていなかったらレジ下にあるショッピングバッグを一緒に買います。

    フランスのスーパーで買い物をする

     

    大抵はレジ下に有料のショッピングバッグが置いてあります。

    フランスのスーパーで買い物をする

     

  • STEP.4
    商品をバッグに入れる

    店員さんがバーコードを通した商品を自分でショッピングバッグに入れていきます。

     

  • STEP.5
    支払い

    支払いを行います。

     

買った商品は自分で出して、バーコードに通された商品を自分でショッピングバッグに入れていくという流れになります。

使ったカートはレジ前に置いておいてOKです。まとまったものをスーパーの方が所定の位置に持っていきます。

フランスのスーパーで買い物をする

スーパーで買うもの

お土産に最適なお菓子類

フランスといえば「Bonne Maman」「LU」のお菓子が有名で美味しいです。配り系のお菓子や会社へのまとめたお土産なら大抵喜ばれます。

フランスのスーパーで買うお土産

「Bonne Maman」は日本の輸入品のお店でも買えますが、フランスには日本にない種類もあるので「Nouveau(=New)」と書いてあるものを選ぶと新製品なのでオススメです。

私たちのおすすめは「Bonne Maman」のフィナンシェです。かなり美味しいです。

1つ1つ小分けになっているものも多いので、私は大量に配るお土産のお菓子は「Bonne Maman」「LU」「nutella」を買うことが多いです。

フランスのお土産に最適なお菓子

フランスのお土産に最適なお菓子

フランスではチョコレートも美味しいしお土産にも選びますが、夏は暑くて溶ける心配があるので夏はパウンドケーキ類がおすすめです。

夏に1度買ったら日本の暑さに溶けて形が崩れたり食べるときに食べづらかったので、それ以来夏にチョコを選ぶのは止めました。

フランスのお土産については以下の記事を参考にしてみてください。

フランスで買うおすすめお土産を公開!渡仏歴10回以上のフランス好きトラベラーが選ぶもの

サラダやワインなど

私たちは毎日外食だと胃腸が疲れるので、旅行の半分くらいは日本から持って来た非常食やスーパーで買ったサラダを食べることが多いです。

海外旅行の達人たちに聞いた!食事にストレスを感じないために持っていくもの

ワインオープナーやカップ皿などは日本から持参していきます。

フランスのスーパーで買うもの

フランスのスーパーで買うもの

フランスのスーパーで買うもの

ワインを買う際には宿泊するホテルに冷蔵庫があるかどうかもポイントとして見ています。※フランスには案外冷蔵庫が付いてない部屋も多いです。

海外旅行のホテル選びのコツや手順とおすすめ予約サイト

ヨーグルト

フランスでは乳製品が美味しいのですが、その中でもヨーグルトは抜群に美味しいのでおすすめです。

瓶入りヨーグルト

フランスの瓶入りヨーグルト

ヨーグルトといっても普通のヨーグルトではなくて瓶入りを選ぶのがコツです。

画像はCITORON(レモン)ヨーグルト。めちゃめちゃ美味しくて、美味しいことを知ってからは毎回買って食べていました。

ふんわりとろ〜り、持ち帰りたいくらい美味しかったです。

まとめ

フランス(ヨーロッパ)のスーパーで買い物をするときの手順を紹介しました。

支払いの際には「Bonjour !」と挨拶を忘れないようにしましょう。フランスでは挨拶は当たり前のようなものなので「Bonjour !(ボンジュール)」「Merci(メルシー)=ありがとう」と声をかけると店員さんもにこやかになり旅が心地いいものになります。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください