zoom使い方まとめ

【2020年版】USB-C搭載Macbook Pro/Airと一緒に揃えたい最低限必要な2つのもの

MacbookPro 2019に最低限必要なもの

先日MacbookPro 2019を購入したのですが、2016年以降のMacbookPro/AirはポートがUSB-Cのみ(x4箇所)です。

古いMacはUSB-C(3.0)で周辺機器もそれに合わせているので、新しいMacは(嬉しいけど)正直不便です。

Macのアクセサリは探せば魅力的なものがいろいろありますが、個人的にはシンプルに使いたいので余計なものは買わず、ここでは実際に買って便利な最低限必要なもの&これだけあればなんとかなる2つのものを紹介したいと思います。

ふだんの使い方にもよりますが、この2つがあれば当面困らないです。

※アップル純正品にこだわらない前提で紹介しています。

USB-C搭載のMacbookPro/Airを買ったら最低限必要なもの

普段使うシチュエーションを考える

必要なものは古いMacでどんな時に何を使っていたのかシミュレーションするとわかりやすいです。例えば私の場合は以下のような感じです。

  • カメラのデータをSDカードから読み込む(USB-A 3.0)
  • 有線でつないで速度を速く安定させる(Thunderbolt – イーサネットで接続)
  • iTunesで音楽データを同期(USB-A 3.0)
  • iPhone、iPad、iPodsのバックアップ・アップデート・復元
  • TVとつないでミラーリング(HDMI)*たまにあるけど滅多にない
  • iPod Shuffleを充電  *たまにあるけど滅多にない
注意
macOS Catalina では、iTunes のメディアライブラリが、Apple Music App、Apple TV App、Apple Books App、Apple Podcast App の4つの専用Appに整理分割されました。iPhone、iPad、iPod touch のコンテンツの同期や管理は 今までのようにiTunesではなくFinder で行います。

 

→ということは、これまで使っていた外付けのApple SuperDrive(USB-A 3.0)ではなく、ライトニングケーブルとの変換アダプタやケーブルが必要になってきます。

アップルホームページ – iTunesはどうなったのか?

iPhone、iPad、iPod touch のバックアップ、アップデート、復元は、場所を変えて Finder で行うようになりました。デバイスを Mac に接続すれば、Finder のサイドバーに表示されます。また、デバイスにファイルを簡単にドラッグアンドドロップできます。

HDMIは使わないと考えたら、最低限必要なポートは以下の3つです。

  • USB-A(3.0)とUSB-Cを接続する
  • イーサネット(LANケーブル)とUSB-Cを接続する
  • LightningとUSB-Cを接続する

※iPhoneのバックアップは古いOSのiTunesでやるのなら3つ目は不要です。
※有線(LANケーブル)を使うことがないなら2つ目は不要です。

この後に紹介するHUBを選べば、USB-A(3.0)とイーサネットは一つで済ませることができます。

USB-C搭載のMacbookPro/Airを買ったら最低限必要なもの – USB-Cハブまたは個々のアダプタ

Anker 7-in-1 HUB

アップルストアでは個々で必要なアダプタが販売されていますが、個々で揃えると高いので私はHUB(ハブ)1つを選びました。

HUBはいくつかのメーカーから出ていますが、モバイルバッテリーでも評価の高いAnker PowerExpand+ 7-in-1 USB-Cハブは見た目にもスタイリッシュで気に入っています。

USB-A(3.0)2
HDMI1
USB-C1
SDカード1
有線LAN(イーサネット/ギガビット)1
発熱防止x

デザインがシンプルかつお値段も手頃で必要なものは全て網羅しています。Amazonの評価もなかなかいいことが決め手でした。

Amazonの口コミを読む

実際に使ったレビューについては以下の記事を参考にしてみてください。

新型Macbook Pro用のおすすめUSB-C HUB(ハブ)速度重視ならイーサネット付きUSB-C HUBを選ぶ!新しいMacbook Pro/Airで使うのに選んだAnker PowerExpand+ 7-in-1 USB-Cハブをレビュー

最終的に4つまで候補に絞ったUSB-C HUBについては以下の記事も参考にしてみてください。

最新のMacbook Pro に合うUSB-Cハブ写真データを扱うことが多いフォトグラファーが選ぶMacbook Pro/Air 2019に合うおすすめのUSB-Cハブ *速度重視で選ぶ

アップル純正品アダプタを選ぶ場合

アップル純正品の方がいいという場合は、アップルストアで販売している個々のアダプタを買います。最低限必要なのは2つかなと思います。

USB-C – USB-A(3.0) アダプタ 1,800円(税別)

USB-C – SDカードリーダー 4,500円(税別)

HDMI搭載のものがほしい場合は、マルチポートアダプタの一択です。

USB-C – Digital AV Multiポートアダプタ 6,800  (税別)

※USB-A(3.0) x 1 / USB-C x 1 / HDMI x 1

LANケーブルに繋いで高速でパソコンを使いたい場合は、ギガビットイーサネット変換アダプタが必要です。

Belkin USB-C to Gigabit Ethernet Adapter 3,098円(税別)

USB-C搭載のMacbookPro/Airを買ったら最低限必要なもの – USB-C変換アダプタ

MacbookPro 2019で使うUSB-CとUSB-A変換アダプタ

CDやDVDを読み込むために外付けのUSB Super Driveを使う人は多いと思います。

私も使っていますが上記で紹介したHUBにあるUSB-C(3.0)を使ってみたら”電源供給が足りません”というメッセージが出て使えなかったので、別途変換アダプタを探して購入しました。

安価なのに口コミ評価が高く、実際に届いたものもなかなかいいです。

Rampow USB Type C to USB 3.0 変換アダプタ

Amazonで口コミを読む

差込口に挿すときはロゴが裏になることと若干硬い感じがありますが、見た目も悪くないし問題なくApple SuperDriveや持っているカードリーダーに使えました!

ただしiPhoneのライトニングケーブルのUSB-Cに繋いだ場合は反応しなかったので、iPhoneやiPadなどを充電する場合は私はUSB-C HUBを使っています。

この変換アダプタは小さくて携帯性もよく安価なので(しかも2個セットの価格)一つ買っておいたら便利だと思います。

MacbookPro 2019で使うUSB-CとUSB-A変換アダプタ

詳しくは以下の記事も参考にしてみてください。

USB-CのMacbookPro に合うオススメの変換アダプタ非純正品のUSB-C HUBがApple USB Super Driveで作動しない?!実際に試して使えて便利なUSB-C変換アダプタを紹介

余談ですが、USBメモリを買い足す時は今後はUSB-CとUSB-A両対応のものを一つ持っていても便利かなと思います。

USB-C搭載のMacbookPro/Airを買ったら最低限必要なものまとめ

新型Macbook Pro/Airを買ったら最低限必要なもの2つを紹介しました。

MacbookPro 2019で使うUSB-CとUSB-A変換アダプタ

最後まで読んでくださりありがとうございました。
この記事が参考になれば嬉しいです。

インターネットを高速化する方法Macbook Proを有線(LANケーブル/Ethernetケーブル)で接続して利用する方法と手順を紹介!周辺機器は速度重視で選ぶ 最新のMacbook Pro に合うUSB-Cハブ写真データを扱うことが多いフォトグラファーが選ぶMacbook Pro/Air 2019に合うおすすめのUSB-Cハブ *速度重視で選ぶ Macの移行アシスタントを使ってwifiでデータ移行Macbookの移行アシスタントでデータを移行できる?Macbook Pro 2019へwifiで移行した手順の記録 au光とNURO光の比較NURO光は本当に速いのか?au光から乗り換えたので速度を比較してみた! *スピードテストの計測結果あり
Amazonでお得に買い物をする方法
普段Amazonで買い物をすることが多いならAmazonギフト券(チャージタイプ)を購入すると、ポイントが貯まりお得です。

チャージ額に応じてプライム会員は最大2.5%(通常会員は2.0%)のAmazonポイントが貯まります。

amazonギフト券チャージタイプ

CHARGE NOW !

 

1.チャージタイプを注文する

2.コンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払う

3.ポイントを受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください