zoom使い方まとめ

Apple Watchのアクティビティでワークアウト(ダイエット)を始めてからの記録(1)開始〜1ヶ月

コロナ自粛期間に増えた体重を減らすダイエット記録

私は2016年に約半年かけて、55kg台だった体重を約8kg減らして47kg台になりました。

実録!スムージーダイエットを中心とした食事改善と筋トレで半年で7キロ体重を減らした記録を公開!

47kg台になった時点でこれ以上減らすのは健康上よくないと思い少し戻して、ちょうどいいと思う体重48.6kgを2019年までキープしていました。

体重をキープ出来ていたときの生活習慣は以下の通りです。
  • ジムで週に3〜4回のスタジオレッスン(ステップ台を使ったエクササイズ)
  • 夕食後の間食(スイーツ)は控えめ
  • パンを食べる割合は少なめ(月に一度あるかないか)
半年間で約7キロ減らしたダイエット女性におすすめダイエットの考え方まとめ!筋トレと食事改善でデニムが似合うメリハリのある体をつくる

2020年コロナウイルス蔓延による自粛期間の間に3kg増えてしまったので、10月にApple Watchを購入したことをきっかけに体調管理を含めた(緩い)ワークアウト(ダイエット)を再び開始しました。

ここでは開始から約1ヶ月の記録を備忘録としてまとめます。

生活を便利に楽しく!

開始から約1ヶ月間のワークアウト記録

結論から言うと、3週間を経過した時点ではスタート時とほとんど変わりませんでした。むしろ少し体重が増える日もありました。

体重が減り始めたのは3週間経った頃からでした。

コロナ自粛期間に増えた体重を減らすダイエット記録

※体重は状況によって増減するので、目標体重は空腹時の48.5kgとしています(47.5kgは理想体重としてのライン)。

計測は自分なりにルールを決めて計っていました。

  • 朝起きた直後
  • ジムのレッスン終了後

ワークアウト開始(2020年10月)時点の体重と状況

コロナ自粛期間前の体重は平均48.6kgで、10月後半時点での体重は約3kg増の51.6kgでした。52kgを超える日もありました。

10月後半時点の体重:51.6kg〜52kg台

9月からジム復帰して運動量はコロナで休館になる前と同じくらいに戻していました。

  • 9月からジム復帰して週3〜4回のスタジオレッスン
  • ジムに行かない日:朝夕40分ウォーキング
9月にジム復帰してこれだけの運動をしていても体重は減るどころか少し増える日もありました。

食事は3食摂っていて量はそれほど多くはないですが、昼も夜も食後に必ずスイーツを食べていました。1ヶ月経ってみて思うのは、間食が多いという自覚がありませんでした。

この1ヶ月に実際にやったこと

10月後半にApple Watchを購入したことで、本格的にダイエットを開始しました。

Apple Watchのアクティビティを使いこなすApple Watchの【アクティビティ】をアプリと一緒に活用してワークアウト(ダイエット)を成功させる!健康管理にもおすすめ

それまでやっていたことと異なるのは2点で、糖質制限はあとでリバウンドが出たり体調が悪くなるのが嫌なのでやっていません。※もともと夜はおかずのみでお米は食べません。

  • 週3〜4回のスタジオレッスン(9月から)
  • ジムに行かない日:朝夕40分ウォーキング
  • 日々700kcal消費を目標に動く
  • 間食を意識して控えめにする(特に夕食後)

1日に700kcalを消費する

日々700kcal消費というのは難しそうで案外難しくないです。

  • 約1時間のウォーキング(約8,000歩)
  • ジムのスタジオレッスン(40分)
  • 家事をする/買い物で歩く

本当におおよその目安ですが、これくらいでだいたい700kcal消費できます。数値を意識することで、今日はムーブが足りないなど徐々に感覚でわかるようになってきます。

※ムーブ:Apple Watchにあるムーブは1日に動いた量のことをいいます。

私はカロリー消費の記録をとるのにApple Watchのアクティビティを使っています。

Apple Watchなどスマートウォッチのいいところはゲーム感覚でできるところだと思います。

コロナ自粛期間に増えた体重を減らすダイエット記録

Apple Watchのアクティビティは3つのリングで表示され、あらかじめ設定した目標数値を達成させると上のように表示されます。

Apple Watchのアクティビティについては、詳しくは以下の記事を読んでみてください。

Apple Watchのアクティビティを使いこなすApple Watchの【アクティビティ】をアプリと一緒に活用してワークアウト(ダイエット)を成功させる!健康管理にもおすすめ

私は1日に消費するカロリーを700kcalで設定して、この目標を達成させるために動くことを意識するようにしました。ジムへ行かない日はウォーキング+YouTubeで室内トレーニングをしています。

自宅でトレーニングオススメYouTube自宅でできる女性向けのトレーニング(筋トレ+ヨガ+有酸素運動)YouTube動画8選を紹介!筋力アップして下半身を引き締める

間食を意識して控えめにする

コロナ自粛期間に増えた体重を減らすダイエット記録

避けては通れないのが食事制限。私は食事自体の制限は加えずに間食を控えめにすることを意識しました。

最初の1週間が最もキツイですが、ここを乗り越えると自然に食べたいと思わなくなってきます。

毎食後のスイーツがコロナ自粛期間からすっかり習慣になっていたので、最初の1週間は我慢することが本当に大変でした(たぶん砂糖中毒だと思います)。

我慢できないときはガムを噛んで食欲を抑える工夫をしたり汁物を夕食に多めに加えたり、夕食前に納豆を食べてお腹を膨らませるようにしていました。

私の場合は完全に我慢することがストレスになると思ったので(ドカ食いするかもしれないと思ったので)、朝と昼は食べていいと決めていました。

昼間に食べるスイーツは、美容にいいと言われているナッツや、ナッツを含んだチョコなどを選ぶようにしました。

1ヶ月ワークアウトした結果

コロナ自粛期間に増えた体重を減らすダイエット記録

最初の1週目は体重51.6kgをなんとかキープしていて、このままダイエットを開始しなければ徐々に増えて52kgにいくのは目に見える状態でした。

  • 1週目:51.6kg〜をギリギリキープ
  • 2週目:変わらず
  • 3週目:少し増えて52kg台になることも
  • 3週目後半:50.8kgが数日続くように
  • 1ヶ月:運動後の体重が49.9kgになる日が出てきた!

ダイエット開始から3週目に入るとほとんど変わらなかった体重が少し増えました。

女性はホルモンバランスが崩れる期間があるのでその期間だと割り切っていたところ、1ヶ月経つか経たない頃から体重が少しずつ落ちてきました。

最初の1ヶ月は慣らし期間と思うこと(最初は体重は減らない)

ちょうど生理が終わった時期に、体が少しきゅっと締まったような感覚がありました。脇腹をつまんでみると、1ヶ月前には思いっきり掴めた脇腹の脂肪がつかめなくなっていました(喜)。

開始から約1ヶ月間の記録まとめ

私の目標体重は48.6kg(空腹時)です。

私自身が目指しているのは痩せた細い体ではなくて、ほどよく筋肉がついた締まった体なので体重はそこそこあったほうがいいと思っています。

自分にとって心地よい体でいられる体重が48.6kgなので(身長は参考までに156.5cm)、この体重に戻してキープすることが当面の目標です。

1ヶ月後から1ヶ月間のダイエット記録もまた2ヶ月経った頃に記事にしたいと思います。

生活を便利に楽しく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください