zoom使い方まとめ

ブルゴーニュ地方のドメーヌでワインテイスティングが楽しめるホテル【Olivier Laflaive Hotel】は17世紀の建物を改装した客室も最高だった!

Olivier Laflaive Hotel

2019年8月にシャンパーニュ地方のランスからリヨンへ下る形でブルゴーニュ地方の美しい村巡りをしてきました。

フランスのシャンパーニュ地方ランスでレンタカーを借りるフランスのシャンパーニュ地方ランス(Reims)でレンタカーを利用したときの手続き【2019年8月】

フランスの美しい村Oignt【2019年8月】リヨン・ディジョン・ランス&ブルターニュ地方を巡る15日間旅と費用のまとめ

夫とランスで合流してから後半の旅の初日は美しい村巡りと蚤の市巡りをしました。

フランスの美しい村 Flavigny-sur-ozerain(フラヴィニー・シュル・オズラン)ブルゴーニュ地方の美しい村【フラヴィニー・シュル・オズラン(Flavigny-sur-Ozerain)】*映画[ショコラ]のロケ地 ブルゴーニュ地方の美しい村【ノワイエ・シュル・スラン(Noyers-sur-Serein)】は河畔の風景と木組みの家並みがまるで童話の世界 フランスの美しい村ヴェズレー(Vezelay)ブルゴーニュ地方の美しい村【ヴェズレー(Vezelay)】はマグダラのマリアに由来する巡礼の出発点 *最寄駅までは約10km ブルゴーニュ地方の美しい村シャトーヌフ12世紀の要塞跡が残るブルゴーニュ地方の美しい村【シャトーヌフ(Châteauneuf)】はどこを切り取っても絵になる可愛い村

全部で13泊した中で、私たちがこの旅で一番楽しみにしていたのがOlivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)に泊まることでした。

Olivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)はブルゴーニュ地方のピュリニー・モンラッシェ村にあるドメーヌで、その畑で作られた格付けワイン(最高峰であるグラン・クリュ含む)をホテルのテイスティングで楽しむことができます。

ドメーヌとは?「シャトー」も「ドメーヌ」もブドウ畑を所有しており、ブドウの栽培や瓶詰めに至るまでワインの製造を行う生産者のことを指しています。実はフランスの2大銘醸地であるボルトーとブルゴーニュでそれぞれ呼称が違います。「シャトー」はフランス語で城を意味しており、かつて隣接するブドウ畑から収穫してお城のように大きな醸造所でワインを製造していたことからそう呼ばれるようになりました。一方、ブルゴーニュなどでは「ドメーヌ」と呼ばれています。ドメーヌと呼ばれる生産者は、自社畑で小規模な生産者が多いのです。そのためワインの生産量も少なく、人気のワインは非常に高値で取引されることもあります。引用元:エノテカオフィシャルサイトより

グラン・クリュとは?ブルゴーニュ地方のグラン・クリュは「特級畑」のことで、ロマネ・コンティやモンラッシェ、エシェゾーなどがそれに当たります。(中略)ブルゴーニュ地方のA.O.C.は「グラン・クリュ」をA.O.C.の頂点とし、その下に「プルミエ・クリュ」と続き、畑名、村名などと続くピラミッド型が基本となっています。つまり、ブルゴーニュ地方でいうグラン・クリュは、最高峰の畑(一部クリマ)で造られたワイン、と捉えることができるのではないでしょうか。引用元:エノテカオフィシャルサイトより

ブルゴーニュ地方のおすすめワイナリー巡りツアー

  • ぶどう栽培村で有名なピュリニー・モンラッシェの中心にある
  • すぐ近くにはムルソー村がある

ブルゴーニュ地方へ行くなら、ワインが好きなら、Olivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)には是非泊まることをオススメします!

オット

俺はこの旅でここに来ることが一番の楽しみだった。期待以上に良かったけどワインの勉強が足りなかったからもう一度行きたい。

Olivier Laflaive Hotelの口コミを読む

ここでは私たちが宿泊したワインテイスティングが楽しめるホテル、Olivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)を紹介します。

余談ですが、ワインテイスティングはフランス語で デギュスタシオン(Dégustation du vin)と言います。この単語はワイナリーなどでもよく飛び交うので覚えておいていいと思います!

Booking.comなら最低価格保証付き!

Olivier Laflaive Hotelの立地と設備

Olivier Laflaive Hotelの立地

Olivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)はボーヌから車で約15分です。

途中にムルソー村があります。まさにブルゴーニュ地方のど真ん中です。

Olivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)はタクシーで移動してもさほど遠くないので、車を運転できなくても宿泊することをオススメします。

私たちはシャトーヌフから移動してOlivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)に到着したのは17時ごろでした。

Olivier Laflaive Hotel

Olivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)は四つ星ホテルですが、一見見た目は豪華には見えない(可愛いシャンブルドットみたい)ので、ホテルだとわかりづらいです。

Olivier Laflaive Hotel

専用駐車場はないので、ホテルの斜め前にある無料駐車場に車を停めました(レセプションに聞いたら路上駐車でもいいっぽいです。でも実際に行かれる場合は事前に確認してください)。

小さな村にあるホテルなので歩いたすぐ先は一面のぶどう畑です。

Olivier Laflaive Hotel

Olivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)では水曜と日曜以外の毎日、2時間半のウォーキングツアーを開催しているので、早めに着いたら参加してみるのもいいかもしれません。

Olivier Laflaive Hotelのお部屋と設備

Olivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)は部屋も設備はスタイリッシュ、部屋はゴージャスです!

テイスティングができるレストランとレセプションが1階にあり、左にオープンテラスを眺めながら階段を上がった2階と3階に客室があります。

Olivier Laflaive Hotel

Olivier Laflaive Hotel

通路の奥にはゆったり過ごせるラウンジスペース。

Olivier Laflaive Hotel

  • コンフォートダブルルーム
  • スーペリアダブルルーム
  • ジュニアスイート
  • スーペリアスイート

私たちはコンフォートダブルルームに宿泊しました。

Olivier Laflaive Hotel

Olivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)は17世紀の建物をホテルに改装していて、アンティーク家具も部屋の雰囲気も最高でテンションが上がります!

Olivier Laflaive Hotel

バスルームのアメニティはCLARINS。

Olivier Laflaive Hotel

バスタブ付きのバスルームにはシャワーも別にあります。

Olivier Laflaive Hotel

Olivier Laflaive Hotel

Olivier Laflaive Hotel

Olivier Laflaive Hotel

ずっとここに滞在したかったくらい好きがいっぱい(笑)。

  • 部屋の広さは31㎡(スーツケースは余裕で広げられる)
  • アンティーク家具が使われている
  • バスタブ付き(シャワーもある)
  • ヘアドライヤー、アメニティあり
  • ポット付き
  • 1階にレストラン、オープンテラスあり

※wifiつながります。

Olivier Laflaive Hotelの口コミを読む

Olivier Laflaive Hotelでワインテイスティング

Olivier Laflaive Hotel

Olivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)に泊まるほとんどの人が、ホテルで行われているワインテイスティングが目的で来ます。

テーブルは事前予約必須です(ホテルの公式サイトより予約可能)。

レストラン内にはいくつかテーブルがあり、私たち以外には4-5名のグループ(イギリス人やフランス人)が数組、そして私たちと同じ年代の名古屋から来ていたカップル夫婦が隣のテーブルに。

Olivier Laflaive Hotel

しばらくしたら、日本が大好きで京都の街の一部を買ったという(驚)大富豪のフランス人とアメリカ人カップル&資産家?の日本人2名のグループがやって来て、久しぶりの日本人ということでしばし話が盛り上がりました。

彼らはクルーズ船を貸し切ってまわっているらしい…スケールが違う。
ホテルには滞在せず近くの川にクルーズ船を停泊させてテイスティングに来たと言っていました。

デギュスタシオンディナーは3種類から選びます。

Olivier Laflaive Hotel

  • Degustation Emotion 32Euro(6種類)*プルミエクリュ x 2を含みます。
  • Degustation Passion 62Euro(9種類)*プルミエクリュ x 5を含みます。
  • Degustation Recolte du Domaine 142Euro(6種類)*プルミエクリュ x 2、グランクリュ x 2を含みます。

私たちは32€コースを選びました。

Olivier Laflaive Hotel

  • BOURTGOTNE “Les Setilles” 2016
予約は2人からなのでどちらかが違うコースを選ぶことができません。今思えば142Euroコースにすればよかったと思いました。

Olivier Laflaive Hotel

2種のアミューズもおしゃれ。そして美味しい。

Olivier Laflaive Hotel

メニューの順番でテイスティングして行きます。

Olivier Laflaive Hotel

  • SANTENAY 2014(Blanc)
  • SAINT-ROMAIN 2014

Olivier Laflaive Hotel

  • Saumon marine aux agrumes facon gravelax

Olivier Laflaive Hotel

画像の端っこに映っているのはMEURSAULT(ムルソー)Tillets 2015。

ブルゴーニュ地方のおすすめワイナリー巡りツアー

  • MEURTAULT <<Tillets>> 2015
  • PULIGNY-MONTRACHET 1er Cru <Champ Gain> 2014 ←1本67Eurto

このムルソーは日本ではエノテカで唯一買えますが、種類は少し異なります。

このあたりからだんだんほろ酔い気分で、デザートの味はあまり覚えていません(笑)。

Olivier Laflaive Hotel

ほろほろ鳥のささみ。

  • Supreme de pintade roti / Fenouil confit et cru de choux flewer

Olivier Laflaive Hotel

  • MONTHELIE 1er Cru 2014

ボトルの写真を撮り忘れました。

最後はデザートとフロマージュで。

Olivier Laflaive Hotel

Olivier Laflaive Hotel

  • Trio de Fromages*regionaux affines par Alain Hess
  • Tarte au Chocolat, Cassis

グラン・クリュやプルミエ・クリュをテイスティングしたい場合は一番高いコースを選んだほうがいいです。でも種類が多く、日本と違ってテイスティングといってもなみなみついでくれて量も多いので覚悟をして挑んだほうがいいです(笑)。

お酒の量の関係で私たちは6種類コースにしましたが、夫は一番高いコースにしたかったみたいでちょっと残念そうでした。

次回は喉をカラカラにして(笑)空腹にしてから最高のコースに挑んでみたいです。

ちなみに隣の日本人カップルは2度目ということで、好きなワインをボトルでオーダーして、その後大量にワインを買っていました(笑)。

そういうテイスティングの仕方でもいいんだなと思いました。

参考までに服装は一応ワンピースで参加しましたが、日本でいうオフィスカジュアル的な服装でOKです。

オット

食事もワインも美味かった。次はグラン・クリュを飲んでみたい。

日本でグラン・クリュやプルミエ・クリュを飲むならお値段もそれなりにしますが、Olivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)のテイスティングコースでは複数の最高峰のワインを飲めて142ユーロなのでかなりお得だと思います。

Olivier Laflaive Hotel

Olivier Laflaive Hotelの予約方法

私は海外のホテルを予約するときは複数のホテル予約サイトで比較して一番安いところで予約を入れますが、一括管理したいのでブッキングコムで予約を入れることが多いです。

ホテル予約サイトにはそれぞれの特典があるので、行き先や時期または好みによって比較して選びます。

最低価格保証付き!


航空券とセットでお得!


10泊分宿泊で1泊無料!


クーポン獲得で5%オフ!

 

個人的にはBooking.comが好きでよく使っていて、セールを行なっている時に返金不可の金額で予約をすることが多いです。

ホテルの予約については以下の記事も参考にしてみてください。

ホテルの予約システムどれがお得?海外旅行でホテルを探すのにおすすめの予約サイト4選を徹底比較!

Olivier Laflaive Hotelレビューまとめ

ブルゴーニュ地方にあるワインテイスティングができるOlivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)を紹介しました!

Olivier Laflaive Hotel

冒頭の繰り返しになりますが(笑)、ブルゴーニュ地方に行くなら、ワインが好きならOlivier Laflaive Hotel(オリヴィエ・ルフレーヴ)は本当にオススメです!

参考までにオリヴィエのワインは唯一エノテカで買うことができるので、ブルゴーニュ地方へ行く前に予習として飲んでみてください!

私は先日飲んだ瞬間に訪れた時のあの時の味が蘇りました。かなり美味しいです!

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

フランスの美しい村Oignt【2019年8月】リヨン・ディジョン・ランス&ブルターニュ地方を巡る15日間旅と費用のまとめ フランスの美しい村 Flavigny-sur-ozerain(フラヴィニー・シュル・オズラン)ブルゴーニュ地方の美しい村【フラヴィニー・シュル・オズラン(Flavigny-sur-Ozerain)】*映画[ショコラ]のロケ地 ブルゴーニュ地方の美しい村【ノワイエ・シュル・スラン(Noyers-sur-Serein)】は河畔の風景と木組みの家並みがまるで童話の世界 フランスの美しい村ヴェズレー(Vezelay)ブルゴーニュ地方の美しい村【ヴェズレー(Vezelay)】はマグダラのマリアに由来する巡礼の出発点 *最寄駅までは約10km
フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

Booking.comなら最低価格保証付き!

 

ブルゴーニュ地方で人気のアクティビティ
ブルゴーニュといえばワイン。ワインをめいっぱい楽しみたいなら積極的に現地発ツアーに参加しましょう。

現地で申し込めるものもありますが、どれも人気のあるツアーなので確実に参加できるように事前にVELTRAでチェックして予約を済ませておくことがおすすめです。

VELTRAで今人気のあるアクティビティは….

1位:ブルゴーニュ地方 ソムリエガイドと行くドメーヌ巡り 選べる半日または1日プラン

ブルゴーニュ地方のおすすめワイナリー巡りツアー

「ワインの王様」とも呼ばれる銘醸地ブルゴーニュで、ソムリエガイドと一緒にドメーヌを訪問するツアーです。半日プランでは1~2軒、1日プランでは3軒のドメーヌにて見学&テイスティングを楽しめます。

ブルゴーニュ地方 ソムリエガイドと行くドメーヌ巡りの詳細をみる

 

2位:コート・ドール(黄金の丘陵)ドメーヌ見学&ボーヌでの自由時間あり半日/終日ツアー

ブルゴーニュ地方のおすすめワイナリーツアー

ブルゴーニュの中でも特に有名なコート・ドール(黄金の丘陵)を訪れ、ドメーヌ見学とテイスティングを楽しむ少人数のツアーです。

コート・ドール(黄金の丘陵)ドメーヌ見学&ボーヌでの自由時間ありツアー詳細をみる

 

3位:【貸切】ブルゴーニュ地方 コート・ドール(黄金の丘陵) 最高級グラン・クリュのドメーヌ巡り

ブルゴーニュ地方のおすすめワイナリー巡りツアー

世界的に有名な高級ワインを生み出すブルゴーニュで、さまざまなヴィンテージワインのテイスティングを楽しめるプライベートツアーです。ワインセラーを見学し、食事とともに最高峰の畑で造られたグラン・クリュを存分に堪能できます。

【貸切】ブルゴーニュ地方 コート・ドール(黄金の丘陵)最高級グラン・クリュのドメーヌ巡りツアー詳細をみる

 

ブルゴーニュ地方はディジョンやボーヌ発のツアーが多いのでホテルもどちらかで探した方が便利です。

 

 

旅行手配に利用しているおすすめサービス一覧

最後に、私自身が個人旅行で利用しているサービスを紹介します。

個人旅行手配の参考になれば嬉しいです。

航空券検索と予約

航空券検索はスカイスキャナートラベルコちゃんを両方で検索します。

同じような検索結果にはなりますが、より良い航空券を選ぶには複数で検索した方が料金にも納得できるので私は2つとも利用しています。

スカイスキャナーで格安航空券を比較する

トラベルコちゃんで格安航空券を比較する

航空会社で直接予約をする場合は、ヨーロッパへ行く場合はワンターミナルで乗り継ぎが便利KLMオランダ航空かエールフランス航空を選ぶことが多いです。

KLMオランダ航空で空席をみる

フランスへ行くならエールフランス航空が場所によっては便利ですが、エールフランス航空KLMオランダ航空は共同運営なので私はどちらも検索します。

エールフランス航空で空席をみる

ホテル検索&予約【Booking.com】



Booking.comはホテルの取り扱い数や網羅数が世界一なので私はBooking.comをメインで利用しています。

日本人の口コミ数も多いので参考になり、予約管理もしやすいところがいいです。
ブッキングドットコム登録会員になると特典がある!ホテル予約システム【ブッキングドットコム(booking.com)】の登録の仕方と会員限定の特典を紹介!

ホテル検索&予約【Hotels.com】

エクスペディアと同じグループ会社ですが、Hotels.com10泊したら1泊が無料になるので個人的にはリゾート地や滞在型旅行にぴったりの予約システムだと思っています。

私自身の使い方としては、Booking.comでホテルを探していて見つからない時にエクスペディアHotels.comで検索して比較して選びます(例えばパリなど)。

ホテル&航空券予約【エクスペディア】



エクスペディア
は航空券とセットで利用した方が割安感がありますが、ときどきBooking.comよりも少しお安く販売している場合もあるのでホテルだけの予約でも比較検討してみる価値アリ!です。

私はBooking.comでホテルが見つからなかった時に時々利用します。
エクスペディアの使い方図解で紹介!ホテル予約システム【エクスペディア(Expedia)】予約のコツと使い方を詳しく解説!

鉄道手配&予約【フランス国鉄(SNCF)】

フランス国内の鉄道はフランス国鉄(SNCF)サイトから直接予約をしています。

SNCF時刻表の見方TGVは事前に購入したほうがお得!フランス国鉄(SNCF)サイトで料金の確認方法と予約方法のまとめ

出発日の3ヶ月くらい前から予約可能になるので、旅程が確定したら早めに予約を入れた方がお安く手配できます。

レンタカー検索&予約



レンタカー会社を一括して検索するにはイージーレンタカーがおすすめです。

フランスでレンタカーを借りる【フランス(ヨーロッパ)でレンタカーを利用する手順のまとめ】事前の手続き・車を運転をするときの注意点・おすすめ便利グッズを実例から紹介

現地発着オプショナルツアー【VELTRA】

ヨーロッパの田舎は交通の便が不便で一つの村や街へ行くのに1日がかりということがよくありますが、そんなときには現地発オプショナルツアーを利用します。

VELTRAはダントツで取り扱い数や利用者が多いので便利です。

私も現地発ツアーは何度か利用したことがありますが、公共交通機関で行けないような不便な場所へ行くときには本当に重宝しています。

レストラン検索&予約【TripAdvisor

【c】【公式】トリップアドバイザー

レストラン選びをするときは、ほぼTripAdvisorの口コミを参考にしています。

レストランのサイトから予約が可能なら直接予約、事前予約ができない場合は現地でいちかばちかで行ってみます。

オーダーメイドの旅行なら旅工房

公共交通機関(鉄道やバス)を使っていくのはちょっと厳しい…ツアーも見つからないという場合は旅工房でオリジナルの旅プランをお願いするという方法があります。

問い合わせは無料です。

旅工房は私もまだ旅慣れない頃に問い合わせたことがありますが、専門の担当者がプランニングしてくれるのでおすすめです。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください