zoom使い方まとめ

zoomオンラインフィットネス系レッスンで映像と音ズレの原因と解消する方法を考察してみた!Macbook Pro&Air&iPhoneで検証

zoomでオンラインレッスンを音ズレなく受けるには?検証してみた

zoomでフィットネスのオンラインレッスンを受けるようになって、一番気になるのは音や映像のズレです。

受ける側の通信環境や利用するデバイスも関係するので、自宅にあるPCやスマホで検証してみました。

検証に使ったホスト側のスペックや条件は以下の通りです。

  • 検証時間:平日夜20時頃
  • Macbook Pro Mid 2015 Core i7
  • wifiと有線の両方で検証
  • 音楽はiTunesで再生して共有にする
  • 内蔵カメラ / マイク利用

結論から言うとホスト側が有線を使うのは絶対条件で、参加者全員の入室が完了した時点で一度音楽を止める&サウンド共有もオフにします。

レッスン開始前に再度サウンド共有→音楽を再生することで音ズレはなくなります。※その後に遅れて入室&承認した場合は再度サウンド共有を止めて音楽を再生し直さないと音ズレが起きます。

速さにこだわるなら業界最速!を選ぶ

zoomでオンラインフィットネスレッスンを受ける時の映像と音のズレを検証

結論が出たらこの検証あまり意味がなかったのではないかと思ったのですが、一応記録として残すことにします。

夫に協力してもらって、掛け声付きのラジオ体操を約10分間してもらい(時々動きを早送りで。笑。)検証しました。検証場所は1階と2階です。

オット

ひたすらラジオ体操を掛け声付きでさせられるとは思わなかった。

受ける側はパソコン(Macbook Air)とスマホ(iPhone XS)で検証しました。

ホスト側の環境(1)wifiを利用(通信速度:120Mbps)

zoomを利用してフィットネス系のオンラインレッスンで映像や音ズレの検証

速度はfast.comで計測しました。

受ける側の環境(1)パソコン(wifi)

  • 映像・音声・音楽にズレはなくスムーズに動く。
  • 音楽はちょうどいいがマイクの音量は小さい。

平日昼間や週末を中心にパソコンでzoomによるオンラインレッスンを受けていますが、音や映像のズレを感じたことはありません。

一度だけ映像がカクカクしたことがありましたが、その時は平日昼間13〜14時で混み合っていたのか受けた人たちのほとんどがカクカクしたと言っていました。

受ける側の環境(2)iPhone(wifi)

  • ほんの少しズレる→時間が経ったらズレなくなった。
  • 音楽もマイクもクリアに聞こえる。

最初に気にならない程度のほんの少しのズレがありましたが、wifiや4Gに切り替えていたらズレなくなりました。

その時の通信の混み具合で不安定になると映像にズレが生じるのかもしれません。

音楽とマイクの音量のバランスはよく、クリアに聞こえました。

受ける側の環境(3)iPhone(4G)*Mineo

  • かなりズレたが(1カウント以上動きが速くなっている)、切り替えをしていたらズレなくなった。
  • 音楽もマイクもクリアに聞こえる。
iPhoneを4Gで繋いだら音楽と動きが気持ち悪いほどズレました。動きと声は一致しているのですが、音楽と合っていませんでした(音楽の方が遅い)。

ただ最初に書いた通りサウンド共有を一度止めて(音楽も止めて)サウンド共有しなおしたら音ズレがなくなりました。

音楽とマイクの音量のバランスはよくてクリアに聞こえました。

ホスト側の環境(1)有線を利用(通信速度:460Mbps)

パソコンの速度を速くする方法

LANケーブルは速度重視で選ぶ自宅でインターネット速度が有線でも遅い場合はLANケーブルをカテゴリー6(CAT6)にしてみるといい理由 *速度検証結果あり

受ける側の環境(1)パソコン(wifi)

  • 映像・音声・音楽にズレはなくスムーズに動く。
  • 音楽はクリアに聞こえるが、マイクの音量は小さい。

ホスト側がwifiの時と同様に映像や音にズレはなく、スムーズでした。

ただやはりマイクの音量が小さいことが気になりました。

受ける側の環境(2)iPhone(wifi)

  • 映像・音声・音楽にズレはなくスムーズに動く。
  • 音楽もマイクもクリアに聞こえる。

パソコンで見る時と変わらず映像と音にズレはありませんでした。約10分間検証している間はズレを感じることなく見ることができました。

受ける側の環境(3)iPhone(4G)*Mineo

  • 映像・音声・音楽にズレはなくスムーズに動くが、時々フリーズっぽくなることがある
  • 音楽もマイクもクリアに聞こえる。

ホスト側を有線にすることでiPhoneが4Gの場合でも映像と音にズレを感じなくなりましたが、時々フリーズっぽい動きになることがありました。

zoomでオンラインフィットネスレッスンを受ける時の映像と音のズレを検証した結果

インターネットを高速化する方法

zoomを約1時間利用する場合にかかる負荷はそれほど大きくありません。

  • zoom約1時間利用でかかる負荷は平均200〜300MB
  • Skype約1時間利用でかかる負荷は平均2GB

この数値から受ける側ではそれほどスペックの高い環境が必要ではないということがわかると思います。

検証してみてホスト側では以下のことは前提の上で、

  • パソコン利用で有線にする
  • zoom以外のアプリは閉じる(ChromeやIEなども含む)
  • zoomアプリを常にアップデートしておく

いろいろ試してみましたが結論としては、サウンド共有をし直すことがポイントなのではないかと思います。

参加者全員の入室を確認した時点でサウンド共有を止める(音楽を止める)→改めてサウンド共有して音楽をスタートする

オット

パソコンとかスマホとかで検証したのはなんだったんだろう。。
  • サウンド共有した状態で入室した場合は音ズレがあった。
  • 入室後にサウンド共有を止めて、再度共有したら音ズレはなかった。

使っているデバイスのスペックも多少は関係するので著しい変化の保証はできないですが、受ける側としては以下のことを実行すればいいのではないかと思います。

  • 4Gよりもwifi、可能なら有線にする
  • zoomアプリを常にアップデートしておく
  • zoom以外のアプリは閉じる(ChromeやIEなども含む)
  • キャッシュを削除する

我が家は光回線を使っていて速く安定している方だと思いますが、壁があるとスピードが弱まるので(周波数のため)wifiならできるだけLANルーターの近くにいるか有線利用の方が通信は速く安定します。

速度比較についてのマニアックな検証は以下の記事を参考にしてみてください。
インターネットの速度を高速化する方法光回線やインターネット(wifiや有線)の速度を高速化するために実際にやったこと。スピードアップしてweb予約やチケット予約を制覇する

この3つに加えて時間帯も多少は関係していると思います。

  • 平日昼間はテレワークをしている企業の会議で混み合う(お昼休み時間や夕方以降なら大丈夫かも)
  • アメリカの昼間を避ける??(サーバー場所にもよる)
そもそもzoomは会議用に開発されたアプリなので、素早い動きのあるダンスやフィットネス系には適さないんだと思います。

検証してみて個人的に気になったのは、パソコンから聞こえる音声が小さいということでした(iPhoneでは音声は小さくありませんでした)。

私が使っているパソコンのスペックによるものかもしれませんが、もしかしたらiPhone(wifi利用)をテレビに接続して大画面で見る方法が一番ストレスなく快適な方法かもしれません。

参考までに、iPhoneをテレビに接続するにはライトニングHDMIアダプタ+HDMIケーブルか、ミラーリングケーブルを利用します。

HDMIアダプタ+HDMIケーブル

ミラーリングケーブル

興味のある方は、接続方法については以下の記事も参考にしてみてください。

スマホやタブレット・PCをテレビで見るアップル製品のパソコン(PC)やタブレット・スマホをテレビと接続する方法を実例から紹介!大画面でオンライン会議やオンラインレッスンを快適に受ける

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

LANケーブルは速度重視で選ぶ自宅でインターネット速度が有線でも遅い場合はLANケーブルをカテゴリー6(CAT6)にしてみるといい理由 *速度検証結果あり インターネットを高速化する方法Macbook Proを有線(LANケーブル/Ethernetケーブル)で接続して利用する方法と手順を紹介!周辺機器は速度重視で選ぶ au光とNURO光の比較NURO光は本当に速いのか?au光から乗り換えたので速度を比較してみた! *スピードテストの計測結果あり オンラインレッスンを受けるために必要なものzoomの基本的な使い方とインストール方法を図解で紹介!*Macbook ProやiPhoneの場合

速さにこだわるなら業界最速!を選ぶ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください