zoom使い方まとめ

Microsoft Excelの代わりにGoogleスプレッドシートを利用する!基本的な使い方をエクセルで作った旅程表をもとに紹介

Googleスプレッドシートの基本的な使い方

Macbook Pro 2019を購入したことをきっかけにMicrosoft Office(ExcelやWord)の代わりに、Google スプレッドシートやGoogleドキュメントをメインで使うことにしました。

私はこれまで海外旅行へ行くときにはMicrosoftのOffice for Macのエクセルで行程表を作り、PDFに変換してスマホやiPadに入れていつでも見れるようにしていました。

新しいMacbook Pro2019ではMac for Microsoft 2011は使えなくなったため、どうしようか迷ったところGoogleのスプレッドシートがエクセルの代わりに使えることを知りました。

Microsoft Officeの代替えを考えるMac OS Catalina(カテリーナ)でMicrosoft Office 2011が使えない?!Googleドキュメント&スプレッドシートをMicrosoft Officeの代わりに使ってみる

使ってみたらエクセルとの互換性もあるので、今まで使っていたエクセルデータをインポートしてそのまま編集して使っています。

Googleスプレッドシートとエクセルとの違いは大きく分けると3つあります。
  • web上で見れる(スマホでも確認できる)
  • 共有して何人かで同時編集が可能
  • 自動で保存される

ここではエクセルの代わりにGoogle スプレッドシートをインポートして編集するまでの手順を紹介したいと思います。以下の状態が前提にあります。

  • Googleスプレッドシートをエクセルの代わりに使いたい
  • Microsoft Officeは入っていない
  • エクセルのデータがある
自分用の記録を兼ねていますが、使うことを迷っている方や実際どうなんだろうと思っている方の参考になれば嬉しいです。

古いMacから新しいMacへの移行については以下の記事も参考にしてみてください。

Macの移行アシスタントを使ってwifiでデータ移行Macbookの移行アシスタントでデータを移行できる?Macbook Pro 2019へwifiで移行した手順の記録

Google スプレッドシートの基本的な使い方

Google スプレッドシートを使うには

GoogleスプレッドシートやドキュメントやGmailを使ったことがない場合は、最初にGoogleアカウントを作成します。
  1. Googleアカウントを作成する
  2. Googleドライブにログインする

Googleドライブでアカウントを作成する手順に関しては以下の記事を参考にしてみてください。

Microsoft Officeの代替えを考えるMac OS Catalina(カテリーナ)でMicrosoft Office 2011が使えない?!Googleドキュメント&スプレッドシートをMicrosoft Officeの代わりに使ってみる

Googleスプレッドシートの基本的な使い方

Googleスプレッドシートを使うには以下の手順で進めていきます。

  1. Googleドライブに移動(ログイン)する
  2. エクセルデータ(.xlsx)をドラッグ&ドロップしてアップロードする
  3. Googleスプレッドシートで開く
  4. Googleスプレッドシートを編集する
  5. デスクトップ上にエクスポート(保存)する
もともとはエクセルで作った以下の行程表をサンプルにしたいと思います。

Googleスプレッドシートの使い方

1. Google ドライブに移動(ログイン)する

Googleスプレッドシートの使い方

Google ドライブへ移動する

Gmailを使っている場合はChromeでは常にログインされている状態になっているので、Googleドライブから【ドライブに移動】をクリックすると移動できます。

ログインしていない場合は、ログインしてからドライブへ移動します。

Googleスプレッドシートの使い方

ドライブに入っている書類が上記のように表示されますが、初めて利用する場合は当然ここには何も表示されません。

2. エクセルデータをドラッグ&ドロップしてアップロードする

Googleスプレッドシートの使い方

新しいMacbook Pro2019に保存されているエクセルデータ(.xlsx)はMicrosoftのOfficeが入っていないと当然開くことはできないのですが、データとしてはちゃんと残ったままです。

そのままエクセルデータをGoogleドライブにドラッグ&ドロップしてインポートします。

3. “Googleスプレッドシート”で開く

Microsoft Officeの代替えを考える

ファイル(.xlsx)をクリックして開くと上記のように表示されるので、上部にある【Googleスプレッドシートで開く】をクリックします。

4. Googleスプレッドシートを編集する

Microsoft Officeの代替えを考える

Googleスプレッドシートで開くと編集画面になります。

並びなど少しエクセルとは違う箇所もありますが、編集画面はほぼ同じなので(計算式もあります)ここで自由に編集します。

エクセルと違う点は自動で保存されるので保存する手間が省ける点です。

5. デスクトップ上にエクスポート(保存)する

Microsoft Officeの代替えを考える

Googleスプレッドシートはクラウド上にあるファイルなので、エクセルと違う点はパソコン上に保存したい場合は【ダウンロード】から選ぶ点です。

保存形式は複数ありますが、一般的に利用するのは2つかなと思います。

  • Microsoft Excel(.xlsx)
  • PDFドキュメント(.pdf)

※Microsoft Officeをインストールしていない場合はエクセルでは開けないので、Macの場合はNumbersが起動します。

Googleスプレッドシートの便利な使い方

Microsoft Officeの代替えを考える

Googleスプレッドシートはインターネット接続さえあればweb上で確認ができるので、複数で確認したいときや出先で編集したり確認したいときにも便利です。

私はこれまではエクセルで作った旅程表をPDFで保存して夫へ送っていたのですが、今後は共有することで保存したり送る手間が省ける点がいいと思いました。
  • 複数でファイルを編集したり確認できる
  • 出先でファイルを編集したり確認できる

Google スプレッドシートの基本的な使い方まとめ

Googleスプレッドシートの基本的な使い方を紹介しました。

Googleスプレッドシートの基本的な使い方

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

MacbookPro 2019に最低限必要なもの【2020年版】USB-C搭載Macbook Pro/Airと一緒に揃えたい最低限必要な2つのもの 最新のMacbook Pro に合うUSB-Cハブ写真データを扱うことが多いフォトグラファーが選ぶMacbook Pro/Air 2019に合うおすすめのUSB-Cハブ *速度重視で選ぶ au光とNURO光の比較NURO光は本当に速いのか?au光から乗り換えたので速度を比較してみた! *スピードテストの計測結果あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください