zoom使い方まとめ

ヨーロッパ行きが多いトラベラーが選んだ提携クレカはデルタスカイマイルアメリカン・エクスプレスゴールドカード!選んだ理由と経緯を紹介します

ヨーロッパ行きでもデルタスカイマイルで貯めるメリット

夫が先日デルタ航空スカイマイルの提携クレジットカードの一つであるデルタスカイマイルアメリカン・エクスプレスゴールドカードに入会しました。

デルタ航空のスカイマイル提携クレジットカードは合計8枚ありますが、

スカイマイルでマイレージを貯める&デルタスカイクラブラウンジも確実に利用したいなら3つのカードがおすすめ、ということを少し前に紹介しました。
デルタ航空提携クレジットカードヨーロッパ行きでもデルタ航空スカイマイルを効率的に貯める!3つのポイントから選ぶおすすめの提携クレジットカードを徹底分析

この3枚は持っているだけで、年に数回デルタスカイクラブラウンジを利用できます(年会費もそれなりにします)

デルタスカイクラブラウンジ

デルタスカイクラブラウンジ成田空港第一ターミナルのデルタスカイクラブラウンジ利用体験記
夫が選んだカードはこのどれでもなく、デルタスカイマイルアメリカン・エクスプレスゴールドカードです。

デルタスカイマイルアメリカン・エクスプレスゴールドカードは入会から1年間ゴールドメダリオンの資格が得られます。

1年間だけのゴールドメダリオン資格のためにこのカードに入会してもなあ…と当初は思っていたのですが、夫の一言で考えが変わりました。

オット

ゴールドメダリオンの資格は1年間150万円以上のクレカ支払いで保持できるぜ。

年間150万円という金額は決して小さな金額ではないですが、日々の必要な支払いを集約すれば案外クリアできるということがわかりました。

デルタスカイマイルアメリカン・エクスプレスゴールドカードに入会するメリットは、海外旅行好きであることが前提です。

ここではデルタスカイマイルアメリカン・エクスプレスゴールドカードを選んだ理由と経緯を備忘も兼ねてここにまとめます。

マイルを早く貯める&特典を楽しむためのカード!

デルタスカイマイルアメリカンエクスプレス・ゴールドカードを選んだ理由と経緯

夫がデルタスカイマイルアメリカン・エクスプレスゴールドカード(以下デルタアメックスゴールドと略)を選んだ理由は3つあります。

  • スカイチームのラウンジが無制限に利用できる
  • ビジネスクラスへのアップグレードのチャンスを得られる
  • 優先チェックイン・優先搭乗・優先手荷物のプライオリティ資格を得られる
これらは全てゴールドメダリオンの特典です。

デルタスカイマイルのゴールドメダリオンとは?

ヨーロッパ行きでもデルタスカイマイルで貯めるメリット

デルタ航空のスカイマイルは通常のスタンダード会員から、利用回数によってステージが変わるシステムになっています。

  • シルバーメダリオン
  • ゴールドメダリオン
  • プラチナメダリオン
  • ダイヤモンドメダリオン

シルバーメダリオンになるためには年間25,000マイル(MQM)か30区間(MQS)のマイル数やフライト回数が必要です。

例えばパリへ行く場合はマイル数が片道6194マイルなので、シルバーメダリオンになるには年間2回ヨーロッパへ行けば資格が得られることになります。

オット

ゴールドメダリオンになるには年間50,000マイル(MQM)か60区間(MQS)のマイル数かフライト数が必要だから、仕事で海外へ行く機会でもなければちょっと厳しいよね。

デルタ航空オフィシャルサイトでメダリオンについて詳しくみる

ゴールドメダリオンはスカイチームのエリートプラス会員でもあり、スカイチーム加盟航空会社全てで特典を活用できます。

シルバーメダリオンはスカイチーム・エリート会員、ゴールドメダリオンはスカイチームエリートプラス会員と呼ばれます。

スカイチームオフィシャルサイトで会員特典をみる

スカイチームに関しては以下の記事も参考にしてみてください。

デルタスカイクラブマイレージヨーロッパ行きが多いトラベラーに最適なマイレージプログラムは?デルタスカイマイルで貯めるメリットはあるのか?徹底検証してみた

ゴールドメダリオン(スカイチーム・エリートプラス)の特典

夫が常に欲しいと思った3つの特典を含めてゴールドメダリオンの特典はいくつかあります。

  • 通常のマイル+60%のボーナスマイル
  • スカイチームラウンジアクセス
  • スカイプライオリティ
  • 優先チェックイン
  • 優先空席待ち
  • 優先搭乗
  • セキュリティライン優先アクセス
  • 手荷物の優先
  • 手荷物手数料免除

American Expressオフィシャルサイトで特典をみる

実際にヨーロッパへ旅行へ行くときに「このサービスがあってよかった」と実感するのは黄色でマーカーしている部分です。これがあるだけで身体的にも楽だしかなり快適です。

オット

オレは疲れたサラリーマンのおっさんだからラウンジを毎回使いたいし、ビジネスクラスへのアップグレードのチャンスも欲しい。

優先搭乗や手荷物が優先してターンテーブルから出てくるという特典も時間短縮になり、乗り継ぎ先では出発までラウンジでくつろいで搭乗口へ行っても並ばずに飛行機に乗れるというのはかなりいいです。

優先搭乗の特典はシルバーメダリオンにもありますが、エコノミークラスのzone4より一つ前のzone3でビジネスクラスに次ぐ順番となります。

ゴールドメダリオンの場合は優先搭乗Zone 2になります。

搭乗口はかなり混雑していて長い列に並ぶので、優先搭乗ができるだけでもなかなかいいです(優先搭乗ができると座席上のコンテナに自分の荷物を優先して置くことができます)。

同行者に関しては1名までは、予約記録が同じであることが前提で無料で同じサービスを受けることができます。

出発は別で帰りが同じ場合は(私たちがよくやるパターン)ゴールドメダリオンの同伴者としての特典はラウンジ利用と優先搭乗のみとなります。

デルタスカイマイルアメリカンエクスプレス・ゴールドカードのメダリオン資格を保持するには?

デルタアメックスゴールドに入会すると1年間はゴールドメダリオンの資格が付与されます。

1年後は利用金額に応じて資格が決まります。
利用金額翌プログラム
150万円以上ゴールドメダリオン
100万円以上シルバーメダリオン
100万円未満取得なし

※取得開始日はカード入会日・切替日から1年間

年に150万円という金額はパッと聞くと達成できなさそうに思えるのですが、日頃払っている生活費などを集約すると意外と達成できます。

我が家の例ですが、

  • 月々の食費・生活費が約8〜10万円→年間約96〜120万円
  • 月々の光熱費(電気・ガス・水道)が約10,000円→年間約12万円
  • 月々のスマホ代が1人あたり約1500円〜2000円→年間約24,000円
  • 海外旅行の航空運賃2人分→1回で約35〜40万円
  • ホテル代や列車などの移動費用諸々

さらにデルタアメックスゴールド家族会員1枚までは年会費が無料なので、万が一150万円にあと少しで満たないということになりそうな場合は私の買い物も家族カードで支払いをすればいいかなと考えています。

オット

オレは仕事で立て替える額が年間100万円くらいいくからその算段もあって年間150万円はクリアすると思ってる。

入会申し込みをするまでの懸念事項だった点は「アメリカンエクスプレスカードが使える範囲はどうなのか」という点でしたが、日本国内ではJCB加盟店では大抵使えるようです。※ヨーロッパでは逆に少ないかもしれません。

デルタスカイマイルアメリカンエクスプレス・ゴールドカードの年会費をどう捉えるか

デルタアメックスゴールド年会費は28,600円(税込)です。

決して安くないというかクレジットカードの年会費としては高いので最初は渋っていたのですが、考えようによってはそうでもないかなと思い始めました

例えば、

  • 我が家ではスマホは格安SIMにして月々1500円くらいになっている(月々8,500円から月々7000円/年間約84,000円の節約
  • 乗り継ぎ先空港(成田空港や羽田空港、シャルル・ド・ゴール空港など)では搭乗前に食事をしたりサラダやパンを買って食べている→2人で約6000円 x 年2回で12,000円くらい
  • 有料ラウンジ利用(35ユーロ)x 2人分で約8,000円を年に1〜2回→16,000円
旅行では知らないうちに細かい費用がかかっているので集約したら年会費くらいになることがわかります。

これらを考えたら年会費28,600円でラウンジだけでなく他の特典も利用できて、さらにマイルも60%ボーナスマイルがあると思えば損はないと思いました。

オット

更新月には毎年3,000マイルがもらえるのと、100円=1マイルで貯めることもできるからマイレージも増やせるしね。

入会特典でボーナスマイル8000マイルとは別にファーストマイルが最大25,000マイルもらえるチャンスがあるので、もし入会するならデルタ航空を予約する6ヶ月以内に入会した方がいいです。

デルタスカイマイルアメリカン・エクスプレスゴールドカード詳細をみる

格安スマホについては興味があれば以下の記事も参考にしてみてください。
海外旅行好きトラベラーが格安SIMにするメリット!iPhone利用でauから格安SIM会社mineoAプランに乗り換えたときの記録と手順のまとめ

格安スマホにすることでSIMロックフリーとなるので、海外旅行へ行くときにはSIMを入れ替えて自由に使うことができる点もおすすめです。

SIM2Flymineo利用iPhone XSユーザーが海外旅行(フランス)で使うプリペイドSIM2Flyの渡航前&帰国後の設定 プリペイドSIM海外旅行(ヨーロッパ)でiPhoneを普通に使うための3つの方法と事前チェックポイントを紹介!

まとめ

デルタスカイマイルアメリカン・エクスプレスゴールドカードを選んだ理由と経緯を紹介しました!

申し込みから1週間くらいで夫宛でカードが届きました。

ヨーロッパ行きでもデルタスカイマイルで貯めるメリット

▲個人情報なので重要な箇所は削除しています。

私たちはふだんはヨーロッパ行きが多いですが、夫が滅多にないアメリカ出張へ行くことになったときデルタスカイマイルを使ってビジネスクラスにアップグレードしました。

デルタ航空ビジネスクラス デルタ・ワン スイート搭乗体験記スカイマイルのマイレージを使ってデルタ航空ビジネスクラス(デルタ・ワン)へアップグレードする方法と手順を実例から紹介!

ヨーロッパへ行くことが多い場合でもデルタスカイマイルで貯めるメリットは十分にあるし、海外旅行が好きならデルタアメックスゴールドを持っていて損はないと思います!

夫婦やカップルで旅行に行くことが多いなら、同伴者1名までは同じサービスを受けれるのでどちらか一方が一枚持っていればいいと思います!

最後まで読んでくださりありがとうございました。
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

デルタスカイクラブマイレージヨーロッパ行きが多いトラベラーに最適なマイレージプログラムは?デルタスカイマイルで貯めるメリットはあるのか?徹底検証してみた デルタ航空提携クレジットカードヨーロッパ行きでもデルタ航空スカイマイルを効率的に貯める!3つのポイントから選ぶおすすめの提携クレジットカードを徹底分析

マイルを早く貯める&特典を楽しむためのカード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください