エコノミークラスとの違いは?エールフランス航空プレミアムエコノミークラス搭乗記

エールフランス航空プレミアムエコノミークラス搭乗記

2017年8/9〜8/18でフランス南西部へ行った時、行きのフライトはエールフランス航空のプレミアムエコノミークラスに乗りました。

ヨーロッパへは20回以上訪れていますが、ほぼエールフランス航空かKLMオランダ航空でふだんはエコノミークラスです。

2017年夏は航空券の予約をしたときエコノミークラスとプレミアムエコノミークラスの差額が1万円くらいしかなかったので、行きのフライトはプレミアムエコノミーで予約をしました。

正規価格では往復で10万円くらいの差があります。

この差額を払ってでもプレミアムエコノミークラスに乗る価値があるのかどうか、エコノミークラスと比較して紹介していきます。

プレミアムエコノミーは高い ※個人的感想

結論からいうと、個人的には正規価格10万円(往復)でプレミアムエコノミークラスを選ぶのは高いと感じます。

エールフランス航空プレミアムエコノミークラス

ただ何に重点をおくのかは人それぞれで個人差があるので、エコノミークラスと比べてプレミアムエコノミーを選ぶメリットはもちろんあります。

  • 優先チェックインができる
  • 優先荷物受け取りができる
  • 座席がエコノミークラスより40%広い
  • モニターが大きい
  • アメニティポーチがもらえる
  • 食事が若干違う
  • 有料でエールフランスラウンジを利用できる

太線の3つだけでも乗る価値はあります。

個人的には正規価格は高いと思いますが(笑)、座席も豪華だしプレミアムエコノミーのほうがエコノミークラスよりもテンションが上がることは間違いありません。

プレミアムエコノミークラスの座席配置

エールフランス航空が所持する機材は2018年5月時点で3つあります。※2018年6月から4種類になります。

エールフランス航空

  • 成田発 AF275便 B777-300(381席)
  • 羽田発 AF293便 B777-300 BEST(296席)※夜便
  • 羽田発 AF279便 B777-200 BEST(312席)
  • 関空発 AF291便 B777-200 BEST(280席)
  • 関空発 B787-9(276席)※2018年6月から就航予定

プレミアムエコノミーは全て共通して全24席で、座席配置は2-4-2です。

B777-300(381席) 成田発AF275便

エールフランス機材 B300-381

B777-300 BEST(296席)羽田発293便 ※夜便

エールフランス機材 B777 300BEST-296

B777-200 BEST(312席)羽田発279便 ※日・月・火・木・土のみ

エールフランス航空機材 B777 200BEST-312

B777-200 BEST(280席)関空発291便

エールフランス航空機材 B777 200BEST-280

引用元:エールフランス シートマップ

エコノミークラスとの比較

エコノミークラスにないサービスは7つあります。

  • 優先チェックイン
  • 優先して荷物を受け取れる
  • 座席がエコノミークラスより40%広い
  • モニターが大きい
  • アメニティポーチがもらえる
  • 食事が若干違う
  • 有料でエールフランスラウンジを利用できる

優先チェックイン

優先チェックインができるのはけっこういいです。

エールフランス航空優先チェックイン

海外旅行へ行くとき、チェックイン開始と同時にできる長い列に並ぶのは経験があると思います。私もいつも並んでいます。

そんなとき長い列の隣りで、並ばずにさくさくと飛行機へ進めるのが優先チェックインです。

プレミアムエコノミークラス以上は優先チェックインができます。到着時もエコノミークラスよりも先に優先して降りることができます。

優先して荷物を受け取れる

到着先の空港で預けた荷物を受け取るとき、優先して荷物を受け取ることができます。

プライオリティタグ

黄色いプライオリティのタグをつけてくれるので先に出てくるし、プライオリティが高いのでロストバゲージの確立も少ないのではと個人的には思っています。

ロストバゲージとは:預けた荷物を紛失すること、および紛失した荷物。主に海外旅行で飛行機に乗った際、搭乗時に預けた荷物が、到着後にターンテーブルへ出て来ず、そのまま紛失した扱いとなることを指す。引用元:Weblioより

帰国時も早めに荷物を受け取って帰れるのでこのサービスはけっこういいです。

スカイチームの上級会員になっている場合はエコノミークラスでもこのサービスを受けることができます。

ヨーロッパ行きでもデルタスカイマイルでマイレージを貯める!メリットとデメリット

座席がエコノミークラスより40%広い

プレミアムエコノミークラスを選ぶ大きなメリットは座席が広いことです。

エールフランス航空プレミアムエコノミークラス座席比較

ヨーロッパ行きはフライト時間が約10〜12時間と長いので、座席が少しでも広いのはかなり嬉しいです。エールフランス航空のプレミアムエコノミー席は、エコノミー席よりも40%広くなっています。

エールフランス航空プレミアムエコノミー

エールフランス航空プレミアムエコノミー

エールフランス航空プレミアムエコノミー

私たちは先頭の非常口側の座席だったので、さらに広くて快適でした。※非常口側の座席は一定の条件を満たしている場合のみ指定することができます。

他にエコノミークラスと違う点が5点あります。

  • 自由に動かせる読書灯が座席に設置されている
  • ヘッドホンが特別仕様
  • 羽枕とブランケットがプレミアムエコノミー仕様(少し大きい / 少しふかふか)
  • スリッパ付き
  • エビアンのボトル1本付き

ブランケットや羽枕・エビアンボトルにスリッパは既に座席の上に用意されていました。電源コンセント(USB)も座席に配置されています。※電源コンセントはエコノミークラスにもあります。

エールフランス航空プレミアムエコノミークラス

エールフランス航空プレミアムエコノミークラス

エールフランス航空プレミアムエコノミークラス

モニターが大きい

エコノミークラスのモニターと比べると少し大きめです。

エールフランス航空プレミアムエコノミーモニター

エールフランス航空プレミアムエコノミーモニター

エコノミークラスよりもモニターが大きいので、映画を鑑賞するときも見やすいです。

  • エコノミークラスモニター:9インチ
  • プレミアムエコノミークラスモニター:10.4インチ

アメニティポーチがもらえる

プレミアムエコノミークラスもアメニティポーチがもらえます。エールフランスのアメニティは6ヶ月毎に変わるらしくて、私たちのときはメタリックなブルー(男性)とメタリックピンク(女性)のポーチでした。

エールフランス航空プレミアムエコノミー アメニティポーチ

エールフランス航空プレミアムエコノミー アメニティポーチ

中身は4つです。

  • アイマスク
  • くつ下
  • 歯ブラシ+歯磨き粉
  • 耳せん

プレミアムエコノミークラスの機内食

エールフランス航空に乗って嬉しいことの1つは、エコノミークラスでもシャンパンが飲めることです。プレミアムエコノミークラスでももちろん飲めます!

シャンパンとおつまみは、出発後しばらくしてからサーブされました。

エールフランス航空機内食

エコノミークラスと違うところは、プレミアムエコノミークラス独自のメニューがあることです。

エールフランス航空機内食

機内食(1回目)

出発して約1時間後に1回目の機内食(ランチ)があります。2種類のメニューから選びます。

エールフランス航空機内食

相方が選んだのはマグレドカナール(鴨肉)がメインのメニューです。

  • マグレドカナール コリアンダー風味
  • 海鮮タルタル(ほたて、海老、タコ)とスモーク鱒
  • 鶏肉のシュブレーム マスタード入りクリームソース
  • じゃがいものロースト、ロマネスコ、ミニパプリカ
  • チーズ、マンゴープリン

 

エールフランス航空機内食

私は魚をメインにしたメニューを選びました。

  • 鱈の切り身、海老とほたて貝の寄せ地飴ソース、ライス、人参、スナップエンドウ
  • チーズ、マンゴープリン

フォークやナイフに布のナプキンが付いているところも、エコノミークラスとは違うと感じさせられることでした。

スナックやバー

スナックやバーはエコノミークラスと同じです。ビジネスクラスの場合は専用のバーがありますが、プレミアムエコノミークラスは専用のバーはないのでエコノミークラスの後方部まで取りにいきます。

エールフランス航空機内食

エールフランス航空の場合は、アイスやクッキーやスナック、ソフトドリンクやアルコール(ワインやビールなど)などがあります。

機材にもよるかもしれませんが、CAさんへリクエストをするとカップ麺をもらえることもあります。

機内食(2回目)

到着約2時間前の2回目の機内食はパスタでした。

エールフランス航空機内食

  • コールスローサラダ、ヤングコーン、玉ネギ
  • オレッキエッテのトマトソース、焼き野菜とパルメザンチーズ
  • チーズ、オレンジムース

プレミアムエコノミーの食事はエコノミークラスと比べたらやっぱり美味しかったです。使われているカトラリーも違うのでお値段が違うだけあると思いました。

>> エールフランス航空 プレミアムエコノミー

エールフランス航空エコノミークラスの機内食については、以下の記事も参考にしてみてください。

アラカルト・ミールはプレミアムエコノミークラスでもリクエストできます。※ほとんどのメニューがパリ発のフライトで提供されます。

エールフランス航空の機内食(通常食)と【アラカルト・ミール&特別食】のまとめ

まとめ

エールフランス航空のプレミアムエコノミークラスについて紹介しました。

長距離路線の場合は少しでも座席は広いほうがいいし、サービスもいいにこしたことはありません。でもプラス10万円は個人的に高いかなと思います。

前日のオンラインチェックイン時に、有償アップグレードのチャンスがあれば格安でアップグレードが可能なのでそのときは迷わずアップグレードすることをオススメします!

エールフランス航空のビジネスクラスについては、以下の記事も参考にしてみてください。

エールフランス航空293便(B777-300BEST)羽田発パリ行きのビジネスクラス搭乗記

最後まで読んでくださりありがとうございました!
少しでもこの記事が旅の参考になると嬉しいです。

2 Comments

denn

PYの予約でラウンジインビテーションが付くキャリアもあります。
ドリンクは、Cのものが飲めるところもあるようです。

Yの予約でも、Cのシャンパンやデゼールを頂いた事があるので、CAさんとの駆け引きでしょうね。笑
恋の駆け引きより、難しいかも。。。

返信する
tamami

> dennさん
プレミアムエコノミー(PY)でも航空会社次第でサービスが違うのですね!
同じくらいの料金を支払うならサービスがいいほうがいいですよね(^^)。

CAさんとの駆け引き、難しそうです(笑)。
外国人CAさんとのほうがうまくいきそうです(イメージです。笑。)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください