海外旅行に持って行く現金の目安 – ヨーロッパ西欧編

旅に持って行く現金の目安

海外旅行へ行くことが決まり出発が目前に迫ってきたとき、現金をどのくらい持っていったらいいんだろうと悩む方は多いと思います。

私もヨーロッパへ行くときには毎回いくらくらい両替していこうと悩みます。

安全な方法として以前はトラベラーズチェックがありました。でも現在トラベラーズチェックは2014年3月31日を最後に取扱いは終了しています。

結論から言うと私自身は約10日間のヨーロッパ旅行で持って行く現金は日本円の3〜5万円くらい(250〜450ユーロ)+日本円2〜3万円です。

蚤の市へ行くことがわかっている時はクレジットカードが使えないので、7〜8万円分くらいを両替して持っていきます。

ここではヨーロッパへ旅行をするときにどのくらいの予算でどのくらいの現金を持参するのか、実際にかかった実例と共に紹介していきたいと思います。

  • ヨーロッパ西欧約1週間〜10日間の旅行
  • ホテルは3〜4つ星くらい
  • 周遊型(移動がわりとある)

1つの目安として参考になると嬉しいです。

海外旅行で支払いをするシチュエーション例

これまで旅してきた旅程のいくつかをサンプルにします。

航空運賃・宿泊費・交通費を差し引いた額が現金で支払う額の目安です。

サンプル(1):フランス10日間(2017.8/9〜8/16)

フランスの旅2017かかった費用のまとめ

  • 航空運賃:200,650円(燃油サーチャージ26,610円込み)
  • 宿泊合計:904ユーロ(117,520円)/ 1人あたり58,760円
  • 列車など移動:179ユーロ(23,250円)/ 1人あたり11,624円
  • 外食合計6回:約290ユーロ(37,700円)/ 1人あたり18,850円
  • その他雑費:約100ユーロ(13,000円)

航空運賃・宿泊・交通費を差し引いた額:約31,850円(お土産代含まず)
※外食やスーパーではクレジットカードは使ったり使わなかったりです。

サンプル(2):スペイン10日間(2017.12/26〜2018.1/4)

スペインの旅かかった費用のまとめ

  • 航空運賃:177,080円(燃油サーチャージ29,330円込み)
  • 宿泊合計:688ユーロ(89,440円)/ 1人あたり44,720円
  • 列車など移動:72,660円/ 1人あたり36,330円
  • 外食合計8回:約270ユーロ(35,000円)/ 1人あたり17,500円
  • その他雑費:約270ユーロ(35,000円)

※1ユーロ=130円で計算しています。

航空運賃・宿泊・交通費を差し引いた額:約52,500円(お土産代一部含む)
※外食やスーパーではクレジットカードは使ったり使わなかったりです。

サンプル(3):ポルトガル9日間(2016.12/27〜2018.1/4)

ポルトガル2016旅にかかった費用

  • 航空運賃:134,220円(燃油サーチャージ14,960円込み)
  • 宿泊合計:977ユーロ(127,010円)/ 1人あたり63,505円
  • レンタカー含む交通費:53,430円/ 1人あたり26,715円
  • 外食合計7回:約200ユーロ(26,300円)/ 1人あたり13,150円
  • その他雑費:約310ユーロ(40,000円)

※1ユーロ=130円で計算しています。

航空運賃・宿泊・交通費を差し引いた額:約53,150円(お土産代含む)
※外食やスーパーではクレジットカードは使ったり使わなかったりです。

必要な費用

支払いを行うシチュエーションは主に以下の6つです。

  • ホテル代
  • 交通費
  • レストラン
  • スーパー
  • ショップ
  • マルシェ

ホテルや駅、レストラン・スーパーではほぼクレジットカードを使います。

現金が必要になるシチュエーション

現金が絶対必要なのは駅のトイレやマルシェですが、クレジットカードで支払うまでもないというカフェやパン屋さんでちょくちょく買うときは現金で支払うことが多いです。

ヨーロッパ旅行で現金で払うシチュエーション

空港から市街地への移動(バスなど)時も現金で支払います。

  • 空港から市街地までの移動する交通手段(大抵バス)
  • 蚤の市やマルシェでの買い物
  • カフェでの買い物
  • 駅などのトイレ

駅など公共の場でのトイレ利用は有料です。入り口に係の方がいてお金を支払って中へ入ります。フランスの田舎では、大抵1ユーロしないくらい(70セントとか80セント)です。

外食は高い

フランスのランチの相場は2,000円から3,000円です。

フランスで現金を使うシチュエーション

マクドナルドでも1,000円以上はするのでわりと高いのですが夜のディナーはもっと高くなるので私たちは外食はランチにすることが多いです。

夜遅い時間に出歩くのが不安というのもあります。

ヨーロッパの濃い味付けは毎日食べれないこともあり、半分くらい〜1/3回はお惣菜やサラダを買ってホテルの部屋で済ませることも多いです。

海外旅行の達人たちに聞いた!食事にストレスを感じないために持っていくもの

レストランでは大抵クレジットカードが使えますが、ごく稀に田舎のほうへいくと機械のトラブルなどで使えないこともあります。

まとめ

ホテルの支払いや駅で買うチケット・レストランではほぼクレジットカードが使えるので、実際現金を使うシチュエーションはあまりません。

ごく稀に田舎のシャンブルドット(民宿)で現金のみという時もあるので、そのときは少し多めに持参しています。

私は3〜4万円分くらいを両替して2万円くらい日本円を財布に入れて旅行へ行くことが多いです。クレジットカードは予備含めて2枚持参しています。

旅の準備に関しては以下の記事も参考にしてみてください。

海外旅行が決まったら必見!旅の準備の手順とまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください