プチDIYでつくるアンティークスタイルのスッキリ収納!クローゼット編

プチDIYでスッキリ収納

クローゼットの収納って「どこに何があるかわからない」「どう整理したらいいのかわからない」と悩む方も多いと思います。

私自身、「とりあえず置く」ということを繰り返しているうちに、どこに何があるのか把握できなくなって、「こんな服があった!」「似たようなものがあった!」なんてことがしょっちゅうありました。

思いきって断捨離してクローゼット収納を見直した結果、使いやすいだけでなく見て嬉しいクローゼットにした収納術を今日は紹介していきたいと思います。

2013年発売の『素敵なカントリー』にクローゼット特集として取材を受け、見開き4ページで掲載していただきました。

現在のクローゼットとゾーニング

私が使っているクローゼットは、寝室のすみっこにある小さなウォークインクローゼットです。コの字型になっていて、パイプハンガーがついているので小さくても使い勝手はいいです。ドアはついていません。

クローゼット ゾーニング

カテゴリー毎に分けた洋服は全て場所を決めて、大きくは、フォーマル系のものと普段着系、Tシャツ類の3つに分けていて、それ以外のものを使用頻度に応じて収納しています。

クローゼット収納

オシャレにクローゼット収納

クローゼット収納

スツールは上にあるものを取り出すときに活用します。
クローゼットの大きさは、1.5畳分くらいです。

収納を見なおす前の問題点と断捨離

収納を見なおす前の問題点は、大きく分けて3つありました。

  • どこに何があるかわからない
  • スペースを活用できていない
  • 衣替えが面倒くさい

私が最初にやったことは、断捨離です。

クローゼットの中身を1度全部出して、カテゴリー別(アウター、カットソーといったように)に山積みして、そこから要らないものをゴミ袋に入れていきました。

迷ったものは、以下の2点を基準に処分しました。

  • 冠婚葬祭以外で2年以上着てないもの
  • ときめかないもの

「いつか着るかもしれない」「痩せたら着るかも」は、着ることはほぼありません。なので、少しでも迷ったものは思いきって処分しました。きれいな状態で処分するのに心苦しいものは、私はメルカリなどの古着売買アプリに出しました。

自分には似合わなくなったものでも誰かが喜んで着てくれるなら嬉しいし、自分にとってちょっとダサいかなあというものも、オシャレに着こなせたりする人もいると思ったら、迷わず手放せました。

私が断捨離をしようと思ったきっかけになった本が、この本です。

断捨離をした結果、大きなゴミ袋の5〜6袋分は不要な洋服が出てきました。

プチDIYで収納の枠をつくる

断捨離の次にやったことは、収納スペースの枠をつくることでした。

見えない場所に置いたままだと、着る機会がなくなる=不要なものとなります。残したものは気に入っているもの、活用度が高いものなので、取り出しやすくするためには重ねて収納するのではなくて、引き出していつでも取り出せるようにしました。

おしゃれなクローゼット収納

おしゃれなクローゼット収納

使いやすい収納のコツは、「かける」「立てる」「引き出せる」+「場所を決める」ことです。そうすることによって、「どこにあるかわからない」「取り出しづらい」+「無駄遣いする」ということがなくなります。

棚を作ったら、カテゴリー別に分けた洋服を収納していきました。私はできるだけ衣替えをしたくなかったので、使用頻度の高いものはハンガーにかけて、そうでないものは上段に置くカゴなどに収納しました。

収納を見た目にも美しくする4つのポイント

私が工夫したポイントは4つあります。

ハンガーを揃える

収納をみなおす機会に、ハンガーも全て統一しました。大量にあった針金ハンガーに端切れ布を巻いてリメイクしたものを使うと、見た目にもかわいく滑り止めにもなります。

リメイクはちょっと面倒くさいなあという場合でも、ハンガーを同じものに揃えることで統一感が出るので、私はフォーマル用の洋服にはまとめ買いした木製ハンガーを使っています。

針金ハンガーのリメイク

ハンガーを揃える

ふだん着など出番の多いものはできるだけハンガーに「かける」ことで取り出しやすくなるし、私は季節問わずハンガーにかけているので(順番は季節ごとにかけてます)衣替えの必要もなくなります。

古材を使って表面にはりつける

私は古い風合いが好きなので、もともとあった板材の上に古材をとりつけました。

クローゼットに古材の取り付け

クローゼットに古材の取り付け

古材は、西小山にあるアンティークショップ『パイングレイン』で購入しました。

>> パイングレイン ショップサイト

埃よけにカーテンをつける

クローゼットにドアがないので、布地を買って作ったカーテンを取り付けました。カーテンは埃よけにもなります。

クローゼットに手作りカーテン

クローゼットに手作りカーテン

向かって左側の<フォーマル系の洋服>がある側は頻繁に使うものではないのでつっぱり棒を、正面の<普段着>がある側は取り出しやすいように、ワイヤーを使ってカーテンを取り付けました。

カーテンの生地は薄手の軽い優しい色合いのものを、オカダヤでお安く購入してきたものを使いました。

ブリックタイルを敷く

クローゼットの右側にだけ押し入れのような仕切りがあります。この下にはプラスチックケースを置いてカーテンで目隠ししているのですが、この上にブリックタイルを敷きました。

クローゼット収納にブリックタイルを貼る

クローゼット収納にブリックタイルを貼る

下の収納は、ホームセンターなどに売っている3段のプラスチックケースを置いて、Tシャツやポロシャツ、ジムウェアなどをくるくる巻いて立てて収納しています。

くるくる巻いて「立てる」ことによって、取り出しやすく収納もしやすくなります。

クローゼット収納

クローゼット収納

使いやすい収納のコツ

使いやすい収納のコツは、以下に尽きると思います。

  • 『かける』
  • 『立てる』
  • 『引き出せる』(重ねない)
  • 『場所を決める』

この4つを徹底することによって、「どこにあるかわからない」「取り出しづらい」+「無駄遣いする」ということがなくなります。

普段着をかける場所は、左側から夏服、中間服、秋冬服と順番を決めています。

まとめ

アンティークスタイルの使いやすいスッキリ収納について、紹介しました。収納を見直す手順は以下の通りです。

  • 洋服を全部出して、不要なものは処分する
  • カテゴリー別に分ける
  • 収納スペースを見直す(DIY、収納雑貨を買い足す)
  • カテゴリー別に収納する

収納をみなおしたら、散らかるということがなくなり、場所を決めることによって一旦考えるクセがついて無駄遣いもなくなりました。残った洋服はどれも愛着があってこれまで以上に大切に着るようになりました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
この収納の実例が、少しでもお役に立てると嬉しいです。

パントリー収納についても記事を掲載していますので、興味がある方は参考にしてみてください。

プチDIYでつくるアンティークスタイルのスッキリ収納!パントリー編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください