クリスマスギフトを大切な人へ贈ろう

おうちづくりのすべて – フランスの田舎好きな私がフレンチカントリーなおうちを建てる!

フレンチカントリーの家を建てる!

私たち夫婦は結婚して2年後に、神奈川県川崎市(の外れ)にうちを建てました。

建てたおうちは無垢材や漆喰などの自然素材を使った、からだに優しいおうちです。
施行会社は『Sara’s』(前身の案山子屋、以下略)さん。

今は外壁の壁も少し汚れが出てパイン材の床にも傷があったりするけど、それらも含めて『自然素材のおうちにしてよかった』と思っています。

結婚当初は夫婦共に都心で働いていたのでおうちを建てるという発想もなく、いつか都心でマンションを買うんだと漠然と思っていました。

それが1冊の本がきっかけでうちを建てることになりました。

うちを建てて数年。
建ててから「ここはこうすればよかった」と思うこともいくつかあります。

このカテゴリーでは、おうちを建てるまでのいきさつから建てるまでの経緯・建ててから気付いたことなどすべてを、体験をもとに綴っていきたいと思います。

今回の記事ではうちを建てようと思ったきっかけを紹介していきます。

きっかけは1冊の本

当時、私たちは2人とも都心で働いていました。

都心で働いていたので、当時住んでいたのは都心からもほどよく近い神奈川県川崎市にある賃貸マンション。多摩川が近くにあって環境もいいし交通の便もいいので、かなり気に入って住んでいました。

私自身はもともとナチュラルなインテリアが好きだったけどインテリアに凝るほどではなくて、アンティークの存在もおうちを建てるまでは知りませんでした。

それまでは1人暮らしをしていたので2LDKの広い部屋に住めることが嬉しくて、引越を機に書店で一冊の本を買いました。

この本をぱらぱらっと見て、目に留まったおうちが2軒ありました。
そのおうちが目に飛び込んできた瞬間、ショックを受けました。

日本でこんなおうちが建てれるんだ!

ヨーロッパの田舎が大好きでヨーロッパの風景を見慣れている私にとって、日本でこんなおうちを建てていること自体が信じられませんでした。

雑誌の裏にある施行会社リストを見たら、目に留まった2軒のおうちは同じ施行会社であることがわかりました。

家を建てる予定なんて全くなかったけれど、この感動をただ伝えたくて雑誌の裏にある巻末ハガキに熱い想いを寄せて投函しました。

1枚のハガキが届く

結婚式とか新婚旅行とかでバタバタしていて雑誌を見たときの感動も忘れた数ヶ月後、1枚のハガキが届きました。

施行会社から内見会のお知らせのハガキでした。

おうちづくりのすべて

場所が東京都の23区内だったことと、普段は日曜は習い事をしているのですがたまたまその日は空いていたので行ってみることにしました。

MEMO
その当時からSara’sさんは知る人ぞ知るカントリー系の家を建てたい人にとっては憧れの施行会社でした。でも私はおうちを建てること自体発想がなかったので全く知らなくて、岡山県を拠点とする施行会社だということをこのとき知りました。

内見会へ行く

私たちが行った初めての内見会がSara’sさんの物件です。
東京都の23区内にある3階建てのおうちでした。

そのときに受けた感動と衝撃は今でも忘れられません。

漆喰の温かみとパイン材の優しさがなんて心地いいんだろうと思いました。衝撃的な見た目のかわいさは言うまでもなく、感動してどこを見ても飽きることがありませんでした。

無垢のパイン材

たまにテレビで化学物質による被害を受けて新築なのに住めない・・・なんていうニュースを見かけるけど、そんなこととは無縁の自然素材にすごく心惹かれるようになりました。

それまでうちを建てるなんて想いはひとかけらもなかった私たちが、うちを建てたいと思ったきっかけになったのがこの内見会でした。

私たちはSara’sさんでうちを建ててよかったと思っています。
でも今は自然素材で家を建てる施行会社やリフォーム会社がいくつもあり選択肢があります。

うちづくりは予算との兼ね合いもあるので、いくつかの会社で見積もりをとって納得のいくように決めたほうがいいです。

カントリースタイルで家を建てるならある程度こだわりもあると思うので、施行会社を決める大きなポイントは以下の2つかなと思います。

  • 保障期間を含めて会社自体がしっかりしていること
  • 希望をしっかり聞いてくれて、ある程度融通を利かせてくれること

>> タウンライフで複数会社に無料で見積り依頼をする

>> 住友不動産販売株式会社に問い合せる

自然素材のおうちで暮らすということ

『好き』に囲まれて暮らす生活は心を満たしてくれます。

どうせ過ごす空間なら好きなものを選んで大切にしていきたい。その土台となる家が自然素材で居心地がいいなら言うことはありません。

漆喰の壁

無垢のパイン材は寒くなると縮んで隙間ができるし、モノを落とすとすぐに傷がつきます。漆喰の壁もガツンとモノをぶつけるとちょっと欠けてもろかったり、外の壁は年月が経つと黒っぽくシミ(カビ)が出てきたりもします。

そんなところも含めて私は自然素材が大好きです。

内見会でこんなおうちを建てたい!と火がついた私たちは早速土地探しを始めました。

おうちづくりをするにあたって、イメージを高めるために買った本がもう一冊あります。

Sara’sさんの施行例のおうちが1件あるのですが、このおうちがものすごく可愛くて何度も何度も眺めていたくらいの今でも保存版の本です。

おうちを実際に建ててみて「こうすればよかった」と思ったことを記事にしました。
よかったらこちらも参考にしてみてください。

プロヴァンススタイルの家に憧れて – 家を建てる前に知っておきたかったこと&こだわりポイント

住んでみてわかることもあります。

私たちの場合は土地の性質や条件で冬はかなり寒いことが住んでみてわかりました。

サラズさんの住宅は断熱材&ペアガラス構造なので暖かいほうだと思いますが、我が家では節約も兼ねてエアコンとホットカーペット併用で快適に過ごすように工夫をしています。

暖かく快適に過ごしたい!2人暮らしのホットカーペットは山善がコスパも良くおすすめ!

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のインテリアをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください