オリンピックイヤー2020年の旅プランを考える!

ポルトガルへ行くならチェックしておきたいコスタ・ノバ(COSTA NOVA)の食器とリスボンのショップを紹介

コスタ・ノバ食器

日本でも人気のコスタ・ノバ(COSTA NOVA)の食器をご存知でしょうか。

コスタ・ノバ(COSTA NOVA)といえばポルトガルにあるパジャマシティとしても知られる、人気のあるカラフルな可愛いらしい小さな街の地名です。

COSTA NOVA

コスタ・ノバ(COSTA NOVA)の食器メーカーは、名前も同じこの街に本社があります。

ヨーロッパを代表する食器といえばフランス食器のル・クルーゼが有名ですが、コスタ・ノバはポルトガルを代表するテーブルウェアブランドです。

> コスタ・ノバ(COSTA NOVA)オフィシャルサイトをみる

私は日本でコスタ・ノバの食器を見つけてそれがポルトガル産と知った時に、リスボンにお店がないかコスタ・ノバ(COSTA NOVA)の本社の連絡先を探して、直接問い合わせました。そして実際に行って来ました。

ポルトガルの旅のまとめ。【まとめ】ポルトガル旅行記(2016年12/26〜2017年1/4)

ここではコスタ・ノバ(COSTA NOVA)食器の魅力とリスボンのお店の所在地や場所を紹介します。

コスタ・ノバ(COSTA NOVA)食器とは

コスタ・ノバ(COSTA NOVA)食器の魅力

コスタ・ノバ(COSTA NOVA)は雑貨屋さんやセレクトショップで販売されているポルトガル産のテーブルウェアブランドです。

コスタ・ノバ食器

写真引用元:コスタ・ノバオフィシャルサイトより

ぽてっと少し厚みがあるフォルムは丈夫で使いやすく、インテリア好きな方の間でも人気があります。

シンプルで色合いも落ち着いているので、どんな料理にも合わせやすくテーブルコーディネートもしやすいです。

フランスのブランド食器であるル・クルーゼも同じように厚みがあり可愛いビタミンカラーが特徴的ですが、コスタ・ノバの食器は街のカラフルさとは反面に意外とシンプルです。

コスタ・ノバ(COSTA NOVA)の食器はどんな種類があるのか

私はリスボンで3種類の食器を買って来ましたが、ポルトガルでは何種類もの形の食器があり選ぶのに迷いました。

私が選んだ3種類の食器はどれもふだん使いのものとして選びました。

コスタ・ノバ食器

  • ボウル型
  • デザート皿
  • 角皿

ボウル型は肉じゃがなどの煮物料理に、デザート皿はケーキなどのスイーツを食べる時に角皿はちょっとしたお惣菜を入れるのにぴったりです。

色は白以外には落ち着いた色合いのブルーもあります。

コスタ・ノバ食器

個人的にはブルーともグリーンとも言えないこの色が気に入っています。

コスタ・ノバ(COSTA NOVA)が買えるリスボンのお店

リスボンには3箇所にコスタ・ノバ(COSTA NOVA)の支店があります。

  • Arboretto
    Rua Roberto Duarte Silva, 2A-Estrada da Luz, 1600-200 LISBOA
    Tel: +351-213-155-179
  • A Vida Portuguesa – Chiado
    Rua Anchieta 11, 1200-023 Lisboa
    Tel: +351-213-465-073
  • A Vida Portuguesa – Intendente
    Largo do Intendente Pina Manique 23, 1100-285 Lisboa
    Tel: +351-211-974-512

3箇所とも地図で場所を調べて、私はロシオ広場からも近い【A Vida Portuguesa】へ行って来ました。

リスボンへ行ったらここへ行きたい!観光地以外のおすすめ5選〜泥棒市やコスタノバの食器など〜

実際に行ったのは年末年始だったからか棚卸しのためお店はクローズしていました(そう書いた張り紙が貼ってありました)。

その張り紙を見て残念そうに立ち去る人たちは私たちだけではありませんでした。

余談となりますが諦めのつかなかった私は半ばヤケクソですぐ近くにある陶器屋さんに入ったところ、そのお店でもコスタ・ノバ(COSTA NOVA)の食器を取り扱っていました。

直営店ほどの品揃えではないのかもしれませんが日本にない種類の食器も多くあり、そこで先に紹介した3種類の食器を買いました。
  • サラダボウル 7.5ユーロ(約1,000円)
  • デザート皿 5ユーロ(約750円)
  • 角皿 3.8ユーロ(約500円)

※どれも一枚あたりのお値段で日本で買うよりもかなりお安いです(2017年1月時点での料金)。

※2017年時点では日本にはなかった食器も2019年現在は取り扱いがあります。

素材が丈夫で分厚いので気楽に使えるし、ポテッとしたところが可愛くて気に入っています。

コスタ・ノバ(COSTA NOVA)食器まとめ

私は食器が大好きなのでヨーロッパのショップで食器を見かけると、ついつい買ってしまうことも多いです。

ヨーロッパのブランド食器は素敵なものが多いですよね。

とはいえ実際に自宅で使う食器は限られてくるので使わない食器は定期的にチェックして、町内会のバザーに出したり買取サービスを利用してお気に入りだけを手元に置いておくようにします。

ル・クルーゼの食器などのブランド食器はバザーに出すのはちょと勿体無いので、ル・クルーゼ買取を行なっているサービス会社等を利用したほうがお得に手放せます。

>> 食器買取.comをみる

コスタ・ノバの食器は飽きのこないデザインと色合いが使いやすいので、ふだん使いでもどんどん使っていますが丈夫なので長く使えるところもいいです。

ル・クルーゼとの相性もいいのでお気に入りだけ組み合わせて使っています。

ル・クルーゼとコスタ・ノバ

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください