クリスマスギフトを大切な人へ贈ろう

コートダジュール観光のおすすめ!カンヌと鷲ノ巣村巡り1日ツアー

ニース発ツアーで巡るトゥレット・シュル・ルー

南仏コートダジュール地方にはニースやカンヌのような有名な観光地の他に、鷲ノ巣村と呼ばれるかわいい村が点々としています。

時間がなく効率よくまわろうと思ったら、現地発のツアーに参加するのもおすすめです。

私はニース発のツアー2つに参加しました。

ここではカンヌと鷲ノ巣村を巡る1日ツアーを紹介していきます。

エズとモナコをまわるツアーについては以下の記事を参考にしてみてください。

コートダジュール観光のおすすめ!モナコとエズへ行く半日ツアー

カンヌと鷲ノ巣村を巡る1日ツアーの概要

私が参加したツアーの1つはカンヌとコートダジュール地方にある鷲ノ巣村のいくつかを1日で巡るツアーです。

コートダジュール観光マップ

私たちが参加したツアーはカンヌと5カ所の鷲ノ巣村をまわるツアーでした。

  • カンヌ
  • サン=ポール=ド=ヴァンス
  • トゥレット・シュル・ルー
  • グルドン
  • 香水の村グラース

ニースから出発したツアーはピカソ美術館があるアンティーブを車窓で眺めながらカンヌへ向かいます。※ピカソに興味がある場合は別途時間をとってアンティーブへ行くのもおすすめです。

ピカソの作品の1つゲルニカについては以下の記事も参考にしてみてください。

マドリード観光のおすすめ!ゲルニカ鑑賞からスタジアム、地元で人気のパエリアまで

カンヌ

カンヌは毎年5月になると世界中の映画スターが訪れ、映画祭が開催されるその街です。

テレビで見たことのあるレッドカーペットがあるのは、旧港の近くにあるPalais des Festivals et des Congres(パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ)です。

カンヌ

パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ(以下:パレ)を起点として少し歩くと海岸沿いにクロワゼット大通り(遊歩道)があります。

カンヌのクロワゼット大通り

私は初めてカンヌへ行ったときは夏だったのですが、コートダジュールの海岸線は小さな村から大きな街までビーチのパラソルがぎっしり。

カンヌは砂浜、ニースは小石が広がるというビーチの違いも不思議だと思いました。

ツアーで訪れたこのときは真冬(しかも元旦)だったからなのかテレビで見るカンヌ、夏のカンヌとはまた違う雰囲気が漂っていました。

パレの前にはカンヌを訪れたスターたちの手形がずらりと並んでいます。

カンヌのパレの前の手形

ツアーではカンヌの街を10〜20分程度散策します。

私たちが参加したときはガイドさんが厳しい人で集合にほんのちょっと遅れた他の参加者が怒られていたりしてちょっと怖かったです^^;。

サン・ポール・ド・ヴァンス(St-Paul de Vance)

サン・ポール・ド・ヴァンス(St-Paul de Vance)はコートダジュールに数多くある中世の村の中でも特に美しい村として人気がある村です。

小さな村なのにギャラリーも多く、芸術家に愛された村というだけあって中世の村と現代美術の両方が楽しめます。

サン・ポール・ド・ヴァンスの村の入り口

▲村の入り口にあったオブジェ

私たちが参加したツアーではこの村に11:30頃到着してから14時頃まで自由時間だったので、ゆっくり散策しました。

中世の趣がそのまま残っているのでただ散策するだけでも楽しいです。

私たちが訪れたのは冬の元旦だったので観光客もまだらでしたが、人気の村だけあり季節によっては観光客で賑わっているそうです。

エズ村と並ぶくらいに美しく、私はコートダジュールの鷲ノ巣村で2つ選べと言われたら迷わずサン・ポール・ド・ヴァンスとエズ村を選びます。

待合せより30分遅れた14:30頃に別のガイドさんがピックアップに来てくれて次の村へ移動しました。

トゥレット・シュル・ルー(Tourette-sur-Loup)

チェチェン共和国の出身のイケメンガイドさん、前日はツアーでモナコへ行きほとんど寝てないということでしたがサン・ポールから向かったトゥレット・シュル・ルー(Tourette-sur-Loup)の村をはりきって案内してくれました。

トゥレット・シュル・ルーはスミレの栽培で知られている村ですが、古い石造りの家が印象的な中世の頃から手付かずで残っているかのような村。

トゥレット・シュル・ルー

スミレ以外には、村で使われている石が古いものが多いことが特徴的な村です。

トゥレット・シュル・ルー

ガイドのアダムがかなりの石好きで、この石はどのくらい古くて・・と話しながら説明してくれたのですが、目線を変えて村を歩くのも楽しいです。

トゥレット・シュル・ルー

▲この石は村で使われている中でも最古のもの

村も中世の雰囲気がそのまま残っています。

トゥレット・シュル・ルー

トゥレット・シュル・ルー

トゥレット・シュル・ルー

この村にはもう1つ見どころがあります。

村のはじっこの崖のような場所を歩いていくので少し危険ではあるのですが、そこへ降りていくと村の全景が見える場所へ出てきます。

ニース発ツアーで巡るトゥレット・シュル・ルー

トゥーレット・シュル・ルー

1時間もない散策でしたがここも素敵な村でした。
このあとは、グルドン(Gourdon)という近くの小さな鷲ノ巣村へ向かいます。

グルドン(Gourdon)

トゥレット・シュル・ルーを出発して30分も経たないうちにグルドンへ向かう道は山の中へ入ります。

片側は崖、片側は岩が迫るという山道の中をGourdonへ向かう途中で滝を眺めながらくねくね進みます。

Gourdonへ行く途中の山道

Gourdonへ行く途中の山道

Gourdonへ行く途中の山道

山の中であることと季節からなのかこの日はガス(霧)が濃くなり視界も悪くなってきて、グルドンへ到着するまでとても気が休まりませんでした。

Gourdonの村

私たちが訪れたときは鷲ノ巣村というだけあり山の上にあるので、グルドンは霧に覆われていて真っ白な風景でした。

でもそれでも驚いたのは、元旦でこんな天気にもかかわらず村には多くの観光客が訪れていたことでした。日本のガイドブックには載っていませんがグルドンはフランスの美しい村にも認定されている村なので人気なんだと思います。

フランスの美しい村を訪れる – Les plus Beaux Village de France – 概要編

Gourdonの村

グルドンのお土産屋さん

Gourdonの村

天気が良ければ村から見渡す絶景が有名な村です。ただこの日はガスに覆われていたので視界が真っ白でした。

Gourdonの村

Gourdonの村

グラース(Grasse)

実はこのあとこのツアーではもうひとつ訪れる場所がありました。それはGrasseという香水で有名な町で日本のガイドブックにも紹介されています。

でも、実は高所恐怖症のわたし、グラースへ行くまでの道も急な崖のあるくねくねした山道を通っていくということだったので霧も濃いため私たちはパスしました。

グラースには香水工場が3つあり、オリジナルの香水を調合できる体験ができる工場もあります。香水好きな人にとっては訪れる価値があります。

現地発ツアー

ニース発はおすすめツアーがたくさんありますがコートダジュールへ行くなら鷲ノ巣村巡りは外せません。

切り立った崖や岩山の上に城塞村として築かれその姿が鷲の巣のように見えるところから鷲ノ巣村と言われています。

曲がりくねった細い道を上り、頂上から見下ろすパノラマは絶景そのものです。

>> ニース発絶景の鷲ノ巣を巡るツアーを探す

南仏コート・ダジュールは印象派以降の数多くの芸術家に愛された街が数多くあります。

ルノワールが晩年を過ごしたカーニュ・シュル・メールやピカソがアトリエを構えた城があるアンティーブ、マティスの最高傑作・ロザリオ礼拝堂があるヴァンスなどは必見です。

>> 巨匠を魅了したコートダジュールを巡るツアー一覧をみる

南フランスにも美しい村に認定された村がいくつかあります。美しい天空の村を4つ訪ねて、フランスのグランドキャニオンと呼ばれるヴェルドン渓谷を訪れます。

>> フランスの美しい村を巡る絶景ツアー

個人的にはムスティエ・サント・メリーは大好きなムスティエ焼きをつくっている村なのでいつか訪れたいです。

※エズ村とモナコに関しては別途記事にします。

まとめ

ニース発の「カンヌと鷲ノ巣村を巡るツアー」に行く1日ツアーを紹介しました。

私はニース発のツアーに2つ参加しましたが、現地発のツアーは効率よく行きたいところをまわれるのでオススメです。

個人的にはサン・ポール・ド・ヴァンスとトゥレット・シュル・ルーの村が可愛くてよかったです。

16:30にはグラースを出発して1時間後には宿泊しているニースのシャンブルドットに戻りました。

ニースで宿泊したシャンブルドットから眺めた風景

▲宿泊先の近所から眺めたニースの海岸です。

ニースに関してはまた別途記事にします。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

フランス旅行のまとめについては、以下の記事を参考にしてみてください。

フランスおすすめ観光地のまとめ!フランスは地方都市が楽しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください