冬に行きたいおすすめヨーロッパ4選

フランスでレンタカーを利用して美しい村や田舎巡りをするときの注意点と道路の走り方

フランスの美しい村駐車場

私は夫とフランスへ行く時は【フランスの美しい村巡り】をするためにレンタカーを利用することが多いです。

フランスの美しい村コンクフランスは田舎こそ魅力がある!フランスの美しい村(Les plus Beaux Village de France)とは?
フランスで運転するときに気をつけたほうがいいポイントがいくつかあります。
  • ロータリー(ロン・ポワン)
  • フランスの人はとにかくスピードを出す
  • 駐車場が有料のときは料金ボックスを探してチケットを運転席前に置く
  • 制限速度は守る

ここでは日本に住んでいる私たちがたまに旅行で行くフランスで、運転するときに気をつけていること&気づいたことを紹介します。

レンタカーを借りる手続きについては以下の記事を参考にしてください。

フランスでレンタカーを借りる【フランス(ヨーロッパ)でレンタカーを利用する手順のまとめ】事前の手続き・車を運転をするときの注意点・おすすめ便利グッズを実例から紹介

レンタカー各社を一括検索!


ヨーロッパ(主にフランス)で運転をする時の注意点

左ハンドル右道路・ワイパーとウインカーの位置が違うという点は前提として、以下の点に気をつけます。

  • ロータリー(ロン・ポワン)
  • フランスの人はとにかくスピードを出す
  • 有料駐車場では着いたらチケットを買って運転席に置いておく
  • 制限速度は守る
1つずつ詳しく説明していきます。

ロータリー(ロン・ポワン=ラウンドアバウト)

ロータリー(フランス語でロン・ポワン)

ヨーロッパで初めてレンタカーを借りたときに私たちが一番とまどったのが「ロータリー(ロン・ポワン=ラウンドアバウト)」です。

ヨーロッパでは信号の代わりに道の分岐点では必ずあります。

ロン・ポワン(ロータリー)

ロン・ポワン(ロータリー)

ヨーロッパ各地で少しずつルールが違うようなんですが、基本的にロータリーでは右側を走る(中を走る)車優先です。

中を走っている車優先なので外から入る場合は気をつけます。※左から右に(逆時計まわりに)進みます。※イギリスは除外

3車線以上あるようなよほど大きなロータリーでなければそれほど難しくはないです。※田舎では車線の多いロータリーは滅多にありません。
参考までにパリの凱旋門のロータリーは複数の車線があるため、見ているだけでも怖くてここに入ったら出れる自信がありません^^;;。

フランスの人はとにかくスピードを出す

フランスの田舎をレンタカーで走る

これまで運転してきた中で思ったのが、フランスの人はとにかくスピードを出します
田舎道を走っているとビュンビュン飛ばして後ろにぴったり尾いてくるのでけっこう焦ります(私たちはゆっくり運転しているからどうしても尾かれてしまう)。
  • フランスの人はとにかくスピードを出す
  • ウィンカーを出すのは早めに

田舎道を走っていると一車線ということの方が多いので、停車できるような場合は私たちは一時的に停車して追い越させてます。

ウィンカーもフランスの人は早い段階で出すので、例えば左折するのに直前に出して左折したりすると後ろの車からクラクションを鳴らされることもあります。

道がよくわからず早めに出せないというのもあると思いますが、できる限りウィンカーは早めに出したほうがいいです。

有料駐車場では着いたらチケットを買って運転席に置いておく

小さな町や村へ入ると大抵は無料の駐車場がありますが、中には有料の駐車場もあります。

フランスの美しい村駐車場

▲ボーム・レ・メッシュー(フランスの美しい村)無料駐車場

フランスの美しい村駐車場

▲ペスム(フランスの美しい村)無料駐車場

有料の場合はゲートがあったり、駐車場入口に料金ボックスがあります。

私たちは駐車場に入ったらまず周囲を見まわして、停めてある車の前面に駐車チケットが置いてあるかどうかを確認します。

チケットがあったら料金ボックスを探します。

フランスの駐車場にある料金ボックス

  • 周囲の車に駐車チケットが置いてあるかどうか確認する
  • 駐車場入口付近に料金ボックスがあるかどうか確認する
ときどき係員の方が見回り、その際にチケットがないと違反切符を取られるので気をつけてください。

パーキングでの停め方やチケットの買い方は以下の記事を参考にしてみてください。

フランスでパーキングのチケットの買い方フランスでレンタカーを利用する時のパーキング(駐車場)の停め方・チケットの買い方

制限速度は守る(特に市街地)

フランスでは制限速度は守る

フランスでは下道でもスピードを出していた車が、市街地に入った途端にスピードを緩める理由は市街地は制限速度があるためです。

どこかにカメラがあって制限速度を越えると罰金が課せられる

私たちは市街地ではない場所の上り坂で2kmスピードが超えていて、日本へ帰国後請求通知書が届きました。

フランスでレンタカーを借りて速度オーバーで罰金フランスでレンタカーを利用した帰国後、交通違反(スピード違反)で請求が来た話 * 2019年8月
制限速度がある場所は厳密に守った方がいいです。

ガソリンの種類を聞いておく / 場所をチェックしておく

フランスのガソリンスタンド

私たちがレンタカーを利用するときに注意する一つがガソリンスタンドです。

オット

返却日には満タンにしないと行けないから、レンタカーオフィスの近くにあるガソリンスタンドを前日にGoogle MAPで確認してるぜ。

ガソリンの種類は3種類あります。

  • Gazore(ディーゼル)
  • SP95(レギュラーガソリン)
  • SP98(ハイオク)

フランスでは大抵ディーゼル(Gazore)のことが多いですが、SP95やSP98ということもあります。

使用するガソリンの種類はレンタカーを借りる手続きをするときに確認してます。

オット

返却するレンタカーオフィスが同じときはガソリンスタンドの場所も聞くようにしてるぜ。

フランスで車を運転するときに必須&おすすめ便利グッズ

定番ですがミシュランの地図など便利グッズや覚えておくと便利なフランス語を紹介しています。
フランスでパーキングのチケットの買い方フランスでレンタカーを利用する時のパーキング(駐車場)の停め方・チケットの買い方

ヨーロッパで運転をする時の注意点まとめ

ヨーロッパ(主にフランス)でレンタカーを利用する時の注意事項や気づいた点を紹介しました。

田舎では車でまわった方が効率的なので、運転に慣れている方はチャレンジしてみてください!

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

レンタカー各社を一括検索!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください