クリスマスギフトを大切な人へ贈ろう

フレンチカントリーインテリアはプロヴァンスのシャンブルドットがお手本!キッチン編

プロヴァンスのシャンブルドットの朝食

私は初めてフランスのプロヴァンスへ行ったとき、シャンブルドットに宿泊しました。

シャンブル・ドットとはフランス語の「Chambre d’hôte」のカタカナ表記。 シャンブルとは寝室、オット(オートhôte)とはオーナーないしホストのこと。

一般家庭のゲストルームを宿泊に提供し大抵は朝食が宿泊料に含まれる。 フランスはもとより近隣欧州国ではよく知られ、比較的安く泊まれるため人気が高い。Wikipediaより

南フランスにあるアンティークの街リル・シュル・ラ・ソルグにあったシャンブルドットなのですが(現在は営業していません)、これまで見てきたシャンブルドットの中でも最もプロヴァンスらしく個人的にも好みのインテリアです。

シャンブルドットに泊まる利点はいくつかあります。

  • 実際住んでいる自宅のインテリアを見ることができる
  • フランスの生活をのぞき見ることができる

私自身がフランスの田舎の生活やインテリアが大好きなので、宿泊したシャンブルドットのインテリアは憧れそのものでした。

アンティークを飾りではなく実際に使っているところも良かったです。

実際泊まった部屋については以下の記事を参考にしてみてください。

フレンチカントリーインテリアはプロヴァンスのシャンブルドットがお手本!お部屋編

ここではプロヴァンススタイルのキッチンとダイニングを紹介していきます。

プロヴァンススタイルのキッチンとダイニング

私が宿泊したシャンブルドットは1階に玄関とキッチン、パティオになっているダイニングがありました。

プロヴァンススタイルのインテリア

入った瞬間目に入ってきたパティオです。

天井はブドウのツタが絡まり実がなっているところがまさにプロヴァンスならではの風景。ブドウの天井ってすごく素敵で憧れます。

プロヴァンススタイルのインテリア

何度も何度も雑誌で見たお気に入りの光景がそのままそこにありました。

キッチン

パティオへ入る手前にキッチンとダイニングがあります。

プロヴァンススタイルのインテリア

プロヴァンススタイルのインテリア

決して大きくはないキッチンですが、実際に使っているアンティークの道具やさりげなく開いている小窓までもかわいく細かいところにこだわりを感じました。

パティオ

パティオになったダイニングは、最高に気持ちいいです。

さんさんと降り注ぐ太陽の光を和らげてくれているのはブドウの木の葉っぱと実。天井いっぱいに実がたわわになっているところはプロヴァンスの世界そのものでした。

プロヴァンススタイルのインテリア

プロヴァンススタイルのインテリア

プロヴァンススタイルのインテリア

プロヴァンススタイルのインテリア

プロヴァンススタイルのインテリア

プロヴァンススタイルのインテリア

私が家づくりを始める前に穴があくほど見たバイブル本の著者、青柳啓子さんも洋書を参考にリフォームされたと書かれていたことを実際に見て思い出しました。

まとめ

プロヴァンススタイルのシャンブルドットを2回に分けて紹介しました。

お部屋とバスルーム・サニタリーに関しては以下の記事を参考にしてみてください。

フレンチカントリーインテリアはプロヴァンスのシャンブルドットがお手本!お部屋編

南仏のシャンブルドットに関しては以下の記事も参考にしてみてください。

南仏プロヴァンスの宿泊におすすめ!アヴィニョン郊外のシャンブルドット

南仏プロヴァンスの宿泊におすすめ!リュベロン地方のシャンブル・ドット

最後まで読んでくださりありがとうございました!
少しでもインテリアづくりの参考になると嬉しいです。(私も参考にしてます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください