オリンピックイヤー2020年の旅プランを考える!

フランスでレンタカーを借りた後に、スピード違反で請求書が来た話 * 2019年8月

フランスでレンタカーを借りて速度オーバーで罰金

私たちはフランスが大好きで年に1〜2回のペースでフランスへ行きます。

フランスの田舎が大好きなので田舎へ行くことが多いですが、最近では田舎へ行くときはレンタカーを借ります。

2019年は8月にフランスへ行き帰国して約1ヵ月経った頃、海外(フランス)から一通の封書が届きました。

フランスから届いたスピード違反の罰金請求通知

レンタカー会社avisからです。

私たちは特に驚かずどちらかといえば「来ちゃったか〜」といった感じでした。

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

レンタカー会社avisから届いたのは請求通知書

フランスでレンタカーを借りる時は支払いは現地で済ませてレシートももらうので、届いた請求書はレンタカー料金ではありません。

スピード違反の罰金です。

通知書にも書いてある【the fine or charge】は罰金という意味です。

スピード違反の罰金が来た経緯

私たちはシャンパーニュ地方のランスでレンタカーを借りて、ブルゴーニュ地方周辺の小さな村をまわりながらリヨンまで南下し田舎の山道を走っていました。

レンタカーの罰金

山を超えていたとき、制限速度70kmの上り坂で突然ピカッとフラッシュが光りました。

実際に通っていた山道は少し道幅が狭い上り坂で、フランスの美しい村「Lods」へ向かうところでした。

フランスの美しい村コンクフランスは田舎こそ魅力がある!フランスの美しい村(Les plus Beaux Village de France)とは?

レンタカーの罰金

咄嗟にスピードメーターを確認したら、出ていたスピードは72kmで、2kmのオーバー。

オット

上り坂だったからあまり気にしてなかったけど、まさかこんな場所で速度チェックがあるとは思わなかった。

この日宿泊したシャンブルドット(民宿なようなところ)でオーナーにこの話をしたら、「ピカッとフラッシュが光ったなら間違いなく速度チェックだよ。やっちゃったな。自分がやった時は50ユーロくらい払った。」とのこと。

運が良ければ請求されない場合もあると言っていたのですが、私たちの場合はしっかりレンタカー会社から請求通知書が届きました。

届いた罰金額は42ユーロ(約5,000円)でした。

届いた封書には【Traffic Charge Notice】と書かれていました。

Traffic Charge Noticeが届いたらやることは?

私たちは以前イタリアのフィレンツェでレンタカーを返却したときに知らないうちに入ってはいけない歴史地区へ入り込んでしまい、帰国後に罰金を請求されたことがあります。

オット

その時は100ユーロくらいで、支払いはオンラインシステムにクレジットカード情報を入力するように指示が書いてあったんだよね。

念のためにそれが詐欺ではないかどうか大使館に確認してから、夫は指示されたオンラインシステムにクレジットカード情報を入力して罰金を支払いました。

フランスから届いた請求通知書には「レンタカーを借りた時のクレジットカードから差し引くよ」っていう内容で特に何かする必要はありませんでした。

To cover our costs of dealing with the fine or charge, an administration fee of €42.00 will be processed to the payment card used at the time of rental within 10 calendar days of the date of this letter.

差し引かれた額のInvoiceはオンラインで確認できるということも書かれていました。

Your traffic fine/charge invoice will be available online in 1 working day following the transaction at www.avis.fr/facture for Avis rentals.

記載されていたurlを確認してみましたが、表示させる方法はよくわかりませんでした。

※実際に差し引かれたら(覚えていたら)また追加します!

まとめ – フランスで運転するときに注意すること

私たちはこれまで5回、フランスの田舎でレンタカーを借りて田舎をまわってますが、フランスで罰金を請求されたのは初めてです。

Traffic Charge Notice

下道でもフランスの人たちはビュンビュンスピードを出しているのですが、市街地へ入ると途端にゆっくりと速度を落とします。

これまで走って来たフランスの田舎では高速以外での制限は90km(道幅が狭いと70km)、市街地へ入ると50km(道幅が狭いと30km)ということが多いです。

速度制限は絶対に守る

罰金請求を避けるには速度制限を守る、に尽きます。

オット

周りのフランスの人たちがスピードを出している場所はだいたい大丈夫なんだと思う。周りが急にスピードを落とし始めたら注意ってことだね。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

フランスのシャンパーニュ地方ランスでレンタカーを借りるフランスのシャンパーニュ地方ランス(Reims)でレンタカーを借りたときの手続き【2019年8月】 フランスでレンタカーを借りるフランスの田舎町はレンタカーを借りたほうが効率的で便利!事前準備から手続き・気を付ける点を実例から紹介 フランスでパーキングのチケットの買い方フランスでレンタカーを借りる時のパーキングの停め方・チケットの買い方

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください