オリンピックイヤー2020年の旅プランを考える!

ヨーロッパ(フランス)旅行でレンタカーを借りるときにiPhoneをナビとして活用する!必要なこと&持っていると便利なものを実録から紹介

iPhoneをカーナビとして使う

私たちはフランスへ行く時は田舎の村巡りをすることが多いので、大抵レンタカーを借りて行きます。

レンタカー会社によってナビゲーションがあったりなかったり、ある場合でも設定がフランス語なのでよくわからないまま使っていて何度か迷うこともありました。

2019年の旅で初めてiPhoneをカーナビとして使ったらとても便利だったので、ここではiPhoneをカーナビとして使う方法や実際にどう便利だったのかを紹介します。

レンタカーは比較してお得に借りよう!


 

主要都市でレンタカーを借りる場合は比較して借りた方がお得です。

ヨーロッパ(フランス)でレンタカーを借りるとどうなのか

私たちはヨーロッパ(ポルトガルで1度、フランスで何度か)でレンタカーを借りたことがあり、AVISとハーツで数回ずつ借りました。

ランスのAVIS

▲ランス(Reims)の駅前にあるAVIS

たまたまかもしれませんがハーツはナビが付いてないことが多く、AVISは現地の言語のみ(フランス語・ポルトガル語)で設定が可能でした。

オット

ナビで大体の方向はわかるけど、細かい設定はフランス語ではよくわからなかった。

シンプルな道路であればカーナビがなくても地図だけで大丈夫ですが、少し複雑な道路や都会へ踏み入る場合はカーナビがあった方がやはり便利です。

私たちは地図だけを頼りにレンタカーを利用したこともありますが、今思えば迷いながらもよく目的地にたどり着けたなあと思います。

iPhoneでGoogle MAPをカーナビゲーションとして使ったら便利なこと

iPhoneをカーナビとして使う

実際にiPhoneでGoogle MAPをカーナビとして使って便利だと感じたシチュエーションがいくつかあります。

  • 日本語OKなので細かい設定でも確実にできる
  • 複雑なルートや場所でも確実に目的地へ行ける

海外での運転に慣れていたら別ですが、慣れない海外では私たちはできるだけ高速道路を使いたくありません。

フランスの高速道路では平気で150kmくらいのスピードを出す車が多いので、そんな中で高速道路を走るのは正直怖いです。

実際にフランスでレンタカーを借りたときナビの設定はフランス語のみで【高速を利用しない】設定がよくわかりませんでした。

ナビの基本設定では最速ルートを選ぶようになっているので、リヨンのサン・テグジュベリ空港で以前レンタカーを借りた時は(返却は別の場所)、知らないうちに高速に乗っていました。

2019年に再びリヨンのサン・テグジュベリ空港を利用した時は返却のみだったのですが、道路が複雑だったためiPhoneのナビがあったことが重宝しました。

iPhoneでGoogle MAPをカーナビゲーションとして使う2つの方法

iPhoneを海外でカーナビとして使うには2つの方法があります。

  1. 目的地の地図をGoogle MAPから事前にダウンロードしてオフラインで使用する
  2. iPhoneを海外でも使えるようにしてGoogle MAPを利用する

目的地の地図をGoogle MAPから事前にダウンロードしてオフラインで使用する

Google MAPはスマホを機内モードにした状態のオフラインでも利用できます。

但し、ナビとして利用するには予定している行き先エリアを事前にダウンロードしておく必要があります。

  • 事前に移動する範囲の地図をダウンロードする
  • 利用するときは位置情報をオンにする
この方法で利用する場合は途中で迷った時など検索はできません。
Google MAPをオフラインで海外旅行にも便利!iPhone/iPadでGoogleMAPをダウンロードしてオフラインで確認&経路も検索する方法

iPhoneを海外でも使える状態にしてGoogle MAPを利用する

iPhoneを海外でも使えるようにするには3つの方法があります。
  • 海外ローミングサービスを利用する
  • レンタルwifiを持っていく
  • 海外プリペイドSIMを利用する(海外で買う / 日本で買う)
プリペイドSIM海外旅行(ヨーロッパ)でiPhoneを普通に使うための3つの方法と事前チェックポイントを紹介!

3つの中でお値段的にお得なのはプリペイドSIMを利用することで、私もプリペイドSIMを買ってフランスやスペインでiPhoneを実際に使いました。

注意
プリペイドSIMを利用するにはスマホのSIMロックが解除されていることが条件となるため、契約している携帯会社に確認する必要があります。
プリペイドSIMを使うには日本で買う場合 / 海外で買う場合の2通りありますが、時間の節約を考えると事前にプリペイドSIMを日本で買って持って行く方がおすすめです。
SIM2Flymineo利用iPhone XSユーザーが海外旅行(フランス)で使うプリペイドSIM2Flyの渡航前&帰国後の設定

iPhoneを利用してGoogle MAPをナビとして利用できるだけでも便利ですが、何かを検索するときには通信ができる状態の方が便利です。

私たちはスーパーやガソリンスタンドが近くにないか、たまにチェックするのに検索して探していました。※あらかじめダウンロードしたGoogle MAPに登録があればオフラインでも探すことは可能です。

持っていくと便利なもの

実際にiPhoneをナビゲーションとして使ったときに便利だったものは2つあります。
  • スマホホルダー
  • カーチャージャー

カーナビとして使うにはスマホホルダーは必須で、吹き出し口に差し込んで使うタイプのスマホホルダーが荷物としてもかさばらず便利でした。

iPhoneをカーナビとして使う

私たちが借りたレンタカーにはチャージできるUSBが備わっていたので必要なかったのですが、設置されてないときのためにあると便利なのがカーチャージャーです。

カーチャージャー

レンタカーの、大抵は前面にある差込口に挿して使います。

カーチャージャー

万が一の時のためにモバイルバッテリーもあると安心です。
Anker PowerCore 10000海外旅行にも便利なモバイルバッテリーは【Anker PowerCore 10000】が最小軽量&大容量(2019年7月時点)で女性にもおすすめ!

まとめ

iPhoneをナビとして利用したらかなり便利だったので、ぜひ活用してみてください。

余談ですがフランスでは左折や右折をするときのウィンカーはかなり早めに出している場合が多いです。

オット

直前にウインカーを出して右折や左折をすると、後方車からクラクションを鳴らされるから気をつけたほうがいいぜ。
何度か鳴らされて怖かった(私は運転してないけど)。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

通信量の目安通信量はどのくらい?海外旅行でスマホを利用するときの通信量の目安と使うシチュエーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください