冬に行きたいおすすめヨーロッパ4選

フランスのユネスコ世界遺産へ行く!ヨーロッパ最大の歴史的城塞都市(シテ)カルカッソンヌは見応えがある

カルカッソンヌ

カルカッソンヌの城塞都市(シテ)はヨーロッパ最大の城塞だと言われていて、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

歴史的城塞都市カルカソンヌ」はフランス南西部の都市カルカソンヌのうち、城壁に囲まれた部分を指すユネスコ世界遺産としての登録名。世界遺産登録後はフランス国内ではモン・サン=ミシェルに次ぐ年間来訪者数を誇る一大観光名所となっている。Wikipediaより

フランス南西部へ行くならカルカッソンヌのシテはできるなら見ておきたいです。

トゥールーズからは鉄道で約1時間、私はカオールからトゥールーズ経由で移動してカルカッソンヌへ行ってきました。

カルカッソンヌ シテ世界遺産の城塞都市カルカッソンヌへ!フランス南西部トゥールーズからの行き方(アクセス)

行く前は全景の夜景も見てみたいと思っていたので1泊してきたのですが、女性の一人旅では夜に1人で外出するのはやっぱり怖かったので結局夜景は見ませんでした。

ここでは実際に見て歩いたカルカッソンヌを紹介して行きます。

公共交通機関(鉄道やバス)を使っていくのはちょっと厳しい…ツアーでもいいから行きたいという方は阪急交通社で時々南西部へ行くツアーを取り扱っているので、阪急交通社のホームページを見てみてください。
海外ツアータブをクリックして、以下の項目で選ぶ(都市はカルカッソンヌと入力)と一覧が出てきます。

阪急交通社のフレンドツアー

団体ツアーが苦手&個人旅行でいきたいという場合は、トゥールーズ発の現地ツアーに参加するという方法もあります。

効率よく行くなら現地発ツアーもおすすめ!

カルカッソンヌの城塞都市(シテ)へ

カルカッソンヌの街は市内を流れるオード(Aude)川を挟んで、下町Ville Basseと城壁に囲まれたシテ(La Cite)に分かれます。

カルカッソンヌ

カルカッソンヌ駅からシテへ行く場合はバスで行く場合はガンベッタ広場まで4番のバス、ガンベッタ広場から2番バスだと事前に聞いていましたが私は歩いて移動しました。

全景を観たいなら駅方面から徒歩で行く

オード川を渡ってシテ方面へ向かっているとシテの城壁が見えてきます。

カルカッソンヌ シテ

シテへ行くと間近に見えて迫力がありそれはそれでいいですが、全景の写真を撮りたい場合は歩いて行くほうがおすすめです。

城壁内にある中世の町

駅方面から歩いて行く場合は城壁に沿って先の方へ行くと入り口があります。

カルカッソンヌ シテの入り口

シテ内部への入り口となるナルボンヌ門。

塔の間をくぐって中へ入ると中世の街が現れます。

カルカッソンヌシテ城壁の中

カルカッソンヌシテ城壁の中

ショップやレストランも多く、たくさんの観光客で賑わっていました。スペインやフランスからの修学旅行生も多かったです。

世界中から観光客が訪れる場所なので、団体客や日本人観光客も多く見かけました。

城壁内を散策する

カルカッソンヌシテ

シテはとにかく広くて大きいです。

中世の街のショップやレストランはたくさんの観光客で賑わっていたのですが、城壁を歩いて見てもそれほど多くの人には会いませんでした。

それくらい城壁は広いです。

カルカッソンヌシテ

城壁から眺めるカルカッソンの街並みもきれいなのでおすすめです。

カルカッソンヌシテ

茶褐色の屋根が南西フランスぽい!こんな風景が、たまらなく好きです。

食事は郷土料理のカスレがおすすめ!

フランス南西部といえば郷土料理のカスレが有名です。

カスレ(フランス語: cassoulet、 オック語: caçolet)はフランス南西部の豆料理。豚肉ソーセージや羊肉、ガチョウ肉、アヒル肉等と白インゲンマメを、料理の名前の由来にもなったカソール(cassole)と呼ばれる深い土鍋に入れ長時間煮込んで作る豆のシチューあるいはキャセロールである。地方により様々なバリエーションがあるが有名なのはカステルノーダリのものとカルカソンヌのもの、トゥールーズのものである。Wikipediaより

私がカルカッソンヌ駅に着いたのは17時半頃でシャンブルドットにチェックインしたのは18時半前でした。

ヨーロッパでは夏はわりと遅い時間まで時間が明るいので19時前でも明るく、カルカッソンヌシテへ向かっていると同じように向かう観光客がどんどん増えていきました。

シテ内にあるレストランへ入ったのは19時過ぎでした。

カルカッソンヌシテ内のレストラン

シテ内にはいくつかのレストランがあり、どこも郷土料理のカスレをメインにメニューを出していました。

私は1人だったので並んでいるような混雑しているレストランは避けて、2〜3組しか(しかも年配のご夫婦ばかり)入っていない落ち着いた雰囲気のレストランに入りました。

カルカッソンヌといえば本場のカスレが食べれる場所なので、カスレのセットメニューをオーダーしました。

カルカッソンヌでディナー

ロゼワイン一杯とセットメニューについているオニオンスープ。

カルカッソンヌでディナー

メインのカスレ

煮込んだ豆がたっぷり入っていて量も多かったですが、ソーセージやコンフィがあるので飽きることなく完食!

カルカッソンヌでディナー

デザートはクレームブリュレを選びました。

セットメニュー+ロゼワイン1杯で17.80ユーロでした(2013年6月時点)。

最初のスープが少し量が多いかなと思いましたが、どれも美味しかったです!

20時過ぎにレストランを出てシャンブルドットに戻りました。

Proche Cité chez Sissiカルカッソンヌで宿泊したホテル【Proche Cité chez Sissi】はフランス家庭を体験したい方におすすめ!シテ外にあるシャンブルドット

>> Tripadvisorでカルカッソンヌのレストランを探す

カルカッソンヌ城塞都市(シテ)まとめ

私はひとり旅だったので夜景は見なかったのですが、カルカッソンヌのシテは全景の夜景が美しいことでも有名です。

カルカッソンヌの夜景

※画像はpixabayからお借りしました。

夜景が見れる場所は橋の上だったり下町Ville Basse側からだったり、様々あるようです。

カルカッソンヌへ行く前に調べたのですが、夜景が見えるホテルは高くシテからは離れてしまうし夜に出歩くのは避けたかったので私は夜景は断念しました。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

サンシルラポピー【2013年6月女ひとり旅】フランス南西部Toulouseを拠点に行く!ルルド・カオール・サンシルラポピー・カルカッソンヌ11日間まとめ フランスのガイドブック【フランス基本情報のまとめ】これさえ知っていれば大丈夫!<観光・交通・治安・物価・通信・祝日など>実際に行った個人旅行の旅程も紹介!

 

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムものぞいてみてください。

公共交通機関(鉄道やバス)を使っていくのはちょっと厳しい…ツアーでもいいから行きたいという方は阪急交通社で時々南西部へ行くツアーを取り扱っているので、阪急交通社のホームページを見てみてください。
海外ツアータブをクリックして、以下の項目で選ぶ(都市はカルカッソンヌと入力)と一覧が出てきます。

阪急交通社のフレンドツアー

団体ツアーが苦手&個人旅行でいきたいという場合は、トゥールーズ発の現地ツアーに参加するという方法もあります。

効率よく行くなら現地発ツアーもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください