ワイン好きにおすすめの街!フランス南西部サンテミリオンへの行き方

サンテミリオン

サンテミリオン(St-Emillion)は、ボルドー近郊の赤ワインの産地として有名な街です。

街自体も可愛くて、歴史地区は世界遺産にも登録されていて茶色の屋根瓦や古い街並が独特で美しいです。

私たちはフランス南西部トゥールーズを拠点として、ボルドー地方であるサンテミリオンへも足を伸ばしました。

フランス南西部モデルコース旅マップ

ここでは、サンテミリオンへの行き方についてまとめたいと思います。

トゥールーズからボルドーへ

私たちは、成田からパリ経由でトゥールーズへ飛んで、到着した日の夜はトゥールーズ泊、翌日にボルドー経由で移動しました。

  • 09 Aug  AF275  成田 / パリ 11:00 / 16:30
  • 09 Aug  AF7524  パリ / トゥールーズ 18:15 / 19:35

サンテミリオンへ行くことが目的なら、日本から移動する空港をボルドーにするという方法もあります。でも私たちはサンテミリオンの後に南西部の田舎巡りをする予定だったので、トゥールーズを拠点としました。

同じ場所を拠点とするメリットとして、同じホテルに宿泊することで大きな荷物を預けることができます。

フランスに到着した日に宿泊したホテルは、南西部へ行くときはすっかり馴染みとなったトゥールーズの「Best Western Hotel」に宿泊して大きな荷物を1個預けてサンテミリオンへ移動しました。

フランス南西部トゥールーズへ行くならホテルは【Best Western Hotel】をおすすめする理由

サンテミリオンへのアクセス

サンテミリオン(St-Emillion)へ行くには、ボルドーを経由して行きます。

私たちはチケットは当日、トゥールーズの駅で購入したのですが、トゥールーズや他の都市からボルドーを経由してサンテミリオンへ行くことが決まっているなら、チケットは事前に購入したほうがいいです。

理由は2つあります。

  • 長距離路線で高速列車を利用するなら前日までのほうが料金が安い
  • サンテミリオンは無人駅でチケットを買えない

ボルドーに宿泊していて、ボルドーからサンテミリオンへ行く場合はTER(普通列車)の予約は当日購入で十分です(帰りのチケットは一緒に買ったほうがいいです)。

私はいつもフランスへ行くときは、当日駅でチケットを買うことのほうが多く、前もってチケットを買うことはほとんどありません。

今回の旅でも全てのチケットを当日駅で購入したのですが、トゥールーズからボルドーまでの距離がわりと遠いということを、出発まで忘れていました。(^▽^;)

TGVは前日までに購入したほうが格安で、普通路線の場合は当日プロモーションフェアでかなりお安く買えることもあります。

ケースバイケースなのですが、長距離路線で行くことが事前にわかっている場合はTGVは特に安い座席から埋まっていくので前日までに予約&購入したほうがいいです。

この日のトゥールーズからボルドーまでのTGVも前日までのほうが安くて、当日は高くなっていました。

  • 8月10日(木) トゥールーズ 8:49発 ボルドー  10:58着 (TGV)
  • 8月10日(木) ボルドー  12:11発 サンテミリオン  12:47着 (TER)

※TGV:日本でいう新幹線
※TER:フランス国鉄(SNCF)のローカル列車

料金:行きはボルドーまではTGVで40ユーロ(約5500円)※前日までに買えば25ユーロくらい。

  • 8月11日(金) サンテミリオン 9:10発 ボルドー (TER)
  • 8月12日(土) ボルドー  9:34発 トゥールーズ 11:39着(InterCity)

※Inter City:日本でいう特急列車や急行列車のようなもの

料金:帰りはIntercityで15ユーロ(約2000円)

チケットは、8/10(木)にトゥールーズの駅の窓口で買いました。そのときに駅員さんからサンテミリオンの駅は無人駅だと教えてもらって、その日に往復分を買いました。

SNCF(フランス国鉄)サイトの見方

SNCF(フランス国鉄)で時刻表や料金を確認する方法については、以下の記事を参考にしてみてください。

フランス国鉄(SNCF)サイトで時刻表と料金の確認方法

鉄道で移動

トゥールーズからサンテミリオンへ

サンテミリオンへ移動する朝、宿泊していたホテル「Best Western」を7時半頃チェックアウトして、徒歩で駅へ向かいました。約10分後にはトゥールーズマタビオ駅に到着。

トゥールーズマタビオ駅

トゥールーズマタビオ駅

トゥールーズマタビオ駅

トゥールーズマタビオ駅にはカフェがいくつかと日本でもお馴染みのPAUL(パン屋さん)が2店舗、そして公共トイレ(有料:70セント)があります。

電光掲示板にプラットフォームの番号が出て来るのはわりと出発直前です。私たちはPAULでパンを買ったりトイレに行ったりしながら、掲示板の前で出発の15分くらい前から待機していました。

掲示板に番号が出てきたら、チケットに刻印をしてプラットフォームへ向かいTGVに乗り込みました。

  • 8月10日(木)8:49  トゥールーズ発 10:58 ボルドー着

トゥールーズマタビオ駅

トゥールーズマタビオ駅

トゥールーズ駅からボルドーへ

TGVにはUSBポートもあり、wifiもあって快適。TGV内でのwifiでは今どのあたりにいるのかというルートも確認することができて便利でした。

TGV内のwifi

ボルドーが近づくと見えて来る景色も変わります。フランスの田舎の風景はパリとはまた違う良さがあります。ボルドーまでの約2時間、快適すぎてあっというまでした。

トゥールーズマタビオ駅

トゥールーズからボルドーの車窓

トゥールーズからボルドーの車窓

▲ボルドーまで向かう列車の車窓

ボルドーからサンテミリオンの無人駅へ

ボルドーのサン・ジャン(St.Jean)駅に到着したら、TERに乗り換えてサンテミリオンへ移動します。

  • 8月10日(木)12:11  ボルドー発 12:47 サンテミリオン着

ボルドーのサン・ジャック駅

ボルドー駅

トゥールーズからボルドーの車窓

ボルドーの駅はもっと大きいと思っていたのですが、意外とそれほど大きくなく、トゥールーズと規模は同じくらいの印象でした。

ボルドー地方といえばワイン以外にもカヌレが有名ですが、そのカヌレの店舗が駅にもあります。

ボルドーのサン・ジャック駅

ボルドーのサン・ジャック駅

サンテミリオンの無人駅から街へ

サンテミリオンは有名なワインの産地というだけあって、観光客も多い場所です。にもかかわらず、駅は無人駅です。

サンテミリオン駅

サンテミリオン駅

サンテミリオン駅周辺

駅の周りは一面ぶどう畑。駅から街の中心地まで徒歩で15分かけて歩いていきます。

サンテミリオン地図

途中にあるシャトー(ワイナリー)や景色を眺めながら歩いていきます。同じ列車でサンテミリオンで降りた人たちは、私たちのように大きな荷物を持つ人もいればほぼ手ぶらの人もいたので、日帰りで来る人も多い様子でした。

ボルドーからサンテミリオンへの列車の本数は1日に5本程度なので、日帰りで行く場合は計画を立てて行ったほうがいいです。

サンテミリオン駅から街へ移動

サンテミリオン駅から街へ

サンテミリオン駅から街へ徒歩で移動

サンテミリオン駅周辺

サンテミリオン駅から街へ

サンテミリオン駅から街へ

道端に咲く花々を眺めながら街へ向かうのも楽しいです。
徒歩15分くらいで、サンテミリオンの街に到着。

サンテミリオンはとてもこじんまりとした小さな街で、街というよりも少し大きな村といった雰囲気がありました。

街の中は石畳でしかも急な坂道が多いので、スーツケースやキャリーケースなどの車輪のついた荷物を運んで移動するのはちょっと、いやかなりキツイです。

サンテミリオン

サンテミリオンの坂道

サンテミリオンの街

私たちが手配したホテルはたまたま街の入り口にあったのでよかったのですが、街の中にあるホテルを手配する場合は移動が大変なので荷物は少なめで移動することをオススメします。

まとめ

ボルドー近郊の赤ワインの産地として有名なサンテミリオンへの行き方について紹介してきました。

  • ボルドー以外の都市からボルドーを経由してサンテミリオンへ行く場合は、チケットは事前に購入したほうがいい
  • サンテミリオンの駅は無人駅なので、往復でチケットを買ったほうがいい(駅でチケットを買えない)
  • ボルドーのサン・ジャン駅からサンテミリオン行きの列車は1日に5本くらい
  • サンテミリオン駅から街の中心地までは徒歩で15分くらい
  • サンテミリオンは坂道の多い石畳なので、大きな荷物で車輪付きはキツイ

最後まで読んでくださりありがとうございました。
この記事が少しでもお役にたてれば嬉しいです。

サンテミリオンの見どころについては以下の記事を参考にしてみてください。

ワイン好きにおすすめの街!フランス南西部サンテミリオンの見どころ

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

フランス旅行のまとめについては、以下の記事を参考にしてみてください。

フランスの田舎を旅する!おすすめ観光地のまとめ

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください