Apple Watchでできることまとめ

ブルゴーニュ地方でワインテイスティングを楽しむ!ピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】で暮らすように過ごす

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

2019年8月にシャンパーニュ地方のランスでレンタカーを借りてリヨンへ下る形でブルゴーニュ地方の美しい村巡りをしてきました。

フランスのシャンパーニュ地方ランスでレンタカーを借りるフランスのシャンパーニュ地方ランス(Reims)でレンタカーを利用したときの手続き【2019年8月】

フランスの美しい村Oignt【2019年8月】リヨン・ディジョン・ランス&ブルゴーニュ地方を巡る15日間旅と費用のまとめ

ブルゴーニュ地方といえばワイン愛好家の人たちが好んで飲むワイン産地の一つですが、数多くあるブルゴーニュの原産地(アペラシオン)の中に「世界最高峰の白ワイン」「白ワインのプリンス」と称賛されている場所があります。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

それが白ワインの頂点に君臨する原産地、ピュリニー・モンラッシェ(Puligny-Montrachet) 。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

車で素通りしてしまいそうになるくらい小さく素朴な村ですが、ピュリニー・モンラッシェ(Puligny-Montrachet)にはワインテイスティングを楽しめるホテル&レストラン、 Olivier Leflaive Hôtel Restaurant  があります。

このホテルに泊まる人たちのほとんどが、ワインテイスティングを目的にやってくるというOlivier Leflaive Hôtel Restaurant をこの記事では紹介したいと思います。

Booking.comなら最低価格保証付き!

ブルゴーニュ地方ピュリニー・モンラッシェにあるOlivier Laflaive Hotel

Olivier Laflaive Hotelへ行くには

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

ブルゴーニュ地方の入り口となる大きな街はマスタードの産地としても有名なディジョン。ディジョンへ行くにはパリからTGVで約1時間45分、美食の街リヨンからは約1時間15分、ディジョンからボーヌまではTERに乗り換えて約30分です。

ピュリニー・モンラッシェに駅はないので、ボーヌからはタクシーまたはレンタカーを借りれるなら車で約15分で行くことができます。

  • パリからディジョンまでTGVで約1時間45分
  • リヨンからディジョンまでTGVで約1時間30分
  • ディジョンからボーヌまでTERで約30分
  • ボーヌから車で約15分

Trip.comでボーヌからのレンタカー料金を比較検索する

フランスでレンタカーを借りる【フランス(ヨーロッパ)でレンタカーを利用する手順のまとめ】事前の手続き・車を運転をするときの注意点・おすすめ便利グッズを実例から紹介

私たちはシャトーヌフから車で移動して、Olivier Leflaive Hôtel Restaurantに到着したのは17時ごろでした。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

Olivier Leflaive Hôtel Restaurantは四つ星ホテルですが、一見ホテルだとわかりづらいです。すぐ斜め前に公共の駐車場(無料)があります。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

ホテルのレセプションによると、もし公共の駐車場が満車の場合は路上駐車でもいいとのこと。※実際に行かれる場合は事前にホテルに確認してください。

Olivier Leflaive Hôtel Restaurant では水曜と日曜以外の毎日、2時間半のウォーキングツアーを開催しているので早めに着いたら参加してみるのもいいかもしれません。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

Olivier Laflaive Hotelのお部屋と設備

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

Olivier Leflaive Hôtel Restaurant は17世紀の建物を改装したホテルです。外観はそのまま残し、中の設備を改装してホテル&レストランとして営業しています。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

ホテルっぽさを感じさせないレセプションは古さとスタイリッシュさを融合させたアートな空間。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

中庭のテラスを臨みながら廊下を奥へ進むと、そこには17世紀から残る建物に合わせた或いはそのまま残した家具と、現代アートを組み合わせた宿泊客用ラウンジがあります。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

ここでは購入したワインを飲んだりして過ごすことも可能です。

実際私たちもレストランでMENU DEGUSTATION(ムニュ デグスタシオン)の後、隣のテーブルだった同じ日本人カップルがその場で購入したワインを持ってきて4人でここでワインを愉しみました。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せないブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ Puligny-Montrachet【Olivier Laflaive(ドメーヌ・ルフレーヴ)】の”MENU Degustation”は外せない

Olivier Leflaive Hôtel Restaurant の客室は「コンフォート」「スーペリア」「ジュニアスイート」「Olivier スイート」と4タイプあります。ジュニアスイートルームにはテラス付きの客室もあり、夢に描いていたようなフランスの田舎での休暇を過ごすことができるでしょう。

  • コンフォートルーム 31m2
  • スーペリアルーム 38m2
  • ジュニアスイート 41m2  *テラス付き
  • Olivier スイート 55m2

私たちが予約したお部屋はコンフォートルームで、大人2名までが宿泊可能です。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

同じコンフォートルームでもスタイリッシュな客室もありますが、このお部屋はアンティーク家具が使われ、壁も赤茶色という南仏を思わせる空気感。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

一人掛けと二人掛けソファがあり、ここでお茶やコーヒーを飲んだり本を読んだりと、ゆったりと過ごすことができます。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

女性なら一度は憧れる猫足バスタブのあるバスルームの隣には、シャワーだけを済ませたい場合にも利用できるシャワー室もあります。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

窓から見えるのは建物の壁なので、大きく窓を開いたままシャワーを使っても安心です(笑)。

Olivier Laflaive Hotel

ずっとここに滞在したくなるくらいに好みが詰まったお部屋でした。

  • バスタブ付き(シャワーもある)
  • ヘアドライヤー、アメニティあり
  • 湯沸かしポット付き
  • 1階にレストラン、オープンテラスあり

※wifiつながります。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

Olivier Leflaive Hôtel Restaurantの口コミを読む

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

Olivier Laflaive Hotelでワインテイスティングを愉しむ

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

Olivier Leflaive Hôtel Restaurant にはワインテイスティングが目的で訪れる人が多いそうです(というはほぼそうではないかと思います)。

ワインテイスティングに関しては以下の記事を参考にしてみてください。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せないブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ Puligny-Montrachet【Olivier Laflaive(ドメーヌ・ルフレーヴ)】の”MENU Degustation”は外せない

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

Olivier Laflaive Hotelの予約方法

私は海外のホテルを予約するときは複数のホテル予約サイトで比較して一番安いところで予約を入れますが、一括管理したいのでブッキングコムで予約を入れることが多いです。

ホテル予約サイトにはそれぞれの特典があるので、行き先や時期または好みによって比較して選びます。

最低価格保証付き!


航空券とセットでお得!


10泊分宿泊で1泊無料!

 

ホテルの予約については以下の記事も参考にしてみてください。

ホテルの予約システムどのホテル予約システムがお得?!海外旅行でホテルを探すのにおすすめの予約サイト4選を徹底比較!

Olivier Laflaive Hotel

ピュリニー・モンラッシェはホテルを出たら少しの民家がぽつりぽつりとある以外は一面がぶどう畑です。夏は気持ちの良い青空が広がり、バカンス気分を盛り上げてくれます。

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

ブルゴーニュ地方でワインを楽しむならピュリニー・モンラッシェ村のホテル【Olivier Laflaive Hotel】の"Degustation"は外せない

ブルゴーニュ地方の美しい村シャトーヌフ12世紀の要塞跡が残るブルゴーニュ地方の美しい村【シャトーヌフ(Châteauneuf)】はどこを切り取っても絵になる可愛い村 フランスの美しい村Oignt【2019年8月】リヨン・ディジョン・ランス&ブルゴーニュ地方を巡る15日間旅と費用のまとめ フランスの美しい村 Flavigny-sur-ozerain(フラヴィニー・シュル・オズラン)ブルゴーニュ地方の美しい村【フラヴィニー・シュル・オズラン(Flavigny-sur-Ozerain)】*映画[ショコラ]のロケ地 ブルゴーニュ地方の美しい村【ノワイエ・シュル・スラン(Noyers-sur-Serein)】は河畔の風景と木組みの家並みがまるで童話の世界 フランスの美しい村ヴェズレー(Vezelay)ブルゴーニュ地方の美しい村【ヴェズレー(Vezelay)】はマグダラのマリアに由来する巡礼の出発点 *最寄駅までは約10km
フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

Booking.comなら最低価格保証付き!

 

旅行手配に利用しているおすすめサービス一覧

最後に、私自身が個人旅行で利用しているサービスを紹介します。

個人旅行手配の参考になれば嬉しいです。

航空券検索と予約

航空券検索はskyticketなどの一括検索サイトが便利でおすすめです。


個人的には、航空会社で直接予約をする場合は(ヨーロッパの場合は)ワンターミナルで乗り継ぎが便利なKLMオランダ航空かエールフランス航空を選ぶことが多いです。

KLMオランダ航空で空席をみる

フランスへ行くならエールフランス航空が場所によっては便利ですが、エールフランス航空KLMオランダ航空は共同運営なので私はどちらも検索します。

エールフランス航空で空席をみる

個人で航空券を手配する方法については以下の記事を参考にしてみてください。

海外旅行の航空券を自力で手配する方法元旅行会社の国際線予約担当が伝授する!主にヨーロッパ行きの個人旅行(海外旅行)で航空券を自力で手配する方法

ホテル検索&予約【Booking.com】



Booking.comはホテルの取り扱い数や網羅数が世界一なので私はBooking.comをメインで利用しています。

日本人の口コミ数も多いので参考になり、予約管理もしやすいところがいいです。
ブッキングドットコム登録会員になると特典がある!ホテル予約システム【ブッキングドットコム(booking.com)】の登録の仕方と会員限定の特典を紹介!

ホテル検索&予約【Hotels.com】

エクスペディアと同じグループ会社ですが、Hotels.com10泊したら1泊が無料になるので個人的にはリゾート地や滞在型旅行にぴったりの予約システムだと思っています。

私自身の使い方としては、Booking.comでホテルを探していて見つからない時にエクスペディアHotels.comで検索して比較して選びます(例えばパリなど)。

ホテル&航空券予約【エクスペディア】

エクスペディアは航空券とセットで利用した方が割安感がありますが、ときどきBooking.comよりも少しお安く販売している場合もあるのでホテルだけの予約でも比較検討してみる価値アリ!です。

私はBooking.comでホテルが見つからなかった時に時々利用します。
エクスペディアの使い方図解で紹介!ホテル予約システム【エクスペディア(Expedia)】予約のコツと使い方を詳しく解説!

鉄道手配&予約【フランス国鉄(SNCF)】

SNCF時刻表の見方TGVは事前に購入したほうがお得!フランス国鉄(SNCF)サイトで料金の確認方法と予約方法のまとめ

フランスを旅行する上で欠かせないのが国内の交通手段であるフランス国鉄(SNCF)の手配です。フランス国鉄サイトからも直接手配できますが、ヨーロッパ全体を含めて手配できるのがヨーロッパ格安乗車券のオンライン予約が可能なOmio

SNCFだけでなくヨーロッパ内の35カ国以上の目的地と10万以上の観光ルートを網羅しているので、めちゃめちゃおすすめです。

レンタカー検索&予約

他にもフランス国内各地の空港にはレンタカー会社がありますが、私たちはハーツかAVISで予約をすることが多いです。どちらにするかは、借りる場所と返す場所のレンタカーオフィスが駅から徒歩圏内にあるかどうかで選びます。

フランスでレンタカーを借りる【フランス(ヨーロッパ)でレンタカーを利用する手順のまとめ】事前の手続き・車を運転をするときの注意点・おすすめ便利グッズを実例から紹介

現地発着オプショナルツアー【VELTRA】

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

ヨーロッパの田舎は交通の便が不便で一つの村や街へ行くのに1日がかりということがよくありますが、そんなときには現地発オプショナルツアーを利用します。

VELTRA(ベルトラ)はダントツで取り扱い数や利用者が多いので便利です。

私も現地発ツアーは何度か利用したことがありますが、公共交通機関で行けないような不便な場所へ行くときには本当に重宝しています。

オーダーメイドの旅行なら旅工房

公共交通機関(鉄道やバス)を使っていくのはちょっと厳しい…ツアーも見つからないという場合は旅工房でオリジナルの旅プランをお願いするという方法があります。

問い合わせは無料です。

旅工房は私もまだ旅慣れない頃に問い合わせたことがありますが、専門の担当者がプランニングしてくれるのでおすすめです。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください